大塚国際美術館

お腹いっぱいになります。
🖼️

自由に旅行できるということがいかに幸せなことだったかと思い知らされる今日このごろですが、先日職場の友人らと一応兵庫県内ということで淡路島へ日帰りドライブ旅行に行ってきました。関東に住んでいるときにはまったく意識したこともなくよく知りませんでしたが、瀬戸内海で大阪湾に向かい合って浮かぶ大きな島です。

しかし、淡路島には小洒落たカフェや雑貨店ができていてそういった店が好きな人にはいいのですが、あまり観光地らしい見どころというものが多くありません。そこで今回は兵庫県からちょっと出てしまうものの、大鳴門橋を渡ってすぐのところにある大塚国際美術館に行ってみようということになりました。

昨年の紅白歌合戦で地元徳島出身の米津玄師が歌った場所ということでも記憶に新しいところですが、大塚製薬グループの創立75周年事業として1998年に開館したとのことで、既に20年以上前にできたということになります。それにしては非常にきれいに保たれていて、つい最近できたかのようでした。

この美術館が独特なのは、展示されているのが大塚製薬グループの大塚オーミ陶業が開発した技術により作成された、名画の原寸大複製であるということです。世界中にある、誰でも知っているような名画が数多く集められていて、しかもそのクオリティは非常に高いので、大変見応えのあるものになっています。それらの名画の実物を一箇所で見ることはとても実現し得ないと思われますし、非常に耐久性の高い複製なのでごく間近でつぶさに見ることができ、教育的な価値も高いのではないでしょうか。また、三脚やフラッシュは禁止されていますが、写真撮影は自由となっています。

さらに私が感心してしまったのは「環境展示」と称された、フレスコ画や壁画をその部屋ごと再現してしまったもので、そのために建物自体が非常に複雑な作りになっていることです。米津玄師が歌っていたのもシスティーナ礼拝堂を再現した部屋でした。またさらに、この美術館自体が瀬戸内海国立公園内にあるため、環境を壊さないよう建物全体が山に埋まった形になっているという、非常に凝ったものになっています。このため、山の麓にある入口から長いエスカレーターで上がったところが地下3階ということになっていて、1階で山の上に出ることになります。

ということで非常のお金のかかった施設になっているのですが、それでも本物の名画を何点も買い集めていたらもっと金が掛かってしまうものなのでしょうか。しかし、本物ではないといってもこれはこれで文化を保存するという意味でも非常に価値のある事業ではないかと思います。あまり大きなものを1枚で作ることはできないようなので、大判の絵画は複数に分けて作ったものをつなぎ合わせて実現していますが、ある程度までの大きさのものは現存する実物よりも製作当時の色を鮮やかに再現していて、さらに2000年ほども維持することができるとのことなので、ある意味実物よりも本物に近いということになるかもしれません。まあ2000年となるとそれを置いておく場所のほうが問題かもしれませんが。

The Power Packer

見た目は地味ですが。
🧳

何事もタイミングが重要なもので、なにか買うたびにここで紹介しているように見えて、紹介しそびれたまま年月が経ってしまったものの、買って良かったというものが実はいろいろあります。今回いまさらながらご紹介するのもそういったものの一つですが、たまたま最近になってAmazonでも売られているということを知り、当時より入手しやすくなっているのであればいいかなと思って改めて記事にしてみることにしました。

それはThe Power Packerというデジタルガジェット用のトラベルポーチのようなものです。私はKickstarterキャンペーンでもう3年前に入手していたのですが、今でも泊まりでどこかへ出かけるときには大変重宝していて、手に入れておいて良かったと思っているものです。といっても今はCOVID-19のせいで旅行もままならない状況にはなっていますが、未来永劫このままということはないでしょうから、また活躍の機会はやってくるはずです。

電子機器をあれこれ活用している人が出張や旅行に行くときには、各種充電器やケーブル類をいくつも持っていかなければならないわけですが、そういったものを収納するために工夫された仕切りやゴムバンドがたくさん付いていて、効率よくコンパクトに纏めることができます。私は普段からこのThe Power Packerの中に旅行用のものを収納していて、出かけるときにはさっとそのまま持ち出せばいいようにしています。それは日常的に使っているものとは別に用意しているということなので一見無駄ですが、予備と考えれば悪くもないでしょう。

本体の一部は伸縮性の高い素材で作られているので、結構たくさんのものを詰め込むことができます。私は電源の分岐コードのようなものも入れてしまっていますが、外側に膨らむだけで特に無理はかかっていないと思います。また、2段に仕切られている片方は3辺がファスナーになっていてガバッと大きく開くことができ、中にさらに仕切りがある形で、ものが見やすく取り出しやすくなっています。もう一方の段は縦にしたときの上半分がファスナーになっているので、比較的大きなものを入れても取り出しやすいでしょう。

Kickstarterのキャンペーンでは6種類の柄があり、私は一番シンプルなシャドーという黒一色のものを選んだのですが、現在はシャドーの他にボルドー、デニム、TOKYO限定という4色の展開になっているようです。TOKYO限定というのはかなり派手な柄ですが、中央部分以外は黒なのでどうでしょうね。Kickstarterのときにはレモンの絵が書かれた柄があって、これにしておけば良かったかもと思っていますが。

なおちょうど最近、Side by Sideはまた新しいキャンペーンを始めているようですが、このマスク入れのようなものは特に無くてもいいですかね。すでに目標を達成しているようなので、特に心配する必要はなさそうですが。

幻のヨーロッパ旅行

最初は楽観視していたのですが。
✈️

私の勤務先には30歳、40歳、50歳になる年に1週間程度の連休をくれる制度があって、10年に一度の旅行のチャンスとなっているのですが、私は今年その年にあたっているものの次男の大学受験の年でもあるため、行くなら2年生の終わりのこの時期、ということで昨年秋に飛行機も宿も予約して妻と次男と3人でイギリスに行く予定にしていたのでした。しかし残念ながら、周知の通りの新型コロナウイルスの騒動でそれどころではない状態になってしまい、結局あえなくキャンセルせざるを得ない状況です。

飛行機はKLMを予約してアムステルダム経由で行く予定だったので、最近はほぼ毎日更新されるKLMの運行状況のページを見て確認していました。私のチケットはキャンセルのできない料金クラスの、いわゆる格安チケットだったのですが、今回は特別に無償で日程や行き先の変更を受け付けたり、5月末までに予定の立たない人には1年間有効のバウチャーを発行してくれたりという対応をしてくれることになりました。航空会社にとってもただでさえキャンセルの相次ぐ経営危機となっているでしょうに、利用者にとって非常にありがたいことです。

イギリスでの宿はAirbnbで予約していて、早いうちからキャンセル料のかかるところが多い中、2週間前まで無償キャンセル可能なところにしていたのが幸いでした。オーナーには「新型コロナウイルスのせいで…」とメッセージを入れておいたところ、「完全に理解する」との返信がありましたが、オーナーにとっても大変な災難です。日本国内でも多くの旅館でキャンセルが相次いでいて危機的な状況となっている様子がテレビなどでも伝えられていますが、今はそれが世界中で起こっているのです。

ということで今回予定していた旅行は幻となってしまいましたが、1年以内にバウチャーを使わなければ紙くずになってしまうので、どこかへ目的地を変えてでもきっちり使いたいと思います。ハワイあたりが無難なのかなあと思ってしまいますが、せっかくの10年に一度のことなので、思い出に残るたびにしたいものです。まあすでに悪い意味で記憶には残りそうですが。