Archives

みろくの里 いつか来た道

物好きかもしれませんが。

今年のお盆休みの両親との旅行2日目は広島へと移動してお好み村と宮島へ行き、翌日に原爆ドームと平和祈念資料館を見学したあとで広島空港へ送ったのですが、広島ではほぼ行ったことのあるところばかりなのでここでは割愛します。その後は福山のホテルに一人で泊まり、翌朝はまだ薄暗いうちにチェックアウトして涼しいうちに鞆の浦を散策し、磐台寺の阿伏兎観音で写真を撮り、そして向かったのが今回ご紹介する広島県唯一の遊園地、みろくの里内の「いつか来た道」というアトラクションです。

一人で食事することにはほとんど何の抵抗もない私でも、さすがに一人で遊園地へ行くというのは気が引けるものです。いざ駐車場まで行ってみてから周りが家族連ればかりであることに気づいて、やっぱり引き返そうかと怖気づいてしまいましたが、せっかく来たのだからと早足で歩き始めてしまうことにしました。なお、みろくの里は駐車場が無料となっているので、仮にここで帰ったとしても得に損することはありませんでした。

やはり暑い日だったのでほとんどすべての来場者がプールへと向かい、その入口に行列ができている脇にそれていったところに「いつか来た道」の入口があります。このアトラクションは昭和30年代の町並みを再現していて、昭和レトロを体感できるというものです。昭和30年代にはさすがに私もまだ生まれていないのですが、私の幼少時代にもまだその片鱗が残っているものがありましたので、そういうところにはやはり懐かしさを感じます。

1998年にできたということなので今年でちょうど20年経っているということになりますが、メンテナンスが行き届いているのか、あるいはちょうどいい具合に古びた感じになっているだけなのか、施設として老朽化しているようにはまったく感じられませんでした。もともとしっかりと金をかけて作られたものということなのかもしれません。

入場料だけで楽しめるアトラクションなので逆にあまり注目されていないのかもしれませんし、20年も前からあるので一度見たという人が多くてもう一度見ようということにはならないのかもしれませんが、私が行ったときには他に一人も客がいませんでした。そのためゆっくりと見ることができ、他の人の気配に煩わされることもなくて良かったのですが、さすがに一日中そんな状態では撤去されるのも時間の問題なので、夕方くらいになると人が増えるのかもしれません。私が行ったのはまだ午前中だったので、みろくの里についてまず最初にいつか来た道、という物好きな人はいないのでしょう。

ということで、私は入園料おとな900円を払ってこのアトラクションだけをひと通り見て、まだ続々入園してくる中を逆行してすぐに退園してしまいましたが、その900円分の見応えは十分にあったのではないかと思います。ちなみにこのみろくの里のフリーパスは1日3200円ですが、年間フリーパスは8000円とのことでずいぶん安いですよね。TDRやUSJと比べても仕方ありませんが、それらの1回分の入園料よりも安いのですから…

足立美術館と松江堀川めぐり

一人ではなかなかしない経験も。

異常に暑かった夏も連続して襲いかかる台風と一緒に去っていったようですが、皆さんはこの夏をどう過ごされたでしょうか。私の勤務先は毎年お盆には一週間ほど休みになるので、例年は家族揃って東京の実家を訪れていましたが、今年から長男が東京で一人暮らしを始めたことと、両親が引っ越しをして家族で泊めてもらえるようなスペースが無くなったことなどがあり、帰省はしないことになりました。しかし、その代りに両親が中国地方の旅行を計画していて、しかし7月の西日本豪雨の影響で広島周辺の鉄道が運休となっているためどうやって移動しようかと言っていたので、それなら私の車で一緒に行けばいい、ということで途中から合流して3人で旅行することになりました。ちなみに両親と一緒に旅行するなんていうのは就職してからはないことですし、それどころか3人でとなると弟が生まれてからはないかもしれません。

さて、両親は倉吉の知人宅に泊めていただいているということだったので倉吉駅まで迎えに行き、そこからまず安来の足立美術館へと向かいました。安来と言えば私にとってはまずCafé Rossoですが、実は一昨年には安来節演芸館というところへ職場のカレー部の仲間らと行って安来節を見てきたりもしたのですが、足立美術館はそのすぐ隣りにあったのにまったく意識していなかったのが不思議です。

この足立美術館は日本画を中心とした美術館ですが、その庭園がThe Journal of Japanese Gardeningというアメリカの専門誌の日本庭園ランキングで15年連続日本一に選ばれていることで有名です。そのため、私も期待していたのですが、個人的な感想を率直に言えばきれいすぎて面白みに欠けるというか、整いすぎていていかにも作り物のような気がしてしまいました。私は京都の小さな寺の庭の方が好みです。ただ、私は苔が好きなので、本当に単なる好みの問題なのだと思います。また、収蔵されている美術品についても近代の日本画が中心なので、残念ながらどうも私の好みではありませんでしたが、横山大観のコレクションについては明らかに別格で、これらには唸らざるを得ないという感じでした。

