Archives

MINTIA チョコミント

結局瞬く間に食べてしまう…
🍬

この正月には昨年春から東京で一人暮らしを始めている長男が帰省してきていたので、私が実家に帰省するということはなかったのですが、今後しばらくは同じような感じになるでしょう。東京の私の実家にはゴールデンウィークなど他のタイミングで行くしかないのですが、今年のゴールデンウィークは天皇譲位の関係で全国的に長期連休となるためどこへいっても混むでしょうから、東京でも人の集中するところへ行かずにゆっくりするのであればちょうどいいかもしれません。

さて、その帰ってきていた長男が教えてくれたのですが、MINTIAチョコミント味というものが最近発売されていて、ちょっと美味しいから食べてみな、ということで一粒もらいました。私はMINTIAを食べ始めると止まらない病気を長年患っているので最近はドライブ時以外は極力買わないようにしていて、この製品も知らなかったのですが、どうやらこの「チョコミント味」についてはファミリーマート限定の商品とのことです。

もちろんあくまでMINTIAなのでチョコレートではないのですが、チョコフレーバーチップ配合とのことでしっかりチョコレートの風味がします。ただしあくまで香りだけなので、チョコレートの脂分が口の中に残ったりすることはなく、食べたあとの口の中はサッパリです。しかしやはり、ミントタブレットなのにチョコレートの味がするというのは、ちょっと不思議な感覚ですね。

私自身はチョコミントの味がもともと好きなので、この商品もとてもいい感じですでに何個も買ってしまっていますが、やはり例の病気のせいで一旦食べ始めると止まらず、50粒も入っているのにそれが1日でなくなってしまうというのは問題です。値段も安いので経済的な問題があるわけではなく、また低カロリーなので健康面でも問題はないのでしょうが、なんとなく罪悪感のようなものを感じてしまいます。と言いながらまた買ってしまって、またすぐに食べてしまうということを繰り返しそうなのですが。

2019年 正月

新年明けましておめでとうございます。
🎍

テレビなどではしきりに「平成最後」という言葉が連呼されるこの年末でしたが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。新しい年を無事に迎えられたでしょうか。我が家は今年は帰省していないので元日の今日は妻の実家に集合したのですが、末の義妹一家はインフルエンザを罹患してしまい、3歳の甥が入院して病院で年越しするはめになったとのことで、同じように体調的につらい思いをしている方も少なくないのではないでしょうか。せめてこの正月休みの間にしっかり休息をとって、万全の体調で仕事始めや始業式などを迎えていただけることを願います。

さて、ここで昨年2018年の一年間を振り返ってみたいと思います。

我が家では長男と次男が同時に入学試験に臨む年となっていたのですが、ふたりとも無事に第一志望の進学先に合格することができ、それによって長男が一人暮らしを始めることになった、というのがなんといっても家庭面での一番の変化です。誕生以来18年あまりずっと一緒に暮らしていた長男がある日から急に家にいなくなり、妻と次男との3人での生活になってしまうというのは非常に大きな変化でしたが、さすがに数ヶ月もすれば慣れてしまうものです。いつかは来るべき日が早いか遅いかだけのことなのですけどね。

このブログも最近では実にムラのある投稿間隔となってしまいましたが、今とは別の名前でやっていた頃を含め、ブログという形になってからなんだかんだで15年以上も続けているということになりました。こんなにまばらな投稿で「続けている」と言ってしまってよいものか、ちょっとはばかりがあるような気もしますが、少なくとも毎月1回以上投稿できているうちは続けていきたいと思っています。

そんなブログの記事として多かったのはやはり映画の紹介記事だと思いますが、昨年もそこそこ多くの映画を見ることができました。今振り返ってみると年末の「ボヘミアン・ラプソディ」や「アリー/スター誕生」という音楽をテーマにした2つの作品が印象に残っていますが、「カメラを止めるな!」や「search/サーチ」といったアイデアを感じるものもありました。また、「インクレディブル・ファミリー」、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」、「デッドプール2」、「ブラックパンサー」といった娯楽大作も目白押しでとても楽しめましたし、いい映画ということでは「スリー・ビルボード」というものもありましたし、「レディ・プレイヤー1」は映画自体も未来を感じさせてくれました。スター・ウォーズファンとしては「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」もとても良かったと思うのですが、シリース作品の公開ペースが速すぎて興行的には失敗とされてしまったのが残念です。今年は続三部作のフィナーレとなるエピソード9がJ. J. Abramsの監督で製作されているところですので、年末の公開を楽しみにして一年間過ごしたいと思います。

