狼系 | 犬のようには懐かない。

Archives

American Made

これが実話とは。
American Made

1991年のクリスマスにソビエト連邦崩壊するまで、それぞれソ連とアメリカを中心とする東西国家の間では冷戦状態となっていたわけですが、その裾野ではKGBCIA (中央情報局)による各種工作合戦が繰り広げられていました。その中で実際にあったことをもとにしたという映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」を観てみました。

バリー・シール/アメリカをはめた男(吹替版)
(2018-01-30)
売り上げランキング: 3,475

実話をもとにした話ということで、主人公は邦題にもなっているBarry Sealという、1970-80年代のアメリカで暗躍した実在の人物で、Tom Cruiseが演じています。私はまったく予備知識を持たずに観始めたのですが、メデジン・カルテルコントラサンディニスタ民族解放戦線という中米の組織がいろいろ関わってくるので、これらについて何らかの知識を持っておいた方がより楽しめるかもしれません。また、CIAのほかFBI (連邦捜査局)、DEA (麻薬取締局)、ATF (アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)といったややこしいアメリカの捜査組織の職掌についても知っておくとちょっとだけ面白いでしょうか。

作品はあくまで実話を「もとにした」もので、脚色として事実から変えてあるところもいろいろあるようですが、Barryがアーカンソー州のMenaという田舎町の空港を拠点として麻薬の密輸を行っていたことは事実のようです。当初の作品名はずばり”Mena”としようとしていたそうですが、それはさすがに直接的すぎるのでやめたということでしょうか。現在5000人余というMenaの町の住人にはちょっと複雑ですよね。なお原題が”American Made” (アメリカ製)というのに対して、「アメリカをはめた」という邦題では大胆不敵な人物をイメージさせてはいますが、私が見たところではアメリカを騙したわけでも、国に陥れられたわけでもないようで、ちょっと印象操作になっているような気がします。

ということで、作品自体も1980年代風の映像となっていて、そういう面でもいろいろ楽しめたのですが、あまり人が死んだり痛い目に遭う直接的な描写がないというところも良かったです。私はどうも暴力描写が苦手なので極力避けて欲しいと思うのですが、それがリアリティだと思う人もいるようなのが困ったものです。いやしかし、ここ数年でTom Cruiseがだいぶ好きになってきたような気がします。

Ocean’s Eight

華がありすぎる…
Ocean's Eight

もともと1960年の映画である「オーシャンと十一人の仲間」のリメイクとして2001年にGeorge Clooneyら当代の人気俳優を集めて豪華に作られたのが「オーシャンズ11」でしたが、その後「オーシャンズ12」「オーシャンズ13」と3作目まで作られたのが2007年、それぞれ大人気となりましたが、やはり3作続けるとダラダラしてきてしまうのと、シリーズを通して参加していたBernie Macが急逝したこともあって打ち切られたのですが、その後さらに10年の時を経て、シリーズの主人公だったDanny Oceanの妹Debbieを新しく主人公に据えて、「オーシャンズ8」が製作されることとなりました。

やはり華やかさが身上のシリーズですので、今度のキャストも大変豪華です。主役のDebbie Ocean役はSandra Bullock、相棒のLouにCate Blanchett、セレブリティのDaphne Kluger役にAnne Hathaway、ファッションデザイナーRose Weil役はHelena Bonham Carter、そしてハッカーのNine Ballは歌手のRihannaが演じるという具合で、これまでのシリーズに負けないスター揃いとなっています。本作では特に中心的存在のSandraとCate二人の美しさとカッコよさが際立っていました。

また、犯罪の舞台となるのが華やかなMet Galaということで、数多くのセレブリティがカメオ出演を果たしています。ここですべての名前を上げるのも難しいくらいなのですが、こちらの記事にある通り、俳優、レポーター、作家、アスリート、ミュージシャン、ファッションデザイナー、ファッションモデルなどなどという具合で、Serena Williamsなどは台詞もありました。

こういう具合で出演者の華やかさばかりに目が行ってしまいがちですが、このシリーズの売り物の一つである犯罪の手口の鮮やかさも、これまでのようなダイナミックさには欠けるものの、女性らしく華麗で見事です。また、観客にも見えないところでソツのないところもこれまで通りで、その種明かしも楽しいところではないでしょうか。ただ、冒頭で出所直後のDebbieがいろいろちょろまかすところは真似する人が出てこないかと心配になってしまいました。まあさすがにそんな手口では現実ではうまくいかないのかもしれませんが。

