Archives

琵琶湖へドライブ

晴れていて涼しい時にもう一度行きたい。

ちょくちょく一人で長距離日帰りドライブをしている私ですが、たいてい東側は京都までで、それより先へ行くことはあまりありません。琵琶湖までの距離はそれほどでもないのですが、京都を超えていくのに時間がかかってしまうのと、京都を素通りすることがなかなかできないといった感じでしょうか。しかし、ちょっと前のことになってしまうのですが、先日は珍しく滋賀県まで足を伸ばしてきました。

滋賀県といえば何といっても琵琶湖ですが、その西側にびわ湖バレイというスキー場があります。夏の間はハイキングコースやジップラインなどのアクティビティを提供しているのですが、そこに最近オープンしたらしいびわ湖テラスというカフェのテラスから琵琶湖が一望できるらしく、どこかのウェブサイトできれいな写真で紹介されていたので行ってみよう、ということで一人で行ってきたのでした。

私はよくわかっていなかったのですが、びわ湖バレイの駐車場からびわ湖テラスがある山上まではロープウェイに乗って行かなければならず、びわ湖バレイそのものに入場料は不要ながらそのロープウェイの運賃が往復2200円もかかります。駐車場はそれとは別に1日500円です。そして大きなロープウェイで上に上がってまっすぐ琵琶湖テラスへ向かいましたが、実はこの日は台風の影響で曇っていて、ロープウェイに乗っているときから雲に囲まれていたのでテラスからも何も見えず真っ白です。それでもテラスに座って食事ができればと思ったのですが、テラスの座席は非常に少なく埋まっていて、ウェブサイトの写真のサンドイッチが美味しそうだからと思って楽しみにしていたのに、ビニールに包まれたまま出てきてがっかりでした。結局、ここでは何千円もかかってしまっただけで全然いいことがありませんでした。

しかし、なんとか気を取り直して次の目的地へ向かおう、と12時頃に下山してみると、上りのロープウェイは満員になっていて、駐車場もだいぶ埋まってきていたので、どうやら人気のスポットにはなっているようです。晴れた日ならさぞかし気持ちいいだろうという感じではあったのですが、曇っていても結構混み合うのですね。

そして私が次に向かったのは白髭神社です。琵琶湖の水中に浮かぶ鳥居が印象的な神社ですが、近江最古の神社と謳っており、本殿は1603年造営ということで400年以上の歴史を持つ重要文化財となっています。しかし、やはり写真映えするのは湖中大鳥居ということでそちらへ向かうのですが、駐車場からは国道161号線の横断歩道もないところを渡らなければなりません。これは子供には結構な試練なのではないでしょうか。

湖と言っても琵琶湖はやはり大きく、対岸の建物などが見えないので厳島神社の海中鳥居よりも絵になるかもしれません。拝殿に派手さがないので観光客はそれほど多くありませんが、私が写真を撮っているとバイクに跨ったまま写真を撮っている人がいて、ナンバープレートを見ると韓国のプレートでした。聞いてみるとやはり韓国から来たライダーで、日本中を回っていて近畿が最後のエリアだとのことでしたが、やはりそういう人には見逃せないスポットなのかもしれません。

このあとはさらに北へ進み、メタセコイア並木へと向かいました。ここは草原の中にメタセコイアが左右にきれいに並んだ並木道のようになっていて、どの季節でもそれぞれ絵になる景色を楽しむことができます。今回は夏真っ盛りなので、葉っぱが青々と茂ってとても涼しげです。並木道は南北2つに別れたようになっていて、まっすぐ続いて見える平坦な南側も良いですが、私はちょっとした起伏のある北側の方が好みです。また、南から来る人が多いせいか南側の方がたくさん人がいて、北側は比較的静かなのも良いと思います。

ということで、最後はちょうど通りがかったので立雲峡に登って竹田城跡を眺めて帰りました。竹田城も私が行った2010年はまだ直ぐ側の駐車場まで車で上がることができて、観光客の姿もまばらでゆっくり過ごすことができましたが、すっかり有名になってしまった今は麓の駐車場に車を置いていかなければならず、週末ともなればごった返すようになってしまいましたね。この日はもう夕方だったので立雲峡も車が数台着ている程度でしたが、麓に臨時駐車場があるくらいですから混むときは混むのでしょう。一度うまい具合に雲海が広がっている時に通りがかったので寄ろうかと思いましたが、早朝だったのに満車と言われて立ち去ったことがあります。この変化もインターネットのせいなのでしょうか。