2018年はあまり大きな買い物をしなかったと思いますが、スマートフォンはiPhone 8 Plus (PRODUCT) REDを購入しました。高負荷時にちょっと液晶の一部の表示が乱れる不具合があるのですが、大きな支障はないのでそのまま使い続けています。もう一つの買い物としては、ブログで紹介しそびれてしまっているSIGMA F1.4 DC HSMというレンズがあります。私が購入して持っている唯一の超音波モーター駆動AFのレンズで、フォーカス動作が非常に静かでスムーズなのと、きれいなボケを生んでくれる明るいレンズ、そして使いやすい換算45mmという焦点距離で、ほとんどカメラに付けっぱなしで愛用しています。これについてはちゃんと記事を書くべきだったと思っていますが、ちょっと使ってみないと評価できないから、と遅らせているうちにタイミングを逃してしまって後悔しているところです。また改めて記事にしたいと思っていますが…

生活面ではだいぶ健康寄りにシフトしたのではないかと思います。今年のはじめ頃に風呂上がりにプランクをするということを始めたのですが、なんだかんだで今でも続いていて、旅行でやりにくい場合を除いて毎晩の習慣となっています。また、ポッドキャストを聞くようになって歩くことに飽きなくなったので積極的に散歩をするようになり、毎週50kmほど歩くようになりました。また、入浴前に歯を磨いてしまうようにしているので、夜に無駄に甘いものを食べることが減り、飲み物も主に強炭酸水を飲むようになりました。体重の方は下げ止まりになりつつありますが、これらのおかげで腹筋の上の贅肉が減ってきたようですし、最近はハムストリングが発達してきたことに気づきました。また、なるべく早めに寝て睡眠時間を確保するようになったこともあり、昨年は体調を崩して寝込むようなことがほとんどなかったのではないかと思います。

ということで正月早々長くなってしまいましたが、本年も充実した一年にしたいと思います。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

実在の人物かと錯覚してしまいます。
🖖🏻

経緯はすっかり忘れてしまいましたが、先日どこかで見つけてすぐに購入して読んだのが「自叙伝 ジャン=リュック・ピカード」という本です。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード
竹書房 (2018-10-11)
売り上げランキング: 36,602

おそらくこの本を楽しめるのは「ジャン=リュック・ピカード」というのが何者なのかすぐに分かる人だけではないかと思われますが、わかっている人には言わずもがな、「新スタートレック」(TNG)に登場する宇宙艦U.S.S. エンタープライズの艦長Jean-Luc Picardのことです。TNGの主役が誰であるのかというのははっきりしないところですが、誰か一人といえばまっさきに考えるのがJean-Lucでしょう。このJean-Lucというのはもちろん架空の人物ですが、その彼が書いた自叙伝の形式で書かれた小説がこの作品です。

Captain PicardというのはPatrick Stewartが演じていたキャラクターですし、表紙も惑星連邦宇宙艦隊の制服姿のPatrickの肖像なのでどうしても彼のイメージで脳内再生されてしまいますが、若い頃のJean-Lucはどういう姿だったのでしょうか。やはり若かりし頃のPatrickの姿で想像すればよいのかとGoogleで画像検索してみると、やはりシェイクスピア俳優だったというだけあってなかなか凛々しい青年だったようですね。

スタートレック:ヴォイジャー」(VOY)は全話観て面白かったのでTNGも全て観たいと思うのですが、TNGの最初の方はかなりつまらないのですよね。全部観てやる!と意気込んで観始めたことはあるのですが、何話か観て挫折してしまったことがあります。そのためこの「自叙伝」にも知らないエピソードがいくつも出てきて、それは私が観ていないから知らないだけなのか、そもそも本編には出てこないものなのかがわからないということになっています。しかし、それはどちらであったとしても同じように楽しく読むことはできて何も問題がないので、「スタートレックシリーズは好きだけれどTNGはあまり観たことがない」という人でも楽しむことができるのではないかと思います。

ちなみに著者名も「ジャン・リュック・ピカード」になっていてこういう遊び心は楽しいですが、本当の著者はDavid A. Goodmanという人で、編集者としてクレジットされています。スタートレックの大ファンと公言している人が、好きが高じて本を書いてしまったというものなので、内容はかなりディープなものになっていて大ファンにも満足できるものになっているのではないでしょうか。私はだいぶライトめなファンだと思いますが、非常に楽しく一気に読み切ってしまいました。同じ著者がJames T. KirkMr. Spockの自叙伝も書いているので、オリジナルシリーズ(TOS)が好きな人にはそれらのほうが面白いかもしれませんが、残念ながら日本語訳はなされていないようです。私はTOSについてはあまり知識がありませんが、いつか日本語版が出たらぜひ読んでみたいと思います。