カテゴリー
movie

The Map of Tiny Perfect Things

思わぬ拾い物でした。
⏳

昨日、いつものようにニュース記事をフィードリーダーで見ていたときに、ふと目に止まったのがシネマトゥデイの「間違いなしの神配信映画『明日への地図を探して』Amazon Prime Video」という記事でした。これは「間違いなしの神配信映画」という、各種動画配信サービスで配信されている映画の中からおすすめの作品を紹介するシリーズの1つのようですが、ほとんどタイトルしか見ていないはずなのになぜ目に止まったのかはわかりません。

この記事で紹介されているのはタイトルの通りAmazon Prime Videoのオリジナル作品「明日への地図を探して」というもので、記事にも書かれている通りタイムループものです。ループものの映画といえば「恋はデジャ・ブ」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が思い出されるところですが、どちらの作品も私はとても好きですし、後者は特に好きで既に10回以上繰り返し見ています。主人公らだけの意識が残るなんていうことはどう考えてもありえないので、Sci-Fiというよりはファンタジーだと思って観ていますが、それでも楽しめればいいのです。

この作品でループしてしまうようになった原因も、そのループから脱出する方法もストーリーの核心なのでここでは触れませんが、「まさかそんなこと!?」というようなちょっとびっくりするようなことでした。やはりSci-Fiではなくあくまでファンタジーだと思って、深くは考えないほうがいいでしょう。しかし、だからつまらないというようなことはまったく無くて、とても愛おしい気持ちにさせてくれる素晴らしい作品だと思います。

ループにとらわれている主人公らが男女高校生2人だというのがいいのでしょう。舞台はアメリカなので日本の高校生活とは似ても似つかないところはありますが、そうはいってもやはりティーンエイジャーなので微笑ましいものです。演じているKyle AllenKathryn Newtonの二人の実年齢はもう少し上なので余計に大人びて見えてしまいますが、そこは目をつぶるしかないでしょう。

最近はAmazonだけでなく各配信サービスともオリジナル作品に力を入れていて、当然ながらそれらの作品はそれぞれのサービスに加入しなければ見られないというのが残念というか、もったいないように感じてしまいます。この作品も心温まる傑作なので、多くの人に観てもらいたいところですが、Prime会員になっていなければ観られませんし、Prime会員になっていてもPrime Videoは観ていないという人も少なくないのではないでしょうか。それどころか比較的Prime Videoを観ている私でも、シネマトゥデイの記事で紹介されていなければこの作品は知りもしなかったので、今回の記事にはとても感謝しています。今後このシリーズの記事は見逃さないようにしなければと思いますし、過去の記事もしっかり読んで、見逃している作品は一つずつ観ていきたいと思います。

カテゴリー
food & drink

セブンプレミアム ホイップ&カスタード ダブルクリームパン

期待しすぎたでしょうか。
🥐

昨年ダイエットを始めてから控えるようになったのですが、基本的にパン好きな私は菓子パンの類も大好きで、最近は特にクリームパンが好きで出勤の途中で買って朝の仕事の前や昼食の弁当のあとのデザートとして食べたりしていました。そんなものを食べているから当然の如くカロリー過多になって、デブまっしぐらということになるわけです。私が特に好きだったのはヤマザキ薄皮クリームパンで、クリームを極薄の皮で包んだような、もはやパンよりクリームがメインの存在ですが、しっとりした皮も好きでよく購入していました。

ところで、最近某界隈で話題になっていて気になっていたのがセブン-イレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」の商品「ホイップ&カスタード ダブルクリームパン」というものです。私の通勤経路にないこともあり、またプライベートブランド商品の割合が高すぎるのでセブン-イレブンはほとんど利用しないのですが、これだけを求めてスーパーに行った帰りに寄って購入してみました。

