Archives

ロリポップ! レンタルサーバーで無料の独自SSL

時代の波に乗り遅れるな!

日本語の「安全」という言葉は英語で言うところのsafetyとsecurityの2種類の意味を持ちます。これら2つが感覚的に違うことがわかっていたとしても言葉で説明するのは難しく、その説明も人によってまちまちであったりするのですが、私の解釈ではsafetyは漠然とした「安全な状態」を指し、securityは「安全の確保」のことであるという感じでしょうか。

一方、私が仕事として携わっている自動車制御の分野では技術としてこれらは明確に区別されており、safetyは乗員の生命や身体に危害が加わらないこと、securityは情報技術的な攻撃(=クラッキング)を防ぐこと、ということができます。過去何年かはISO 26262という「機能安全規格」が2011年に発行されたことでセーフティへの対応が大きな関心事となっていましたが、2015年にJeep Cherokeeのクラックの発表からリコールに至ったことから急速にセキュリティが脚光を浴びるような状況となっています。

このセキュリティという分野は言うまでもなくインターネットの技術が先行しているので、それを参考に対応が進められているわけですが、そのインターネットではどういう状況なのかといえば、認証・暗号化・改竄の検出のためのTLSの普及が進んでいます。Googleが「HTTPS をランキング シグナルに使用します」と発表したことでその動きは一気に加速することになったのではないかと思われます。Googleでの検索表示順というのはウェブサイトへのアクセス数に直結しますので、特に企業のサイトでは対応が急務となったのではないでしょうか。

私のこのブログのようなところではもともと大したアクセスがあるわけでもありませんが、時代遅れではいけない、というよりも新しい技術はいち早く取り入れていきたいと思っています。しかし、TLSに必要な証明書の発行がこれまで大きな障害となっていました。この証明書はセキュアな通信の肝となるものなので、誰でもおいそれと発行できるものではないわけですが、以前は1年間有効のもので3万円程度というようなコストがかかってしまっていたのです。しかし、Internet Security Research Groupが提供するLet’s Encryptというサービスで証明書が無償で発行されるようになり、その状況を変えてくれました。

そして今週、私が利用しているロリポップ!がこのLet’s Encryptを利用する設定を無料で提供するという発表があり、即日申込み・利用が可能となりました。私も早速設定してみましたが、設定は本当に簡単で「独自SSL (無料) を設定する」のボタンを押すだけなのであっという間に終わり、その後数分で利用できるようになってしまいました。ただ、その後でウェブページ側で設定を変えなければいけないところがいくつかあります。

自分のサイトアドレスをhttpsに変更
.htaccessにhttpからhttpsへのリダイレクトを追加
Google Analyticsのプロパティ設定をhttpsに変更
Google Search Consoleでhttpsの登録を追加
ページ内に埋め込んでいるGoogle AdsenseやAmazon Associateのスクリプトをhttps対応のものに更新

加えて、HSTS (HTTP Strict Transport Security)というものも設定するとセキュリティをより強固なものにすることができるようになりますが、個人のブログのレベルではそこまでする必要はないかもしれません。

ということで長々と書いてきましたが、お伝えしたいことはこのブログもついにHTTPSで提供することになりました、ということです。ブックマークしていただいている場合などHTTPでアクセスしてもHTTPSにリダイレクトされるので特にURLの変更は必要ありませんが、ブラウザのURL表示が”https://wolverion.com/〜”となっていて、例えばChromeではそれが緑の文字で、その左に”Secure”と表示されるようになっているはずです。まだ完全にHTTPのスクリプトを無くせていないので警告が表示されていたりすると思いますが、少なくともこれまでより悪く(弱く)はなっていないはずなのでしばらくは目を瞑っていただけると幸いです。

なお、嬉しいおまけとしてTLS対応に伴いHTTP/2という高速化技術も適用されるようになったので、いくらかページの表示が早くなっているのではないかと思いますがいかがでしょうか。

Casey Neistat

日本からはなかなか生まれないかも。

液晶モニタが大きくきれいになってからYouTubeの動画をよく見るようになったというのはこれまでに書いていますが、以前ハマっていた日本在住外国人YouTuberの動画についてはもう最近ほとんど見なくなってしまいました。その理由はいくつかありますが、まず彼らの多くが日本への滞在が一時的なものであり、しばらくすると日本を離れてしまいチャンネルの更新もやめてしまうということが挙げられます。そうするとまた別の人を見つけない限り見るチャンネルが減っていってしまうのは自然なことでしょう。

そしてもう一つは彼らのほとんどが動画制作に関しては素人であり、顕著な才能を持っているというわけではないということです。基本的にYouTubeには誰でも自由に動画投稿できてしまいますが、視聴者の興味を引く品質の動画を作り続けるというのはそう簡単なことではありません。私のこのブログのように知人以外はたまたま検索で引っかかっただけという人に読んでもらえればいいというのであれば楽ですが、チャンネル登録を維持するというのはそういうレベルのことではないと思います。

では、今でもYouTube動画を見ているのだとすると最近は何を見ているのかということになりますが、この連休中に知って以来何十本もひたすら観てしまっているのがCasey Neistatというニューヨーク在住のアメリカ人YouTuberのチャンネルです。Caseyはマンハッタン島内のどこかに住み、どこかにスタジオを持っていて、日々の出来事をビデオブログ(vlog)として配信しています。現時点での動画数は1000強というところですが、チャンネル登録者数は最近700万人を超え、週に何度か投稿される動画はそれぞれ200万回から600万回程度の再生回数を得ており、総再生回数は16億回を上回っています。登録者数最多のPewDiePieは5500万弱で総再生回数152億回とまさしく桁違い、日本人YouTuberでははじめしゃちょーが登録者数500万弱、総再生回数36億回ということでまだだいぶ上回っているようですが、どちらも対象がまったく異なるので比較にあまり意味は無いでしょう。

