Archives

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクー、ロシアのエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)

posted with amazlet at 18.10.08

平野 暁臣 青春出版社 売り上げランキング: 293,802

Amazon.co.jpで詳細を見る

鹿児島旅行

桜島は姫路市民にとっての白鷺城のようなものなのでしょう。

台風25号はなんとか日本海側に逸れて沖縄、九州以外では気温がかなり上がっているくらいで特に被害はないと思いますが、地震や台風、豪雨など今年は日本中が自然災害に見舞われる大変な年となっています。これだけ連続するようなことがこれまでにあったような記憶はありませんが、一体どうなっているのでしょうか。台風21号「チェービー」も大きな被害をもたらした台風で、死者13名、負傷者912名という人的被害もさることながら、高潮により関西国際空港の滑走路やターミナルビルが浸水し、連絡橋にタンカーが衝突して損傷するなど物的被害も甚大なものでした。

この台風が上陸する本当に直前の9月2日から2日間、私達はよりにもよって飛行機で鹿児島へ行っていました。先日の長崎日帰りツアーと同じくZさんとI君と、神戸空港からスカイマークの直行便に乗って鹿児島空港へ降り立ち、ワンズレンタカーの激安レンタカーを借りてのいつもどおりの弾丸ツアーですが、いつもと違うのは宿泊するということでした。

まずは鹿児島市の観光スポット、島津氏の別邸があった仙巌園を訪れました。私は昨年ブラタモリで紹介されていたので知っていたくらいですが、NHK大河ドラマの西郷どんの舞台となっているので鹿児島の街自体が人気となっているようですね。まずは松風軒のランチで腹ごしらえをしてから園内をじっくりと見て回り、その後鹿児島市の繁華街という天文館へと向かい、鹿児島といえば、の天文館むじゃきの白熊を食べて、西郷隆盛像を見てから宿へと向かいました。

泊まったのは指宿海上ホテルという、外観はうら寂れた感じの温泉宿ですが、接客の評判が非常に高いということでした。実際、従業員はみな大きなホテルにはない暖かさを感じる接客で、とても気持ちよく過ごすことができました。また、台風が接近していたためか日曜日の宿泊だったためか宿泊客が少なかったので、スイートルームのようなかなり広い部屋に割り当ててくれたのも嬉しいポイントでした。ここではホテル内で砂蒸し風呂を楽しむことができるということで、貴重な体験をすることができました。

翌朝はまだ暗いうちに一旦ホテルを出て薩摩半島南端の長崎鼻にある薩摩長崎鼻灯台へ行き、日の出を見てきました。ここでは背後に美しい形の開聞岳を見ることもできますが、当日はやはり台風上陸の前日ということで雲が多く、水平線からの日の出は拝むことができませんでした。ホテルへ戻る前にはこの近くにあるJR最南端の駅、西大山駅にも立ち寄ってみましたが、残念ながら列車が通るのは1時間に1本以下という寂しい路線なので、My旅切手のように列車と一緒に写真に収めるというわけには行きませんでした。

ホテルに戻って朝食を食べてチェックアウトしたあとは指宿スカイラインを通って鹿児島市街へ戻り、桜島フェリーに乗って桜島へと渡りました。ここで乗ったのが1日1便のよりみちクルーズという、
まっすぐ桜島へ渡るのではなくちょっと南側に回り道をしてくれるというもので、普通は15分のところを50分乗っていられるのです。旅客運賃はわずか500円で、通常運賃が160円と非常に安いので割合としては大きいですが、車両は4m未満なら1150円と1490円の差だけなのでほとんど誤差です。これでゆっくり遊覧航行が楽しめるというのですから、時間が合えば、というより合わせてでもぜひ乗るべきだと思います。

桜島ではいくつかの展望所を回っていろいろな角度から桜島を眺めてきました。ここでは日常茶飯事なのでしょうがこの日はちょうど噴火が起こっていて、山頂付近から黒っぽい噴煙が黙々と湧き出ているのをはっきりと見ることができ、こんな活火山のすぐそばにこんなに大きな街があるというのが改めて不思議に感じられました。黒神埋没鳥居などもみるとそれはなおさらです。

