Archives

Kingsman: The Golden Circle

愛すべきElton John。

約3年前にアメリカで「キングスマン」を観た時にはあれほど面白い作品だったのにまだ日本での公開も決まっていなかったのですが、その後半年以上経ってから公開されると日本でもそれなりの人気作となったようでした。そして今日、日本でも続編の「キングスマン: ゴールデン・サークル」が公開されましたが、アメリカでは昨年9月に公開されているので、およそ4ヶ月遅れとなったようです。やはり字幕や吹き替えを製作しなければならないので、若干遅れてしまうのは仕方ありませんね。

ということで正月早々ですが、公開初日の今日、また一人でこの作品を観に行ってきました。

今回はKingsmanの面々がアメリカのStatesmanという謎の組織の協力を得て敵に挑む、というのは予告でも明らかになっていることなので問題ないと思いますが、実はなかなかひねりが効いていて面白い作品になっています。随所にコミカルな楽しさが散りばめられていてとても明るいのに、前回より抑えられたとはいえややグロテスクで悪趣味な描写もあるのは相変わらずです。ちなみに本作もアメリカではレイティングがRなのに、日本ではPG12というのは随分差があります。まあ、f**kを連発していましたので、それが大きく影響しているのかもしれません。

中心的なキャストは前作から引き継がれているのですが、StatesmanのGinger AleにHalle Berry、悪役のPoppyにJulianne Mooreが出ている辺りが注目でしょうか。しかしそれ以上に驚くのが、Elton Johnです。私はまったく予期していなかったので本人なのかどうか信じられなかったのですが、あれだけの演技をしてしまうというのはさすがのエンターテイナーだと感心してしまいました。

なお、私はセリフも役者の演技の重要な要素だと思っているので今回も字幕版で見たのですが、”HKLP“という略語に対する字幕が何か別の英字4文字になっていて混乱してしまいました。セリフでははっきり「HKLP」と発音しているのに、それを無理やり別の物に変える必要はないのではないでしょうか。何となっていたかは覚えられなかったのですが、HKLPの意味を説明する時のセリフにアルファベットが振られていたように思うので、日本語のローマ字の頭文字にしたのでしょうか。

それはともかく、本作は前作から引き継いでいる部分が結構あるので、前作を知っていた方が楽しめることは間違いないと思います。しかし私もだいぶ忘れてしまっていて、見ていて「ああそんなこともあったな」という感じだったのですが、このあと前作を借りてきて復習しようかと思っています。これから見るという人には、ぜひ前作を先に観ておくことをお薦めしたいです。

Kingsman: The Secret Service

これでクレームがないならスウェーデン王室もさすが。

昨日はいわゆるバレンタインデーでした。もらったチョコレートの数に一喜一憂したのははるか昔のことですが、例年生チョコレートを作ってくれる妻からも今年はなく、結局何もない普通の日…かと思ったら、一人で観た映画の悪役の名前がValentineでした。

その映画というのは「キック・アス」の、というのが適切なのかどうか分かりませんが、Matthew Vaughn監督の”Kingsman: The Secret Service“です。日本では公開も未定のようですが、予告を観て面白そうだったので、というよくあるきっかけで観てみることにしました。ちなみに今気づきましたが、Vaughnと私は同い年で誕生日はわずか4日違い、そして結婚相手はスーパーモデルのClaudia Schiffer…というのはどうでもいいことですね。

さて、この作品の主役はKingsmanというイギリスに存在するという秘密のスパイ組織です。主人公のGary “Eggsy” UnwinはこのKingsmanのエージェントであった父親を幼いころに亡くし、その時命を救われたHarry Hartから連絡先を刻まれたメダルを受け取ります。その17年後、すっかり荒んだ生活を送るEggsyは放り込まれた留置場から出してもらうために連絡してみるとすぐに出ることができますが、そこでHarryと再会し、いろいろな話を聞くことになります。そしていろいろあってEggsyもKingsmanの選抜試験を受けることになり…というようなストーリーです。

主人公のEggsyを演じるTaron Egertonやヒロイン的存在のRoxy役のSophie Cooksonといった若手はまだ無名の俳優が使われているのですが、HarryはColin Firth、Kingsmanを仕切るArthurはMichael Cane、そして悪役のRichmond ValentineはSamuel L. Jacksonとそれぞれ大物が演じており、特にColin Firthは渋くて良いです。イギリス人の役はちゃんとイギリス人が演じているようですが、こう見るとイギリスの役者の層の厚さというのはさすがですね。

しかしこの作品は決してシリアスな内容ではありません。HarryとEggsyの掛け合いも面白いのですが、後半に盛りだくさんのアクションシーンはもうめちゃくちゃです。R指定だからといってここまで残虐シーンを盛り込まなくてもいいのではないかというくらい、必要以上な感じです。あくまでコメディなので明るいグロさではあるのですが、苦手な人にはやっぱりキツいでしょう。私もちょっと辛いところがありました。

とはいえ、スパイ映画にお決まりの秘密メカもいろいろ登場しますし、単調で飽きてしまうというようなことは全く、なかなか楽しむことができました。舞台がイギリスという共通点はあるものの前回観た「イミテーション・ゲーム」とは大きく異りますが、これはこれで良いのではないでしょうか。

ちなみにエンドクレジットの途中にワンシーンありますが、ミシガンではほとんどの人がクレジットを見ずに帰ってしまうので、帰りかけた人が通路で立ち止まってそのシーンを見るという面白い光景になっていました。日本では多くの人が最後まで見ると思いますが、こちらでは照明が明るくなって掃除の人が待っていたりするので残りづらいのですが、せめてちょっと明るくなるまでは座っているべきですよね。