Archives

Amazon Echo Spot

Amazon Echo Spotとてもかわいいです。

皆さんはスマートスピーカーをお持ちでしょうか。Amazon Echo DotGoogle Home Miniが5000円ちょっとという手頃な価格で売られているため、そのどちらかを購入して遊んでみたという人も少なくないと思います。これらはどちらも大きさの割にいい音がするとスピーカーとしての性能もそこそこ評価されているようですが、もちろんそれ以上に音声によるUIで操作して様々なことができるということが話題になりました。対応する機器を購入すると照明その他の電気器具を操作することもできるようになるので、そのような拡張機器も便利に使っているという一歩進んだ人もいるかもしれません。

しかしながら、自他ともに認める新しもの好きな私ですが、これまでスマートスピーカーには手を出していませんでした。その機能に疑いがあったというわけではなく、単に自宅には十分なスピーカーがあって、音楽もそんなスピーカーやヘッドホンで聞いて満足しており、スマートスピーカーをスピーカーとして使うことはないだろうと思っていたためです。しかしそんな考えを覆す製品がAmazonにはありました。日本では売られていないのですが、7インチの画面を持つEcho Showという製品が以前からありました。これはその画面でAmazon Videoの動画を観ることもできるというスマートスピーカーとはちょっと違うジャンルの製品になってしまっていたのですが、これとはまたちょっと違い2.5インチの円形の画面を持つEcho Spotという製品が遅れて登場していたのでした。

Echo Spot: 歌詞が表示されます

このEcho Spotも日本ではまだ発売されていないので、アメリカ出張の機会を待っていて、先日ようやく購入できたというわけです。今のところ対応言語はアメリカ英語、イギリス英語、ドイツ語の3つのみとなっていますが、現時点でも日本の技適マークも付いているので、いずれは日本でも売られる可能性もそれほど低くはないでしょう。しかし、やはり今は英語とドイツ語しか使えず、それも表示だけではなくスマートスピーカーの特徴である音声アシスタントのAmazon Alexaも日本語を理解できないので、一般の日本人には敷居がちょっと高そうです。

家の中で機械に向かって大きな声で話しかけるというのは少なからず抵抗があるかと思います。私の妻などは私がAlexaに話しかけると気持ち悪がりさえしますが、しかしその壁を打ち破ってしまえば、キーボードやタッチスクリーンのあるところまで行って操作するという手間を、声を出すだけで省けるというのは便利なものです。それも必要十分な音声認識制度があれば、という条件が付き、仮にそれが不十分な場合はかえって苛立つだけですが、現在の技術ですでに支障のないレベルに到達しているようです。

といっても、私が主に使用するのは紅茶を入れる時に5分間は買ってもらうだけで、使いこなしているとは到底言えません。出張中のホテルではAmazon Musicの音楽をそこそこの音質で再生してくれるので使っていましたが、自宅で音楽を聞くために使うということは無さそうです。Bluetoothスピーカーとしても機能するので、Macの外部スピーカーとして使うというのも悪くありませんでしたが、これではスマートスピーカーとして使っていることにはなりません。

また、実はEcho Spotにはカメラも搭載されていて、DropInという機能でテレビ電話のように使うこともできます。ただその相手もEcho SpotかEcho Showを持っていなければならないので、私はそのような相手を知りませんので試してみることもできません。たとえ相手がいても顔を見て喋る必要はないので、この機能は完全に宝の持ち腐れとなっています。

しかしそれでも私が十分満足しているのは、特に何もしていない時は丸いディスプレイを活かして時計として使用できるのです。文字盤の種類は数十種類もあって、好きなものを選んで使用できます。また、手持ちの画像ファイルをダウンロードして表示することもできるのですが、これはなぜか位置がずれて表示されてしまってうまく行きませんでした。きっとソフトウェアのアップデートでいつの間にか直っていることでしょうから、しばらく経ってからまた試してみたいと思います。球体を切り落としたような可愛らしい形をしていることもあって、黙っていればただの置き時計にしか見えませんが、私のようにAlexaもスピーカーも使わなければ文鎮にしかならないEcho Dotなどよりも断然価値があるというものです。

超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜

食品サンプル: ブンチャーまた来年以降も見てみたい。

今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行けるので、時間的には首都圏の感覚で言えば藤沢、千葉、川越あたりから都内に出るような感じでしょうか。とはいえ、乗車券は1490円とそこそこかかってしまいますし、大抵のことは姫路で済んでしまい、また間に神戸もあるので、私が大阪まで行くことはあまりありません。

ではなぜ今回大阪に行くことにしたのかというと、超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜という食品サンプルの展示会が大阪南港ATCにあるエイジレスセンターというところで行われるということを知ったためです。南港に行くのもいったい何年ぶりか、ATCなんてそれこそ20年ほど行っていないのではないかという感じで、こういうことでもなければ行くこともないので良い機会ということで足を運んでみました。

