Archives

ホワイト国

子供の喧嘩じゃないんだから。

日本と韓国との関係は第二次世界大戦の終結以降良かったことはないのだろうと思いますが、現在のムン政権ではいわゆる徴用工問題をこじらせてなかなかややこしいことになっています。まあ大体隣国との関係が良いというのは珍しいことで、本当に仲が良いなら国境線など引く必要もないわけです。アメリカとカナダの関係は良好に見えますが、それでも互いに受け入れられないものはあるはずです。

外交問題についてはそれぞれの言い分もあるのでどちらが正しいというだけでは解決しないと思いますが、最近話題になっているいわゆる「ホワイト国」について、韓国側の対応が理解できないのでちょっと取り上げておこうと思います。

「ホワイト国」というのは安全保障貿易管理の一環として「外国為替及び外国貿易法」、いわゆる外為法に基づく「輸出貿易管理令」で定められている「キャッチオール規制」で、優遇措置対象の国々に対する呼称として使われていた名称です。これについて8月28日から、これまでのホワイト国を「グループA」、非ホワイト国を「グループB/C/D」に区分し、この分類において大韓民国をグループBに分類する、ということが8月2日に閣議決定されたというわけです。

ここでいう「優遇措置」というのが何なのかがポイントですが、大量破壊兵器の開発などに利用・転用されるおそれがないかという審査を省略することができる、というのがその内容です。つまり、あくまでも安全保障上の管理であるため、グループAから外れたとしても審査が厳しくなるだけで、一般的な貨物の輸出であれば手間がかかるという以上の問題はないはずなのです。もちろん手間がかかるということは経費がかかるということになりますので、商売として不利になってしまうことはありますが、どうしても日本からでないと購入できないということでなければ、それは輸出する日本側の競争力が低下するということでしかないのではないでしょうか。

これに対して、韓国側が報復措置として日本をホワイト国に相当する分類から外すことにした、というのがわけがわかりません。堂々と「報復である」と表明してしまうのも意味がわかりませんし、半導体など韓国が売りたいものは対象外にする、というのも何をしたいのか不明です。日本が韓国から買えなければ困るようなものはサムスンの半導体くらいでしょうから、困るのは他の韓国企業だけなのではないでしょうか。

今回の騒動のそもそもの発端は、キャッチオール規制の前に審査が必要なリスト規制の対象品目であるフッ化ポリイミドについて「不適切な事案」があったためということになっています。この「事案」について具体的な説明はなされていないのですが、私はこれについて韓国側への配慮で伏せられている可能性も考えています。いくらなんでもこんな大事になることがわかっていることをでまかせで言うわけがないので、公表されると困る人がいるから明らかにしないのでしょう。

ただ、韓国側から見ると自分たちが悪者であると言われているのと同じなので、国民感情として反発してしまうのも理解できます。しかし、こんな幼稚な報復では問題が解決に向かうはずもないので、韓国政府にはもう少し考えて対応してもらいたいものです。

姫路観光

満喫してもらいました。

私は新卒で今の会社に入って最初の配属で来て以来、もうかれこれ25年兵庫県姫路市に住んでいます。それまでは高校の修学旅行で北陸に行った帰りに京都で新幹線に乗ったのが私にとっての日本最西端だったので、最初はいろいろカルチャーショックを感じていたものですが、さすがに25年も経って人生の半分以上をここで過ごすようになり、生まれ育った東京よりも落ち着くようになっています。

しかし、いわゆる関西からは外れの方になるので、なかなか友人が遊びに来てくれるということもありません。そんな中、最近大阪に転勤になった中学校時代の友人が城好きで、姫路城に行きたいということで、もう一人の友人と二人で遊びに来てくれることになり、一日案内というか一緒に回ることになりました。

当日は9時半に姫路駅で待ち合わせて、まず最初に何はなくとも姫路城に向かいました。週末にしょっちゅう城の前まで散歩している私も天守閣の中に入ることはあまりなく、これまででも数えるほどです。特に、平成の大修理の後、それまで300円だった登閣料が1000円に値上がりしてからはあまり気楽に行けるものではなくなりました。なお、修理直後には日本全国のみならず世界中から観光客が殺到して連日数時間待ちの列となっていたものですが、今では落ち着いて待ち時間はほぼゼロとなっているようです。また、「白過ぎ城」と揶揄されるほど真っ白に見えた天守閣も今はだいぶ自然な感じになっています。

西の丸の百間廊下と天守閣を見たあと、三の丸広場へ降りるとちょうど12時近くになっていたので、外堀の内側にある私の行きつけのカレー店、Spiceスエヒロで昼食を摂りました。こちらのカレーは極力油を抑えて作っているとのことで、とても優しい感じで野菜の甘味が活かされたものになっています。特別辛いわけでもないのに体の内側から熱くなって汗が吹き出してくるのはスパイスの効果でしょう。

カレーのあとは姫路第二の観光スポット、書寫山圓教寺へと向かいました。西の比叡山と呼ばれる格式の高い寺で、弁慶が修行したとも言われているとのことですが、近年では「ラストサムライ」「本能寺ホテル」「関ヶ原」といった映画や、NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」「軍師官兵衛」の撮影が行われました。姫路市の北西部にあり、姫路駅からはバスで30分ほどの山麓からロープウェイに乗ることができます。このバスとロープウェイのセット券を神姫バスの姫路駅前案内所で購入しておくと少々割安で、一度に購入しておけるので便利なので、今回も予め購入しておいて利用しました。ロープウェイを降りてからはちょっとした上り坂がありますが、足腰に自身のない人はマイクロバスに乗ることも可能です。

