「amazon」タグアーカイブ

Amazon Basics モニターアーム

ちょっとしたロマン。
💪🏼

安物にはないようですが、ある程度の価格以上のモニターの背面には一般に「VESAマウント」と呼ばれているFDMI (Flat Display Mounting Interface)というものに対応した10cmないし7.5cm四方のネジ穴が空いています。VESAというのはVideo Electronics Standard Associationというビデオ周辺機器の標準化団体ですが、この団体が定めている、フラットディスプレイを固定するための規格で、このネジ穴に各種マウント器具をネジ止めできるようにするものです。これを利用することでモニターの脚を外して、モニターアームや壁面にスッキリ固定できるようになります。

このモニターアームというのは私にとってはある種の夢のようなもので、高嶺の花だと思っていたのですが、Amazonベーシックのものが案外安く買えて物も良いということを知り、今後も在宅仕事が続くようなのでもっと業務環境に投資してもいいのではないかと思って購入してみました。

本当はまずは試しに1つ買ってみたかったのですが、幸か不幸か単品は売り切れで、2点セットの方は在庫があったのでこちらにしました。これは一つの箱に同じものが2組入ったセットとなっているのですが、やはり2組欲しいという人はそれほど多くはないということなのでしょうか。現在はちょうど特別キャンペーンで10%割引となっていて、ちょっと安く購入することができました。

実はこの製品はモニターアームで定評のあるErgotronのOEMとなっていて、LX デスクマウントアームという製品と完全に同一で、塗装色とAmazonのロゴが入っているくらいの違いしかないそうです。それでありながらAmazonベーシックのほうがだいぶ安価で、塗装色もマットブラックで落ち着いているのでお買い得です。延長アームなどErgotron製のオプションもそのまま使えるそうなので、必要なときはそれだけ買い足せばよいでしょう。

組み立てとデスクへの取り付けはいたって簡単で、クランプ部をデスクに固定したあと中間アームの穴に差し込み、先端アームをモニターのVESA規格のネジ穴に手回しネジで止めたあとでそのアームの穴に中間アームを差し込むだけです。取り付けの際の注意点はクランプを取り付けるにはデスクの縁に10mmから60mmの厚さの平面が必要ということくらいでしょうか。私のデスクはIKEAGALANTというものですが、裏面に鉄のフレームがあるので取り付けられない部分があり、これがちょっとした制約となりましたが、アームの長さでカバーできる範囲で無事に取り付けることができました。

アーム自体はしっかりした作りで安心感があり、安価なAmazonベーシックブランドの製品ですがまったく安っぽさはありません。黒いアームで良いならErgotronのオリジナル製品を選ぶメリットは特にないのではないでしょうか。

私はもともとデュアルモニターで使用していたのですが、先日購入した新しいMac miniが3画面まで対応できるということなので、これまで寝かせていた古いDell 2001FPという20インチのUXGAモニターを繋いでみようと思ったものの、脚が大きくて邪魔なのでどうしようかと考えていたところでした。なので今回はこの2001FPとIiyama X3291HS-B1という31.5インチのモニターにアームを付けたので、もう1台のASUS PB278Qという27インチモニターにも取り付けたいところです。これは単品の在庫ができて安くなったときですかね。

Amazonの置き配

リスクの考え方。
📦

最近Amazonでは荷物の配達時に「置き配」を指定できるようになりました。今のところ地域限定になっていますが、対象地域は徐々に拡大されていっているようで、来年中には全国どこでも対応できるようになるようです。置き配を指定すると、在宅/不在に関わらず、指定した場所に荷物を置いていくため、サイン不要で荷物を受け取れるようになるとされています。また、荷物が置かれた状態の写真をメールやアプリで確認できます。

宅配便全体の再配達率は2割ほどにもなるとのことで、これはかなり無駄なものですので、これが少しでも減るというのはほぼ誰にとっても良いことではないでしょうか。心配されるのは配達後の荷物の盗難ですが、万一配送済みとされているのに荷物が届いていないという際にはAmazonが補償してくれるということなので、利用者にとって面倒ではありますが、経済的な損失にはなりません。Amazonは補償リスクに見合う価値のあるサービスだと判断したのでしょう。

実は置き配というのは諸外国ではかなり一般的なもので、私がアメリカに住み始めた2012年でも不在の際には大抵の場合玄関先に置いていってくれました。大抵、というのは配達業者によるもので、UPSUSPSは置いていってくれるのですが、DHLだけはなぜか手渡しで受け取ることが必要でした。アメリカで玄関先に置かれていて大丈夫なのかと思われるでしょうが、盗られてしまうようなことは一度もありませんでした。日本は治安が良いものと思い込まれていますが、実はよほど日本の方が軽い犯罪はちょくちょくあるのではないかと思っています。