このあとは安来節のどじょうすくいに因んでどじょうの柳川鍋を昼食に食べたあと松江に移動し、堀川めぐりの船に乗りました。これは松江城の堀跡をぐるっと一周して、堀から松江の町を見て回るものです。堀からは城はほとんど見えないのですが、築城当時から残っている石垣や、小泉八雲の旧居を始めとする武家屋敷跡などを、解説を聞きながら見ることができます。また、当日はやはりとても暑い日だったのですが、船の上というのは陸上よりもだいぶ涼しいので乗っている間は快適でした。

この船には低い屋根が付いているのが特徴的というか、どうして景色を見るための船なのに屋根で視界を遮るようなことをするのかと思っていたのですが、コース上には橋桁がとても低い橋がいくつかあり、それらをくぐるときには屋根が下がるようになっているのです。そのときには乗客は皆身を屈めて這いつくばるようにならなければならないのですが、もしもこのような屋根がなかったとしたら大怪我が絶えないようなものになってしまうでしょう。乗ってみて納得しました。

ということで、この後松江駅近くに予約していたホテルにチェックインしてちょっと休憩し、その後夕食を食べに行ってこの日は終わりました。松江にもこれまで何度か行ったことがありますが、いつもドライブの途中でカレーを食べるだけだったので、一人ではできない経験でした。一人旅自体はまったく苦でない自分ですが、やはりたまには誰かと一緒に旅行するというのもいいかもしれません。

The Continuing Evolution of C++ by Dr. Bjarne Stroustrup

まさしく勉強になりました。

先日、「東京に行って台風のせいで帰ってくるのが大変だった」という記事を書きましたが、いったい何のために東京に行ったのかは書きませんでした。実家へ行ったり長男に会ったりというのは実はあくまで「ついで」であって、本当の目的は東京大学で行われた「Special Lecture: “The Continuing Evolution of C++” by Dr. Bjarne Stroustrup, the inventor of the C++ language」という講演を聞きに行くことだったのです。

これは東京大学大学院情報理工学系研究科が講義の一環として開催したもので、学内向けの講演会ながら一般の参加も受け付けるということだったので申し込んでみたものです。参加登録は6月25日の正午12時からということだったのですが、私は勤務先の昼休みが12:15からなので休憩時間に入るやいなやアクセスしたところ、その時点で100名の枠で50番目ということだったので、人気のほどが伺えます。受付は先着順でしたが、最終的には定員の倍ほどの申し込みがあったようです。

会場は本郷キャンパスの講義室の一つでしたが、私は初めて訪問したのでお上りさんらしく東大の代名詞である赤門やら大学紛争で知られた安田講堂やら、写真でしか見たことのなかったものを見られたのも良かったです。一般に公開されているものなので誰でも自由に見られるのですが、私はこれまで機会がなかったのです。

さて講演の方へ話を移すと、知っている人なら知っていて当然ですが、講師はC++言語を開発したDr. Bjarne Stroustrupです。私にとってはこんな凄い人を肉眼で見られて、話を生で聞けるというだけで大興奮なのですが、知らない人にそれを伝えるのは難しいかもしれません。ちょっと違う分野で言えばBill Gatesのプレゼンが聞ける、というような感じでしょうか。まあ、Dr. Stroustrupは大富豪でもVIPでもないかもしれませんが、それくらい特別な人だということです。

とはいえ、私は実はC++を日頃使っているわけではないので、当初はそんな私にはもったいようにも思えました。大学の卒業論文はC++のクラスブラウザをC++で作るというものだったのですが、卒業後の仕事ではCをずっと使っていて、C++を使わないままちょうど25年も経ってしまっていたのです。しかし、今回の講演はそんな私にもってこいだったとも言えます。そのテーマが「C++のこれまでとこれからの進化」というようなものだったので、C++がどう良くなってきて、今後どうなっていくのかがわかり、結局は非常に有益なものとなったと思います。

講演はもちろん英語で通訳もありませんでしたし、Q&Aセッションでも時間いっぱいまで活発に質問が(英語で)行われていてさすが東大生と思ったのですが、博士のコメントで印象的だったのは、「C++はオブジェクト指向言語ではない」「CよりC++が非効率という場面はない」というようなことです。前者はC++はオブジェクト指向プログラミングを支援する機構を備えてはいるが、それを前提にしたものではないということ、後者はC++は高度な最適化を支援するようになっているのでC以上に効率的なコードを出力することができるはずだということでした。

これを聞いて私は業務に直接活かすことができるのではないかと思い、早速コードの一部をC++に書き換えてビルドできるようにしてみました。Cよりも厳密な型付けが必要なのでいい加減なプログラムはエラーになってしまい多くの人が苦労するのが目に見えるようですが、その分コードの品質は上がるはずです。出力されるコードの効率も博士が言っていた通り心配するようなことはなさそうです。いまだに私の業界ではCが主流ですが、環境も整いつつあり今後C++化の流れも遅ればせながらあるので、その先陣を切っていくのも良いのではないかと思いました。