もともと映画製作を志していたものの活動の拠点をYouTubeに移しているので、YouTubeを足がかりにマスメディアに進出しようとしている人達とは方向性も動画の品質も異なります。ニューヨークの街自体が絵になるということはあるでしょうが、タイムラプスやテロップ、カット割り、BGMの使い方などが非常に洗練されていて、編集技術の高さが際立っています。また、彼のスタジオも大変個性的で、それ自体が魅力に満ちたものになっていますが、そのスタジオ内はMKBHDというチャンネルの”Casey Neistat Studio Tour!“という動画で紹介されており、よく考えられたものであることがわかります。スタジオの棚には彼の撮影機器などが所狭しと置かれていますが、心置きなく撮影できるように同じカメラを何台も持ち、良い映像のために惜しげなく荒々しい使い方をする様子などは、日本人には若干抵抗のあるところかもしれません。

様々な会議や講演に参加するために世界中を旅することの多い彼の動画では、各航空会社のファーストクラスのレポートなどもしていて私は興味深く観ているのですが、一方でマンハッタンの道路でスノーボードをしたり、大型ドローンに引かれてスノーボードをしたりといった無茶なこともしています。また最近は家族との時間を大切にするためにやめたようですが、妻のCandiceや娘のFrancineもかつては頻繁に動画に登場していました。また、特にニューヨークには彼のチャンネルを見ているという人がたくさんいるので、移動中にもちょくちょく声を掛けられて挨拶を交わす様子も動画に出てきますが、こうしたフレンドリーなやり取りはアメリカならではですね。

なお、Caseyは動画の中でマンハッタン中をBoosted Boardという電動スケートボードで縦横無尽に走り回っていますが、交通渋滞が慢性化していて、平坦なマンハッタン島内では特に効率的な移動手段なように思えます。これが認められているアメリカと比べると日本の規制の厳しさが異常にも思えますが、よくあれで深刻な事故に合わないものだというのもすぐに感じることです。しかし、ボードで走りながら多くの警官とも親しげに挨拶を交わしていますので、まったく問題はないのでしょう。”ARRESTED FOR RIDING A BOOSTED BOARD?“という動画もあって注意を受けていますが、それは公園内のサイクリングロードを電動の乗り物で走ったことについてのようで、本来は車道を走らなければいけない、しかしそれは安全を考えるとお勧めできない、とのことで、やはりニューヨークでも電動スケートボードに適した環境が整備されているというわけではないようですが、それでも頭ごなしに禁止されている日本との違いは大きいでしょう。

NHL GameCenter

まだまだ観戦します。

アメリカから帰国するにあたって名残惜しい物はいくつもありましたが、その一つがホッケーが見られなくなるというものでした。学生時代の友人が一時期やっていて若干馴染みがあったというくらいで、渡米前はルールもよくわかっていなかったのに、すっかり夢中になってしまいました。それも職場のすぐ近くにホッケーのリンクがあって安く観戦出来たからなのでしょうが、そのPlymouth Whalersも昨シーズン末に身売りされて移転してしまったので、ある意味いいタイミングだったのかもしれません。

しかし、インターネットのおかげで世の中は大変便利になりました。NHLはGameCenterというインターネットの会員制サービスを提供していて、NHL各チームの全試合を生中継と録画とで見ることができるようになっているのです。会費はシーズンのどの時期から会員になるかで何段階かあるのですが、私は今回最初から入会したので$115ほどでした。これを高いと取るか安いと取るかはもちろん人それぞれ、どの程度ホッケーに思い入れがあるかによるのでしょうが、私はこれで一年間思う存分ホッケーが楽しめるのかと思えば安いくらいだろうと思います。

実はアメリカとカナダの場合、見ている地域でテレビの中継がある場合はその試合をライブで見ることはできません。テレビが有るならテレビで見ればいいじゃないかというのもごもっともですが、テレビは家族に占拠されているのでPCやタブレットで見たい、というのは叶わないわけで、この制約のない分、日本で会員になった方がちょっとだけお得なような気がしています。なお、このNHL GameCenterの対応端末はPC/MacやiOS、Androidのタブレットやスマートフォンの他、PS3/4、Xbox 360、Apple TVなど多岐にわたっていて、一つのアカウントでどの端末でも利用することができます。

ただ、日本でも生中継を見ることができるといっても、時差があるので通常現地の夜7:30頃から始まる試合は日本では朝8:30からなどということになってしまい、週末は午前中が暇ならば見ることができるものの、さすがに平日は見ることができません。結局、見るのは録画ばかりということになるかもしれません。録画の方が休憩時間などを飛ばしてくれるので見やすいということもあります。

しかし録画で見るとなった場合、結果を知らないまま観ればいいのでしょうが、結果はいち早く知りたくて見てしまう私の場合、いくら好きでも負けるとわかっている試合を見るのはちょっと気が進みません。したがって、このサービスをいかに有効に利用できるかは我がRed Wingsの頑張り次第ということになってしまうのかもしれません。プレイオフまで、全チームの全試合を見られるといっても、やっぱり見るのは贔屓のチームの試合ですよね。Red Wingsがプレイオフ決勝まで行ってくれたりしたら夢の様なんですが…でもそれはGameCenterとは関係なく、ですね。