Archives

Tomb Raider (2018)

オチがちょっと寂しい?
🏹

Amazon Prime Videoは結構頻繁に対象作品が変わるので、こまめにチェックしているとちょっと観たかった作品が対象になっていたりします。先日も何気なく確認してみるとまた対象が変わっていて、「トゥームレイダー」シリーズのリブート作品である「トゥームレイダー ファースト・ミッション」がPrime対象に加わっていました。この作品は今年3月に公開されたものなので、1年も経たずにPrime対象になってしまうというのは嬉しい反面、製作側の気持ちも考えてしまって少々複雑な思いになってしまいます。まあAmazonもそれなりの金額で権利を購入しているでしょうから、悪いことではないのでしょうが。

トゥームレイダー ファーストミッション(字幕版)
(2018-07-25)
売り上げランキング: 14,762

トゥームレイダー」といえば1996年に発売された第1作に始まる3Dアクションアドベンチャーゲームのシリーズですが、これまでになんと17作も発売されているようです。最初はポリゴン丸出しでそれをプレイヤーが想像力で補完するようなグラフィックスだったものが、最近のものでは実写とも見紛うほどの美しいものになっていますが、本シリーズこそが3Dアクションゲームの先駆けでした。なお、本作は邪馬台国の女王、卑弥呼の伝説をもとにしたものになっていますが、この設定は2013年に発売されたリブート作品のゲームの設定のようです。

今回、主人公のLara Croftを演じているのは「エクス・マキナ」や「リリーのすべて」、「ジェイソン・ボーン」に出演しているAlicia Vikanderです。前のシリーズはAngelina Jolieのはまり役ということでAngieの評価を高めることになったようですが、少々謎めいていてワイルドな雰囲気があったように思います。それに対して本作のAliciaは北欧系の端正な顔つきであるせいかやや上品な感じになってしまっていますが、Lara Croftの最初の冒険ということであればこれでいいのかもしれません。ここから様々な経験を積み重ねて強い女性になっていくということなのでしょう。

実は本作はあまり評価が高くないのですが、私はそんなに悪くないのではないかと思いました。特に、洞窟内に入ってからは往年の「インディ・ジョーンズ」のような演出もあってなかなか楽しめました。しかし、終わり方はいかにもシリーズ化しそうなものになっていましたが、今回の興行成績ではそれも難しいでしょうか。期待は高かったので初動は良かったようなのですが、日本ではプロモーションが弱かったような気もしないではありません。

Amorno Bluetoothイヤホン

ここにも着実な技術の進歩が。
🎧

今年のはじめ頃に通勤時にPodcastを聞くためにDITONGというブランドのワイヤレスヘッドセットを購入したということを書きましたが、当初は調子よく使えていたこの製品もしばらく経つと徐々に動きが怪しくなってきました。顕著なのはBluetoothの接続性で、電源を入れても一発で繋がらないことが多く、何度か電源のON/OFFを繰り返してようやく使えるようになるという状態になってしまい、快適とは程遠く、時間的なロスにもなっていたので買い換えることにしてしまいました。もともと2000円と安いものでしたし、気に入らなければ買い換えようということだったので想定の範囲内だったと言えます。

今度はどれにしようかと再びAmazonを見てみると、半年余りの間にまた新しい製品もたくさん出てきていて、また選ぶのに困ってしまいます。私の条件を列挙すると、片耳タイプであること、通話は必要ないのでマイクの性能は求めないこと、できる限りコンパクトであること、バッテリーは4時間程度以上持つこと、充電が容易なこと、といったことになるでしょうか。これらの条件を満たす中でできるだけファッショナブルなものとして選んだのが、Amornoというよくわからないいかにも中国メーカーらしいブランドの製品です。まあ、一昔前は(今でも)日本のメーカーだって横文字なら何でもいいのかというくらい酷いブランド名を付けていたものですが。