そのあとは霧島神宮を見てから空港へと向かい、帰路へと就きました。しかし台風が来ているというのに飛行機で行くというのも無茶でしたが、特に問題なく帰って来れたのは幸いでした。もしもこれで足止めを食らっていたら、翌日にも戻ることはできなかったかもしれず、いったい皆にどう言い訳すればよいやら…まあ何事もなく本当に良かったですし、旅行自体大変楽しむことができました。

シャンカワカーン

ちょっとした覚悟が必要です。

「美味しい食べ物の美味しそうな写真を撮るために旅をする」というのが近年の趣味になっている私ですが、個別の飲食店についてはあまり記事にしていません。特に理由があって避けているわけではなく、一つの記事にできるほど文章で描写する力がないだけなのですが、先日訪問した「シャンカワカーン」というレストランについてはなんとかなりそうなほど面白かったので書いてみることにしました。

この変わった店名についてちょっと一生懸命調べてみたところ、アメリカ先住民のラコタ語の言葉で”shanka”が「馬もしくは犬」、”wakan”が「神聖な」を意味するようなので、「神聖な馬」という意味の言葉から取っているのではないかと思われます。ただ、これはあくまで私の推測に過ぎないので、また次に行ったらぜひ聞いてみたいと思います。

さて、このレストランの何が特筆すべきなのかというと、その立地です。福山市街の北に位置するのですが、それは中国山地の山の中、南北に走る国道182号線からちょっと逸れたところにあり、藤尾ダムという農業用ダムのダム湖に囲まれた半島状の土地にあります。凄いのは国道からここに至るまでの道で、途中からは舗装されておらずすれ違いもできない細い道を進まなければならず、知らなければ絶対にたどり着くことのない場所です。

そのたどり着いた先で待っている店主は少々気難しげに見え、こちらの方が気を使ってしまう感じですが、敬意を払って接すれば良いだけのことでしょう。しかし、私とほぼ同時に入った学生グループは冒険のつもりで来たのかちょっと不躾な発言(「高い」とか?)をしたらしく店主の機嫌を損ねてしまったようですが、そうなると互いに不幸なだけですね。

こちらで提供されるのはワイルドなカウボーイ風ステーキで、厚みのある赤身肉にかぶりつくことができます。しっかりとしたボリュームのある肉なのでお値段もそれなりにしますが、こんなところまでやってきてファミレス価格のはずはありません。客の方もそれなりの品質を期待してやってくるはずですから、お店の方もそれに応えてくれているわけです。

しかしステーキもさることながら私が素晴らしいと思ったのは、セットに付くチリスープが日本では珍しい本物のチリの味であったことです。あくまでスープなので本当のチリとは違うのですが、味付けはまさにチリです。ちょっと聞いてみると「アメリカの人に教えてもらった」とかで、まさしく本物の、私にはちょっと懐かしい味でした。

またこちらではテラスにも席が設けられているので、気候のいい時期にはここがおすすめです。湖に突き出た半島という立地なので、必然的にちょっとした高台になっており、目の前180度に緑の木々が広がっていました。紅葉の時期であればさぞかし見事であろうという感じでしたが、市街地よりも何度か気温は低いようだったので、その時期を誤らないようにしなければなりません。

なお、店の横の車庫にはベントレーが駐車されていたのですが、こんな山の中でベントレーに乗っているというのはちょっと普通ではありません。この店自体もベントレーが買えるほど儲かっているというようにはとても見えませんでしたので、言い方は悪いですが金持ちの道楽というか、すでにひと財産築いたあとの趣味としてやっているという感じなのかもしれません。しかしだからといって手を抜いているわけではなく、むしろ随所にこだわりを感じさせるお店だったのは儲けに走る必要もないということなのでしょうか。まあ当人から聞いたわけでもなく、私の憶測に過ぎないのですが。