カテゴリー
gadget

Amazon Fire TV Stick 4K

2年前の製品なので今さらですが、一応。
📺

我が家ではビデオのストリーミングサービスとしてはAmazon Prime Videoを利用しているだけで、NetflixHuluなどは契約していないのですが、今のところそれでも特に不満はないようです。Star Warsファンの私自身はDisney+の「マンダロリアン」はかなり観たいと思っているのですが、それだけのために契約しても無駄が大きいのでなんとか我慢しているところです。

テレビに繋がっているストリーミング再生用のデバイスとしてはPS4を使用しているのですが、この春から次男も一人暮らしするため持って行ってしまうということで、それでもPrime Videoは観られるようにしてくれと言われ、なにかストリーミングデバイスを購入しようと検討してみました。

まず選択肢はAmazonのFire TVの他、AppleApple TVGoogleChromecastとありますが、それぞれ特徴があります。主に観るのがPrime VideoとYouTubeなので、Fire TVかChromecastにするのが妥当なようにも思えますが、家族はみなiPhoneユーザーなのでそれとの親和性を考えるとApple TVも悪くありません。Chromecastは操作にスマートフォンが必要で単体では使えないということで早々に選択肢から外れましたが、結局決め手となったのは昨日から始まったタイムセールでFire TV Stick 4Kが1500円引きということでした。Apple TVとの価格差はちょうど1万円ほど、およそ3倍の値段になりますが、その差を埋めるほどのメリットは見いだせなかったということになります。

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

昨日注文して今日の午前中には届いてしまうという相変わらずの速さなのですが、セットアップも非常に簡単でした。本体をテレビのHDMI入力端子に差し込んで、USBの電源ケーブルを繋ぐだけで電源が入ってしまいます。ちょっと驚いてしまったのはWi-Fiパスワードを入力していないのに勝手にアップデートされてしまうことですが、これはEcho Spotかなにか他のデバイスで入力したものをAmazonが覚えているということなのでしょうか。しかし、その後ホーム画面はパスワードを入力し直さないと表示できなかったので、なんだかよくわからないままです。

一旦ホーム画面が表示されてしまうとあとの操作はPCのブラウザでPrime Videoを観るときとあまり違わないインターフェイスで、動作も軽快で使いやすいです。ただし、購入時にアカウントが自動的に紐付けられているので、ホーム画面の表示は私のアカウントでのものになっていて、家族のアカウントで使うためにはPrime Videoというアプリの中に入る必要があります。そのアプリ内の表示もあまりホーム画面と違うものではありませんが、私の視聴履歴などがホーム画面で丸見えなのがなんとなく居心地悪いような気がしないでもありません。

本製品自体は4K出力に対応していますが、テレビのほうが10年以上前のもので宝の持ち腐れ感があります。ただその分余裕があるというのは悪いことではないでしょう。なお、テレビの初期状態がオーバースキャン設定になっていて縁が切れてしまっていたので、これを「ジャストスキャン」に変更する必要がありました。しかし今どきのデジタル映像ソースの時代にオーバースキャンというのは必要なものなのでしょうか。オーバースキャンすることで解像感が失われることになるのではないかと思いますが。

付属のリモコンもテレビ自体の電源や音量を操作できてカーソル移動などの反応もよく使いやすいものだと思います。ただちょっと気になったのは、Fire TV自体の電源を切る方法はないのではないかということです。電源ボタンを押しても切れるのはテレビ本体の電源だけで、テレビのリモコンで電源を入れるとすでにFire TVの画面になります。それとも、Fire TVの起動がテレビ自体よりも速いためにそう見えるだけで、テレビの電源に連動しているのでしょうか。いや、さすがにそういうことですよね。

カテゴリー
movie

The Map of Tiny Perfect Things

思わぬ拾い物でした。
⏳

昨日、いつものようにニュース記事をフィードリーダーで見ていたときに、ふと目に止まったのがシネマトゥデイの「間違いなしの神配信映画『明日への地図を探して』Amazon Prime Video」という記事でした。これは「間違いなしの神配信映画」という、各種動画配信サービスで配信されている映画の中からおすすめの作品を紹介するシリーズの1つのようですが、ほとんどタイトルしか見ていないはずなのになぜ目に止まったのかはわかりません。

この記事で紹介されているのはタイトルの通りAmazon Prime Videoのオリジナル作品「明日への地図を探して」というもので、記事にも書かれている通りタイムループものです。ループものの映画といえば「恋はデジャ・ブ」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が思い出されるところですが、どちらの作品も私はとても好きですし、後者は特に好きで既に10回以上繰り返し見ています。主人公らだけの意識が残るなんていうことはどう考えてもありえないので、Sci-Fiというよりはファンタジーだと思って観ていますが、それでも楽しめればいいのです。