宇治へドライブ

ここも観光客が沢山。

日本人なら小学生でも、二千円札の表の守礼門は知らなくても十円玉の表の平等院鳳凰堂は知っているのではないかと思います。しかし実は私は、この平等院が京都市外の京都府のどこかにあるということはなんとなく想像していましたが、それが宇治であるということはつい最近まではっきり知りませんでした。そうなのか、それなら一度行ってみよう、ということで思い立って、海の日の三連休中日の日曜日に行ってみることにしました。

宇治は京都市の南側にあり、私の自宅からは130kmほどの距離になりますが、高速道路を利用しない場合は神戸・大阪の大都市郊外の住宅地を抜けていかなければならず、どうしても距離の割りに時間がかかってしまいます。ケチらずに高速を使えばいいのに、と思われるかもしれませんが、これはただケチなのではなく、高速道路は運転していてもまったく楽しくないので、運転が主目的な私にとってそれではそもそも意味が無いのです。

ということで、朝9時過ぎという私には珍しくゆっくり目の出発となったのですが、まず最初に途中の枚方市で昼食を摂りました。このあたりはまったく土地勘もなく、調べてみるまで知っている店もなかったのですが、見つけたのが京阪交野線宮之阪駅の目の前にあるカレー喫茶 エルディオスというカレー店です。こちらでは2種類のカレーとそのあいがけが選べたのですが、さらに「インスタ盛り」なるものが選べます。色鮮やかな野菜のトッピングがたくさん載ってInstagramに映えるというものですが、数量超限定ということですし、もちろん私も選びました。カレーはあいがけで1000円でしたが、このインスタ盛りがプラス300円というのは安すぎるのではないでしょうか。会計時に店長さんにそのまま伝えたところ、「野菜は安く仕入れているので…」とのことでしたが、これだけの種類を作るのだって大変なはずです。カレーもとても美味しかったので、無理せず続けてほしいと思います。私が次に行くのはいつになるかわかりませんが、この方面に行くときにはぜひ立ち寄りたいものです。

カレーに満足したところで宇治へと向かいます。車は平等院の近くのコインパーキングに停めようと思っていたのですが、どこも1時間600円程度と非常に高くてびっくりしてしまいます。しかし、JR宇治駅のロータリー内にある市営駐車場は30分100円とだいぶ割安なのに気付いたのでこちらに停めました。ちょっと歩かなければならないものの、商店街を眺めながら歩けばいいので大した距離ではありません。収容台数は十数台だけなので運が良くないと停められないかもしれませんが、空きがあればお薦めです。

さて、駅前から平等院までは、左右に見える宇治の緑茶にちなんだスイーツを横目にぶらぶら歩いて10〜15分ほどです。着いてみると入り口に行列ができていましたが、これは係の方の応対がもったいないくらいに丁寧すぎるためのようです。庭園と平等院ミュージアムが込みとなっている拝観料は600円ですが、鳳凰堂内部の拝観は別途300円が必要になります。しかし、この日すでに1時間半待ちとなっていたので、私はあまりゆっくりしていられないので内部はやめました。

鳳凰堂を見て最初に感じたのはイメージよりも朱色が鮮やかであるということですが、これは3年前に終わったという修理工事で塗装が新しくなっているからで、私が写真で見たのはそれ以前のもので黒ずんでしまったものだったようです。歴史の重みを感じるのは難しくなってしまいましたが、当時の姿を知ることができるということになるでしょうか。

私がちょっと辟易してしまったのは、内部を拝観する人の一団が堂々と正面から入るため、ズラズラと並んで歩いていたり、内部を見回している姿がどうしても写真に入ってしまうということです。なんとかその切れ目を狙って誰も写り込まないような写真を撮りたかったのですが、入れ替わりは合間なく行われてしまっていたのでうまく行きませんでした。そういう写真は特別にセッティングされた状況でなければ撮れないということなのでしょうか。開門が8:30、内部の拝観は9:10から受付なので、その間がチャンスということかもしれないので、紅葉の季節にでも早朝から出掛けて狙ってみるかもしれません。

このあとは宇治川に浮かぶ塔の島、橘島からなる宇治公園を通って、宇治神社と宇治上神社へも行ってみました。旧社格は宇治神社の方が上ですが、宇治上神社の方は国宝に指定されている本殿が現存する最古の神社建築で平安時代のものとのことで、またこちらの方が雰囲気もあって良い感じでした。観光客で溢れていないというのが良いのかもしれません。

本当はこのあと「インスタ映え」する抹茶スイーツを食べて帰ろうと思っていたのですが、炎天下を歩いた上に店で待つ沢山の人を見て食欲も失せてしまい、コンビニで飲み物だけ買って帰ってきてしまいました。なお、平等院の周辺にはコンビニが無く、駅前まで行かないといけないので気を付けてください。私は手持ちの現金がなくなったので引き出そうと思ったのですが、結局駅まで戻らないと無かったのでおみやげも買いそびれてしまいました。