ちなみにNine Ballが劇中ではPCにトラックボールを接続して使用していましたが、KensingtonExpert Mouseビリヤード9番ボールを使用しているようでした。これが名前の由来ということになっているのかもしれませんが、私も職場で使っているトラックボールはこの前の世代のローラー式のExpert Mouseに9番ボールを使用しています。しかし、劇中で使われている黒いExpert Mouseは光学トラッキング式になっているので使えないと思うのですよね。どうでもいいウンチクですが、なんでも創業者がビリヤード好きでボールの大きさをビリヤード球に合わせたということなので、ピッタリ合うのですけど。

ケンジントン 【正規品・5年保証付き 】 ExpertMouse(OpticalBlack) 64325
ケンジントン (2004-07-20)
売り上げランキング: 10,707

First Cabin

滞在時間はわずかでしたが。
ファーストキャビン

カプセルホテルというと終電を逃したサラリーマンが夜を過ごすためのものというイメージですが、幸か不幸か私は一度も利用したことがありません。地価の高い日本独特の業態ではないかと思いますが、旅館業法的には簡易宿所にあたり、「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設」ということになっているので部屋に鍵をかけることができないようです。

このカプセルホテルも21世紀になってから進化を遂げていて、最近ではいろいろ高級なタイプのものができているようなのですが、そうした中の一つであるファーストキャビンに先日東京に行った際に宿泊してみることにしました。今回泊まったのは日比谷線築地駅のすぐ上にあるファーストキャビン築地で、銀座まで徒歩5分というようなところに安価に泊まることができるのもカプセルホテルならではでしょう。ちなみに私がここを選んだのは朝食に築地場外市場で海鮮丼を食べるという目論見のためでした。

一般的なカプセルホテルはカプセルが上下2段ズラッと並んでいるイメージですが、ファーストキャビンではそれに近い安価なエコノミークラスキャビンというものの他に、上下方向を専有できるビジネスクラスキャビン、さらに左右方向も広くなってテーブルが備えられたファーストクラスキャビンというものがあります。これらはもはやカプセルという感じではありません。またさらに、鍵のかかる個室タイプのプレミアムクラスキャビンというものもありますが、それでは普通で面白くないので、今回私が選んだのはビジネスクラスキャビンです。

ファーストキャビン - ビジネスクラスキャビン

宿泊料金はいろいろ条件により異なりますが、築地のビジネスクラスキャビンは素泊まりでだいたい3600円から5600円くらいの間のようです。他の場所では3000円程度で泊まれるようなので、やはり東京では高くなってしまうのですが、それでも一般のホテルに比べれば格安です。

まだ新しいということもあるのでしょうが、キャビン内も共用部分も非常に清潔で快適です。風呂はシャワーブースも大浴場もあるので、好きな方を利用すると良いでしょう。洗面所やトイレが共用なのは民宿などと同じように考えれば何ら問題はないでしょう。大きな荷物を持っている場合にはそれを広げる場所がないのが問題になりますが、今回私は事情によりスーツケースを持っていたものの、幸い廊下の末端の部屋を利用できたのでスーツケースを廊下に広げてしまいました。人通りのある部分だった場合にはどこか別のスペースで広げなければならなかったでしょう。なお、荷物をおいておく部分は別のところにあり、フロントでワイヤーロックを借りて固定しておくことができます。

私が気になったのは自分が音を立ててしまわないようにどうしても気を使ってしまうことです。チェックインが深夜になってしまったため、それから着替えたりするためにビニール袋をガサガサいわせたりするのも気になってしまって、ちょっと落ち着かないのが難点です。もう一つは空気の循環がないので風呂上がりの体がなかなか冷ませないことでしょうか。キャビン内の空調の調節はあるのですが、体に当たるほどの風は出てきませんでした。

結局深夜にチェックインして早朝に築地市場に遊びに行き、翌日もう一泊するつもりだったのに台風のせいで30分ほどでチェックアウトしてしまったので、全然ゆっくり過ごすことができなかったので堪能したとは言えないのですが、思っていた以上に快適でしたし、費用対効果としては悪くないと思います。ただ、やはり落ち着かないのであまり気が休まらないような感じはしましたが、とりあえず体は休めることができるので良いのではないでしょうか。

なお、ファーストキャビンはファーストクラス、ビジネスクラスという名前からわかるように飛行機がテーマになっているようなのですが、鉄道がテーマになったファーストキャビン・ステーションというのもあるようです。こちらは今のところ大阪天王寺と和歌山という関西のみの展開となっているようですが、内装が木目調になっていたりカーテンの柄が違っていたりして、また中には「トワイライトエクスプレス」の内装を再現したコンセプトルームなんていうものもあるようで、これは1泊16000円となかなかの値段ですがちょっと楽しげです。