Archives

X-Bows Mechanical Ergonomic Keyboard

いつになったら慣れるでしょうか。

私は以前からコンピューターと人間とのインターフェースであるディスプレイモニタとキーボードやマウスなどの入力デバイスこそ使い勝手の上で重要だと思っていて、それによって作業の効率は直接的にも間接的にも変わってくるので、自宅はもとより職場のPCで使うためにもこれまでに数多くの製品を購入し試してきました。しかしキーボードについては未だに完全に満足できるものには出会えておらず、探求の旅は継続中です。

このブログでkeyboardというタグで検索すると複数のキーボードの記事が出てきますが、実はこれが購入したものすべてではありません。タイミングを逃して記事にしそびれてしまったものもいくつかあるので、実際にはもう2, 3本のキーボードが私の手元にあったりします。しかし、今回入手したX-Bows Ergonomic Keyboardについてはぜひ書いておかなければと思い記事にしているところです。

この製品は当初KickstarterのX-Bows Mechanical Ergonomic Keyboardというプロジェクトとして知り出資したもので、当初の予定より半年ちょっと遅れて届きました。通常の量産メーカーで発売が半年も遅れるというと大きな問題だと思いますが、Kickstarterのプロジェクトの中には一年以上遅れたり、量産に漕ぎ着ける前に資金が底をついて破綻してしまったり、酷いものになるとある時から音信不通になってしまったりもすると聞くので、半年遅れくらいなら温かい目で見守るくらいのものです。

それはさておき、届いた製品はなかなか精度良くできていて品質は高そうです。説明書などは十分に揃っているとは言えず手探りで試してみるしかないところもありますが、まずキーボードとして使う分には特に問題ありません。ただ、本製品はエルゴノミックのゲーミングキーボードということになっているようなので、そのゲーミングキーボードの特徴なのかフルカラーLEDによるバックライトが搭載されていて、その点灯パターンを様々に設定できるらしいのですが、その設定に必要なアプリのMac版はまだ公開されていないため、デフォルトで設定されているものの中から選ぶしかないというのが制約になっています。Windows版にまずは注力したいということらしく、Mac版もそのうち公開されるはずなので根気よく待ちたいと思います。

キーボード本来の機能としては、キースイッチをGateronのRed, Blue, Black, Brownの中から選ぶことができます。これらは重さ、ストローク量、クリック感などが異なっていて好みに合わせて選ぶのですが、私は軽めでクリック感はあるがクリック音はしないBrownを選択し、期待通り私の好みにぴったりのスイッチで良かったと思います。

このキーボードの最大の特徴はエルゴノミックデザインのキー配置です。基本的なキーは通常のQWERTY配列になっているのですが、右手と左手とが担当するキーがはっきりと分けられて扇形に広げられていて、それらの間にBackspaceとEnterが配置され、またスペースキーも左右に分けられて中央にはControlとShiftが挟まっています。こうして左右に広がっていることによって手首を無理な角度に曲げることが無くなって体に優しい、ということなのですが、私のタイピングは自己流なので中央付近の左右の分担、特にBのキーが曖昧で、たびたび右手でBを押そうとしてEnterを押してしまって漢字変換が確定されてしまうということになっています。これはしばらく使って慣れるしかないのだろうと思っていますが、これに慣れることによって通常のキーボードでも正しいタイピングに矯正されるようなのであれば良いと期待しています。

しかしやはり何事も良いことばかりではありません。このキーボードではキーが扇形に広がっているため、上段のキーほど左右に広くなってしまっています。特に数字の段ではだいぶ広くなってしまっていて、問題なのが日本語入力時には頻繁に使用する”-“のキーです。このキーにはもはや私の手ではホームポジションから届かなくなってしまっていて、結構手を移動しなければいけないことになっています。せっかくのエルゴノミックキーボードなのに、これでは明らかに手首に負担がかかってしまいますので、設定アプリができたらもっと押しやすい別のキーに置き換えるなどしたいです。

