トイレットペーパー品薄デマ

進歩しない人たち。
🧻

2019新型コロナウィルス(SARS-CoV-2または2019-nCoV)による急性呼吸器疾患(COVID-19)は韓国やイタリアで患者数を増やしていますが、日本では1日十数人程度のペースで新しい感染者が見つかるような状況なので、まだ食い止めていると言えるのではないでしょうか。しかし、感染拡大を防ぐための措置として小中高等学校の3月いっぱいの休校が要請されたことにより、小さな子供のいる共働き家庭などでは休暇や在宅勤務を余儀なくされたりすることでの影響を受けているのではないでしょうか。幸い我が家は下の子もすでに高校生なので一人で留守番してもらうくらいですが、そんなに家に閉じこもっていることができるものなのでしょうか。

ところで、先日私は「マスクでウイルスは防げない」という記事を書きましたが、その認識はなかなか定着せず、やはりマスクはかなり品薄になっているようで、マスクはしたいけれど入手できないというようなことになっているようです。私はまったく欲しいと思わないので何も影響を感じていませんが、マスクをしているとなんとなく安心ということなのでしょう。マスクも転売屋による買い占めが品薄に拍車をかけているようですが、最近さらに品薄になっているらしいのがトイレットペーパーです。

「トイレットペーパーが品薄」「マスクと同じ材料が使われている」「中国から原材料が届かない」といったデマが原因のようですが、実際にはそんなことはなく、紙製品はほとんどが国内産であり、もちろんマスクと同じ材料なんてないでしょう。また、この騒ぎでは自宅近くのドラッグストアで駐車場待ちの車が渋滞を作ってバスが遅れる、というような思わぬ影響もあるようです。

トイレットペーパーの買付騒ぎと行って真っ先に思い浮かぶのは1973年のオイルショックのときの騒動でしょう。このときはマスコミが騒ぎを広げたわけですが、現代ではインターネットの影響でこういうことのスピード感も大きく違います。ただ、インターネットだけの問題かと言うとそういうわけでもなく、どこかのワイドショーがそれを煽るような取り上げ方をしたということなので、やはりたちの悪いマスコミが一枚噛んでいるわけです。

しかしこういう話を聞くと悲しくなるのが騒ぎに乗って買い込んでしまう人の浅はかさと、自分さえ助かればいいという浅ましさです。本当に品薄なのだとしたら、むしろどうしても必要でなければ買い控えて、必要としている人に譲るというような譲り合いの精神を発揮してほしいものなのですが、そうはならないのがとても悲しいです。確かにトイレットペーパーが無くなってしまうと困るのはわかりますが、そんなに1日2日で使い切るようなものではないのだから、冷静になることはできないものでしょうか。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど (2017年の映画)

ますます台湾に行きたくなりました。
🇹🇼

今、関東地方では台風19号が猛威を奮っていて、気象庁も「これまでに経験したことのないような大雨」「何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く」という特別警報を出すほどの大変な状況になっているようです。私の長男と両親や弟家族は東京に住んでいるのでちょっと心配ですが、私の住む播州地方はかすめていった程度で夕方まで雨が降り続けたものの特に大きな被害はなかったと思います。とはいえ、さすがの私も出歩く気にはならないような雨だったので日中は自宅で映画を観ておとなしく過ごすことにしました。こういうときにはAmazon Prime Videoは気軽に観られて本当に便利です。

今日は軽く観られるものが良いと思って邦画を中心に探してみたのですが、ふと目に留まったのがなぜかおすすめに出てきた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」という作品でしたが、軽くあらすじやレビューを読んでみるとちょっと面白そうだったので観てみることにしました。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
(2017-09-13)
売り上げランキング: 101,898

この作品はFacebookで公開されている実話を元にしたものだそうで、日本の文化が好きで大学の日本語科で学ぶリンちゃんこと林薏涵(リン・イーハン)と、日本の会社員モギさんこと茂木洋路という国際カップルの馴れ初めを描いたものになります。作品中でもSNSを通じたやり取りが重要な役割を果たしていますが、今はSNSによって出会いや恋愛も国の垣根を容易に越えられるようになってきました。国内で出会い系サイトやアプリなどで結ばれることが一般的になってきたのであれば、言葉の壁さえ越えられるならそれは国内に限る必要がありませんからね。この話の場合には日本語を勉強しているということでしたが、今なら最初は機械翻訳でもなんとかなってしまうでしょう。

