Archives

アルジャーノンに花束を

ロールシャッハテストこれもSF。

先日、「ダウン症で神経細胞の増加を抑制している遺伝子を特定し、その遺伝子の働きを抑えて神経細胞を増やす化合物も発見した」というニュースがあり、研究チームはその化合物を「アルジャーノン」と命名したとのことですが、その命名の是非についても巷で話題になっていたようです。元になっているのはDaniel Keyesの著作である「アルジャーノンに花束を」というSF作品ですが、議論の中で「ちゃんとこの本を読んでいる人であればこのような命名はしないだろう」というような発言がありました。実は私もこの作品の名前だけは知っていたものの読んだことがなかったので、この発言をきっかけに、よい機会なので読んでみることにしました。

アルジャーノンに花束を〔新版〕
早川書房 (2015-04-30)
売り上げランキング: 1,493

主人公のチャーリイ・ゴードンは知的障害を持っているため32歳ながら6歳児並みの知能とされていますが、パン屋の手伝いをしながら、知的障害者専門の学習クラスに通っています。その熱心な学習意欲を買われ、脳手術により知能を向上させるという臨床試験の被験者となります。このとき、先に動物実験の対象となって能力の目覚ましい向上を見せていたのがハツカネズミのアルジャーノンでした。手術は成功してチャーリイの知能は著しく発達しますが、それとともに彼の生活も一変し、本人も周囲の人々も戸惑うことになるのでした。冒頭を要約するとこのような感じでしょうか。

物語はすべてチャーリイの一人称として、主に「経過報告」として日記のような形で綴られていますが、この経過報告こそがこの作品の肝といえるところです。ストーリーとしては映画化したら素晴らしいものになるのではないかと思いましたし、現に何度も映画やテレビドラマ、舞台で演じられているようで、2015年にも日本でドラマ化されていたようなので観たという人も少なくないかもしれません。しかし、この作品では映像として観るのと、文章として読むのとではまた違う楽しみがあるはずです。原作から和訳する際にも非常に苦労したことでしょうが、日本語ならではの表現に置き換えてとてもうまく描いているのではないかと思います。

この作品のSFたるところは「手術により知能を高める」ということと、その後の経過とに限られていて、物語自体それ以外は一般的なドラマと何ら変わりないように見えます。しかし、SFといえば宇宙船やタイムマシンを連想しがちですが、言ってみれば現代の科学技術ではありえないことはすべてサイエンス・フィクションなのですから、この作品も紛れもないSFと言えるわけです。また、その言わば実験的な表現手法はとてもSF的で、文芸作品にはあまり見られないものに感じられました。

ということで私も読み終わったあとでは、最初に取り上げた「ダウン症の治療に役立ちそうな物質」に「アルジャーノン」と命名するセンスには違和感があります。ただ、チャーリイの手術に用いられたのがその化合物のようなものであるのだとすると、発見した人たちが作品にあやかってそう名付けたくなるのも分からないではありません。でもそれでは暗示されている未来が明るいものではないような…

Dunkirk

Dunkirk撤退の成功も勝利のうち。

戦争映画というのは私の得意なジャンルではありませんが、昨日は評判の高かった「ダンケルク」を公開初日の朝一番の回で観てきました。

この作品は第二次世界大戦初期の1940年にフランスのダンケルクに追いつめられ、ダイナモ作戦により脱出を図る英仏連合軍とドイツ軍によるダンケルクの戦いを描いたものですが、私はまったく予備知識を持たずに観に行ったにも関わらず特に問題なく理解し、楽しむことができました。本来、学校で真面目に世界史を勉強していれば知っているはずの有名な出来事なのでしょうが、私は暗記ばかりを求められる日本の社会科の授業というのが苦手だったので、歴史にも非常に疎いところがあります。今になってまったく違う形で歴史を学ぶととても面白いので、学校でも生徒が興味を持てるような教え方をすればどれだけ良いかと常に思っているところです。

