Archives

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館

梨だけでここまでやれば。

日本の梨の名産地といえばどこを思い浮かべるでしょうか。生産量で言えばふなっしーの船橋市がある千葉県が全国一位のようで、現在はそれに大きく水を開けられてしまってはいますが、鳥取県は長らく日本一の座にあったせいか梨の産地というイメージが強いように思います。しかし、鳥取県の主力は二十世紀であるため、幸水や豊水といった赤梨に人気が移ってしまった今は押され気味ということのようです。

その鳥取県は私が住む兵庫県の隣りにあり、私の自宅から鳥取県庁までの道のりが100km少々ということで、ちょっとしたドライブで行くことができます。山陰は空いている道路が多いので快適なドライブが楽しめるので私はちょくちょく走りに行っているのですが、夏から秋にかけては道の駅や直売所で売られている梨を買って帰るのも楽しみの一つになっています。規格外のものなどを格安で買うことができたりするのは産地ならではのことでしょう。

地理的にこの鳥取県の中心部にある倉吉市には鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館という、梨というたった一種類の果物をテーマにした博物館があります。しかも館名に「二十世紀梨」という品種まで掲げてしまっており、そこまで二十世紀に依存してしまっていいのか心配になってしまいますが、実際の展示内容はもちろん他品種も含め梨全般に渡ったものになっています。

300円という微妙な金額の入館料を払って館内に入ると大きなホールに出ますが、中心には「二十世紀梨の巨木」が骨格標本のように見事な枝ぶり根の張りを見せて展示されています。そしてこのホールの周りに展示室が並んでいる形になっていて、様々な品種や鳥取県における梨栽培の歴史、梨の栽培方法などが解説されています。また、キッチンギャラリーでは梨の試食を提供しており、私が行った時には全部で5種類の梨の食べ比べができるようになっていました。よく冷えていたせいもあってどれも非常に美味しかったのですが、一番気に入ったのは「新甘泉」という品種でした。

また、「梨と生きる『二十世紀梨』ものがたり劇場」では梨栽培の歴史を10分間の映像とロボットとで教えてくれます。30分に1回の上映となっており、たまたま私がここに行ったのが開演3分前だったので座って観てみることにしましたが、梨農家風の劇場を独り占めして落ち着いて観てしまいました。それほど特別驚くようなことはありませんでしたが、なかなか臨場感はあるのではないでしょうか。

展示を見終わった後は、同じ建物にあるフルーツパーラーで梨を中心とした果物を使った各種のデザートを楽しむことができます。私は梨ソフトクリームを買って外に出て食べてみましたが、二十世紀梨をピューレにして使っているというだけあって、梨らしい爽やかさがとても美味しいソフトクリームでした。梨ソフトクリーム自体は鳥取砂丘など県内のいろいろなところで食べることができますので、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

なお、このなしっこ館の館内にもおみやげコーナーはありますが、ちょっと高級な梨しかないようだったので私はここでは買わず、いつも帰りに立ち寄る物産館みかどという直売所で、新高梨をケースで購入して帰りました。普段食べているものよりも大ぶりの梨なので冷蔵庫で冷やすのにも時間がかかりますが、1個剥いてもらって食べたところ瑞々しく甘く、とても美味しかったです。私が最も好きな果物はマンゴーや桃ですが、日常的に食べられる果物の中では梨が一番かもしれません。

福岡&佐賀日帰り旅行

大変充実した1日。

日頃、一人で車を運転して出掛けることの多い私ですが、先日は勤務先のZさんに誘われて、二人で新幹線に乗って九州まで行ってきました。なんでも阪急交通社トラピックスの商品で、ひかりかこだまか、どの列車になるかは分からないが博多まで新幹線の往復で1万円というものがあるので行ってみないか、ということだったのですが、そんな面白そうなものに私が乗らないはずもなく、二つ返事でOKしました。普通に切符を買ったら片道でも14000円ほどかかりますので、なんとその3分の1強で済んでしまうのです。どの列車になるかがわからないというのもミステリーツアーのようで面白かったものの、組み合わせによっては6時間ほどしか博多にいられないようだったのですが、蓋を開けてみれば10時過ぎに着いて8時前に発つということになったので10時間近くも滞在できることになり、レンタカーを借りて隣の佐賀県まで足を伸ばそうということになりました。このレンタカーもZさんが1日で2500円ほどで済むものを見つけてきてくれたので、とても安上がりなものになりました。

佐賀を目指したのは呼子でいかの活き造りを食べることができる、これはインスタ映えする! ということですが、インスタ映えはともかく珍しいものなので私もぜひ食べてみたくなりました。活き造りを出す店は呼子にいくつもあるのですが、お魚処 玄海というところはインターネットで予約ができるということだったのでここにしましたが、到着した12時には空いていたもののその後続々と客が来て、やはり予約しておいた方が確実なようですし、ネット予約しておくと消費税分割引になるという特典もあります。なお、私たちは魚づくし会席「小潮」というメニューにしましたが、活き造りもさることながらその後造りでゲソを天ぷらにしてもらったものがこれまでに食べたことがない美味しさでした。

