「product」タグアーカイブ

日傘

ローテクでも有効です。
☂️

COVID-19の影響で外出が減ったことで「コロナ太り」をしてしまったという人も少なくないようですが、平常時は会社まで徒歩で通勤していた私も在宅勤務中心になったことでその危険性は大いにありました。しかし、在宅勤務を始めたのとほぼ同時に終業後の散歩というかウォーキングを習慣化したので、出社時と同じ程度の歩数を歩くことができており、体重の増加もなんとか抑えることができています。

ただ、この夏の間の炎天下はただ歩くのも危険で、夕方とはいえまだ日が照っている時間帯はなるべく日陰が多くなるようなコースを選んで歩いていました。ここで最近になってようやく気づいたのですが、日差しがきついなら日傘を差せば楽になるのではないか、ということで早速買ってみることにしました。

私の妻も以前から外を歩くときには日傘を常用していてそれを見ていたのですが、これは日焼けをしたくないからだろうと思いこんでいたのでした。しかし、日陰に入れば楽になるのだから、日傘でも同じような効果は得られるはずで、それはまさしく事実でした。実際に強い日差しの日に日傘を差してみると、遥かに楽になります。

ただ、どうしてもなれないせいか人目を気にしてしまう自分がいます。しかし、もともと日本には男性が日傘を差す文化があったものの、江戸時代や太平洋戦争中に贅沢として禁じられてしまったという経緯があるようです。この辺はあまり確かな出典元がないのですが、男性が日傘を差すことがおかしいということは特にないはずで、仮に今までおかしいものとされていたとしてもこれだけ気候が変化しているのだから習慣の方を変えてもいいはずです。

また、私は晴雨兼用の日傘を購入したのですが、これは日傘として使用するときに雨傘とは違う物理的な問題が一つあるということに気づきました。それは風の強い日のことで、雨傘の場合は雨も風に乗って降り掛かってくるので傘を風上に向ければ良いのですが、日傘の場合はあくまで太陽の方に向けなければならず、傘の内側に風が当たるような方向になってしまうことがあり、傘の構造的に強くないため反対側に反ってしまうことがあるのです。晴天時専用の日傘であれば風を逃がすような構造にできるはずなので、兼用というのは良いことばかりではなかったようです。

とはいえ、それ以外には特段の問題はなく、非常に軽量コンパクトで私がこれまで持ち歩いていた折りたたみ傘より小さく軽いので、小さなかばんにも収まり荷物になりません。普段から持ち歩くことができないと使う機会もなくなってしまいますから、これは重要なポイントですね。またいざというときには雨傘として使えるというのも良いですが、さすがに雨傘としては小さいのでゲリラ豪雨には耐えられそうになく、あくまで一時しのぎですね。

The Power Packer

見た目は地味ですが。
🧳

何事もタイミングが重要なもので、なにか買うたびにここで紹介しているように見えて、紹介しそびれたまま年月が経ってしまったものの、買って良かったというものが実はいろいろあります。今回いまさらながらご紹介するのもそういったものの一つですが、たまたま最近になってAmazonでも売られているということを知り、当時より入手しやすくなっているのであればいいかなと思って改めて記事にしてみることにしました。

それはThe Power Packerというデジタルガジェット用のトラベルポーチのようなものです。私はKickstarterキャンペーンでもう3年前に入手していたのですが、今でも泊まりでどこかへ出かけるときには大変重宝していて、手に入れておいて良かったと思っているものです。といっても今はCOVID-19のせいで旅行もままならない状況にはなっていますが、未来永劫このままということはないでしょうから、また活躍の機会はやってくるはずです。

電子機器をあれこれ活用している人が出張や旅行に行くときには、各種充電器やケーブル類をいくつも持っていかなければならないわけですが、そういったものを収納するために工夫された仕切りやゴムバンドがたくさん付いていて、効率よくコンパクトに纏めることができます。私は普段からこのThe Power Packerの中に旅行用のものを収納していて、出かけるときにはさっとそのまま持ち出せばいいようにしています。それは日常的に使っているものとは別に用意しているということなので一見無駄ですが、予備と考えれば悪くもないでしょう。