さて、話題が逸れてしまいましたが、この作品ではその物語をイギリス側の立場で、陸の突堤・海上・空それぞれにいる人々を第一人称にして描いており、陸海空の場面は並行してそれぞれの物語で進行していき、最後には一つに結びつくという形です。一方、ドイツ側は最後に一瞬出てくるだけでそれまでは画面に一切入ってきませんが、得体のしれない無機質なものとすることで敵方にあまり意識を向けさせず、登場人物らと感情を共有できるようになっているように思います。

陸の主人公はTommyという名の若い二等兵で、Fionn Whiteheadという無名の若者が演じていますが、これはChristopher Nolan監督の意向とのことです。途中からTommyと行動を共にすることとなるAlexという二等兵の役でOne DirectionHarry Stylesが出演しているのももっと話題になっても良いように思いますが、起用を決めた時に監督はHarryが有名な歌手であることを知らなかったとのことなので、そういう売り出し方も望まないでしょう。また一方、海のMark Rylance、空のTom Hardyなど、その他の俳優陣はしっかりと経験のある人達を起用しており、演技はしっかり重厚感のあるものとなっています。

この作品はIMAXカメラで撮影されたとのことなので、できればIMAX上映で観たかったのですが、自宅近くにはIMAXシアターがないので私が観たのは通常の2D版です。しかしそれでもCGに頼らず実際の軍艦や航空機を使用して撮られた映像のリアリティはしっかりと伝わってきました。IMAX上映であればそれ以上のものが得られたのかもしれないと思うと、改めて体験してみたくもなってきます。「凄いCG」がもてはやされていた時代から「使っていないこと」が売りになる時代になるのも案外早かったですね。

史実として、およそ40万人ほどの兵力のうち36万人もが脱出に成功したということですが、撤退と言うと敗走のイメージが強く感じられてしまうものです。しかしこの作戦の成功により、重装備をすべて置いていくことになったとしてもそれは資金を調達すればなんとかなるもので、貴重な人的資源を守ることができたというのは大いなる成功であったとというのは私も認識を改めたところです。もしもこの撤退がうまく行っていなかったなら、第二次世界大戦の行方もまったく違うものになっていたかもしれないのです。

木屋 爪切り

日本橋木屋まさに逸品。

私の記憶が正しければ学生時代に渋谷の東急ハンズで購入したので、かれこれもう25年ほど前ということになりますが、何気なく購入した小さな爪切りが私は今でも手放せません。妻も気に入って使用しているのですが、未だに切れ味が落ちず、しっかりした作りと小ささがとても使いやすいのです。それが日本橋木屋爪切りです。

木屋 爪切り 黒(小サイズ)
木屋
売り上げランキング: 2,291

この爪切りには大きいものもあって、こちらの方が良いかもしれないと買ってみたのですが、この場合「大は小を兼ねる」とは行きませんでした。湾曲した爪を切るには小さいものの方が小回りが利いて使いやすいのです。単に真っ黒で小さいので凝縮された感じに惹かれて買っただけなのに、その小ささが非常に重要だったわけです。また、25年たっても切れ味がまったく衰える様子がないのも驚きです。買った当初からスパッと気持ちよく切れて、切り口で引っかかるようになることもないのでヤスリも特に必要になりません。

木屋の歴史Wikipediaによると刃物の木屋が創業したのは1792年、実に200年以上も前のことです。それから長らくの間刃物を作り続けているのですから、蓄積された技術があるということなのでしょう。今でも伝統的な手法で作られているというわけではないでしょうが、刃物作りにおける重要なポイントがきっと何かあるに違いありません。

ということなのですが、この製品の素晴らしさに気付いているのは私だけではなく、つい先日TABI LABO紹介されてしまったのでもともと書くつもりだったこの記事を慌てて書いているようなわけで、おそらく知る人ぞ知る逸品ということなのではないかと思います。そんな素晴らしいものが800円足らずで売られていて良いのかと思いますが、ただ安いものが欲しければそれこそ百均でも買えるのでしょうから、それなりのこだわりがあって買われるものなのでしょう。ただ、これより高いものはいくらでもあるのですが、それらのどこがこの木屋の爪切りより良いのかが気になってしまいます。