Archives

うな次郎

やっぱり無理している感じは否めない。うな次郎

今年の夏も土用の丑の日が近づいてきて、スーパーやコンビニでもウナギの売出しが盛んになってきました。しかし、ちょっと前にも「『ウナギは食べていいのか』って?」という記事を書きましたが、ウナギというのは絶滅危惧種に指定されており、このまま今までどおりに食べ続けていると絶滅してしまい、食べたいと思っても食べられないということになってしまう可能性があります。

最近はTwitterウナギ絶滅キャンペーンというアカウントがちょっと話題になっています。真に受けて噛み付いている人もいるようですが、これはもちろん皮肉で、プロフィールで「絶滅危惧IB類(絶滅する危険性が高い絶滅危惧種)を食べ尽くそうとする現代日本を見つめる。」と言っているとおり、反語的にウナギを守ろうとしているわけです。このやり方が上手いのは、槍玉に挙げられた企業も「絶滅に向けて応援ありがとうございます」と言われるだけなので文句を言うこともできず、しかし周囲の人には絶滅推進企業であるということがわかってしまうという点です。

なお、ウナギも完全養殖ができるようになったので食べても問題ないと思いこんでいる人もいるようですが、それはあくまで実験レベルの話であって、商業化に向けてはまだ高いハードルがあるはずです。水産庁は2020年頃の商業化を目指しているそうですが、今までどおりに消費し続けていたらそれまでの間に取り返しのつかない状況になってしまう可能性もないとは言えないのではないでしょうか。

それでもうなぎ(のようなもの)を食べたいという人の一つの選択肢として、一正蒲鉾うな次郎という製品があります。

これは魚のすり身でできたうなぎの蒲焼風の食品なのですが、見た目はウナギの皮の方もうまく再現されています。しかし残念ながらあくまですり身なので、箸でつまんでもポロポロと崩れてしまうというのが難点です。また、実はうなぎエキスも使われているらしく、うなぎの犠牲がゼロでないという点も残念です。

しかしそれよりも、問題なのは食べてみた感じです。缶詰でイワシやサンマの蒲焼きが売られていますが、あちらの方が美味しいのではないでしょうか。というより私はあれが割と好物で、ウナギよりも好きとまでは言いませんが、十分美味しいと思います。どうも我慢して鰻風のものを食べているという感じになってしまい、無理している感じがよくありません。そこまでして鰻風のものを食べたいか、というとそうではないでしょう。

ということで、今のままではおそらく私が買うことはもうないでしょうが、さらに技術が進歩して食感までもっと近づけることができればまだわかりません。完全養殖の商業化に成功するのが早いか、うな次郎の進化が早いか、果たしてどうなるでしょうか…

真空断熱タンブラー/JDE-420C

小さな悩みでも一つ解決すると嬉しい。THERMOS

先週の西日本は記録的な大雨となって、特に中国地方では大きな被害が出てしまいましたが、幸い私の自宅付近ではこれといった問題にもならず助かりました。しかし、その雨が止んだかと思うと一気に夏がやってきてしまったようで、今度は大変な猛暑となり、外を出歩くのは危険なほどになってしまいました。特に大雨の被災者の方々は大変な思いをされているでしょうが、そうでなくとも十分な熱中症対策が必要です。

さて、こう暑いと冷たい飲み物がいくらでも欲しくなりますが、机の上に冷たいグラスを置いておくと湿度が高いせいで結露して、机の上までビショビショになってしまいます。私は木製の机を使っているのでこれが特に気になってしまいますが、こまめに拭き取るのも大変なので、吸湿性が高くすぐに蒸散してくれるようなコースターなどはないものか、などと思っていました。しかし、問題は根本から断つに限ります。つまり結露しないようにできれば良いわけですが、そのために最適なのが真空断熱タンブラーというものです。

要するにステンレス魔法瓶と同様の構造で、薄いステンレスの二重構造の間が真空になっていて、高い断熱性を作り出しているというものです。そういう製品があることは以前から知っていましたが、保温・保冷のためのものだと思っていたので、それよりはデザインを求めてしまっていたためあまり食指が動かなかったのでした。それが結露防止にも効くのだということに気づいてからは欲しいと思っていたのですが、それでも何かデザインの良いものを…と探していたもののついにしびれを切らして購入してしまったのが、サーモス真空断熱タンブラー/JDE-420Cというものです。とてもオーソドックスな形状のものですが、ステンレスシルバーの他にスパークリングブルー/レッド/ブラウン/シャドウという4色があるので、私はスパークリングブルーを選択してみました。

