Archives

WASD Code 61-Key Mechanical Keyboard

欲しい機能はなんでも備わっているようです。

「弘法筆を択ばず」ということわざは一般には「真の名人は道具の良し悪しに関わらず立派な仕事をする」という意味だとされていますが、逆に「まともな道具がなくて仕事ができなかった」という意味だする説もあるようです。実際、普段良い道具に慣れている人ほどいい加減な道具では気分も乗らず良い仕事をするのは難しいような気もしますが、私自身にとってはPCのキーボードがその道具に当たります。最近はコーディングすることはほとんどなくなってしまいましたが、ドキュメントづくりやメールの送信などキーボードはやはり欠かせない道具で、困ったことに自分のPC以外では長時間作業する気になれません。

先日、Geekの”This tiny mechanical keyboard might convince you to ditch your big one” (このちっちゃなメカニカルキーボードに納得してあなたはデカイのを捨てるかもしれない) という記事で見つけたキーボードを「Caps LockをCtrlに入れ替えられたら買ってたのに…惜しい!」とTwitterに投稿したのですが、これを見た友人が即座に購入して使っている様子を見ると、Macの場合はOSレベルでCaps LockとCtrlの入れ替えに対応しているので、特に不便なく使えているようでした。

私は職場のWindows PCでもう15年以上前から使っているHappy Hacking Keyboard 2がいいかげん古くて、PS/2-USB変換アダプタを使うことで機能的には全く問題ないものの、さすがに黄ばんできて周りの人にも「年季入ってますね」と言われるようになったので、そろそろ買い換えたいなあと思っていたのです。しかし、会社のPCにはキー入れ替えソフトなどはインストールしにくいので躊躇したのでした。ところが友人のコメントがあまりに具合良さそうな感じなので、自宅でApple Wireless Keyboardの代わりに使おう、と購入に踏み切ってしまいました。

WASD KeyboardsのCode 61-Key Mechanical Keyboard Cherry MX Clearというのがそのキーボードですが、61キーでフレームも非常に薄い非常にコンパクトな製品で、ほとんどキーの部分しか場所を専有しません。コンパクトさではHHK以上です。また金属(鋳鉄?)製のベースがどっしりとしていて非常に安定しており、メーカー製PCに付属してくるような安物とは大きな違いがありますが、その重さは片手でつまみ上げると指がプルプル震えるほどです。

キースイッチにはCherryのMXシリーズという定評ある定番のものが使用されていますが、このシリーズではキートップがはまる軸の色によって特性を区別するのが慣例となっていて、このCODE 61-Keyでも茶、緑、青、クリアの4種類が選択できるようになっています。それぞれクリック感・クリック音の有無や重さに特徴があるのですが、私が選んだのはクリック感がある茶軸を重くしたクリア軸で、クリック音のある青軸と迷ったものの職場でも使えるようにと静かなものにしました。

使い慣れたキーボードとは若干配置が違うのでキーの入れ替えが必要ですが、キーボード自体にもカスタマイズ機能があってかなり自由に入れ替えることができますし、その設定も決まった順にキーを押すだけなので簡単です。キートップの印字と機能が一致しなくなってしまうのが残念ですが、どうせそれを見て入力するわけではないので実用上の問題は一切ありません。

また、キーには最近流行りのバックライトも付いているのですが、面白いのは押したキーが光ったあと徐々に消えていくモードもあるということで、実はその存在が私の背中を押したともいえます。これは未来的な感じで最初はとても面白いのですが、実際には入力している時にはキーは視界に入らないので光っているところを見ることもほとんどなく、また実はどんなに手早く入力しても光が残るのでパスワードがバレてしまうというセキュリティ上の重大な欠点があることに気づいてしまいました。少なくともこのモードを職場や外で使うのはやめたほうが良さそうです。

今のところ慣れないのは、フレームが厚いせいかちょっとキーの位置が高いことと、カーソルキーの組み合わせや配置がこれまでのものと違うということですが、これらはあくまで慣れの問題でしかありません。カーソルキーについてはカーソルの移動自体には全くと言っていいほど使わないのですが、日本語入力時の変換操作にだけ使うので、思った文字に変換されなかった時にだけ「よいしょ」という感じで一拍おいて操作することになっています。まあこれもすぐに慣れることでしょう。

ということで、不満らしい不満は特になく大変満足していて、もっと早く慣れるために職場用にも購入してしまおうかと思っているほどです。

Fostex PC100USB-HR2

シンプルな製品です。

私が自宅で音楽を聴くときはMac miniの後ろのオーディオ出力をアンプに接続してスピーカーを鳴らして聴くのが基本で、ヘッドフォンを使うときはビクターのSU-DH1という「ヘッドホンサラウンドアダプター」なるものを光接続で使用していました。Mac miniの音もそう酷いものではないのですが、それほど金が掛かっているものでもないので音質はやはりそれなりです。SU-DH1は映画を観る時などは立体感が生まれて面白いのですが、音楽に特化されたものとの違いはありそうですし、今見ると購入したのはちょうど10年前にもなるようです。

実は何より問題というか、面倒だったのがスピーカーとヘッドフォンとを切り替えるときにMac miniの後ろの端子を繋ぎ変えることだったのです。アンプへの接続はアナログ出力を使用していますが、サラウンド出力のためにはSU-DH1には光デジタル出力を使用する必要があります。アナログと光の2種類を切り替えてくれるような適当な製品は見つけることができず、アンプを光デジタル対応のものに買い換えるしかないかと思っていましたが、ふと「いっそのことUSB接続のDACを買えばいろいろ解決するのではないか」と思いつきました。なお、アンプのヘッドフォン出力をそのまま使用すれば良いように思われるかもしれませんが、残念ながら私のアンプはヘッドフォンを接続してもスピーカー出力をOFFにしても、サブウーファーには出力し続けてしまうのでダメでした。

