Pride and Prejudice and Zombies

おバカ映画ですが。
🧟‍♂️

肉体の復活を信じる土葬という宗教的習慣が大きく影響しているのか、アメリカではなぜかゾンビの人気が高く、ホラー映画ともちょっと違うゾンビ映画というのが一つのジャンルとして成立しています。ゾンビになるにも様々な方法や理由が生み出されていますが、新型コロナウィルスのワクチンとしてmRNAワクチンというこれまでに承認されたことのない新しい方法のものが開発されているということで、これはまさしく「アイ・アム・レジェンド」と同じではないか、などとも言われています。

私自身はもともと好きなジャンルでもなく、以前「ランド・オブ・ザ・デッド」を観てみてさらに苦手になったのですが、そう言いつつもなぜかいろいろ観てしまっているようです。そんなゾンビ映画の一つ、「高慢と偏見とゾンビ」がなぜか最近Amazon Prime Videoでおすすめされるようになっていて、それは主演のLily Jamesを先日「イエスタデイ」を観たときに調べてみたせいかもしれないと思っているのですが、なぜかちょっと気になってしまいました。

本作の原作となっている小説「高慢と偏見とゾンビ」はJane Austenの1813年の小説「高慢と偏見」をもとにしたパロディ作品で、Seth Grahame-Smithがゾンビをストーリーに取り込んだものになっているということで、これはきっと見る前に元の小説を読んでおくべきだろうと思い、これまでに何度も訳されている中から最近の翻訳を選んで読んでみました。しかし、比較的読みやすい作品ながら650ページもあるため時間がかかってしまい、読み終えたのはちょうどAmazon Prime Videoの無料配信の最終日で、読了後に慌てて本作を見ることになってしまいました。

「高慢と偏見」は18世紀末頃のイギリスの上流階級で、良家へ嫁ぐ事だけが女性の成功とされている社会の出来事を描いている小説ですが、「高慢と偏見とゾンビ」ではそのイギリスでは人類とゾンビとの最終決戦が始まろうかということになっています。そこでは主人公Elizabeth Bennetらもゾンビと戦うための武道を修めており、オリジナルの登場人物らよりだいぶ自立しているように思えます。そういった違いはあるものの、主な登場人物の関係はほぼオリジナル通りとなっており、私はオリジナルを読んで知っていたからこそすんなり理解できました。しかし、もしオリジナルを知らなかったら、かなり速いペースで進行するので十分に把握することは難しいのではないでしょうか。ただ、これはゾンビ要素がなかったとしても、たとえば「プライドと偏見」などオリジナル版の映画化作品でも同じような感じになってしまうかもしれません。

正直なところ、この作品はパロディだからこそ楽しめるものであって、単体の作品としてみた場合にはどうなのでしょうか。そのバカバカしさを楽しめる人には良いような気もするので、あまり深く考えてはいけないのかもしれません。まあ映画というのはそういうものでもありますよね。個人が楽しめればそれでいいのでしょう。

UNIQLO +J ライトダウンボリュームパーカ

いい買い物ができたのでしょうか。
🪶

今や世界的にもある程度知られるブランドとなったUNIQLOがこのご時世に大混雑になったというのがつい先日ニュースになっていましたが、その原因となった+Jというラインの発売に今回は私も乗っかってみました。「流行は乗るのではなく作ってこそカッコいい」と子供の頃から信じている私なので、話題だからといって飛びつくのは本意ではありません。しかし、だいぶ傷んでしまったということで昨年まで着ていたダウンジャケットを処分してしまっており、いずれにしても購入する必要があったところで+Jが発売されると聞いたため、タイミングが良かったというわけです。

「+J」というのはデザイナーブランドJil Sanderとのコラボレーションで実現したコレクションですが、2009年から2011年までで終了していたものがこの秋復活したということで話題になっており、ファッションにはまったく疎い私の耳にも入ってきたのでした。

発売当日は一部店舗での大混雑もあったようですが、オンラインストアも繋がりにくい状態が暫く続いていました。こういうときはウェブブラウザよりも公式アプリがいいだろうと思って、目当ての商品を「お気に入り」に登録し、ユーザー情報やクレジットカード情報もあらかじめ登録して数タップで購入できるよう待ち構えていたのですが、それでも通信の混雑から挙動が不安定になっていました。私は売り切れてしまったらそれまでの縁だと割り切っていたので時々試してみるくらいだったのですが、結局午後2時くらいになってようやく落ち着いてきたようで、すんなりとは行かないまでも処理が進むようになり、まだ在庫も残っていたので目当ての商品を注文することができました。