コンビニスイーツにもあるホイップとカスタードのダブルクリームのシュークリームは大好きですし、ホイップあんぱんも大好きなのでその間の子のようなものだと思うと否が応でも期待は高まります。しかし、実際に食べてみるとメリハリがなくなんだかぼやけた感じがしてしまっていたのですが、カスタードがもっとしっかりしたものでないといけないのではないかと思います。また、賞味期限が先のものを選んだにもかかわらずパンもちょっとパサッとしていて、これがプライベートブランドの限界なのではないかという気がしてしまいました。

プライベートブランド商品というのは、そのブランドならではの特徴を持った商品であるか、あるいは独占販売契約によって仕入れ価格を下げたものであるか、そのどちらかではないでしょうか。前者であればそれがそのブランドの商品を選ぶ積極的な理由になるので良いのですが、後者の場合には得てして安かろう悪かろうになってしまいがちです。このダブルクリームパンの場合には企画としてそれ自体が独特なものなので、前者の付加価値を与えられていることになるのでしょうが、しかしながら価格が安く抑えられているということはどこかで無理が生じているということになっていないでしょうか。現在116円で売られているこの製品が、たとえば150円で売られるものだったとしたら、もっとずっと素晴らしい商品になっていたでしょう。

ここからは余談になりますが、現在も総務省が携帯電話料金の値下げ圧力をかけていたりします。しかし、そんな物価を下げる方向に動くのは一時的な人気取りでしかないのではないでしょうか。物価が下がることが円安に繋がり、輸出大国の日本が国際競争力を高めることになるというのは幻想ではないでしょうか。輸出企業にとってはたしかに価格競争力が高まることになるのかもしれませんが、購買力は逆に低下することになり、せっかく稼いだ円も使うときに目減りするのでは全く意味がありません。日本が、日本人がどんどん貧しくなっていっているということをもっと自覚しなければいけないのではないでしょうか。

カテゴリー
misc

ダイエットその後 (6ヶ月経過)

まだ続いています。
🚶🏻

前回「コロナ禍のダイエット」という記事で8月からダイエットを始めて成果が上がっているということを書いていましたが、ダイエット開始3ヶ月のこの時点で減量は8kgほどでした。それからさらに3ヶ月ほど経った2月現在ではどうなっているかということを簡単にまた記録がてら報告しておきたいと思います。

体重はさすがにそのままのペースで減り続けているわけではありませんが、朝夕の散歩はそのままのペースで継続していて、間食も完全にではありませんがほぼしていません。しかし、体重が減ったことで運動負荷も減少してしまうのは仕方のないことで、ある程度のところで収束することになるのでしょう。先週あたりから体重の減少は停滞気味で、私が最終目標としてきた「学生時代の体重」まであと1kgというところで足踏みしています。

その後体組成計を購入したので体脂肪率やその他の数値が見られるようになったのですが、現在の体脂肪率は16.2%と「やや低い」という表示になっており、あまり不健康な痩せ方はしたくないのでこの程度にしておくのがいいのかもしれません。ただ、なかなか改善されなかったのが内臓脂肪で、今まで「やや高い」だったのがようやく昨日「標準」圏内に入ったところです。

もう一つ、基礎代謝の数値が基準未満のままほとんど変化しないのですが、これは一体どうやって計測しているのかもわからず、アドバイスとして「食後の散歩と週に1度のランニングを行ってみてください。」と言われても、食後どころか毎日3時間ほど散歩しているのだけど…という感じでどうしたものかといったところです。本当にランニングしなければいけないのでしょうか。

まあなんだかんだ言っても半年でちょうど12kgほども減ったわけですし、久しぶりに会った人に驚かれる程度には痩せたのだし、それで十分ですね。数値にこだわっても仕方ありません。ウエストはベルトホール3つ分も細くなりましたし。以前は歩き過ぎで膝に負担がかかっているような感覚もありましたが、体重が減ったこともあって今は問題なさそうですし、トラブルといえば踵がひび割れてワセリンを塗り続けないと痛むというくらいなので、しばらくはこのままのペースで続けていけばいいかなと思っています。