Archives

Vice

良い伴侶を持つことが重要。
🦅

昨日「何か観るべき映画はなかったかな」と映画館の上映スケジュールを見てみたところ、どこかで聞いたような気がしてちょっと引っかかったのが「バイス」だったのですが、開演時刻が7時からとちょうど良かったので、あまり深く考えずに観てみることにしました。今になってみると、もしよく考えていたら観なかったのではないかと思えるので、結果的には良かったのではないでしょうか。

この作品はアメリカの第46代副大統領(Vice President)であるDick Cheneyの伝記映画とされていますが、Cheneyを称えるようなものではなく、やや批判的なスタンスでコメディ的に、一部茶化すような感じで描いているものです。したがって、政治家の伝記だからといって退屈なものではなく楽しんで観ることができましたし、世界一の超大国の名目ナンバー2、実質的にはナンバー1であったかもしれない男の姿をドラマティックに描いているので、そういう面でも飽きずに観ることができました。

本作は「本年度アカデミー賞受賞」と大きく謳っているようですが、受賞したのは「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」のようです。確かに実在の超大物らを演じている各俳優は本物の姿を彷彿とさせるものになっていましたが、特にCheneyを演じたChristian Baleは驚異的です。そういえば私がこの映画のことを知ったのはこのBaleの役作りのための変身をニュース記事で見たからでした。Baleはもともと「マシニスト」で30kg近くも減量したり、体を張った役作りで以前から知られていますが、本作でも20kg近く増量したということででっぷりしたお腹と禿げ上がった頭となっていて、貫禄十分のCheneyの姿そのままとなっていました。こんなに激しく増量や減量を繰り返して内臓に大きな負担がかかっているのではないかと他人事ながら心配してしまうほどですが、本当に大丈夫なのでしょうか。

師であるDonald RumsfeldSteve Carell、Cheneyの妻LynneAmy Adamsがそれぞれ演じていて、彼らも実にそれらしい演技なのはさすがなのですが、このLynneの凄腕ぶりが私には印象的でした。Cheneyがここまでの人物に成り上がったのはLynneの力があったからこそ、しかしLynne一人の力ではどうすることもできず、LynneにとってもCheneyは必要だった、ということこそが私がこの作品から学んだことでした。作品の趣旨はそういうことではなかったかもしれませんが…

ちなみに本作の上映時間は132分あります。エンドロールが流れたときに「もう終わり?」と思ったら、きっとそれはまだ終わりではありません。

Philips S5050/05

価格と使い勝手は比例するのか。
🧔🏻

ほとんどの男性の毎朝の嗜みであるひげ剃りですが、私は一時期T字カミソリを使っていたりもしたものの、電動シェーバーはこれまで30年ほどPhilips一筋で使ってきました。昔のことでブログに書いていないことはほとんど覚えていないのですが、ブログ記事によれば2007年に購入したHQ9160というのが3代目で、そのあと2014年に購入した1250Xが4代目のようです。この4代目は使い始めてちょうど5年というところだったのですが、一度交換した剃刃の切れ味が悪くなっていていい加減交換が必要だったのと、バッテリーもだいぶへたってきたので、本体ごと買い換えることにしたのでした。なにしろ、剃刃だけでも何千円もしますし、バッテリーはどうにもならないので、どうせ買い換えるなら気分良く、というわけです。

例によってPhilipsのシェーバーもたくさん種類があって、一体どれを選んだら良いのかはさっぱりわからないのですが、最近は海外出張の機会もめっきりなくなりましたので、30日もバッテリーが持つ必要はありませんし、そんなに深剃りでなくても良いだろうと思って、今回は比較的安いタイプのS5050/05というものを選びました。

見た目は鮮やかな青が若々しさを感じさせますが、人前で使うものではないので50歳目前のおじさんが使っても問題はないでしょう。金属的な外観のものよりもチープさはあるかもしれませんが、平坦な樹脂の外装も清潔感があって悪くないと思います。

廉価版なので剃刃の可動方向が限られていますが、普通に顔を剃る分には問題なさそうに思います。剃り心地はさすがに刃が新品なので良いですが、あまり深剃りはできないような気がします。なお、これまで使っていた1250Xのヘッドを試しに取り付けてみましたが、全く問題なく使えそうです。交換用のヘッドもなかなか高価なのでそれならいっそ本体ごと買い直した方がいいような気もしますが、そういう選択肢もないわけではないようです。