ということで購入したのはライトダウンボリュームパーカ(ブラック)です。フード周りと袖口のデザインに特徴があるほかはそれほど特別な感じはしませんが、機能的に良いのがわかっていてもシームレスダウンが好きになれないので、普通に縫い目のあるところも良いと思っています。また、色をブラックにしたのは裏地がワインレッドになっているところが気に入ったためですが、他の色も裏地との組み合わせはそれぞれ悪くないと思います。ロングコートもありましたが、ハーフのほうが着る機会がありそうなのと、そもそも私が注文するときには既に売り切れてしまっているようでした。

他のガジェット系の予約販売に慣れてしまっていたので意外に感じてしまいましたが、注文してから数日で手元に届きました。早速羽織ってみるととても軽く、ゆったりしていて着心地はなかなか良かったです。実店舗で試着するということもできなかったのでサイズ感など若干の不安はありましたが、袖丈などもまったく問題ありません。ちょっと暖かい日が続いているので防寒性能などはまだわかりませんが、家の中で着ているとすぐにポカポカしてきたのでちょっと期待しています。

「なんだかんだいっても結局ユニクロだから」なんていう声も聞こえてきましたが、ユニクロの品質と価格にJil Sanderのデザインであればいいとこ取りで素晴らしいことではないでしょうか。それがもし逆だったりしたら酷いことですが、そんな事はあるはずもないでしょう。1万円少々のダウンジャケットとしては非常に高品質に見えますし、デザインとして派手さはありませんが機能と見栄えは両立されているのではないかと思います。

商品ページのレビューを見ると買えなかった人が星1つの評価で色々書いていたり、ボリューム感がないと言ったあとで無理にコロナに絡めている人などもいたりで、まったく商品の参考にはなりませんが、話題性だけで買おうとするとそんなものなのでしょうか。そもそも既に完売した商品のレビューは表示する必要もないでしょうし、URLを知っていたりググったりせず普通に閲覧しているだけではたどり着かないのですが。

A Film About Coffee

観ているうちにコーヒーが飲みたくなって途中で淹れてしまいました。
☕

未だ終息の見えないCOVID-19の影響でこの4月頃から在宅勤務中心の生活になりましたが、実はそれによって良くなったことが少なくありません。その一つは好きなときにコーヒーを淹れて飲めるようになったということなのですが、平均よりもだいぶコーヒーを飲みたい私にとっては結構意味のあることで、これによって業務に対する集中力も上がっていることは間違いないと思います。

また、週末もお気に入りのカフェでのんびりしたり、美味しいコーヒーを求めてカフェ巡りをしているのですが、そういったカフェの中でも気にいる一つのタイプは「店舗内で焙煎している」ところです。そういうところは間違いなく豆にもこだわっているのでコーヒー自体が美味しいということもあるのですが、それ以上に店内に微かに漂う焙煎時の独特の香りがたまらなく好きなのです。

昨日観た映画「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」はそんな香りが今にも漂ってきそうな作品でした。1時間少々の短い作品なので、気負わずにちょっとした隙間時間にも観ることができるのではないでしょうか。

コーヒーを愛し、コーヒーに人生を掛ける、コーヒーが飲まれるまでの各工程に関わるプロフェッショナルを追ったドキュメンタリー作品で、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトルというアメリカの各都市と、東京のロースターが登場します。本当はコーヒー文化といえばイタリアのバールやパリなどのカフェなども欠かすべきではないところだと思いますが、アメリカ映画なので仕方ないでしょうか。

本作では日米のロースターと同程度に、ルワンダやホンジュラスの生産者の様子も取り上げられています。コーヒーノキを育て、収穫・精製することでコーヒー豆となり、焙煎ができる状態となるのですが、そこまでの工程には多くの人々の手がかかっています。また、1本の木からはおよそ450gのコーヒーが採れるとのことで、逆にそれしか取れないのです。我が家ではだいたい2週間位で800gのコーヒーを消費していますので、年間40本以上のコーヒーの木を必要としているということになり、それを育てるためにも人手が掛かっていることを考えると、これは非常に贅沢なことではないでしょうか。

また、コーヒー豆の販売では「フェアトレード」が謳われることがありますが、本作ではそれを超えた「ダイレクトトレード」の取り組みが紹介されています。フェアトレードとは原材料を適正な価格で継続的に購入することによって生産者の生活改善や自立を目指す取り組みのことですが、ダイレクトトレードはそれをさらに進め、中間業者を省いて生産者と直接取引して購入することによって価格面だけでなく情報の面でもメリットを見出そうとするものです。その代価として産地に直接赴いて交渉しなければならないなどがあり、また消費者にもその品質に見合う負担への理解が求められるでしょう。こうした取り組みは良質なコーヒーの生産そのものを持続可能なものとしていくために必要なものだということで、勉強になりました。

ということで、ますますコーヒーへの関心が高まり、今後1杯1杯を心していただいていきたいという気持ちになりました。