Archives

姫路市、庁舎のエアコン設定温度を25度に

暑さにも個人差があることを理解してほしい。

私は現在、白鷺城で有名な兵庫県西部の中核市である姫路市に住んでいるのですが、もともと東京とその近郊で育った私が姫路に来てから今年でなんと25年になりました。いつの間にか人生の半分以上をこちらで過ごしているので、すでに東京に帰省したときも姫路に戻ってきたときの方が落ち着くようになって久しいです。

その姫路市が先日、市役所本庁舎の冷房時の室内温度を25度にすると発表したと報じられました。快適に仕事ができる環境にして作業効率を上げ、残業時間を短縮することで結果的に省エネ、経費節減になると説明しているようです。現在の姫路市長である清元氏は今年の統一地方選挙で当選して1期目ですが、医師でもあるため専門的な見解を持っているのかもしれません。

25度というのは寒いという人もいるのでは、という声もあるようですが、その程度の寒さなら上着を着るなりひざ掛けをするなりできるでしょう。それができないという人は気温が25度以下のときはどうしていたのでしょうか。人並み以上に暑さに弱い私は職場のエアコンは26度に設定するようにしていて、同僚には寒いという人もいるのですが耳を貸さないようにしています。上着やひざ掛けは許されているのに対し、作業着を脱いでシャツ1枚になることは禁じられているのですから、暑い側に合わせてもらわないとどうしようもないでしょう。もちろん机の上に扇風機は置いていて在席時は常に風に当たるようにしていますが、それでなんとかという状況です。事務所衛生基準規則では下記のように室温が28度を超えないことと定めていますが、これは設定温度ではなく実際の室温のことであることを理解すべきでしょう。

事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。

なお、瀬戸内海に面した姫路市は他の三方を山に囲まれているせいか気候的には盆地のような特徴も持っており、夏の最高気温は38度ほどになる一方、真冬は氷点下まで下がるという寒暖の差が大きいところです。しかしそれ以上に私がこちらへ来て驚いたのは、夏は朝から暑いということです。関東地方では天気の良い日の朝は放射冷却で涼しくなるものですが、姫路では最低気温が25度を下回らない熱帯夜が当たり前で、ここ数年覚えている限りでは熱帯夜でない日のほうが数えるほどです。まあ、全国的に熱帯夜は増える傾向にあるようなので、これはこの近辺に限ったことではないのかもしれません。

そんなところなので、夏場のエアコンはどう考えても必要、ということで市内の小中学校にも現在ようやく配備されるようになってきたのですが、まだ整備されていない学校があるため不平等、という訳のわからない理由でまだスイッチを入れることが許されていないそうです。児童生徒はともかく、現場の先生方の労働環境をないがしろにしたこの屁理屈はなんとかならないのでしょうか。また驚くことに、上記の通り冬場の寒さも厳しいところなのに、教室には暖房も一切備えられておらず、子どもたちも上着を着込んで震えながら授業を受けているのです。この話を地元の知人らにすると「自分たちのときもそうだったから」と言うのですが、そんなことではいつまで経っても改善されません。そんなことで良いとは思えないのですけどね。

姫路観光

満喫してもらいました。

私は新卒で今の会社に入って最初の配属で来て以来、もうかれこれ25年兵庫県姫路市に住んでいます。それまでは高校の修学旅行で北陸に行った帰りに京都で新幹線に乗ったのが私にとっての日本最西端だったので、最初はいろいろカルチャーショックを感じていたものですが、さすがに25年も経って人生の半分以上をここで過ごすようになり、生まれ育った東京よりも落ち着くようになっています。

しかし、いわゆる関西からは外れの方になるので、なかなか友人が遊びに来てくれるということもありません。そんな中、最近大阪に転勤になった中学校時代の友人が城好きで、姫路城に行きたいということで、もう一人の友人と二人で遊びに来てくれることになり、一日案内というか一緒に回ることになりました。

当日は9時半に姫路駅で待ち合わせて、まず最初に何はなくとも姫路城に向かいました。週末にしょっちゅう城の前まで散歩している私も天守閣の中に入ることはあまりなく、これまででも数えるほどです。特に、平成の大修理の後、それまで300円だった登閣料が1000円に値上がりしてからはあまり気楽に行けるものではなくなりました。なお、修理直後には日本全国のみならず世界中から観光客が殺到して連日数時間待ちの列となっていたものですが、今では落ち着いて待ち時間はほぼゼロとなっているようです。また、「白過ぎ城」と揶揄されるほど真っ白に見えた天守閣も今はだいぶ自然な感じになっています。

西の丸の百間廊下と天守閣を見たあと、三の丸広場へ降りるとちょうど12時近くになっていたので、外堀の内側にある私の行きつけのカレー店、Spiceスエヒロで昼食を摂りました。こちらのカレーは極力油を抑えて作っているとのことで、とても優しい感じで野菜の甘味が活かされたものになっています。特別辛いわけでもないのに体の内側から熱くなって汗が吹き出してくるのはスパイスの効果でしょう。