本体の一部は伸縮性の高い素材で作られているので、結構たくさんのものを詰め込むことができます。私は電源の分岐コードのようなものも入れてしまっていますが、外側に膨らむだけで特に無理はかかっていないと思います。また、2段に仕切られている片方は3辺がファスナーになっていてガバッと大きく開くことができ、中にさらに仕切りがある形で、ものが見やすく取り出しやすくなっています。もう一方の段は縦にしたときの上半分がファスナーになっているので、比較的大きなものを入れても取り出しやすいでしょう。

Kickstarterのキャンペーンでは6種類の柄があり、私は一番シンプルなシャドーという黒一色のものを選んだのですが、現在はシャドーの他にボルドー、デニム、TOKYO限定という4色の展開になっているようです。TOKYO限定というのはかなり派手な柄ですが、中央部分以外は黒なのでどうでしょうね。Kickstarterのときにはレモンの絵が書かれた柄があって、これにしておけば良かったかもと思っていますが。

なおちょうど最近、Side by Sideはまた新しいキャンペーンを始めているようですが、このマスク入れのようなものは特に無くてもいいですかね。すでに目標を達成しているようなので、特に心配する必要はなさそうですが。

Kensington Slim Bladeふたたび

すでに手の一部。
🖲️

私は自宅でも職場でもPCのキーボードはHHKBのUS配列、マウスの代わりにKensingtonトラックボールを使っているのですが、それもかれこれ20年以上前からのことになるので、いまさら普通のJIS配列のキーボードとマウスには戻ることができません。まあキーボードはともかくマウスは使えないことはありませんが、机の上で必要とするスペースが大きいのと、常に定位置にあるわけでないというところでストレスを感じてしまうでしょう。

自宅では10年前に購入したSlimblade Trackballを使ってきたのですが、最近在宅勤務中心となって使う時間が劇的に増えたことも影響しているのか、急に左ボタンに相当するボタンのスイッチの反応が悪くなり、平均して2回に1回くらいクリックしても入力されないような状態になってしまいました。この製品には5年保証が付いていたのですが、それはとっくに過ぎているので買い換えるか自分で修理するかしかありません。

やはり10年も使っていれば、壊れてしまうというのは工業製品である以上、仕方のないことです。検索してみると自分で高品質なスイッチに付け替えている猛者もいるようですが、私は今回その手間をお金で買うことにして、同じSlimbladeを新しく書い直しました。Slimblade自体は非常に気に入っていて、職場用のトラックボールもSlimbladeに変えたいと思っていたので、いっそ2個買ってしまおうかとも思いましたが、今は出社頻度が低いのでそれももったいないと思い直しました。

今回は前回よりも1000円ほど安く購入することができましたが、それはたまたま安いときだったようで、今はまた以前と同程度の価格に上がってしまっています。Amazonで安く書いたければタイミングの見極めが重要ですね。

ということで10年も使っていてすっかり馴染んでいるSlimbladeですが、おそらく細かいところで改良やコストダウンがなされているのでしょう。ちょっとクリックしたときの音が安っぽくなったような気がしますが、使っているスイッチが変わっているのかもしれません。それが耐久性の高いものになっているのであれば万々歳ですが、たんに安いものになっているのだとすると不安です。まあ、どうせそれは壊れるときまでわからないので気にしないことにします。

しかし、クリックしたときに反応してくれないことがあるというのは想像以上にストレスが掛かるもので、新しくなってからも無意識のうちに反応しているかどうかを確認してしまっていることに気づき、「ああもう大丈夫なんだ」といちいち安堵することがありますが、それはすぐに慣れることでしょう。仕事でも趣味でも道具のせいでストレスが掛かっては元も子もないので、こういうところは惜しみなく出資するというのが私のポリシーです。