ナナガンと千里川土手

早起きは三文の徳

最近、歳のせいだけではなく朝型の次男が試験前で勉強するために早起きするためもあって、眠りの浅い私はやけに早い時間に目が覚めてしまいます。もう木曜日で試験も終わったので熟睡できるかと思いきや、そういうペースになってしまったようで今朝も日曜日だというのに5時前に目覚めてしまいました。先週の日曜日も同じくらいの時間に起きてしまったのですが、せっかく早起きしたのだからと5時半頃に家を出て、早朝から大阪へドライブに行ってしまうことにしました。

目的地は車やバイクと一緒に夜景を撮るスポットとして有名らしい、大阪港第三突堤第七岸壁、通称「ナナガン」です。私もつい最近知ったのですが、写真や動画を見ると確かになかなか良いスポットのようなので私もいてもたってもいられなくなったというわけです。ただし、私は夜は苦手ですし、道路も目的地も混雑しているのは嫌なので今回は早朝に行ってみたのでした。

ナナガンはその名の通り大阪港の港湾区域で、周辺には物流倉庫が立ち並び、大型トレーラーやトラックが出入りする地域になります。そんな倉庫群の間を走っていくと開けた岸壁に出るのですが、私が行ってみるとまだ朝7時過ぎだというのに物好きな人たちの車がすでに何台も停まっていました。前の晩から夜通しそこにいたようなヤンキーっぽい集団もいれば、旧型のフェラーリやポルシェのグループもいて、車やバイクが好きそうなのは共通点のようです。

実際に行ってみると思っていた以上に気持ちのいい場所でした。おそらく遮るものがなく大きく空が広がっているのが良いのでしょう。前方には阪神高速湾岸線の港大橋が鮮やかに赤い威容を晒し、存在感を示しています。この港大橋はカナダのケベック橋、イギリス・スコットランドのフォース橋に次いで主径間長で世界3位のトラス橋ということで、とても立派なものです。

私は近くのマクドナルドで買ってきた朝食を橋を眺めながらのんびりと食べましたが、穏やかな天気と早朝ということもあって周囲は静かでとても落ち着いていて、かなりリラックスすることができました。ここは適当に写真を撮って後にしましたが、とても良かったのでまたもっと日の短い季節に行ってみたいと思います。

次に向かったのは伊丹空港としても知られる大阪空港の滑走路の端、千里川土手です。ここは関西に来てすぐに大阪出身の友人に教えてもらっていましたが、実際に行ってみたのは初めてです。以前は車を停める場所がなかったので行きにくかったのですが、昨年になって近くにタイムズ24のコイン駐車場(タイムズ豊中勝部1丁目とタイムズ豊中勝部1丁目第2)ができたとのことで、気兼ねや心配なくゆっくりと要られるようになったのでした。

ここでは着陸直前の飛行機が頭上20m程度の高さで通過するのでその迫力は相当なもので、小さな子供は「怖い怖い」と半泣きになっていました。シント・マールテンのプリンセス・ジュリアナ空港にも引けを取らない…と言いたいところですが、残念ながら現在はB747などの大型機は大阪空港に飛んでこないので、その点ではプリンセス・ジュリアナ空港に軍配が上がるということになります。とはいえ、全盛期とは違うにしろ離着陸の頻度は高いので、着陸機が次々に飛来するだけでなく、その合間に離陸する出発機が直ぐ側で待機しているので、飛行機好きにはかなり楽しめる場所でしょう。実際、数十人ほどのカメラを持つ人持たない人が私と一緒に飛行機を仰ぎ見ていました。

また、ここでは雑誌か何かの撮影を行っていたらしく、モデルの若い女性をカメラマンと数人のスタッフが取り囲み、飛行機が頭上を通過するタイミングに合わせてシャッターを切っていました。喋っているのを聞いていると飛行機の運行に詳しそうだったので、「月刊エアライン」のような飛行機関係の雑誌なのでしょうか。それとも関西ウォーカーのような情報誌、あるいはタウン誌のようなものでしょうか。この日は曇っていて青空が見えなかったのが残念ですが、あまり晴れていて暑いのも大変なので逆に良かったかもしれません。

ということで、この日はこれで切り上げて昼食を摂り、自宅には3時過ぎに帰ったのですが、出発が早かったのでそれでも十分満足感がありました。大阪方面は混雑するのでいつも避けてしまっていたのですが、この日のように早朝に出発すればそれほど大変でもないことがわかったので、これからはまた遊びに行ってみたいと思います。見学には事前予約が必要ですが、舞洲の清掃工場などにもぜひ近いうちにと思っています。