このイベントは食品サンプル製作を主な業務とする株式会社いわさきが、社内の技術向上を目的として毎年行っている「製作スキルコンペ」の作品を展示するというものです。毎年テーマを決めて行われているこのコンペの今回のテーマは「世界各地の料理」ということで、様々な個性的な料理のサンプルが出展されていましたが、やはり普段見慣れていたり作り慣れているものでないと難しいためか、あまり知られていないような珍しい料理というのは僅かだったように思います。しかしそのどれもが非常に精巧で、リアルな質感を持っていて、とても美味しそうに見えました。会場がイベントスペースに会議用のテーブルを並べただけで、照明も蛍光灯だったのですが、これをもっと工夫してレストラン風の雰囲気にされていたとしたらさらに美味しそうに見えたことでしょう。

食品サンプルといえば私が子供の頃などは食堂の前に必ずと言っていいほど展示されていたものですが、最近はだいぶ減っているのではないでしょうか。しかし一定の需要はあるようですし、日本独特のものでもあるので、こうした技術を維持向上するために努力が行われているというのは素晴らしいことだと思います。違うテーマであればまた様々な料理のサンプルが見られると思うので、ぜひまた見に行きたいと思います。

なお、株式会社いわさきは1960年に分社して東西で棲み分けているイワサキ・ビーアイとともに全国シェアの7割ほどを握っているとのことですが、その他の食品サンプル会社も関西圏にいくつかあり、そのうちの一つは私の自宅近く、毎日の通勤路のすぐそばにあるということがわかりちょっと驚きました。普段関わることのない業界なので知りませんでしたが、思わぬ企業も身近にあるものですね。

食品サンプル: ピタ食品サンプル: 石焼ビビンバ食品サンプル: カレーパン食品サンプル: ハンバーガー食品サンプル: ホットケーキ食品サンプル: エビチリ

湊川隧道

湊川隧道一見の価値あり。

湊川隧道、正式名称は「会下山(えげやま)トンネル」という湊川の流路を変えるために作られた河川トンネルですが、2000年にできた新湊川トンネルに役目を譲り、現在は近代化遺産として湊川隧道保存友の会により保存されているものです。年間スケジュールのページにあるように毎月第3土曜日に無料一般公開されているのですが、そこで撮られた写真が非常に綺麗だったので、私もぜひ行ってみたいと思っていました。

しかし、だいたい気づくのはその日になってInstagramなどに写真が投稿されたのを目にしてからで、毎月のようにがっかりしてしまっていました。そこで、3月の公開直後にカレンダーに登録し、ちょっと前から意識するようにしてようやく念願かなって見学することができたのでした。なお、一般公開は午後1時から3時までの2時間だけなので注意が必要です。
湊川隧道

湊川隧道の入り口は神戸電鉄有馬線の線路のすぐそばにあり、最寄り駅は有馬線の湊川駅および神戸市営地下鉄西神・山手線湊川公園駅になります。しかし、私の自宅からこの駅までは交通の便が良くないので、三ノ宮駅前からすぐそばまで行けるバスに乗っていくことにしました。地下鉄よりも多少時間はかかりますが、神戸の街を眺めながらのんびり行くのも悪くないでしょう。

入り口に到着したのはちょうど1時を過ぎた頃でしたが、パンフレットをいただいて中に入ってみるとすでに何十人かの方が見学されていました。そのまま奥の方へ進むとトンネルの中央部に小さなステージが設営されていて、その上で当日のミニコンサート演奏者の方々がウォーミングアップされているところでした。当日は「神戸の風五重奏団」という木管五重奏のグループで、演目はジブリ曲集とフランスの楽曲集ということでしたが、私は最初の1曲だけを着席して聴き、あまり興味が持てなかったのでその後すぐに退席してしまいました。
湊川隧道

演奏が始まる前はステージの裏側、トンネルのさらに先の方に数メートルだけ進むことができ、そこからトンネルの奥の方を眺めることができました。ここで取ったのが最初の2枚の写真です。照明の加減で金色に輝くトンネルが非常に幻想的ですが、おそらく誰でも簡単にこのような美しい写真を撮ることができます。必然的にInstagramなどには同じような写真が何枚も投稿されていますが、自分の目で見てみる価値はあるのではないでしょうか。

なお、11月18日の土木の日のイベントとして、11月には普段立ち入ることのできない部分を通れる「隧道通り抜け」が開催されるそうです。この日はミニコンサートが行われないので、純粋にトンネルを楽しみたい人にはこの日が最高と言えるでしょう。私も都合が合えば次はこの通り抜けを体験してみたいと思います。