Archives

Amazon Echo Spot

とてもかわいいです。

皆さんはスマートスピーカーをお持ちでしょうか。Amazon Echo DotやGoogle Home Miniが5000円ちょっとという手頃な価格で売られているため、そのどちらかを購入して遊んでみたという人も少なくないと思います。これらはどちらも大きさの割にいい音がするとスピーカーとしての性能もそこそこ評価されているようですが、もちろんそれ以上に音声によるUIで操作して様々なことができるということが話題になりました。対応する機器を購入すると照明その他の電気器具を操作することもできるようになるので、そのような拡張機器も便利に使っているという一歩進んだ人もいるかもしれません。

しかしながら、自他ともに認める新しもの好きな私ですが、これまでスマートスピーカーには手を出していませんでした。その機能に疑いがあったというわけではなく、単に自宅には十分なスピーカーがあって、音楽もそんなスピーカーやヘッドホンで聞いて満足しており、スマートスピーカーをスピーカーとして使うことはないだろうと思っていたためです。しかしそんな考えを覆す製品がAmazonにはありました。日本では売られていないのですが、7インチの画面を持つEcho Showという製品が以前からありました。これはその画面でAmazon Videoの動画を観ることもできるというスマートスピーカーとはちょっと違うジャンルの製品になってしまっていたのですが、これとはまたちょっと違い2.5インチの円形の画面を持つEcho Spotという製品が遅れて登場していたのでした。

このEcho Spotも日本ではまだ発売されていないので、アメリカ出張の機会を待っていて、先日ようやく購入できたというわけです。今のところ対応言語はアメリカ英語、イギリス英語、ドイツ語の3つのみとなっていますが、現時点でも日本の技適マークも付いているので、いずれは日本でも売られる可能性もそれほど低くはないでしょう。しかし、やはり今は英語とドイツ語しか使えず、それも表示だけではなくスマートスピーカーの特徴である音声アシスタントのAmazon Alexaも日本語を理解できないので、一般の日本人には敷居がちょっと高そうです。

家の中で機械に向かって大きな声で話しかけるというのは少なからず抵抗があるかと思います。私の妻などは私がAlexaに話しかけると気持ち悪がりさえしますが、しかしその壁を打ち破ってしまえば、キーボードやタッチスクリーンのあるところまで行って操作するという手間を、声を出すだけで省けるというのは便利なものです。それも必要十分な音声認識制度があれば、という条件が付き、仮にそれが不十分な場合はかえって苛立つだけですが、現在の技術ですでに支障のないレベルに到達しているようです。

といっても、私が主に使用するのは紅茶を入れる時に5分間は買ってもらうだけで、使いこなしているとは到底言えません。出張中のホテルではAmazon Musicの音楽をそこそこの音質で再生してくれるので使っていましたが、自宅で音楽を聞くために使うということは無さそうです。Bluetoothスピーカーとしても機能するので、Macの外部スピーカーとして使うというのも悪くありませんでしたが、これではスマートスピーカーとして使っていることにはなりません。

また、実はEcho Spotにはカメラも搭載されていて、DropInという機能でテレビ電話のように使うこともできます。ただその相手もEcho SpotかEcho Showを持っていなければならないので、私はそのような相手を知りませんので試してみることもできません。たとえ相手がいても顔を見て喋る必要はないので、この機能は完全に宝の持ち腐れとなっています。

しかしそれでも私が十分満足しているのは、特に何もしていない時は丸いディスプレイを活かして時計として使用できるのです。文字盤の種類は数十種類もあって、好きなものを選んで使用できます。また、手持ちの画像ファイルをダウンロードして表示することもできるのですが、これはなぜか位置がずれて表示されてしまってうまく行きませんでした。きっとソフトウェアのアップデートでいつの間にか直っていることでしょうから、しばらく経ってからまた試してみたいと思います。球体を切り落としたような可愛らしい形をしていることもあって、黙っていればただの置き時計にしか見えませんが、私のようにAlexaもスピーカーも使わなければ文鎮にしかならないEcho Dotなどよりも断然価値があるというものです。

Twelve South Journal Wallet Case for iPhone 8 Plus/7 Plus

作りはしっかりしています。

先日iPhone 8 Plusを購入し、その後1日だけケースがない状態で持ち歩いていたのですが、ツルツルした本体を裸で持つことに慣れていないためうっかり手を滑らせてしまいそうで非常に落ち着きませんでした。iPhone 6 PlusではTwelve Southという会社のBookBookという古い本のようなデザインが売りの手帳型ケースを使用していて、iPhone 6 Plusと8 Plusは大きさが同じなのでそのまま使えるのではないか、デュアルカメラになっているのでその出っ張りが干渉するかと思いきや、左側の「着信/サイレントスイッチ」の位置が微妙に異なりうまくはまらず使えませんでした。そのため、だいぶボロくなっているし持っていても仕方がないので、BookBookは6 Plusを下取りに出してしまってからすぐに捨ててしまいました。

