Archives

IKEA KARLSTAD ソファカバー交換

気分も一新。

今週は月曜日が海の日で休日ということで三連休となりましたが、残念ながら近畿地方は土日は雨模様となってしまいました。しかし月曜日は一転、ドライブ日和のとても良い天気となったのですが、ちょっとした思いつきでIKEAへ行くことを妻に提案したところ、妻も買いたい物があるということで行くことになりました。ただ、私が買おうと思っていたものは皿だったのですが、実物を見てみると色が欲しいものとはちょっと違っていたので結局所期の目的は果たすことができず、しかしもともと買うつもりのなかったものばかりいろいろ買うことになってしまったのはまんまと術中に嵌ってしまったということでしょう。

店内に入って早い時点で「ソファに置いているクッションがもうボロくなっているから買い換えよう」という話になったのですが、ソファの色に合うものをと考えているうちに「ソファのカバーも変えられるのでは?」ということになったのでした。我が家では2008年に購入したKARLSTADというソファを使っているのですが、このソファ自体は今でも隅の方で売られていました。ただ、さすがに古い製品で売れ筋からは外れてしまっているようで、カバーもなんだか地味な色ばかりになってしまっていました。私が使っていたコルンダールブルーのような鮮やかなものはなく、グレーやモスグリーンの中から選んだのは「クニーサ ライトグレー」というものです。

自宅に帰って早速カバーの交換を始めたのですが、最初にソファを購入した時に妻がほとんど一人で組み立てただけのことはあって、特に難しいことはありませんでした。左右のアームの部分はそれぞれ4本のボルトで固定されているので、そのナットを外せばバラすことができ、バラしてしまえばマジックテープで止まっているだけなので力も要りません。取り付けるのもその逆にするだけなので、落ち着いてやれば何の苦もないと思います。ただ、本当はソファの脚の部分を緩めてカバーを噛ませる必要があるのですが、その脚がなかなか緩まないので「まいっか」とそのまま脚の周りにカバーがかかる状態にしてしまいました。まあそれでも特に問題は無さそうです。

ということで、カバーの価格は材質によって幅があるのですが、今回購入したものは5990円という安いものなので、これだけの値段で自宅のソファがくたびれたものから新品同様に蘇ったことになります。購入してから11年、そのうち3年ちょっとはトランクルームで眠っていたので、実際使っていたのは8年弱ということになりますが、ソファ本体はしっかりしていて、これからまだ何年も問題なく使えそうな状態です。

次男も家を出たら新しいものを買うつもりなので、今回はせいぜい2,3年の繋ぎとして安いものにしましたが、それでもやはり新しいものは気持ちが良いです。ただ、選択肢がかなり限られてしまっていたのは残念なので、今回は大丈夫でしたが廃番になる可能性もありますし、最初に購入するときに予備のものも一緒に買っておいた方が良いのかもしれません。

コカ・コーラ エナジー

飲まずに済むならそれに越したことはないでしょうが。

私はコーヒーの飲み過ぎで完全に慢性のカフェイン依存症になっているので、カフェインが不足すると離脱症状により頭痛に苦しむことになってしまいます。そのままカフェインを取らずにいれば数日で終わるのですが、コーヒーや紅茶などをまったく飲まないということもできないので、それはなかなか難しいことです。しかし逆にカフェインを摂取すれば1時間足らずで気づいたら治っていたという感じになるのですが、そういうときに重宝するのがエナジードリンクの類です。

以前、長時間のドライブの前に飲んでみたら全く眠くならなかったので怖いくらいに思っていたのですが、最近は仕事中に気分がすっきりしないときなどに飲むと集中できるので、事務所の自販機で売られているMonster Energyをたまに買って飲んでいます。しかし、ちょっと前まではオリジナルが売られていたのに、Cuba-Libreに変わってしまったのです。これはラム酒とコーラで作るカクテル「キューバ・リブレ」をイメージしたものということですが、もちろんラム酒なんて入っているわけもないので単なる「薄いコーラ」味になってしまっているのです。それなら普通のコーラを買った方が安いしいいのではないかと思ってコカ・コーラ ゼロを買ってみたりもしたのですが、それではやっぱり効かないのでした。

そんな感じでどうしようかと思っていたところ、先日コカ・コーラから初のエナジードリンクとしてコカ・コーラ エナジーなるものがタイミングよく発売され、その発売初日から職場の自販機にも入ったのでした。ただ、エンジニアには新しもの好きが多いのかあっという間に売り切れてしまったので、私が試してみたのはその翌日になりました。