ということで今のところまだ問題はありますが、見た目は凄くかっこいいので、なんとか使いこなしていきたいと思っています。職場のPCでも使えるようにWindows仕様のものも買ってしまおうかとも思いましたが、それはもう少し慣れてからですね。

Logitech K480

いったい何枚…

普通、日本にいる人の多くはJISキーボードというのを何の疑問も持たずに使っているのではないかと思いますが、私の場合は101キーボードをベースにしたいわゆるASCII配列をHappy Hacking Keyboard (HHK) 以来ずっと使っているため、JIS配列では記号の並びが違うのでうまくタイピングすることができません。職場の自席のPCは自前のHHKにPS2-USB変換アダプターを使ってまで繋ぎ変えているので(私には)まったく問題ないのですが、共用しているノートPCの場合にはそういうわけにも行きません。以前はうまいことASCII配列にカスタマイズして購入したVAIO Zを使っていたのですが、これはアメリカに行っている間に上司に取られてしまったので、今はたどたどしくJIS配列のものを使っています。

先日はふとロジクール (Logitech) のK480というBluetoothキーボードが良いらしいと聞いて見てみたのですが、日本ではJIS配列のものしか売られておらず、ASCII配列のUS版は並行輸入になってしまうので倍以上の値段になってしまいます。定価が4630円と安価なので試してみようかと思うのであって、それが8000円以上もするというのでは考える気もなくなってしまいました。ところが、アメリカのAmazonでは認定再生品が$22で買える、ということで先日の出張の際に受け取れるよう、私の後任駐在員の家に届くように購入してしまいました。

Logitech Bluetooth Multi-Device Keyboard K480 for Computers, Tablets and Smartphones, Black (920-006342) 並行輸入

¥ 7,489

(2016-07-27現在)

Logicool ロジクール Bluetooth マルチデバイス キーボード (Windows、Mac、Android、iOS対応) K480 ブラック

¥ 3,378

(2016-07-27現在)

そして先日受け取ってみると、思っていたよりかなり大きくてびっくりしてしまったのですが、iPadも横にして立てられるのですから当然この大きさになりますね。横幅はiPadよりも4cm程度広く、奥行きはほぼ同じですので、そんなに大きいわけではないのですが、厚みが20mmあるので大きく感じますし、重量が815gもあるので下手なノートPCと同じくらいということになります。その分、大きなゴム足とあいまって非常に安定していますし、キーストロークもしっかりあるので疲れずに打つことができるのではないかと思います。

Bluetoothの接続先は、あらかじめペアリングしておいた3つの間で物理スイッチにより簡単に切り替えることができるので、PCとスマートフォンとを自在に切り替えながら使うというようなことができます。ボタン一つでトグルさせるほうが安上がりかもしれないのに、ここであえて物理的なダイヤルスイッチにしたというのは直感的で良いと思います。このキーボードがあればiPhoneなどを立ててノートPC代わりに使うことができるようになりますが、多少雑に扱っても簡単には壊れなさそうですし、そもそもそれほど高いものではないので惜しげなく持ち歩けるというのも良いのではないでしょうか。

電源は単4乾電池2本ですが、その電池は2年も持つということになっています。私は自宅にあったエネループを入れていますが、それでももちろん問題なく使えます。ただ、それだけ省電力の機器だとエネループの利点は活かしにくく、普通のアルカリ電池の方がコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。なお、本来新品であれば電池も付属しているようなのでそれを使えばよいはずですが、私の再生品にはついてきませんでした。

ということで、まだ買ってみたということろでまともに使っていないのですが、まあ値段以上の価値はあるのではないかと思います。勤務先で昼休みにiPhoneでブログの下書きをしてみたりするかもしれません。

iiyama X3291HS-B1

どこまで大きくなるのか…

2年ちょっと前にアメリカで停電に遭った際、液晶モニタDell 2709WFPが壊れたと言ってASUS PB278Qというモニタを購入していたのですが、実はそのまま捨てずに持っていて、帰国時の荷造りの際に「やっぱり電源が入らなかったら捨てよう」と思って試してみたら起動してしまったので持って帰ってきていました。そしてたまに数秒間真っ暗になったりするのを騙しだまし使っていたのですが、とうとうつい先日全面黒とRGB三原色とを繰り返し表示するだけになったので一旦電源を切るとついにそのまま復帰しなくなってしまいました。