安い理由はもう一つ、バッテリーの容量と充電時間ですが、8時間の充電で40分、約13回使うことができるということになっていますが、毎週末にでも充電すればいいのではないでしょうか。また、5分間の充電で1回分使用可能ということなので、万が一切らしてしまった場合でもちょっと待てばなんとかなりそうです。ちなみに、これまで使っていた1250Xは1時間の充電で17回使えるということだったので、海外出張時も充電器を持ち運ばなくても不安にならないというのが良かったのですが、本体に直接充電コードを挿すことができず充電台に置く必要があったので、バッテリーがへたってきてからはちょっと不便に感じていました。その点このS5050はバッテリー容量こそ若干小さくなっていますが、コードは直接挿すことができるのが地味ながら良い点です。また、充電器は他のPhilipsの製品と共通で使うことができます。

なお、現在は「5,000円キャッシュバック」というキャンペーンが実施されていて、2019年5月31日までに購入したレシートや領収書を添付すれば抽選で1000名にキャッシュバックがあるということで、この製品の場合だと当選すればほとんどタダになってしまうようです。どうせそんなの当たるわけがない、と思ってしまいがちですが、応募してみると意外に当たることもあるものなので、期間中に購入された方は私と一緒に運試ししてみてはいかがでしょうか。

Bumblebee

ターゲットは幅広く。
🤖

Michael Bay監督によってトランスフォーマーの世界が実写映画化されて、その変形シーンのかっこよさに私もしびれてしまったのは2007年、かれこれ12年も前のことです。当時最新のCG技術を駆使してリアルな姿のトランスフォーマーたちが沢山のパーツを複雑に動かしながら変形する映像は本当に驚異的なものでした。しかし人間の慣れというのは恐ろしいもので、後続のシリーズ作ではもっとリアルで複雑な動きを見せているにもかかわらず、それが当たり前のようにしか感じられないのだから作る側は本当に大変です。まあ、いかに自然に見せるかというのも腕の見せ所ということはあると思いますが、張り合いがないのはかわいそうです。

さて、そのトランスフォーマーシリーズのスピンオフ作であり前日譚でもある「バンブルビー」が先日公開され、なかなか高い評価を得ているようだったので私も期待してみてきましたが、これはたしかになかなかの作品だったと思います。本作はトランスフォーマーのオートボットたちが地球にやってくる前、サイバトロン星でディセプティコンと激しい戦いを繰り広げているところから始まり、先遣隊としてバンブルビーが単身地球に降り立って物語が進展します。この話の中で、どうして彼らが地球に来ることになったのか、バンブルビーが声を失ったのはなぜか、バンブルビーの名前の由来、などが明らかになります。サイバトロン星でも地球の乗り物の姿をしているのは謎ですが、それは映像作品としての都合上仕方がないでしょう。

バンブルビーが地球に到着したのは1987年、場所はカリフォルニアということになっており、80年代のサンフランシスコなどの風景が描かれています。そして、BGMなどには80年代の音楽が多用されており、またしてもおっさんホイホイの様相を呈しています。サントラにもThe SmithsHoward JonesBon JoviDuran Durana-ha、などなど往年の人気グループが目白押しといった状態です。つい先日の「キャプテン・マーベル」も音楽で楽しませてくれましたが、今度はさらに8年さかのぼり、まさに私が学生時代に聞いていた曲ばかりでとても懐かしくなりました。当時の私は本作の主人公Charlieとちょうど同じくらいの年齢だったので、そう思うと親近感が湧いてしまったりもしましたが、それは錯覚ですね。

そのCharlieを演じているのはHailee Steinfeldですが、80年代という舞台に合わせたファッションになっているので落ち着いた感じで、とても可愛らしいです。Haileeの実年齢は22歳なので役柄よりちょっと上になりますが、それほど違和感はないのではないでしょうか。なお、歌手としても活躍している彼女なので本作の主題曲も歌っていますが、映画の雰囲気にはちょっと…