なお、日本のAmazonの置き配と異なるのは、まずドアベルを押してすぐに出れば手渡しして、しばらく待って出てこなければ置いていくというところです。待っている時間は配達員によって違い、1秒も待たずに置いていくような人もいましたが、届いたことはわかるので玄関を開けて置いてあるものを取るだけのことです。日本のAmazonの場合には黙って玄関先などに置かれていくので、私の外出中の家族にとっては知らないうちに置かれているということになってしまい、これは日本でも同じようにしてくれるといいのにと思っているところです。

ということで私はほとんど手放しで歓迎しているこの「置き配」サービスですが、日本ではあまり受け入れられていないというのが不思議です。どうも日本の社会は不寛容で、完璧でないものは受け入れられない傾向にあるのではないかと思っていますが、それではどうしてもコストが掛かってしまいます。ある程度のリスクを受け入れることで総合的な利益が高まるのであれば、それを受け入れるべきではないでしょうか。

Amorno Bluetoothイヤホン

ここにも着実な技術の進歩が。
🎧

今年のはじめ頃に通勤時にPodcastを聞くためにDITONGというブランドのワイヤレスヘッドセットを購入したということを書きましたが、当初は調子よく使えていたこの製品もしばらく経つと徐々に動きが怪しくなってきました。顕著なのはBluetoothの接続性で、電源を入れても一発で繋がらないことが多く、何度か電源のON/OFFを繰り返してようやく使えるようになるという状態になってしまい、快適とは程遠く、時間的なロスにもなっていたので買い換えることにしてしまいました。もともと2000円と安いものでしたし、気に入らなければ買い換えようということだったので想定の範囲内だったと言えます。

今度はどれにしようかと再びAmazonを見てみると、半年余りの間にまた新しい製品もたくさん出てきていて、また選ぶのに困ってしまいます。私の条件を列挙すると、片耳タイプであること、通話は必要ないのでマイクの性能は求めないこと、できる限りコンパクトであること、バッテリーは4時間程度以上持つこと、充電が容易なこと、といったことになるでしょうか。これらの条件を満たす中でできるだけファッショナブルなものとして選んだのが、Amornoというよくわからないいかにも中国メーカーらしいブランドの製品です。まあ、一昔前は(今でも)日本のメーカーだって横文字なら何でもいいのかというくらい酷いブランド名を付けていたものですが。

購入してからすでに1ヶ月あまり使用しているのですが、これまでのところではすこぶる快調です。何より嬉しいのはBluetoothの接続が圧倒的に速いということで、電源を入れると音声で”Power on”と言うのですが、その直後に間髪入れず”Device connected”と接続が確立したことを知らせてくれます。これだけでも目下の不満は解消されているのですが、その他に嬉しいのは防水なので雨でも安心、コンパクトでポケットに入れておいてもかさばらない、といったことが挙げられます。

また、非常にコンパクトなボディですが、バッテリーの持ちは私の往復の通勤とちょっとした寄り道程度なら不安なく使えるくらいには十分です。先日の出張時には途中で切れてしまいましたが、それまでに5時間ほど使っていたと思うので仕方ないでしょう。ただ、毎日帰宅後に充電することは必要なようですが、充電用アタッチメントとは磁石で吸着するので、たいした煩わしさはありません。充電時間は数十分でしょうか。

私はなぜか色々なサイズのイヤーチップを持っているので、耳にフィットするものに交換して使用していますが、購入すると3種類のイヤーチップが付属しているのでそれらを使えばよいでしょう。また、ソフトケースも付属しているので、充電器と一緒に持ち歩く場合に便利かと思います。

装着感としては、歩いているだけで落ちそうになることはありませんが、耳までかぶっているビーニーを脱ぐときに一緒に外れてしまい、地面に落としてしまうということがありました。重さはないので直ちに壊れるということはないでしょうが、それ以来気をつけるようにしています。

ということで、通話はしていないのでマイクの性能などはわかりませんが、それ以外では今のところ特に不満らしい不満もありません。操作できるスイッチは電源と応答を兼ねたボタン1つだけなので音量調節などはできませんが、スマートフォン本体で操作すればすむことですし、私はPebbleでも操作できるので特に音量やスキップのためのスイッチの必要性は感じていません。ただ、長押しで電源を切るのですが、押す時間が微妙に短くてSiriが起動してしまうことがままあり、その点はちょっと厄介ではありますが…まあそれくらいです。