Archives

iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED

iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED うら気分一新

昨年末のいわゆるBatterygate、バッテリーの劣化したiPhoneで性能を意図的に制限していたことが問題視された事件の後、私の動き出しがちょっと早すぎたせいでバッテリー交換を申込んだものの交換してもらえなかったのですが、その後リリースされたiOS 11.3で「バッテリーの状態」が表示できるようになっても96%だなんていうありえない数値となっていました。3年半酷使した製品でこの数値というのはまったく信じられないわけですが、それに基づいて制御しているのだとすれば性能が制限されているということもないはずです。しかし、最新の製品と比較すれば元の性能がかなり低いわけですし、明らかに不安定で充電量の減り方も速いので、もう買い替えてしまおうかと思いつつ、しかしiPhone 8やXは発売されて半年経っていて、あと半年待てば次のモデルが発売されると思うとそれを待とうかという気にもなってしまい、なかなか踏み切れずにいました。

ところが、先々週末頃にふと「そういえば(RED)バージョンは出ないのかな」と急に思い出して調べてみると、iPhone 7の(PRODUCT) REDは昨年の3月に発売されていました。iPhone 8でもそろそろ出ないかと思っているとその噂が出てきて、そうかと思うと明日発表されるとリークされたという話になり、そしてついに発表と急展開しました。これまできっかけがなくて踏み切れずにいたのが(RED)ならもう文句はないだろうと思っていると、MKBHDの”Product RED iPhone 8 Unboxing!“という動画が公開されて”Really, really, red.”などと言っているので、これは買うしかないという気になってしまいました。
iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED おもて
ということで購入したのがiPhone 8 Plus(PRODUCT) REDバージョンです。iPhone 8 Plus自体は今更レビューしても仕方ないので省きますが、これまで使用していた6 Plusと比較すると圧倒的にレスポンスが速くなっていて非常に快適です。Touch IDの指紋認証が第2世代になって速くなっていることもあり、ホームボタンが物理ボタンでなくなったのもすぐに慣れることができるでしょう。

しかし何を置いても赤いボディーです。iPhone 8で背面パネルがガラスになったことで、透明感と艶のある赤色になってぐっと高級感が上がったような気がします。あくまで気がするだけで中身は何も変わらないわけですが、それでも所有することによる満足感はあると思います。また、表面の液晶周りのベゼル部分がiPhone 7の時に不評だった白から黒に変わったことで、シャープでアダルトな印象(なんだソレ)になったのも非常に良いです。

ちなみに(RED)というのはただ赤いというのではありません。U2Bonoと活動家のBobby ShriverAIDSと戦うために設立した団体で、その活動に協賛する商品の収益の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付されるというものです。ただオシャレなわけではなくて、人々を助けることにもなるというわけです。私の場合はほとんどあと付けですけどね。

ということで、3世代分の技術の進歩もありますが、ただ単純にバッテリーの持ちが良くなったと言うだけでも非常に快適です。実は赤い背面はケースに入れてしまうので見えなくなるわけですが、まあ見えないオシャレということで…ただの自己満足ですね。

「マナー」

本来は各個人が判断すべきことではないでしょうか。

以前から日本で「マナー」というものが履き違えられているような風潮が私は非常に気に入りませんでした。電車の中で携帯電話で話をしてはいけない、エスカレーターで歩かない人は地方によって右側か左側かに寄る、「飛行機の短い昼間のフライトではリクライニングシートを倒してはいけない」なんていうものもあるそうです。これらはどれも最近生まれたものであることは間違いありませんが、一体いつ誰が決めたのでしょうか。

もともと「マナー」という言葉は「行儀・作法」を指す言葉で、テーブルマナーや各種のしきたりのようなものを表していたのではないでしょうか。しかし、上で例に上げたものはどれも意味合いが異なるように思います。電車内での携帯電話については、本当は乗客同士が直接喋るよりうるさいということはないはずなのに、傍で聞いていると話の内容がわからないためにイライラする、というのが問題のはずで、要するに立ち聞きしなければ迷惑でもなんでもないはずなのです。また、エスカレーターについては、メーカーがやめてくれと言っているにも関わらず片側しか使わないことで、無駄に行列が伸びているのが本当にバカバカしいと思います。リクライニングの件は「短い」の判断基準が不明なのと、昼間でも疲れて眠いということはあるはずで、そもそも飛行機の背もたれなんてほんのわずかしか傾かないはずなのでくだらないことに思えてしまいます。

だいたいマナーというのは相手を気遣って自然に振る舞えることであるはずで、それをルールやマニュアルにしてしまい、誰かが決めた「マナー」に従うことが正しくて従わない人は悪い、と決めつけてしまうようなものは本来のマナーとは違うでしょう。電車の中では迷惑にならないように小声で通話すれば良いでしょうし、エスカレーターは立ち止まって乗るものなので混んでいる時に急ぐなら階段を駆け上がるべき、リクライニングシートは後ろに座っている人に迷惑になりそうなら一声かける、というように互いに気遣えば良いことです。