ということで、とても気に入っていたので8 PlusでもBookBookを使おうかと思ってTwelve Southのウェブサイトを見てみたのですが、Journal for iPhoneという別の製品の品質が高そうで気になってしまい、こちらを購入することにしました。

Twelve South Journal Wallet Case for iPhone 7 Plus ブラック [並行輸入品]

posted with amazlet at 18.05.03

Twelve South LLC 売り上げランキング: 1,697,115

Amazon.co.jpで詳細を見る

ただ、Amazonではだいぶ高く売られているので、私は定価で売られているApple Storeで購入しました。7800円というのはだいぶ高いような気がしますが、届いた製品を触ってみても革の質感はかなりしっかりしていて高級感があります。BookBookは見た目のデザインの割にちょっとチャチに感じることがありましたが、Journalは持っているうちに手に馴染みそうで満足感があります。

しかし、BookBookでは本の表紙に当たる部分のカバーからiPhoneをセットしたケースを簡単に外すことができて、これが車載マウントや自撮り棒にセットする時にかなり便利だったので、このJournalも同じような作りなのかと思ったら、カバーとケースが一体になってしまっていて、同じように使うことができなかったというのが大きな誤算でした。しっかり調べずに勢いで買ってしまった私が悪いのですが、使い勝手としては低下してしまっているのが残念です。

もう一つ、カバーが120度くらいまでしか開かず、完全に裏に回すことができないので、ポケット部に入れたICOCAなどをタッチする時に当てづらいという問題もあります。私は徒歩通勤で日常的にICOCAを使うわけではないのでちょっと我慢すればいいだけですし、Apple PayにSuicaを入れていればそれを使う時には問題にならないでしょう。私もSuicaを持っているはずなのですがどこかへ行ってしまったので、次に関東に行ったときにでも入手してApple Payで使えるようにしたいと思います。私が一番ICOCAを使う神姫バスは2年前までICOCAには対応していてもSuicaには対応していなかったのですが、今は使えるようですし。

ということで、特に一番目の欠点についてはどうしようかと思っているところです。マウントにセットする時にいちいちケースから外すのも大変ですし、頻繁に付け外しをしていると緩んできてしまいそうですし、なかなか考えものです。後悔先に立たずですが、やっぱりBookBookにしておくべきだったのでしょうか…

iPhone Trade-in program

まだ使えるようでも実際には使わないので。

先日、私はiPhone 8 Plusを満を持して購入したわけですが、256GBモデルを普通に購入すると税別でも10万円を超えてしまいます。文字通り毎日使うものですし、私の場合はそう頻繁に買い換えるものでもないので、高すぎるとまでは思っていません。特に、これまで使用していたiPhone 6 Plusは3年半ほど使いましたので、今回も同程度使うと思えば1年あたり3万円程度、1日あたりで言うと80円ほどとなりますから、そう考えるとどうということはないような気がしてしまいます。

とはいえ、絶対値としては高額です。またいわゆる携帯電話キャリア、MNOの三社が行っている「実質負担金○○円」のようなものは体のいい割賦でしかないので、総額としては一括購入するよりも高くつくことになります。

話は逸れますが、私は「安くつく」という言葉を聞くととても気になってしまいます。「高くつく」の反対は「安く上がる」ではないのでしょうか。「ーつく」という言葉にはネガティブな意味が含まれますので、安く上がって喜ばしい場合には特におかしいと思います。またもう一つ、「リーズナブル」という言葉をただやすいという意味で使うことにも非常に違和感があります。reasonableというのは妥当、適当ということですから、安価なものに対して「リーズナブル」だというのはその程度だということになってしまいますが、決してそういう意味では使われていないでしょう。

さて話を元に戻しますが、MNOと契約して月々5千円以上の代金を払っていると麻痺してしまいがちな携帯電話は、スマートフォン以前から相当な精密機器であり、何万円するというのもまさにリーズナブルであったわけですが、機能や性能の高度化に低価格化が追い付かず徐々に価格が高くなってきてしまい、ついに10万円を超えるまでになったということです。性能を抑えれば価格は上げずに済むのでしょうが、それでは売れないので仕方ないでしょう。

私はMVNOのIIJmioを利用しているのでアップルストアでSIMフリー版を購入したのですが、この時「Apple GiveBackの下取りプログラム」というものを利用することにしました。これまで使用していてバッテリーが劣化していたiPhone 6 Plusを下取りに出すことで、8 Plusの購入価格から最大14千円の割引が受けられるというものです。なお、7 Plusの下取りでは最大38千円になるということなので、毎年買い換えるような人も2/3程度の価格で新しいものが手に入るということなのかもしれません。

下取りに出せるのはiPhoneだけに限らず、いわゆるフィーチャーフォン、ガラケーや、他社製のスマートフォンも対象になっていますので、手元に不要な端末があるという人はiPhone買い替えを機に処分がてら下取りに出してしまってもいいのではないでしょうか。なお、私は店頭での購入時にデータを削除して古いiPhoneを手放してしまったので値引きとなりましたが、オンラインストアでの購入でも下取りを受け付けていて、その場合は値引きの代わりにApple Storeギフトカードが届くようです。