Archives

Star Wars: The Last Jedi

Star Wars: The Last Jedi“In loving memory of our princess, Carrie Fisher”

Lucas FilmWalt Disneyに買収されて以来、毎年Star Wars作品が公開されるという、ファンにとってとても幸せな状況になっていますが、しかし1年というのはなかなか長いものです。私もこの1年、首を長くして待っていましたが、ようやく「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開されました。私は前回の「ローグ・ワン」のときも前々回の「フォースの覚醒」のときもその公開初日に職場の忘年会を入れられてしまい悔しい思いをしたので、今回は何か月も前から休暇を申請して満を持して臨んだのですが、友人のZさんもそれに同調して2人して金曜日に休んで、朝一番の8時50分からの回で観てきました。ちなみに、8時50分というのは本編が始まるのが9時になりますから、UTCで12月15日になる瞬間ということになりますね。そのような取り決めになっているのでしょうか。

最後に「私たちの王女、Carrie Fisherに捧ぐ」とされている通り、昨年末に急逝したCarrie Fisherの遺作となっています。幸い、本作の撮影は完了していたのでCarrieの出番も完全な形となっており、彼女がすでに旅立ってしまったということなど信じられません。

本作は152分、2時間半超という過去最長の上映時間となっていますが、その間も退屈するような瞬間は全く無く、見どころばかりの素晴らしい作品でした。予告編にもクライマックスっぽいシーンがありますが、それと同じくらい盛り上がるところが5か所くらいかそれ以上あるような感じです。また、前作「フォースの覚醒」もよくできていたものの、あれはStar Warsファンの監督が、いかにもファンが喜びそうなところを狙って作った映画のように感じてしまったのですが、今回はそのようなことはなく、Star Warsシリーズであることを抜きにして単体の映画作品としても高く評価できるものになっているのではないでしょうか。

ちなみに、今日発売されたサウンドトラックiTunes Storeで予約していたものを早速2度ほど聴いて世界に浸っています。入場前に1000円の通常版より200円高い限定版パンフレットも購入しましたが、こちらはあとのお楽しみのためにまだ開いてもいません。また、私の英才教育でStar Warsファンに育った次男も観たがっているので、明日また今日と同じ席に座って観ることが決まっています。さらに4DXでも体験しておきたいので、少なくともあと2回は劇場で観ることになるでしょう。そしてしばらくしたら発売されるBDかダウンロード版かを購入して観て…としばらくは楽しめそうです。

また、次は来年6月28日公開のスピンオフ作品、「ハン・ソロ: スター・ウォーズストーリー」ということなので半年待てばまた新しい作品が観られるということになりますが、ひょっとしてその次は1年半待たなければいけないのでしょうか。それはちょっと辛いですね… そういえば最近、さらにシリーズ作品を予定しているというような報道もあり、ダラダラと引き延ばして軽いものになってしまうのは嫌だと思っていましたが、本編は次のエピソード9で最後かと思うともっと続けてほしいような気もしてしまいますね。気持ちはなかなか微妙です。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ  オリジナル・サウンドトラック
V.A.
WALT DISNEY RECORDS (2017-12-15)
売り上げランキング: 22

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。