調べてみて見つけたのがFostexことフォスター電機のPC100USBという製品でした。これは実売価格5000円以下で非常に手頃感がありますが、その上位にはPC100USB-HRというハイレゾオーディオ対応を謳った製品があります。せっかくだしこっちにしようかとAmazonを見てみると、ページの下の方に「この商品には新しいモデルがあります」とあり、そのPC100USB-HR2という製品が翌日発売となっていることを知りました。ということで新しもの好きな私は「これだ!」と飛びついてしまったのでした。

FOSTEX ボリュームコントローラー PC100USB-HR2

¥ 10,239

(2016-02-27現在)

Amazonは普通に購入するときはプライム会員ならだいたい翌日には届くのですが、予約商品はなぜか遅いというのが定説となっています。今回は発売日前日ということで予約扱いになってしまったのですが、やはり例によって発売後3日目になってようやく手にすることができました。普通に考えれば予約なら前もって準備できるのだから、発売日当日に届いて然るべきと思えますが、どういうことなのでしょうね。

それはさておき、届いた製品はコンパクトな黒い梨地のアルミ板金製ケースに入っており、密度感があるのが良い感じですが、本体唯一の操作部であるボリュームつまみもアルミの削り出しで、回転にも適度な摩擦感があって節度のある感じがとても良いです。セットアップは非常に簡単で、本体後部のUSB-BコネクターからPCに接続し、PCのオーディオ出力を本機に切り替えるだけです。あとは本体後部のステレオミニジャックなりRCAジャックなりにヘッドフォンやアンプ、スピーカーを接続すれば音楽を聞くことができます。

ただし、気をつけなければいけないのが「よくあるご質問」にもあるとおり、PC側のサウンド設定で96kHz等に設定しなければPC側でダウンコンバートされてしまうので、ハイレゾで聴くことはできないということです。正しく設定されているかどうかは本体LEDの色で識別できますが、私は今回初めてMacの「Audio MIDI設定」というアプリを起動したような気がします。

ちなみに「ハイレゾ」とは何かということですが、サンプリング周波数か量子化ビット数がCDやDATの規格を超えるもの、ということのようです。高いサンプリング周波数によって広い帯域を、多ビット量子化により広いダイナミックレンジが実現できるということです。実際それは聞いてわかるものなのか、というとMP3でも満足しているような私にはわからないかもしれません。また、音源以上にいい音で聞けるわけではないので、高規格で録音されたいわゆるハイレゾ音源を持っていなければ意味がなく、私はまだ持っていないので試すこともできていません。

でもまあ、「ハイレゾready」というだけでも今はいいじゃないですか。少なくとも3日ほど使用してみて、何も問題を感じることはなく安定して良い音で聴けているので、とても満足しています。

ハードディスクが…

どうしてこう厄介ごとは続くのでしょうか…

先日、外出先から帰宅してMacをスリープから復帰させてみると、なぜかUSB接続の外付けハードディスクがアンマウントされてしまっていました。試しにUSBケーブルを挿し直してみると…非常に嫌な音がして、やはりマウントできません。この時点で冷や汗が噴き出してきますが、再起動してみてもやはり同じ、そして念の為にケースからハードディスク本体を取り出して別のアダプタを使用して繋いでみても状況は変わりませんでした。

このハードディスクには主に自分が撮った写真と、人からもらった写真やインターネットからダウンロードした画像、そして音楽データのファイルが入れてあったのです。実はそろそろバックアップしておかないと危ないなあと思って、ちょっと前に新しいハードディスクも購入してあって、ちょうどその日の夜に作業しようと思っていた矢先の出来事で、なんともツキがありません。

ただ、子供達の小さいころの写真が全て消えてなくなったというわけではなくて、このハードディスクを購入してデータをコピーしたままコピー元のハードディスクを残してあったので、その時点までのデータは無事に取り戻すことができました。また、それ以降に撮って写真もSDカードから消さずに残してあったので、RAWデータから現像した後のJPEG画像は失ったものの、もう一度現像の手間をかけさえすればなんとか取り戻せるはずです。

音楽データもコピー時点のライブラリには戻せるはずですし、iTunesストアやAmazon MP3で購入したものは再度ダウンロードできるので問題ないのですが、CDから取り込んだものは再度リッピングしなければなりませんし、友人からもらったものなどはもう諦めるしか無いでしょう。まあ、ライブラリに入っていても全く聞かないような曲もたくさんあったので、スリム化するにはいいきっかけと前向きに捉えることもできるかもしれません。またそれ以上に、「収集」していた画像については貯めこむばかりで見ることなどありもせず、単なるハードディスクの肥やしに過ぎなかったので、もうすっきりと諦めてしまうべきなのでしょう。

音楽については今後はもうダウンロード販売に絞るということで良いのでしょうが、写真については二度とこういう目に遭うのは御免ですので、しっかりとしたバックアップを考えたいものです。今回の出来事では、もうデータを手元に置いておく時代ではないということを実感しました。物には全て寿命がありますし、ハードディスクというのは機械的に動作するものなので比較的弱いはずです。そのような脆弱なものに、大切な思い出などを託してしまうのはあまりに危険です。

となればクラウドストレージに預けるというのが今の世の中ということで、どのサービスが良いだろうかと調べ考える間、とりあえずプライム会員なので無料で利用できるAmazon Cloud Driveに写真をアップロードしていっています。255GBもあるので全てアップロードするには1週間ほどかかってしまいそうですが、一旦アップロードしてしまえば安心できるのではないでしょうか。Amazonならデータ消失というようなこともないはず…と期待しますが、果たしてどのサービスが最適なのかはゆっくり見極めたいと思います。