カテゴリー
music

#FightLyme with Avril Lavigne + Friends

正直期待はずれではありましたが…
🎤

音楽といえば基本的に洋楽ばかり聴いている私ですが、好きなアーティストの一人がAvril Lavigneです。Avrilは容姿も美しいのですが、それ以上に彼女の書く歌と声が非常に素敵です。私は特にバラード系の歌が素晴らしいと思っていて、一番好きなのは2013年にリリースされた、当時の夫Chad Kroegerとのデュエット曲”Let Me Go“です。

このAvrilが久しぶりのワールドツアーで日本にも来る、ということでぜひ行きたいと思っていたもののチケットを取ることができず見送っていたのですが、その後COVID-19のせいでツアー自体がキャンセルになってしまいました。これは他のアーティストも同様なので仕方のないことだとは思いますが、その後オンラインライブをやるということが発表され、それならばと私もチケットを購入して視聴しました。それが日本時間の今日開催された”#FightLyme with Avril Lavigne + Friends”という名前のイベントです。

そもそも、Avrilは2014年から2015年にかけて表に出てきていなかったのですが、その原因となったのが「ライム病」という病気で、5ヶ月もの間寝たきりになっていたとのことです。野外でダニによって媒介される病気で、日本でも発生することがあるということなので、決して他人事ではありません。軽いものから深刻なものまで様々な症状が見られるようですが、ダニに咬まれることでそんな大変なことになるとは私も思っていませんでした。

今回のイベントはその収益のすべてが、Avrilが自身の経験から設立したThe Avril Lavigne Foundationに送られるチャリティーコンサートとなっています。このため、曲の合間合間にライム病や支援団体などの説明が入っており、またイベント自体が1時間弱で終わってしまい、さらに”+ Friends”とあるようにAvril以外にRob Thomas, Alessia Cara, OneRepublicといったアーティストも1, 2曲ずつ披露していて、結局Avril自身の歌は4曲(Girlfriend, My Happy Ending, Head Above Water, We Are Warriors)だけというかなり物足りないものになってしまいました。

とはいえ、チケット代金は$25とコンサートとしては安く、最初からチャリティーイベントであると言われていたので、これは仕方のないことでしょう。それでも4曲ともすべてギターかピアノによるアコースティックな演奏で、Avrilの歌もアルバムでは聴けないものだったので、これはこれで相応の価値はあるかもしれません。動画は48時間以内ならくり返し観ることができるのですが、2回目以降は飛ばし飛ばし観ればいいかな、と思ってとりあえずもう一度観ておきました。

ということで、やはり本物のコンサートにはまったく及ばないものだったので、いつか生のAvrilをこの目で見て、生の歌声を聴いてみたいものです。早く安心してライブを開き、聴きに行ける世界が来るといいのですが…

カテゴリー
event

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

食品サンプル: ブンチャーまた来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港ATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

食品サンプル: ピタ食品サンプル: 石焼ビビンバ食品サンプル: カレーパン食品サンプル: ハンバーガー食品サンプル: ホットケーキ食品サンプル: エビチリ

カテゴリー
travel

湊川隧道

湊川隧道一見の価値あり。

湊川隧道、正式名称は「会下山(えげやま)トンネル」という湊川の流路を変えるために作られた河川トンネルですが、2000年にできた新湊川トンネルに役目を譲り、現在は近代化遺産として湊川隧道保存友の会により保存されているものです。年間スケジュールのページにあるように毎月第3土曜日に無料一般公開されているのですが、そこで撮られた写真が非常に綺麗だったので、私もぜひ行ってみたいと思っていました。

しかし、だいたい気づくのはその日になってInstagramなどに写真が投稿されたのを目にしてからで、毎月のようにがっかりしてしまっていました。そこで、3月の公開直後にカレンダーに登録し、ちょっと前から意識するようにしてようやく念願かなって見学することができたのでした。なお、一般公開は午後1時から3時までの2時間だけなので注意が必要です。
湊川隧道

湊川隧道の入り口は神戸電鉄有馬線の線路のすぐそばにあり、最寄り駅は有馬線の湊川駅および神戸市営地下鉄西神・山手線湊川公園駅になります。しかし、私の自宅からこの駅までは交通の便が良くないので、三ノ宮駅前からすぐそばまで行けるバスに乗っていくことにしました。地下鉄よりも多少時間はかかりますが、神戸の街を眺めながらのんびり行くのも悪くないでしょう。

入り口に到着したのはちょうど1時を過ぎた頃でしたが、パンフレットをいただいて中に入ってみるとすでに何十人かの方が見学されていました。そのまま奥の方へ進むとトンネルの中央部に小さなステージが設営されていて、その上で当日のミニコンサート演奏者の方々がウォーミングアップされているところでした。当日は「神戸の風五重奏団」という木管五重奏のグループで、演目はジブリ曲集とフランスの楽曲集ということでしたが、私は最初の1曲だけを着席して聴き、あまり興味が持てなかったのでその後すぐに退席してしまいました。
湊川隧道

演奏が始まる前はステージの裏側、トンネルのさらに先の方に数メートルだけ進むことができ、そこからトンネルの奥の方を眺めることができました。ここで取ったのが最初の2枚の写真です。照明の加減で金色に輝くトンネルが非常に幻想的ですが、おそらく誰でも簡単にこのような美しい写真を撮ることができます。必然的にInstagramなどには同じような写真が何枚も投稿されていますが、自分の目で見てみる価値はあるのではないでしょうか。

なお、11月18日の土木の日のイベントとして、11月には普段立ち入ることのできない部分を通れる「隧道通り抜け」が開催されるそうです。この日はミニコンサートが行われないので、純粋にトンネルを楽しみたい人にはこの日が最高と言えるでしょう。私も都合が合えば次はこの通り抜けを体験してみたいと思います。