ストーリー的にはそれほどドラマティックな展開があるというわけではないのですが、本作では何しろリンちゃんが可愛いのです。演じているのは簡嫚書(ジエン・マンシュー)という台湾の女優さんですが、その彼女自身の大きな目とくるくる変わる表情の魅力もさることながら、どことなく素朴な感じと、中国語独特な台詞まわしが容姿とギャップがあっていいのではないかと思います。彼女のほかはモギさんの父親役として蛭子能収が出演しているものの、それ以外は日本の有名俳優は出演していませんが、そんなことは作品の出来にはまったく影響ないようです。むしろ作品にその俳優の色が付いてしまわない分良かったかもしれません。

撮影は台湾と日本の様々な有名観光地で行われていて、日本人にとっても台湾人にとっても互いに訪れたくなるような映像になっているのではないでしょうか。私も何年も前から台湾には行ってみたいと思っていながら未だ叶っていないので、ぜひとも近いうちに訪問したいという気持ちがますます高まりました。リンちゃんのような女の子との出会いを期待しているわけではありませんが。

ホワイト国

子供の喧嘩じゃないんだから。
📦

日本と韓国との関係第二次世界大戦終結以降良かったことはないのだろうと思いますが、現在のムン政権ではいわゆる徴用工問題をこじらせてなかなかややこしいことになっています。まあ大体隣国との関係が良いというのは珍しいことで、本当に仲が良いなら国境線など引く必要もないわけです。アメリカとカナダの関係は良好に見えますが、それでも互いに受け入れられないものはあるはずです。

外交問題についてはそれぞれの言い分もあるのでどちらが正しいというだけでは解決しないと思いますが、最近話題になっているいわゆる「ホワイト国」について、韓国側の対応が理解できないのでちょっと取り上げておこうと思います。

「ホワイト国」というのは安全保障貿易管理の一環として「外国為替及び外国貿易法」、いわゆる外為法に基づく「輸出貿易管理令」で定められている「キャッチオール規制」で、優遇措置対象の国々に対する呼称として使われていた名称です。これについて8月28日から、これまでのホワイト国を「グループA」、非ホワイト国を「グループB/C/D」に区分し、この分類において大韓民国をグループBに分類する、ということが8月2日に閣議決定されたというわけです。

ここでいう「優遇措置」というのが何なのかがポイントですが、大量破壊兵器の開発などに利用・転用されるおそれがないかという審査を省略することができる、というのがその内容です。つまり、あくまでも安全保障上の管理であるため、グループAから外れたとしても審査が厳しくなるだけで、一般的な貨物の輸出であれば手間がかかるという以上の問題はないはずなのです。もちろん手間がかかるということは経費がかかるということになりますので、商売として不利になってしまうことはありますが、どうしても日本からでないと購入できないということでなければ、それは輸出する日本側の競争力が低下するということでしかないのではないでしょうか。

これに対して、韓国側が報復措置として日本をホワイト国に相当する分類から外すことにした、というのがわけがわかりません。堂々と「報復である」と表明してしまうのも意味がわかりませんし、半導体など韓国が売りたいものは対象外にする、というのも何をしたいのか不明です。日本が韓国から買えなければ困るようなものはサムスンの半導体くらいでしょうから、困るのは他の韓国企業だけなのではないでしょうか。

今回の騒動のそもそもの発端は、キャッチオール規制の前に審査が必要なリスト規制の対象品目であるフッ化ポリイミドについて「不適切な事案」があったためということになっています。この「事案」について具体的な説明はなされていないのですが、私はこれについて韓国側への配慮で伏せられている可能性も考えています。いくらなんでもこんな大事になることがわかっていることをでまかせで言うわけがないので、公表されると困る人がいるから明らかにしないのでしょう。

ただ、韓国側から見ると自分たちが悪者であると言われているのと同じなので、国民感情として反発してしまうのも理解できます。しかし、こんな幼稚な報復では問題が解決に向かうはずもないので、韓国政府にはもう少し考えて対応してもらいたいものです。