Archives

Rocket Man

両親がひどすぎる。
🎤

私が住む姫路市にも以前は複数の映画館があり、大手シネコン進出の話があるたびに「青少年の健全な育成に悪影響が…」などという訳のわからない理屈で横槍が入って潰されてきていました。しかしながらそうこうしているうちに各映画館も老朽化が進み、デジタル化への投資ができる状況ではなくなっていたため、2015年についに市内の全映画館を統合して一つの独立系シネコンが作られることとなったのでした。それが現在も市内唯一の映画館であるアースシネマズ姫路です。

それまで私は映画を観るときにはわざわざ隣の加古川市まで車で30分以上かけて行っていたので、「ようやく我が街にもシネコンが!」と喜びたいところなのですが、ちょっと問題があります。地方の映画館にしては結構営業に力を入れているようで、舞台挨拶を誘致したり、ガルパンの大音響上映やコンサートの上映などの企画で頑張っているのはいいのですが、どうも洋画に冷たいのです。邦画の方が興行成績が良い、要するに儲かるというのはわかるのですが、売れない洋画は上映回数が絞られていたり、公開からちょっと時間がたつとレイトショーだけになったり、一番の問題は吹替版しか上映されないことが多いということです。

そんな状況なので観ようと思っていた映画をやむなく見送ってしまうようなことも多々あり、「ロケットマン」もそんな作品の一つになってしまうかと思っていたのですが、先日神戸に行ったときにちょうどあと10分で開演というときに映画館のそばにいたので、「今だ!」と駆け込みで観てきたのでした。私が席についた瞬間に例の「カメラ泥棒」が始まったので、本当にギリギリでした。

ということで前置きが長くなりましたが、この作品はイギリスの偉大なロック歌手Elton Johnの半生を描いた伝記的ミュージカル作品です。といっても、私ももちろんEltonの事は中学生のときから知っていましたが、実はそれほどEltonの曲はよく知りませんでした。数多くのヒット曲を持っているので、聴いたことがある曲もたくさんあるはずなのですが、あまり私の趣味ではなかったのでした。しかしそんな私でも十分に楽しむことができましたので、予備知識は特に必要ないと思います。

ロンドン近郊の55 Pinner Hill RoadでReggie Dwightとして生を受けた彼がElton Johnになり、Bernie Taupinと組んでアメリカ、母国、そして世界で成功を収め、そして破滅ギリギリのところで踏みとどまる、という姿を数々の歌を交えて描いたものです。この作品にはElton本人も製作に入っていますので、少なくとも彼の視点からの事実に基づいたストーリーとなっているのではないでしょうか。

Eltonを演じているのは「キングスマン」のEggsyことTaron Egertonですが、Elton本人もTaronの歌を認め、彼以上にEltonの歌をうまく歌った人はいないとまで言ったそうですから、間違いないでしょう。実際、作品中でもかなり聴かせてくれます。私が感動したのはEltonの初期の代表作である”Your Song“が生まれるところです。これは私も知っている曲でしたが、Ellie Gouldingによるカバーしか持っていなかったので、オリジナルの曲を購入してしまいました。私が生まれるよりも前にリリースされたものなのでもちろん古さはありますが、これは今聴いても良い曲です。

Elton Johnといえば奇抜な舞台衣装も有名で、私はそのせいで真面目に評価できなかった面もあるのではないかと思っていますが、やはりあれだけぶっ飛んだ格好はまともな精神状態ではできないのでしょうね。様々な事情で精神的に追い詰められ、それから逃げるためにアルコールと薬物に浸ってしまっていた様子はとても痛々しいものでしたが、そんな中でも手を差し伸べて支えてくれる人が一人でもいたというのは本当に救いでした。私自身も救われたような気がします。

ドラゴンクエスト ウォーク

「ふっかつのじゅもん」は要りません。
🗡️

今年7月に始まった「ハリー・ポッター 魔法同盟」はその後あまり流行っている様子がありませんが、私の目に触れないだけでしょうか。実は私も記事に書いて数日後にやめてしまっていたのですが、ちょっと複雑すぎるような気がしました。「ポケモンGo」がこれだけ受けて、今でも多くの人をひきつけているのはそのシンプルさのせいではないでしょうか。といっても私はポケモンGoの方も同時にやめてしまっていたのですが。

そんな「位置情報ゲーム」の真打ちと言えるのは今年6月に発表されて以来待ちわびていた人も多いであろう「ドラゴンクエスト ウォーク」ではないでしょうか。自分があのドラクエの世界を歩いているかのように、モンスターと戦いながら歩くことで勇者が成長していくというのは、想像するだけでワクワクするものでしたが、ついにその「ドラクエウォーク」が今週サービス開始となりました。私も当日12日の昼休みに職場で早速インストールして、その日の帰り道からプレイしています。

ドラゴンクエストといえば長い歴史を持つゲームタイトルですが、私が大学生の頃には社会現象となっていて、「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の発売の際には開店前から長蛇の列ができていたのを覚えています。インターネット前夜の当時はまだネット配信はおろかAmazon.comも存在しませんでしたから、早く手に入れたければ並ぶしかなかったわけですが、ファミコンを持っていなかった私はまったく波に乗ることもなく横目で見ていただけでした。