サーモス 真空断熱タンブラー 420ml スパークリングブルー JDE-420C SP-BL
サーモス(THERMOS) (2017-12-01)
売り上げランキング: 5

届いて以来さっそく使用していますが、これは素晴らしいです。どんなに冷たいものを入れておいても結露のけの字もありませんし、もちろん保冷性もバッチリなので、このタンブラーにいっぱいまで入れておいても最後まで冷たいままで飲むことができます。持つ手が濡れないのはもちろんですが、握っていても冷たくならないのも思っていた以上に快適です。

体温でぬるくなってしまう心配もないので、ずっと手で持っていても安心です。外を持ち歩く場合には別売りのタンブラー用フタを一緒に購入すると良いかもしれません。私は購入していませんが、5色あるので本体の色に合わせるのもよし、あえて違う色にするのもいいのではないでしょうか。また、同じ色の展開でタンブラー用ソコカバーというものもあって、テーブルや底の傷を防いだり、滑りにくくするという効果があるそうですが、私はコースターの上に置いているのでこちらは必要性を感じていません。

ところで、こんなシンプルなものでも説明書もちゃんと読んでみるものだと思ったのは、ただのコップにしては説明書きが多いのが気になって読んでみると、底面の「保護シール」は剥がしてしまうと保温性能が低下するので剥がしてはいけない、と書いてあることです。それを知らずに見ると何の変哲もないラベルでしかないのですが、そんな重要なものなら「はがすな」とシールにも書いておくべきではないのでしょうか。皆さんももし購入したら注意してください。あとは自動食器洗い機も使用できないとのことですが、それは皆さん気にするところでしょうから大丈夫でしょうね。

ということでやっぱり買って良かったこの製品ですが、サーモスのウェブサイトを見ていると保冷缶ホルダーというのもちょっと気になってきました。一つ前のモデルの方がポップなデザインが揃っていて楽しげでしたが、ちょっとシンプルになって値下げされたようです。Amazonのレビューを見てみると効果はかなり高いようなのですが、でもよく考えると私はビールやチューハイも飲まないのでめったに缶飲料を飲むことがないのでした。危うく無駄な散財をして怒られるところでしたが、なんとか踏みとどまりました。

Batman Ninja

外国人には難しいような。Batman Ninja - Batman

Marvel Cinematic Universeと呼ばれるMarvel Comics原作の実写映画化作品はすっかり映画の一つのジャンルを築き上げてしまったように見えますが、DC Comicsの方はSupermanBatmanは古くから映画化されてヒットしていたにもかかわらず、その後の展開では遅れを取ってしまっているようです。だから奇策を取って、というわけではないでしょうが、「ニンジャバットマン」というアニメ映画が日本で製作されて公開されました。

「え? 忍者?」とだいぶゲテモノ臭が漂っていたこともあり、私は観るべきかどうかだいぶ迷ってしまったのですが、「スーサイド・スクワッド」で見てずっと以来iPhoneの壁紙にしているほど好きになったHarley Quinnも活躍(?)するようなので、仕事の後に観に行ってみることにしました。

Batman Ninja - Harley Quinn
本作はBatmanが主役でメインの敵はJokerと付き従うHarley Quinn、その他Cat WomanPenguinTwo Faceなど諸々のキャラクターが登場するという、それだけ見ればオーソドックスなバットマンシリーズなのですが、ただ舞台が中世日本、戦国時代というところが特徴です。もちろんバットマンが戦国時代の日本に現れるという時点で荒唐無稽な話なのですが、その先にはそれどころでないバカバカしい話が繰り広げられ、ダークナイト三部作や「ジャスティス・リーグ」のシリアス路線とは全く別物と考えなければいけません。まあ、スーパーヒーロものという時点でまったく非現実的ではあるのですが。

しかし、ストーリーや設定はともかく、映像としてはとても面白いものでした。BatmanとJokerの直接対決シーンはかなりスピード感があって見応えがありましたし、Batmanが状況を分析する説明的な場面では多彩な演出が使われて、退屈させられるようなこともありませんでした。やはりアニメの映像表現については日本の技術は今でも世界をリードしているのでしょうか。

なお、本作は日本では劇場公開となっていますが、アメリカではネット配信とBlu-ray/DVDの販売のみとなっているようです。さすがにテーマ的に日本以外の国では無理があるので仕方ないでしょう。日本で常識的に知られているような戦国武将の名前を知らないと、どういう意味なのかわからないようなところも多々あるはずです。せっかくDC Comicsを元にしているのにこうして市場を限定してしまったというのは大変もったいないことのように思えますが、まあ仕方ないでしょう。