ひと足先に飲んだ同僚が「ちょっと薄いコーラでイマイチ」だと言うので、それではCuba-Libreと変わらないではないかと思っていたのですが、実際に飲んでみると普通のコカ・コーラにはないガラナの味が効いていて、私はなかなか気に入りました。ただ、売られているのが190mlという小さなサイズのものなので、価格は安いもののボリューム的に不満があり、エナジードリンクとしての効果も今ひとつのように感じています。コンビニなどでは250mlの製品が売られているようなので、そちらであればある程度の満足感はあるかもしれません。

まあしかし、エナジードリンクもほどほどにしないと体に良くないでしょうね。アメリカではエナジードリンクもとんでもない大きさのものが売られていて、見るたびにぎょっとしていましたが、彼らの巨体にはそれくらいの量がないと効かないのかもしれません。カフェインだけでなく糖分も相当なものなので、悪循環なのでしょうけどね。

Lume Cube Air

光あれ!

私の最近の趣味の一つは「美味しい食べ物の写真を美味しそうに撮る」ということなのですが、時として店内の照明が落とされていて思うようにきれいに撮れない場合があります。いかに最近のカメラの高感度性能が良くなったと言っても、きれいに光が当たっていないものは明るく写ったとしてもきれいには見えません。そういう場合は肉眼でもあまり美味しそうには見えていないものなので、料理は舌と目の両方で楽しむものと思っている私にはとても残念なことです。

そういう場合に備えて、一つ強力な武器を手に入れました。それがLume CubeのLume Cube Airというもので、簡単に言えば非常にコンパクトなLED照明です。

写真、ビデオ、およびコンテンツ作成用のLume Cube AIR LEDライト

posted with amazlet at 19.05.14

Lume Cube 売り上げランキング: 1,073,705

Amazon.co.jpで詳細を見る

私も最初はLEDがグリッド状に多数並んだスマートフォンほどの大きさのものを物色していたのですが、Lume Cubeがコンパクトでありながら高品質な光を作り出せることを知り、ちょうど新製品としてLume Cube Airが発売されるところだったためこちらを購入したのでした。したがって、私が入手してからすでに数ヶ月が経過しており、ある程度使ってみてからこの記事を書いています。

本製品にはホワイトとオレンジの2色のディフューザーが添付されていて、本体前面の全体にかぶせるようにして装着すると光を柔らかく拡散してくれます。LED自体の5600Kということで、オレンジのディフューザーを装着すると低めの色温度になりますが、ホワイトのほうが自然な光になるような気がします。

本体は防水なので雨でも気にせず使えるというのも良い点です。私のカメラは防滴仕様なので雨の中でも構わず撮ることがあるのですが、そういうときでも必要があれば補助光を加えられるというのは便利です。ただし、今のところそのような状況はありません。

重量わずか56gというコンパクトな本体ですが、50%の明るさで約2時間作動するというバッテリーが内蔵されており、Micro USB端子で充電します。また、充電しながらでも使えるということなので、モバイルバッテリーにつないでおけば長時間点灯可能というのはビデオ撮影などに使用する人には良いのではないでしょうか。私は1回あたりで使用する時間はせいぜい数分なので、本体だけでも十分すぎます。

この製品はiOSとAndroidのアプリでBluetooth経由で操作できるというのも売りになっています。アプリを起動すると自動的に認識してすぐに接続され、明るさをきめ細かく調整したり、フラッシュ点灯、点滅など制御が可能です。また複数のLume Cubeを制御可能ということなので、いくつも使用する場合には便利なようです。また、バッテリー残量がパーセンテージで表示されるのも、本体には何も表示手段が無いだけに助かります。

若干問題を感じているのは背面に磁石が内蔵されていることで、便利な場面もあるのかもしれませんが、カードの磁気ストライプの情報が消えてしまう危険性が高いので、特に鞄の中などで取り扱いに気を使います。鉄板でも取り付けておけばいいのかもしれないとは思っていますが、最初から内蔵されていないか、取り外せるような構造になっていれば良かったのにと、他に目立った欠点がないだけに、ただそれだけが残念なポイントです。

ということで、店内が暗いときに雰囲気を壊したり迷惑を掛けないように遠慮しながら使用しているのですが、それほど暗くない場合でも補助光を与えることでよりきれいに写すことができる場合もあり、まだいろいろ試行錯誤しているところです。コンパクトで手で摘んで持ちやすい形状なので、右手にカメラ、左手にLume Cubeという体勢で光の当たり具合を確認しながら撮影できるというのは思っていた以上に便利でした。