Archives

ほんだのばいく

格の違い。
ほんだのばいく

ミュージックビデオからネタ動画までYouTubeには様々な動画がありますが、その中にゲーム実況というジャンルのものがあります。投稿者がゲームをしている画面を見せるというもので、無言でただゲームをやっているだけのものも、面白いことを喋りながらやるのでそれも楽しめるというものもありますが、もちろん人気がでるのは後者でしょう。

しかし人がやっているゲームなんて見て面白いのか、と言う人もいるかと思いますが、私は結構好きです。実は子供の頃、というのはスペースインベーダーが出てきた頃からの話で、ゲームセンターにはよく遊びに行っていたのですが、そこで自分がお金を出してプレイするのはほんの数回で、それよりも他の人がやっているのを脇から見ているのが好きでした。ゲームを一つの創作物として見ているような感じだったかもしれません。

ところで、そのゲーム実況界が騒然となったのが「ほんだのばいく」というチャンネルの登場で、まだ3回生放送しただけで、アーカイブとして公開されているのはそのうち1回分だけにもかかわらず、すでに登録者数は100万人を超えています。アーカイブの再生回数も200万回に迫ろうとしていますし、生放送の視聴者数も10万人を超えていました。夜9時頃からの生放送で10万人の人が見ていたというのは凄いことで、テレビの視聴率に換算するのは難しいですが、単純計算でも人口の1%近い人が見ていたということになるのではないでしょうか。

どうしてそんな凄いことになっているのかというのは一般のメディアでも報じられているのでご存知の方も多いと思いますが、実況しているのがモデルで女優の本田翼さんだからです。もともとゲーム好きを公言していて、休みの日もゲームをして過ごすことが多いそうですが、その趣味を活かすことにしたということでしょうか。

しかし、ただ有名人がやっているから人気があるというわけではないと思います。私もこのチャンネルの実況は見たのですが、さすがテレビに出ている芸能人ということなのか喋りがとても上手いのです。ゲームも夢中になると無言になってしまうということがあると思いますが、彼女はしっかり喋り続けています。しかも可愛いのでおじさんキラーと化しています。

彼女の登場でこれまでゲーム実況で視聴回数を稼いでいた人たちは完敗宣言をしたりしていますが、そうは言っても彼女の本業はあくまで女優でモデルで、あまり頻繁に公開するということもできないでしょう。また、ゲーム業界を盛り上げたいという思いでやっているとのことで、広告は付けていないのでどんなに見られても稼ぎにはならないようです。これを本業にすれば年収1億円などとも言われていますが、そこを欲張らない所がまた良いのでしょうね。また次の公開はいつになるかわかりませんが、私も楽しみにしたいと思います。

なお、チャンネル名は本名の「つばさ」がホンダのウィングマークから来ているということで付けたとのことですが、ホンダの許諾を得ているわけではなく安易だったと、変更を検討中とのことです。ホンダからクレームが有ったわけではないそうですが、まあ仕方ないでしょうね。

MINI車検

楽しさは変わっていません。
嵐山、竹林の小径

我が家にMINIがやってきてからあっという間に3年が経ち、ついに初回の車検を迎えることになりました。いきなり初回で大きな整備が必要なったりすることはないでしょうが、基本的にはお金がかかるイベントであり、決して嬉しいものではありません。

私は車両の購入時にTender Loving Care (TLC)なるサービスパッケージも5年間分加入しているので、主な消耗品の交換費用は前払いしていることになるのですが、残念ながらブレーキパッドディスクバッテリーといった比較的高額なものは対象外なのが残念です。とはいえ、それでも私の走行距離であれば元は取っているようなので文句は言えません。

実はすでに先日、警告灯が点灯したため後輪のブレーキパッドとディスクは交換済みなのでそこそこの出費となってしまったのですが、今回の車検ではバッテリーの消耗が明らかとなり、「この冬を越せるかどうか…」などと言うので交換してもらうことにしました。しかし国産車とは違い、またアイドルストップなどの電力消費も大きいため大型のバッテリーなのでなかなか高額のものです。いつかは交換しなければならないものですし、どこかで立ち往生するのも嫌なので仕方ありません。しかし結局、そのバッテリー以外には特別に費用の必要なものはなく、想定の範囲内には収まったのではないかと思います。

整備にはまる4日必要ということだったので代車を借りたのですが、MINI Cooper SD 3ドアでした。Cooper SDというのは2Lディーゼルのハイパワー仕様で、ガソリンのCooper Sよりも最高出力は低いが最大トルクは大きいというものです。私はこれに乗るのが初めてだったので、せっかくなので大山まで400km超のドライブに行ってしまいましたが、低回転からもりもり加速してスピードに乗るので運転しやすい反面、ポンピングロスがなくハイギアなのでエンジンブレーキが全然効かず、かつ高回転まで回せないので山道ではフットブレーキに頼らざるを得ないこと、回転が上がるとトルクが落ちてくることから、気持ち良さはガソリンの方が上かな、と思いました。しかし、何と言ってもディーゼル最大の長所は燃費で、23km/lほども走る上に軽油自体が安いので相当安上がりですし、ガソリンとタンクの大きさは同じなので航続距離の長さも魅力です。

ということで代車でも楽しませてもらったので今回の車検では特に不満も感じていないのですが、そもそも車検というのは必要なものなのか、ということはあります。アメリカでは州により事情は様々なのですが、私が住んでいたミシガン州には車検のような制度はなく、かなりボロボロの車でも自由に走っていました。しかし、それは自己責任という言葉が通用する社会だからこそ成り立つもので、たとえば気温が-20℃以下になる真冬に街から何十キロも離れたところで車が立ち往生したら、大げさではなく生命の危機に直面します。まともな人ならそうなる前に整備しておこうとなるので、自分の意志で定期的に整備するのですが、日本ではそういう訳にはいかないように思えるので、残念ながら必要な制度なのでしょう。

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。
太陽の塔

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクーロシアエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

太陽の塔

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)
平野 暁臣
青春出版社
売り上げランキング: 293,802