カレーのあとは姫路第二の観光スポット、書寫山圓教寺へと向かいました。西の比叡山と呼ばれる格式の高い寺で、弁慶が修行したとも言われているとのことですが、近年では「ラストサムライ」「本能寺ホテル」「関ヶ原」といった映画や、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」「軍師官兵衛」の撮影が行われました。姫路市の北西部にあり、姫路駅からはバスで30分ほどの山麓からロープウェイに乗ることができます。このバスとロープウェイのセット券を神姫バスの姫路駅前案内所で購入しておくと少々割安で、一度に購入しておけるので便利なので、今回も予め購入しておいて利用しました。ロープウェイを降りてからはちょっとした上り坂がありますが、足腰に自身のない人はマイクロバスに乗ることも可能です。

姫路城に比べると書写山はまだあまり知られていないのかひっそりとしていますが、下界の喧騒から離れて鳥や虫の鳴き声を聞きながらゆったりと過ごすことができ、時間の流れを忘れることができます。また、舞台造りの摩尼殿や、大講堂、食堂、常行堂からなる三之堂など重厚な木造の伽藍などは国の重要文化財に指定されており、歴史の重みを感じさせる見事なものばかりです。これらは京都の下手な寺社よりも見応えのあるものだと思うので、もっと宣伝してもいいのではないでしょうか。

書写山で一通り見て回ったあとは下山してバスで姫路駅前に戻り、天然氷のかき氷 ひめじ官兵衛堂でかき氷を食べて一休みすることにしました。このお店は以前は姫路市南部の離れたところにあったのですが、一昨年に姫路随一の商店街であるみゆき通り商店街に移転したため、行きやすくなりました。その分夏場の行列は激しくなっていますが、この時期であればまだそれほどでもなく、この日は私達の前に4組ほど待っていた程度で、15分ほどで席につくことができたかと思います。私はこちらで「まさかのバレンタイン」という中年のおじさんには注文しづらい名前のものを食べ、これもとても美味しかったのですが、それ以上に友人の「いちごみるく」はフレッシュないちごが使われていてさらに美味しかったです。

ということで、このあとはもう6時近くになっていたので友人らも帰途に就きましたが、姫路を楽しんでもらえたようで良かったです。私自身も一人では天守閣には登りませんし、ひめじ官兵衛堂はさすがに一人では入りづらいので良い機会でしたし、何より古い友人らと気を使わずに話ができてとても楽しかったです。さらに、この記事がこれから姫路を訪れようとしている方の参考になれば何よりです。

太陽公園 白鳥城

本物も多少浮いてますが…

姫路といえば白鷺城こと世界遺産姫路城というのは誰に聞いても同じかと思いますが、実は姫路にはもう一つの城があります。それは2009年に完成した「白鳥城」という、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城をモチーフにした西洋風のものです。この白鳥城は太陽公園というテーマパークの中にあるのですが、私が太陽公園に行ったのは城の工事中だった2008年のことで、城が完成してからは近くを通る度にその威容を眺めてはいましたが、間近で見たことはなかったのでした。そこで今日、午後は暇だったのでまたちょっと自転車に乗ってこよう、と自宅から8kmほどなので行ってみることにしたのでした。

以前は白鳥城がある「城のエリア」と世界中の石像のレプリカが並ぶ「石のエリア」とで入場料が別れていたような気がするのですが、行ってみると両方共通で1300円となかなかの値段で、城までのモノレールの料金が含まれているとのことでした。今回はふらっと行ってみただけですし、外から見るだけでもいいかなと思ったのですが、まあせっかく来たことだし珍スポットも中を見ないと語れない、ということで入ってみることにしました。

モノレールというのは嘉穂製作所というところが作っているスロープカーというものだそうで、40人乗りのものが2両連結されているという、この手のものにしては大型のものです。これが20分おきに往復していて、乗車時間は約3分となっているのですが、城が山の上にあり歩いて登るにはなかなか急なので、少なくとも上りは乗った方がいいでしょう。上側の車両が城の方を向き、下側は麓の方を見下ろすような形になっていますが、私が乗ったのは下側の車両です。

山上でモノレールを降りて城の入口の方に歩いて行ってみると門がありますが、なかなかそれっぽくできています。ただ全体的に小さく見えるのは気のせいではなく、ノイシュヴァンシュタイン城の3分の2のスケールになっているとのことです。まあうまく写真を撮ればわからないのではないでしょうか。城の中へ入ってしまうと完全な現代のプレハブ建築の内装で、趣もへったくれもないという感じなのは非常に残念です。ただ、内部はイベントスペースのような感じになっていて、今は「服部正志の3Dトリックアート展」なるものをやっていました。さすがに一人では盛り上がれないので、私はこれらをまったく見ずに素通りしてしまいましたが、家族連れやカップルは楽しんでいるようでした。

ということで、結局外で見るだけで十分だったような気もしますが、やっぱり入ってみないとそれも言えませんからね。しかし、オリジナルのノイシュヴァンシュタイン城も実は鉄骨とコンクリート、モルタルでできているということですから、多少古いだけで大差ないのかもしれません。そう聞いてしまうとわざわざ観に行くほどのものでもないような気がしてしまいますが、コンクリートだろうが石だろうが何でできているかで価値が決まるようなものではありませんよね。