Archives

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

また来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港のATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

May Day

船舶や航空機などの遭難信号でなぜ”Mayday”というのかというと、フランス語で「私を助けて」を意味する”M’aider”から来ているということで、全く意味的な繋がりはないようなのですが、今日はまだ4月ですが地区のメーデーが開催され、職場で参加者を募っていたので希望して家族で参加してきました。こういう行事には参加したがらない人が多く、自発的に申し込むような人は稀なようなのですが、我が家はここ数年間は連続して参加して楽しんでいます。

というのも、やはりただ労組の偉い人や地元選出の政治家の堅苦しい演説を聴かされたり、労働環境の改善を求めてシュプレヒコールを上げるなどというのは今の時代にそぐわないことは間違いなく、労組側もそれはよくわかっているので今では労働者同士が家族で楽しめるようなお祭りにして、あの手この手で参加者をかき集めるような状態になっているためです。もちろん大会冒頭の30~40分程度は主催者と来賓の挨拶がありますが、その後はショーやくじ引き大会といったアトラクションで楽しませることの方がメインになってしまっているような感じです。また会場となる広場には焼き鳥2本100円、わたあめ1本50円というような格安の露店や、タダで楽しめるヨーヨーつりやスーパーボールすくいなどもあって、大人も子供も大喜びのイベントになっています。

またメーデーの趣旨からはかなり逸脱してしまっているように思うのですが、参加者には記念品や食事代という名目でQUOカードやデパート商品券が配られ、子供達にはお菓子の詰め合わせとジュースが与えられるということで、まさに物で釣るような状態になっているわけです。とはいえ、いくらきれい事を言ったところで参加者が集まらなければどうしようもないわけで、物で釣られた人の中の何割かでも労組の働きについて改めて考える人が出てくればそれで御の字ということなのではないでしょうか。以前の私はまさにそういうきれい事を言って労組の態度に反発していたものですが、こんな考え方ができるようになったというのも大人になったということなのかもしれません。

というわけで、1886年にアメリカで発祥したというメーデーも120年を経て地も変わりかなり様変わりしているのですが、当時のアメリカと比べれば今の日本の労働環境も大きく改善されているわけですし、こういうあり方も時代に見合ったものと言えるでしょうか。我が家にとっては単なる「お楽しみイベント」になっていて、子供達も「行く行く!」とはしゃぐようなものですから、ゴールデンウィークを持て余しているようなら参加してみるべきだと思うのですが…みんなそんな暇ではないのでしょうか?

授業参観

今日はゴールデンウィークの初日ということで、日本各地の空港や新幹線の駅は刊行や帰省の旅行に出発する人で賑わっていたようですが、我が家の場合は今年2年生になった長男の小学校で授業参観が行われるということで、家族で様子を見に出掛けてきました。入学したてだった昨年は「上手くやっているだろうか」と心配しながら見に行ったわけですが、今では本人の口からも様子を聞くことができるようになったということもあって、今年はかなり余裕を持って臨むことができました。

しかし、我が子については特に心配することもなかったのですが、実は今年の担任が大学を出たばかりという22歳の新任の先生で、参観日に先立って行われた家庭訪問の際の妻の印象が「かなり頼りない感じだった」ということだったので、私たちにとってはそちらの方が心配の種だったのでした。まあ結果を言えばそれはどうやら杞憂であったらしく、聞いていたことから想像していた心細いような感じは全くなく、子供に対してはかなり堂々と余裕を持って接している様子だったので安心して任せることができそうでした。

それにしても、民間企業などであれば通常入社後数ヶ月から1年の間は研修期間として様々な教育が行われたり、試使用の期間として権利や責任が制限されたりするものですが、教員の場合にはいきなり経験のある他の教員と同様に授業を行ったり、担任のクラスを受け持ったりとぶっつけ本番のような体制になっていることに改めて驚いてしまいます。夏休みの間などには管轄の教育委員会ごとに研修が行われたりするのでしょうが、それまでには在学中の教育実習程度しかないのですよね?本人はいっぱいいっぱいだったりするのかもしれませんが、大学出たてでパッと見だけでもいきなり一人前の先生になれてしまうというのは、それはそれで驚きです。

我が子の学校の場合には1学年3クラスの構成になっていて、他の2クラスには経験のある先生方が割り当てられているので、この先生方が随時新人のサポートにまわってくれるのだと思いますが、そうは言っても最近は無茶な内容も多いという保護者からの要求などに振り回されてしまうことがないのか、それによって子供達の教育に何らかの影響があったりはしないのかという心配はなくなるものではありません。

小学校の給食費を「義務教育だから払う必要が無い」だなどと主張するという親もいるというのは、私にしてみればそういう人の存在自体がかなり衝撃的なことですが、世の中には本当に色々な人がいますからね…私が社会に出たての頃はそんなことは理解できていなかったような気がしますが、先生は大丈夫でしょうか?私たちは先生を応援しますから、頑張ってくださいね。