姫路城に比べると書写山はまだあまり知られていないのかひっそりとしていますが、下界の喧騒から離れて鳥や虫の鳴き声を聞きながらゆったりと過ごすことができ、時間の流れを忘れることができます。また、舞台造りの摩尼殿や、大講堂、食堂、常行堂からなる三之堂など重厚な木造の伽藍などは国の重要文化財に指定されており、歴史の重みを感じさせる見事なものばかりです。これらは京都の下手な寺社よりも見応えのあるものだと思うので、もっと宣伝してもいいのではないでしょうか。

書写山で一通り見て回ったあとは下山してバスで姫路駅前に戻り、天然氷のかき氷 ひめじ官兵衛堂でかき氷を食べて一休みすることにしました。このお店は以前は姫路市南部の離れたところにあったのですが、一昨年に姫路随一の商店街であるみゆき通り商店街に移転したため、行きやすくなりました。その分夏場の行列は激しくなっていますが、この時期であればまだそれほどでもなく、この日は私達の前に4組ほど待っていた程度で、15分ほどで席につくことができたかと思います。私はこちらで「まさかのバレンタイン」という中年のおじさんには注文しづらい名前のものを食べ、これもとても美味しかったのですが、それ以上に友人の「いちごみるく」はフレッシュないちごが使われていてさらに美味しかったです。

ということで、このあとはもう6時近くになっていたので友人らも帰途に就きましたが、姫路を楽しんでもらえたようで良かったです。私自身も一人では天守閣には登りませんし、ひめじ官兵衛堂はさすがに一人では入りづらいので良い機会でしたし、何より古い友人らと気を使わずに話ができてとても楽しかったです。さらに、この記事がこれから姫路を訪れようとしている方の参考になれば何よりです。

羽二重くるみ と 五月ヶ瀬煎餅

全国に似たようなものはあるでしょうが。

今年のゴールデンウィーク前半には東京の両親に会いに行っていたのですが、後半はちょこちょこと予定があっただけでのんびり過ごしました。そのちょこちょこのうちの一つが職場の友人らと福井県まで日帰りドライブに行くというもので、敦賀ヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べたり一乗谷朝倉氏遺跡や越前大野城といった渋めのスポットを回ったり越前そばを食べたり、とゆっくり楽しんできたのですが、そこで買ってきたお土産について今回はご紹介したいと思います。

今回福井に遊びに行くということで、職場に持っていきたいからと妻に頼まれたのですが、勝山市の越前大仏のそばにある金花堂はや川というお店の羽二重くるみというものです。宣伝文句は

「羽二重餅」に自家製の甘く煮詰めた和くるみを練り込み、シュー生地でサンドした当店の看板商品。

となっており、そのとおりの品なのですが、羽二重餅の柔らかさと優しい甘さ、くるみの歯ごたえ、シュー生地のおかげで形が崩れず食べやすい、と非常にバランスの取れたお菓子です。ただ、賞味期限が5日しかないので注意が必要です。

全国菓子大博覧会の1994年の第22回で内閣総理大臣賞を受賞したと謳っていますが、Wikipediaには記載されておらず、他の公式情報がないのでよく分かりません。まあさすがに虚偽ということはないでしょう。なお、菓子博といえば第25回は私の地元で行われ、せっかくなので我が家も出掛けてみたのですが、あまりの混雑でほとんど並んでいるだけで終わってしまってかなりがっかりしたことしか覚えていません。

ところで、福井のお菓子といって私が好きなのが五月ヶ瀬の五月ヶ瀬煎餅です。煎餅と言っても小麦粉で作られたピーナッツ入りのクッキーのような甘いもので、福井県の代表的なお菓子の一つなのでそこかしこで売られています。私も今回はサービスエリアででも買おうと思っていたのですが、なんとはや川でも売られていたので一緒に購入してしまいました。かなり地味なお菓子ですが、飽きずに食べられるのではないでしょうか。

なお、この五月ヶ瀬煎餅は「モンドセレクション最高金賞受賞」と高らかに謳っていますが、モンドセレクションで評価されるのは商品の品質、つまり宣伝している通りのものになっているかということだけなので、美味しいかどうかということには一切無関係なので気をつけてほしいと思います。これはギンビスたべっ子どうぶつのコマーシャルなどでミスリードされていたせいではないかと思っていますが、私には逆にあまりいい感じがしませんね。

ちなみにこのような銘菓というようなものはアメリカにはほとんどないのですが、私の印象にある同様のものはピッツバーグのビスコッティです。イタリアからの移民が持ち込んだものらしいのでかなり本格的なもので、様々な種類のものがあり、とても美味しかったです。あまり有名なものがないのは、お土産という文化は日本独特のもののようですし、歴史のない国なので仕方ないのかなとも思いますが、食に対する熱意やこだわりの違いというのも大きいのでしょうね。アメリカにも美味しい食べ物はいくらでもありますし、様々なルーツを持った人々が集まっているのでそれぞれに持ち寄っているものがあるので、それを発掘するというのも楽しいのですが。