Archives

Lume Cube Air

光あれ!

私の最近の趣味の一つは「美味しい食べ物の写真を美味しそうに撮る」ということなのですが、時として店内の照明が落とされていて思うようにきれいに撮れない場合があります。いかに最近のカメラの高感度性能が良くなったと言っても、きれいに光が当たっていないものは明るく写ったとしてもきれいには見えません。そういう場合は肉眼でもあまり美味しそうには見えていないものなので、料理は舌と目の両方で楽しむものと思っている私にはとても残念なことです。

そういう場合に備えて、一つ強力な武器を手に入れました。それがLume CubeのLume Cube Airというもので、簡単に言えば非常にコンパクトなLED照明です。

写真、ビデオ、およびコンテンツ作成用のLume Cube AIR LEDライト

posted with amazlet at 19.05.14

Lume Cube 売り上げランキング: 1,073,705

Amazon.co.jpで詳細を見る

私も最初はLEDがグリッド状に多数並んだスマートフォンほどの大きさのものを物色していたのですが、Lume Cubeがコンパクトでありながら高品質な光を作り出せることを知り、ちょうど新製品としてLume Cube Airが発売されるところだったためこちらを購入したのでした。したがって、私が入手してからすでに数ヶ月が経過しており、ある程度使ってみてからこの記事を書いています。

本製品にはホワイトとオレンジの2色のディフューザーが添付されていて、本体前面の全体にかぶせるようにして装着すると光を柔らかく拡散してくれます。LED自体の5600Kということで、オレンジのディフューザーを装着すると低めの色温度になりますが、ホワイトのほうが自然な光になるような気がします。

本体は防水なので雨でも気にせず使えるというのも良い点です。私のカメラは防滴仕様なので雨の中でも構わず撮ることがあるのですが、そういうときでも必要があれば補助光を加えられるというのは便利です。ただし、今のところそのような状況はありません。

重量わずか56gというコンパクトな本体ですが、50%の明るさで約2時間作動するというバッテリーが内蔵されており、Micro USB端子で充電します。また、充電しながらでも使えるということなので、モバイルバッテリーにつないでおけば長時間点灯可能というのはビデオ撮影などに使用する人には良いのではないでしょうか。私は1回あたりで使用する時間はせいぜい数分なので、本体だけでも十分すぎます。

この製品はiOSとAndroidのアプリでBluetooth経由で操作できるというのも売りになっています。アプリを起動すると自動的に認識してすぐに接続され、明るさをきめ細かく調整したり、フラッシュ点灯、点滅など制御が可能です。また複数のLume Cubeを制御可能ということなので、いくつも使用する場合には便利なようです。また、バッテリー残量がパーセンテージで表示されるのも、本体には何も表示手段が無いだけに助かります。

若干問題を感じているのは背面に磁石が内蔵されていることで、便利な場面もあるのかもしれませんが、カードの磁気ストライプの情報が消えてしまう危険性が高いので、特に鞄の中などで取り扱いに気を使います。鉄板でも取り付けておけばいいのかもしれないとは思っていますが、最初から内蔵されていないか、取り外せるような構造になっていれば良かったのにと、他に目立った欠点がないだけに、ただそれだけが残念なポイントです。

ということで、店内が暗いときに雰囲気を壊したり迷惑を掛けないように遠慮しながら使用しているのですが、それほど暗くない場合でも補助光を与えることでよりきれいに写すことができる場合もあり、まだいろいろ試行錯誤しているところです。コンパクトで手で摘んで持ちやすい形状なので、右手にカメラ、左手にLume Cubeという体勢で光の当たり具合を確認しながら撮影できるというのは思っていた以上に便利でした。

羽二重くるみ と 五月ヶ瀬煎餅

全国に似たようなものはあるでしょうが。

今年のゴールデンウィーク前半には東京の両親に会いに行っていたのですが、後半はちょこちょこと予定があっただけでのんびり過ごしました。そのちょこちょこのうちの一つが職場の友人らと福井県まで日帰りドライブに行くというもので、敦賀ヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べたり一乗谷朝倉氏遺跡や越前大野城といった渋めのスポットを回ったり越前そばを食べたり、とゆっくり楽しんできたのですが、そこで買ってきたお土産について今回はご紹介したいと思います。

今回福井に遊びに行くということで、職場に持っていきたいからと妻に頼まれたのですが、勝山市の越前大仏のそばにある金花堂はや川というお店の羽二重くるみというものです。宣伝文句は

「羽二重餅」に自家製の甘く煮詰めた和くるみを練り込み、シュー生地でサンドした当店の看板商品。

となっており、そのとおりの品なのですが、羽二重餅の柔らかさと優しい甘さ、くるみの歯ごたえ、シュー生地のおかげで形が崩れず食べやすい、と非常にバランスの取れたお菓子です。ただ、賞味期限が5日しかないので注意が必要です。

全国菓子大博覧会の1994年の第22回で内閣総理大臣賞を受賞したと謳っていますが、Wikipediaには記載されておらず、他の公式情報がないのでよく分かりません。まあさすがに虚偽ということはないでしょう。なお、菓子博といえば第25回は私の地元で行われ、せっかくなので我が家も出掛けてみたのですが、あまりの混雑でほとんど並んでいるだけで終わってしまってかなりがっかりしたことしか覚えていません。

ところで、福井のお菓子といって私が好きなのが五月ヶ瀬の五月ヶ瀬煎餅です。煎餅と言っても小麦粉で作られたピーナッツ入りのクッキーのような甘いもので、福井県の代表的なお菓子の一つなのでそこかしこで売られています。私も今回はサービスエリアででも買おうと思っていたのですが、なんとはや川でも売られていたので一緒に購入してしまいました。かなり地味なお菓子ですが、飽きずに食べられるのではないでしょうか。