そう、私はドラゴンクエストシリーズのゲームはほとんどプレイしたことがないのです。しかし私は中学生時代に「テーブルトークRPG」と呼ばれるロールプレイングゲームの先祖のようなものの、「トラベラー」というゲームを友人らとやっていて、当時からこれをコンピューターでできるようにならないかと考えていたくらいなので、RPG自体は好きなジャンルです。どちらかといえば「ファイナルファンタジー」派かというくらいですが、FFの方もそんなにやっていたわけではありません。なにしろゲームコンソールを自分で所有したことがないのですから。

まあそれはどうでもいいのですが、この「ドラクエウォーク」はまさしく想像していたような作品でした。さすがに一流ゲームメーカーの製品ですし、後発だけあって非常によく研究されています。位置情報ゲームとロールプレイングゲームをうまく融合させつつ、ガチャもしっかり取り込んで、基本プレイは無料としておきながらしっかり儲かる仕組みを用意しています。どうやら強い武器や防具を手に入れる手段はガチャしかないようなので、楽に先へ進もうとすればガチャにつぎ込むことになるのでしょう。

ゲームとしてはクエストを進めていくことになるのですが、各クエストは地図上で目的地を設定して、その目的地に到達すると村なりダンジョンなりに入ってストーリーが進行する、という仕組みになっています。この目的地は現在地から楽に歩いていける範囲の周囲の地点から選ぶか、一日一回だけ任意の地点を設定できる、ということになっており、基本的には遠くに設定したほうがたくさんポイントが貰えるようです。このポイントは武器・防具や、ガチャのチケットに交換でき、また「ミッション」をクリアしたりすると貰える「ジェム」でもガチャが引けます。したがって、無料の範囲でも地道に頑張ればゲームを進めることは十分可能です。

ということで、ゲームが始まってからまる2日経ったところですが、私はすでにレベル22というところまで来ました。このレベルをいくつまで上げられるのかわかりませんが、問題はクエストの方でしょうね。私は今クエスト第2章の終了間際というところにいますが、画面のスペースを見ると今用意されているのは第4章までのようです。今後のアップデートで続々クエストが追加される、ということであると長く楽しめるのですが、どうでしょうか。明確な終わりのある本編と違い、どれだけ長く遊び続けられるかということが収益を大きく左右するジャンルですので、それをどう考えているのかが注目されるところです。

Once Upon a Time in Hollywood

古き佳き時代。
🚬

Sharon Tateという女優と、そのSharonがManson Familyというカルト集団に惨殺されてしまった事件というのは日本ではどの程度知られているのでしょうか。事件が起こったのが今からちょうど50年前の1969年という私が生まれる直前であることもあり、私は何一つ知らなかったのですが、現代のようにインターネットで世界中の情報がリアルタイムに得られるような環境ではありませんでしたし、わたしの両親の世代であれば知っていることなのでしょうか。Sharon Tateについても26歳という若さで、これからというところで亡くなってしまったため、この事件を知らなければ知られていないのではないかと思いますが、映画監督Roman Polanskiの当時のだったとのことです。

というようなことなのですが、この事件を背景とし、SharonやRoman Polanskiも登場するQuentin Tarantino監督の作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が昨日封切られたため、初日のレイトショーで早速観てきました。この日は夏休み最後の週末であったためか、それとも地元の姫路城が舞台となっている「引っ越し大名!」の公開初日だったためか、普段はレイトショーならガラガラの映画館の駐車場に長蛇の列ができていて、並んでいては開演に間に合わないようだったので仕方なく近隣のコインパーキングに停めざるを得ないという状況でした。そうとわかっていれば徒歩かバスかで行ったのですが仕方ありません。

それはさておき、本作ではピークを過ぎてやや落ち目の、かつてのテレビスター俳優Rick Daltonと、スタントダブルと友人としてRickを公私ともに支えるCliff Boothという二人を主人公としてハリウッドを舞台に起こる出来事を描いた話となっています。主人公らはそれぞれLeonardo DiCaprioBrad Pittという現代の映画スターが存在感たっぷりに演じており、特にLeoの劇中劇の演技にまで魅せられてしまうほどです。そしてSharon Tateを演じるのは「スーサイド・スクワッド」でのHarley Quinnがとても良かったMargot Robbieです。本作中のSharonはちょっと頭が足りない感じに描かれているように感じましたが、超ミニスカートで闊歩する姿はとてもキュートでした。

本作の論評を見ると「ストーリーがない」というようなことを言う人が多いようなのですが、確かにカット間の関係が非常に希薄で、一見不要なシーンが多々あり、一体どういう話なのか、どこへ向かっているのかということはわかりにくいかもしれません。しかし私が驚嘆したのは、それぞれのなんでもないカットが非常にかっこよく撮られているということで、おそらく様々な定石を踏まえて、巧妙に計算し尽くされているということなのでしょう。本当にただの移動シーンでも「うわっ」と思うようなカッコ良さで、映画オタクのTarantino監督ならではではないでしょうか。

なおTarantinoといえば過剰なバイオレンス描写も特徴ですが、それも最後にしっかりあります。なにしろ「シャロン・テート殺害事件」がテーマですから…