なぜ突然こんな話をするのかといえば、エキレビに「『了解/承知』どっちが正しいとか愚問だからもうやめませんか」という記事が掲載されているのを目にしたためです。私もちょっと前に「『了解』を目上の人に使うのは失礼」ということを聞いて気にしてはいたのですが、これが真っ赤なウソ、デマであったというのです。経緯については「『了解しました』より『承知しました』が適切とされる理由と、その普及過程について」という2016年の別のブログ記事で詳しく述べられているのですが、メール作法などの本を書いているライターの神垣あゆみという人が「『了解しました』よりも『承知しました』の方が『感じが良い』から」という個人的な感情に基づく、とんでもない勝手な理由で自身の著書でマナーとして紹介したというのです。

これは本当にひどいことではないでしょうか。本来失礼でもなんでもなく、受け取った人もこの「マナー」を知らなければなんの違和感も持たなかったはずなのに、これのせいで不愉快に感じてしまうということもあるでしょう。またこの間違った「マナー」について「この差って何ですか?」というテレビ番組で紹介したそうで、その理由について次のように説明しています。

「了=終わらせる」、「解=理解するとなり」、「了解しました」には話を理解して終わらせるという意味がある。終わらせる権限があるのは「目上の人」だから、「了解しました」は「目上の人」が「目下の人」に使う言葉。「承」は、「承る=聞くの謙譲語」で、自分を下げる言葉であるため、「目下の人」が「目上の人」に使うのが正しい。

こんなひどい話があるでしょうか。エキレビにも書かれているとおりですが、ある漢字に複数の意味があることは小学校で教わることですし、日本語の熟語というのはそれぞれの漢字に分解するだけで説明できるような単純なものではありません。「了」という字が終了の了だからといって「終わらせる」だなんて、子供でもしないようななんと子供っぽい理屈でしょうか。

エキレビでは他にも問題点が述べられていますが、そのどれもがまったくもっともな話で、私は完全に同意します。マナーというのは人に押し付けるものではありませんし、それに縛られて窮屈な思いをすべきものでもないでしょう。

Black Panther

Black Panther少々主張が強すぎるような気はしますが。

このところアメリカの人種差別を一つのテーマにした作品が続いていますが、今回観たMarvelの「ブラックパンサー」も主役を始めとするキャスト、監督以下のスタッフ、サントラを提供する歌手などその多くを黒人が占めているということで話題となりました。特に黒人社会では「自分たちにもこんなかっこいい映画が作れるんだ」ということで大変な熱気となったようです。Rotten TomatoesTomatometerも97%と非常に高い評価になっていますが、一方で観客によるスコアは79%と低く、「作品としての価値は高いが面白いかと言うと…」というようなものになっていないかが気がかりでした。しかし実際に観てみると決してそんなことはなく、大いに楽しむことができました。

諸外国にはアフリカの発展途上国の一つとしか認識されていないワカンダという小国が、実は一万年前に落下した隕石に含まれていたヴィブラニウムという希少金属のおかげで経済的にも科学技術的にも先進諸国を凌ぐ驚異的な発展を成し遂げています。そのワカンダを治める王はヴィブラニウム製のスーツに身を包み、代々の王にのみ与えられる特殊な薬草でスーパーパワーを得てブラックパンサーとなり国を守ります。この作品では主人公のT’Challaが王位に就き、ヴィブラニウムを狙うテロリストと戦う中で、これまでヴィブラニウムの秘密を守ってきたワカンダの新しいあり方を見つけることになります。

映画自体は良くも悪くも他のMarvel作品とあまり違いありません。ただ、やはり目立つのは登場人物のほとんどがいわゆる黒人であるということで、白人に虐げられていることに対して抵抗しなければならない、ということが基本的には肯定されているような気がしました。黒人も力を持たなければならない、と言って武器を手にしようとするか、平和的な解決を目指すかだけの違いなのです。日本にいる限りは黒人差別というものを日常生活で意識することはまずありませんが、特にアメリカでは、少なくとも黒人側は、ハリウッド映画に関わるような階層の人々であってもそういう意識が根強いということなのでしょう。

昨年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」での問題など、日本での各種表現が人種差別だと特にアメリカから批判されることが少なくありませんが、それは自分たちも有色人種とされている日本人が黒人に対して持つ感情が、アメリカの白人が持つものとは相当異なっているためでしょう。もちろんそういうことによって被差別側であるアフリカ系の人々が気を悪くするようなことは避けなければならないので、今回の件について擁護するつもりはありませんが、それを半差別意識の高い白人に攻撃されることには違和感があります。自分たちがそう考えているからといって相手も同じだと思うな、という「自己紹介乙」のようなものですね。

ということで映画自体の話から逸れてしまいましたが、本作はどうもメッセージ色が強すぎるような気がしてなりませんでした。ちなみにT’Challaの16歳の妹Shuriの役は現在24歳になるLetitia Wrightが演じているのですが、彼女はちょっと可愛いですね。ヒロインで恋人のNakiaはアカデミー女優のLupita Nyong’o、そして主役のT’Challa役はChadwick Bosemanですが、彼はこれまでに何度かアベンジャーズシリーズに出演してきているので顔なじみですね。まあ、黒人にもかっこいい映画はできるんだ、ということについては全くそのとおりだと思います。