もうとっくに壊れたと思っていたものですし、代替機も購入しているので問題はないはずなのですが、これまでの半年強は27インチモニタ2枚という構成で使っていたので、片方をDell 2001FPに置き換えると急に窮屈に感じてしまうのですから慣れというのは恐ろしいものです。だいたい世の中に27インチモニタを2枚も使っている人なんてそうそういないだろうと思うのですが、ちょっと調べてみると今は27インチのモニタなんて2万円以下でも買えてしまう凄い時代になっていたのですね。じゃあどれかに買い換えようとさらに調べていると、Full HDなら30インチでも3万円前後で買えることに気づいてしまいました。さすがに30インチは大きすぎるかと思いましたが、メジャーで測ってみると机の上に置けないことはなく、一旦その誘惑にかられてしまうともう抗うことは出来ず、Amazonで最安値が更新された瞬間についポチッと行ってしまいました。それがiiyamaのX3291HS-B1という31.5インチFull HDのモニタです。

iiyama ディスプレイ モニター X3291HS-B1 31.5インチ/フルHD/HDMI端子付

¥ 28,980

(2016-06-18現在)

「Full HD」と繰り返しているのは大事なことで、壊れた2709WFPはWUXGA、つまり1920×1200ドットの解像度だったのに対しFull HDは1920×1080ドットであり、画面のサイズは大きくなっても表示できる画素数は減ってしまっています。しかし、それを諦めることで一般のテレビ用の廉価な液晶パネルが流用できることになり、大幅に低価格で購入できるようになっているのです。それに対しWUXGAのモニタは需要も大きくないことから機種もわずかで価格も高止まりしていて、もはや4K解像度のものよりも高くなってしまっており、ここにこだわるのは現実的でありません。

一方なぜこの際4K解像度にしないのかというと、それは単純な話で「私のMac miniが対応していないから」です。最新機種では4Kにも対応しているようなので羨ましい限りですが、今はMacまで買い換える必要はありません。ただ、今4Kにしておかないとしばらく先まで買い換えることはないでしょうが、それは仕方ありません。

さて、届いたモニタを早速Macに繋いで使用していますが、大きくなったおかげでモニタから目を離して見ることができて、思っていた以上に快適です。ハーフグレアパネルということで反射を若干心配していましたが、今日は雨天だったということもあって画面が真っ暗になっていなければ全く気にはなりませんでした。画素数が若干減ってサイズは大きくなっているので1画素の大きさは大きくなっている、つまり荒くなってしまっているわけですが、Macの優秀な文字レンダリングのおかげで可読性はあまり気になりません。写真についても緻密さではWQXGAには劣りますが、ハーフグレアパネルのおかげでより鮮やかに表示されるので全く問題ありません。Blu-rayのビデオをdot by dotで見られるのですから動画については言わずもがなでしょう。

今のところの問題の一つは入力端子の少なさでしょう。映像入力はHDMI、DVI-D、D-Subミニ15ピンが1つずつあるだけなので、PCとBDプレイヤーを同時に繋いでおこうと思うとPCはDVI-Dで繋がざるを得ません。私は幸いHDMIからDVI-Dへの変換ケーブルを持っていたので助かりましたが、今時DVI-Dというのも古く、HDMIが3つくらい欲しいところではないでしょうか。もう一つの問題はスタンドが単純なもので仰角の調整が出来るだけのもので、高さが変えられないということです。私は机の面ぎりぎりまで低くして使いたいのですが、表示部分の下端が机から8cmほどの高さになっており、この点は少々不満に思っているところです。まあどちらも事前にわかっていたことではありますし、この価格なら文句なくこれらも受け入れられます。