Archives

Kingsman: The Golden Circle

Kingsman愛すべきElton John。

約3年前にアメリカで「キングスマン」を観た時にはあれほど面白い作品だったのにまだ日本での公開も決まっていなかったのですが、その後半年以上経ってから公開されると日本でもそれなりの人気作となったようでした。そして今日、日本でも続編の「キングスマン: ゴールデン・サークル」が公開されましたが、アメリカでは昨年9月に公開されているので、およそ4ヶ月遅れとなったようです。やはり字幕や吹き替えを製作しなければならないので、若干遅れてしまうのは仕方ありませんね。

ということで正月早々ですが、公開初日の今日、また一人でこの作品を観に行ってきました。

今回はKingsmanの面々がアメリカのStatesmanという謎の組織の協力を得て敵に挑む、というのは予告でも明らかになっていることなので問題ないと思いますが、実はなかなかひねりが効いていて面白い作品になっています。随所にコミカルな楽しさが散りばめられていてとても明るいのに、前回より抑えられたとはいえややグロテスクで悪趣味な描写もあるのは相変わらずです。ちなみに本作もアメリカではレイティングがRなのに、日本ではPG12というのは随分差があります。まあ、f**kを連発していましたので、それが大きく影響しているのかもしれません。

中心的なキャストは前作から引き継がれているのですが、StatesmanのGinger AleにHalle Berry、悪役のPoppyにJulianne Mooreが出ている辺りが注目でしょうか。しかしそれ以上に驚くのが、Elton Johnです。私はまったく予期していなかったので本人なのかどうか信じられなかったのですが、あれだけの演技をしてしまうというのはさすがのエンターテイナーだと感心してしまいました。

なお、私はセリフも役者の演技の重要な要素だと思っているので今回も字幕版で見たのですが、”HKLP“という略語に対する字幕が何か別の英字4文字になっていて混乱してしまいました。セリフでははっきり「HKLP」と発音しているのに、それを無理やり別の物に変える必要はないのではないでしょうか。何となっていたかは覚えられなかったのですが、HKLPの意味を説明する時のセリフにアルファベットが振られていたように思うので、日本語のローマ字の頭文字にしたのでしょうか。

それはともかく、本作は前作から引き継いでいる部分が結構あるので、前作を知っていた方が楽しめることは間違いないと思います。しかし私もだいぶ忘れてしまっていて、見ていて「ああそんなこともあったな」という感じだったのですが、このあと前作を借りてきて復習しようかと思っています。これから見るという人には、ぜひ前作を先に観ておくことをお薦めしたいです。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。