なお、この五月ヶ瀬煎餅は「モンドセレクション最高金賞受賞」と高らかに謳っていますが、モンドセレクションで評価されるのは商品の品質、つまり宣伝している通りのものになっているかということだけなので、美味しいかどうかということには一切無関係なので気をつけてほしいと思います。これはギンビスたべっ子どうぶつのコマーシャルなどでミスリードされていたせいではないかと思っていますが、私には逆にあまりいい感じがしませんね。

ちなみにこのような銘菓というようなものはアメリカにはほとんどないのですが、私の印象にある同様のものはピッツバーグのビスコッティです。イタリアからの移民が持ち込んだものらしいのでかなり本格的なもので、様々な種類のものがあり、とても美味しかったです。あまり有名なものがないのは、お土産という文化は日本独特のもののようですし、歴史のない国なので仕方ないのかなとも思いますが、食に対する熱意やこだわりの違いというのも大きいのでしょうね。アメリカにも美味しい食べ物はいくらでもありますし、様々なルーツを持った人々が集まっているのでそれぞれに持ち寄っているものがあるので、それを発掘するというのも楽しいのですが。

おもいでばこ PD-1000S

写真を見るこれからのかたち。

私の母は旅行が趣味で、毎年のように海外へ出掛けています。それはもちろん構いませんし、元気で活動的なのはとても良いことなのですが、唯一困るというか面倒くさいのが旅先で撮ってきた写真をスライドショーのDVDにしてくれと言ってくることでした。まあ私はそれほど手間を掛けずに作る方法がわかっていたので気安く引き受けていたのですが、実家とは離れたところに住んでいるせいで頼む方も面倒くさいのか最近は弟の方にその矛先が向いていました。弟は弟で凝り性なので手間をかけるので余計に面倒くさいのではないかと思っていたのですが、その弟も最近転勤になってしまったということで、先日実家に帰った際に「これからどうしようか」という相談を母から受けました。

そこで即座に思い出したのがバッファローの「おもいでばこ」という製品のことです。実際には名前が思い出せずちょっと調べる必要があったのですが、ともかく誰かのブログで高評価だったのを覚えていたため、これがお誂え向きなのではないかと思ったわけです。この製品はどういうものかと言うと、一言で言えばフォトストレージと呼ばれるジャンルの製品です。しかし、ストレージと言うと保存することが主な目的になりますが、おもいでばこはあくまで「写真を見るために保存する」というところが特徴的です。

とはいえ私も使ったことがあるわけではなかったのですが、ウェブサイトなどを見ても母にも使えそうなくらいシンプルな操作である程度のことができそうなので、父のPCを買いにヨドバシカメラに行くついでに購入し、私の滞在中にセットアップと使い方の説明を済ませようということになりました。ハードディスクの容量が1TBの製品と2TBのものとがありますが、動画も入れるというわけでなければそれほど大きな容量は必要ないだろうと、1TBのものを選びました。ただ、これは後で増設ができないようなので少々慎重に選択する必要がありそうです。

BUFFALO おもいでばこ 11ac対応モデル 1TB PD-1000S

posted with amazlet at 19.05.07

バッファロー (2017-03-24)売り上げランキング: 2,106

Amazon.co.jpで詳細を見る

セットアップと言っても物理的な接続は大したことはなく、テレビとHDMIケーブルで接続し、電源アダプターを繋げるだけです。インターネットとの接続もあると使える機能が増えるのですが、Wi-FiはWEPに対応していないため、実家のWi-Fiの設定を変えるのが手間だったため有線LANで接続して済ませてしまいました。本当はWPA2にでも変更すべきなのでしょうが、Wi-Fiルーターの設定方法がすぐには分からなかったので今回は諦めました。電源を入れると設定が始まりますが、特に難しい項目はなく、ほとんどのことは自動的に検出して設定してくれます。付属のリモコンで選択肢を選ぶだけですし、PCの初期設定などに比べれば圧倒的に簡単です。

写真の取り込みも非常に簡単です。本体正面のスロットにSDカードを挿入し、その右にあるボタンを押すと画像ファイルが自動的に取り込まれます。写真は撮影日時に応じて整理されるので、取り込みの順序を気にする必要はありませんし、すでに取り込まれているファイルが重複することもないので、何も気にせず差し込んでボタンを押すだけの簡単操作です。

取り込んだ写真を見る方法はいろいろありますが、「最近取り込んだ写真」や日付など何らかの分類で写真の一覧を表示している状態でリモコンの「スライドショー」ボタンを押せば、それらの写真のスライドショーが即座に始まります。また、アルバムを作成して分類していくことも可能で、それらのアルバムごとのスライドショーを見ることももちろんできます。スライドショーの間も含め常にBGMが流れていて、手持ちの曲を入れることも可能ですが、初期状態で収められている曲もじゃまにならずにいいのではないかと思います。

基本的な操作は実際に母にもやってもらいましたが、問題なく使いこなせそうな感じで、満足してもらえたようです。発売から2年が経過しているようですが、知る人ぞ知るというニッチな製品になってしまっているのがもったいない、なかなか優れた製品ではないでしょうか。もうデータをディスクに記録する時代ではありませんし、クラウドを利用するのもまだハードルが少々高かったり回線が十分でなかったりするので、その過渡期の製品というこのになるのかも知れませんが、今のところは誰にでも使えるというものでは最良のソリューションのように思えます。とはいえ私自身が利用することはないと思いますが。