この作品でループしてしまうようになった原因も、そのループから脱出する方法もストーリーの核心なのでここでは触れませんが、「まさかそんなこと!?」というようなちょっとびっくりするようなことでした。やはりSci-Fiではなくあくまでファンタジーだと思って、深くは考えないほうがいいでしょう。しかし、だからつまらないというようなことはまったく無くて、とても愛おしい気持ちにさせてくれる素晴らしい作品だと思います。

ループにとらわれている主人公らが男女高校生2人だというのがいいのでしょう。舞台はアメリカなので日本の高校生活とは似ても似つかないところはありますが、そうはいってもやはりティーンエイジャーなので微笑ましいものです。演じているKyle AllenKathryn Newtonの二人の実年齢はもう少し上なので余計に大人びて見えてしまいますが、そこは目をつぶるしかないでしょう。

最近はAmazonだけでなく各配信サービスともオリジナル作品に力を入れていて、当然ながらそれらの作品はそれぞれのサービスに加入しなければ見られないというのが残念というか、もったいないように感じてしまいます。この作品も心温まる傑作なので、多くの人に観てもらいたいところですが、Prime会員になっていなければ観られませんし、Prime会員になっていてもPrime Videoは観ていないという人も少なくないのではないでしょうか。それどころか比較的Prime Videoを観ている私でも、シネマトゥデイの記事で紹介されていなければこの作品は知りもしなかったので、今回の記事にはとても感謝しています。今後このシリーズの記事は見逃さないようにしなければと思いますし、過去の記事もしっかり読んで、見逃している作品は一つずつ観ていきたいと思います。

カテゴリー
gadget

Amazon Basics モニターアーム

ちょっとしたロマン。
💪🏼

安物にはないようですが、ある程度の価格以上のモニターの背面には一般に「VESAマウント」と呼ばれているFDMI (Flat Display Mounting Interface)というものに対応した10cmないし7.5cm四方のネジ穴が空いています。VESAというのはVideo Electronics Standard Associationというビデオ周辺機器の標準化団体ですが、この団体が定めている、フラットディスプレイを固定するための規格で、このネジ穴に各種マウント器具をネジ止めできるようにするものです。これを利用することでモニターの脚を外して、モニターアームや壁面にスッキリ固定できるようになります。

このモニターアームというのは私にとってはある種の夢のようなもので、高嶺の花だと思っていたのですが、Amazonベーシックのものが案外安く買えて物も良いということを知り、今後も在宅仕事が続くようなのでもっと業務環境に投資してもいいのではないかと思って購入してみました。

Amazonベーシック モニターアーム シングル ディスプレイタイプ 2点セット ブラック

本当はまずは試しに1つ買ってみたかったのですが、幸か不幸か単品は売り切れで、2点セットの方は在庫があったのでこちらにしました。これは一つの箱に同じものが2組入ったセットとなっているのですが、やはり2組欲しいという人はそれほど多くはないということなのでしょうか。現在はちょうど特別キャンペーンで10%割引となっていて、ちょっと安く購入することができました。

実はこの製品はモニターアームで定評のあるErgotronのOEMとなっていて、LX デスクマウントアームという製品と完全に同一で、塗装色とAmazonのロゴが入っているくらいの違いしかないそうです。それでありながらAmazonベーシックのほうがだいぶ安価で、塗装色もマットブラックで落ち着いているのでお買い得です。延長アームなどErgotron製のオプションもそのまま使えるそうなので、必要なときはそれだけ買い足せばよいでしょう。

組み立てとデスクへの取り付けはいたって簡単で、クランプ部をデスクに固定したあと中間アームの穴に差し込み、先端アームをモニターのVESA規格のネジ穴に手回しネジで止めたあとでそのアームの穴に中間アームを差し込むだけです。取り付けの際の注意点はクランプを取り付けるにはデスクの縁に10mmから60mmの厚さの平面が必要ということくらいでしょうか。私のデスクはIKEAGALANTというものですが、裏面に鉄のフレームがあるので取り付けられない部分があり、これがちょっとした制約となりましたが、アームの長さでカバーできる範囲で無事に取り付けることができました。

アーム自体はしっかりした作りで安心感があり、安価なAmazonベーシックブランドの製品ですがまったく安っぽさはありません。黒いアームで良いならErgotronのオリジナル製品を選ぶメリットは特にないのではないでしょうか。

私はもともとデュアルモニターで使用していたのですが、先日購入した新しいMac miniが3画面まで対応できるということなので、これまで寝かせていた古いDell 2001FPという20インチのUXGAモニターを繋いでみようと思ったものの、脚が大きくて邪魔なのでどうしようかと考えていたところでした。なので今回はこの2001FPとIiyama X3291HS-B1という31.5インチのモニターにアームを付けたので、もう1台のASUS PB278Qという27インチモニターにも取り付けたいところです。これは単品の在庫ができて安くなったときですかね。