満腹になったあとは呼子港のマリンパル呼子というところからイカ丸という遊覧船に乗って天然記念物の七ツ釜を見に行きました。これは海岸の岩場に侵食によりいくつもの洞窟ができたものですが、その一つに船で入るというのが呼び物になっています。これは初めての体験でなかなか面白いものでしたが、この岩場は玄武岩の柱状節理が大変見事で、私はそちらの方に目を奪われてしまいました。柱状節理といえば東尋坊が有名ですが、七ツ釜のそれはさらに細かく、またうねっているのも見応えがあります。なお、この七ツ釜はダイバーJacques Mayolの原点と言える地だそうです。

また、呼子の近く、隣町の玄海町には浜野浦の棚田という入江に面した棚田があるということなので行ってみました。残念ながらすでに刈り入れは終わっていて、トラクターを入れて耕しているところだったので絶景という訳にはいきませんでしたが、それでも田んぼの土にくっきりと緑色であぜ道が見えるので、そんなに悪いものでもありません。とはいえ、できれば水の張られたころか、金色の稲穂が垂れる頃に見に行ってみたいものです。

その後、渋滞などもあって遅くなってしまい、次の目的地の篠栗町の南蔵院に着くのはちょうど日没の頃になってしまいました。ここにはブロンズ製の涅槃像としては世界最大という釈迦涅槃像が横たわっています。ちょっと暗くはなってしまいましたが、境内は他に人がほとんどいなかったため好きなように写真を撮ることができ、また薄暗い中で灯籠に明かりが灯された様子や、薄暗がりに立つ荒神像などはとても雰囲気があって逆に良かったのではないかと思います。最後は慌ただしくなってしまいましたが、行った甲斐はありました。

このあとは博多駅近くへ戻ってレンタカーを返し、駅ビル内のマイングでお土産に伊都きんぐのあまおう苺入りわらび餅「博多あまび」とやまやの辛子明太子を購入した後、同じく駅ビル内のデイトスにあるおおやまでもつ鍋をいただきました。博多といえばラーメンも捨てがたく、他にも魅力的な食べものはいくつもあったのですが、もつ鍋は日頃そうそう食べられるものではありませんし、非常に美味しくいただくことができました。昼食もそうですが、ちょっと前に胃を悪くしていたのがなんとか治って本当に良かったと思います。

こってりしたものを食べたあとはまたマイングの伊都きんぐに戻って、「あまゴリスムージー」という名前のあまおう苺入りスムージーを買って帰りの新幹線に飛び乗りました。このスムージーはたっぷりの冷凍イチゴと牛乳、砂糖だけをミキサーに掛けたもので、見ている前で作ってくれます。600円となかなかの値段ですが、それだけの価値は間違いなくあります。また、お土産に買った「博多あまび」も翌日家族で食べましたが、これもまるでイチゴを食べているかのような、いやそれ以上のフルーティーさで、これも1620円と値が張りましたが皆で感動しましたので、その価格にも納得できました。

ということで、帰宅したのは深夜12時近くとなってしまいましたが、朝から晩まで非常に中身の濃い旅行となり、とても日帰りとは思えない満足感がありました。誘ってくれたZさんに感謝です。また今回、九州には様々な美味しいものがあるということもわかりましたので、ぜひ再び足を運んでみたいと思います。

木屋 爪切り

まさに逸品。

私の記憶が正しければ学生時代に渋谷の東急ハンズで購入したので、かれこれもう25年ほど前ということになりますが、何気なく購入した小さな爪切りが私は今でも手放せません。妻も気に入って使用しているのですが、未だに切れ味が落ちず、しっかりした作りと小ささがとても使いやすいのです。それが日本橋木屋の爪切りです。

木屋 爪切り 黒(小サイズ)

posted with amazlet at 17.09.06

木屋 売り上げランキング: 2,291

Amazon.co.jpで詳細を見る

この爪切りには大きいものもあって、こちらの方が良いかもしれないと買ってみたのですが、この場合「大は小を兼ねる」とは行きませんでした。湾曲した爪を切るには小さいものの方が小回りが利いて使いやすいのです。単に真っ黒で小さいので凝縮された感じに惹かれて買っただけなのに、その小ささが非常に重要だったわけです。また、25年たっても切れ味がまったく衰える様子がないのも驚きです。買った当初からスパッと気持ちよく切れて、切り口で引っかかるようになることもないのでヤスリも特に必要になりません。

木屋の歴史やWikipediaによると刃物の木屋が創業したのは1792年、実に200年以上も前のことです。それから長らくの間刃物を作り続けているのですから、蓄積された技術があるということなのでしょう。今でも伝統的な手法で作られているというわけではないでしょうが、刃物作りにおける重要なポイントがきっと何かあるに違いありません。

ということなのですが、この製品の素晴らしさに気付いているのは私だけではなく、つい先日TABI LABOで紹介されてしまったのでもともと書くつもりだったこの記事を慌てて書いているようなわけで、おそらく知る人ぞ知る逸品ということなのではないかと思います。そんな素晴らしいものが800円足らずで売られていて良いのかと思いますが、ただ安いものが欲しければそれこそ百均でも買えるのでしょうから、それなりのこだわりがあって買われるものなのでしょう。ただ、これより高いものはいくらでもあるのですが、それらのどこがこの木屋の爪切りより良いのかが気になってしまいます。