購入してからすでに1ヶ月あまり使用しているのですが、これまでのところではすこぶる快調です。何より嬉しいのはBluetoothの接続が圧倒的に速いということで、電源を入れると音声で”Power on”と言うのですが、その直後に間髪入れず”Device connected”と接続が確立したことを知らせてくれます。これだけでも目下の不満は解消されているのですが、その他に嬉しいのは防水なので雨でも安心、コンパクトでポケットに入れておいてもかさばらない、といったことが挙げられます。

また、非常にコンパクトなボディですが、バッテリーの持ちは私の往復の通勤とちょっとした寄り道程度なら不安なく使えるくらいには十分です。先日の出張時には途中で切れてしまいましたが、それまでに5時間ほど使っていたと思うので仕方ないでしょう。ただ、毎日帰宅後に充電することは必要なようですが、充電用アタッチメントとは磁石で吸着するので、たいした煩わしさはありません。充電時間は数十分でしょうか。

私はなぜか色々なサイズのイヤーチップを持っているので、耳にフィットするものに交換して使用していますが、購入すると3種類のイヤーチップが付属しているのでそれらを使えばよいでしょう。また、ソフトケースも付属しているので、充電器と一緒に持ち歩く場合に便利かと思います。

装着感としては、歩いているだけで落ちそうになることはありませんが、耳までかぶっているビーニーを脱ぐときに一緒に外れてしまい、地面に落としてしまうということがありました。重さはないので直ちに壊れるということはないでしょうが、それ以来気をつけるようにしています。

ということで、通話はしていないのでマイクの性能などはわかりませんが、それ以外では今のところ特に不満らしい不満もありません。操作できるスイッチは電源と応答を兼ねたボタン1つだけなので音量調節などはできませんが、スマートフォン本体で操作すればすむことですし、私はPebbleでも操作できるので特に音量やスキップのためのスイッチの必要性は感じていません。ただ、長押しで電源を切るのですが、押す時間が微妙に短くてSiriが起動してしまうことがままあり、その点はちょっと厄介ではありますが…まあそれくらいです。

A Star Is Born (2018)

Gaga本人の実話ではないかと思えるほど。
🌟

先日の「ボヘミアン・ラプソディ」に続いて音楽に関する映画になりますが、今日は「アリー/スター誕生」を観てきました。この作品は1937年の映画「スタア誕生」の3回目のリメイクになるとのことですが、1937年版と1954年版はハリウッドの映画界を舞台としていたのに対し、1976年版と今作は音楽界に舞台を移したものとなっています。そしてもちろん細かい設定は現代的なものにアレンジされているので、原案程度のものなのだろうと思います。ちなみに1937年版はすでにパブリックドメインとなっていてYouTubeなどでも全編を観ることができるようになっているので、近いうちに観てみたいと思っています。

本作は人気歌手Jackson MaineとAllyが偶然の出会いから惹かれ合い、Allyの歌に惹かれたJacksonが彼女を自分の舞台に上げてAllyの作った歌をデュエットさせたことがマネージャーの目に止まって、トントン拍子でAllyもグラミー賞の新人賞を取るまでになり…という成功と苦悩と悲しい愛の物語です。

Jacksonを演じているのはBradley Cooperですが、本作はBradleyの初監督作品でもあります。主役を演じながら自ら監督するというのがどういうものなのか私には想像もできませんが、この作品ではさらに主題に深く関係する歌を歌っているのですから凄いことです。Bradley Cooperって歌手でもあったかな、と思うほどに歌も上手いのですが、天は二物をなんとやらというのは何だったのでしょうか。

そしてもうひとりの主役Allyを演じるのがLady Gagaであるということで本作は話題になっているのではないかと思います。もちろんGagaは歌手なので歌唱力を大いに発揮しているわけですが、演技の方もかなりのものではないでしょうか。複雑な感情の表現が求められる役柄であるのに、実に見事かつ自然に演じきっていました。批評家からも高い評価を得ているようで、本作自体はRotten TomatoesTomatometerは90%ということですから、これはもう絶対的な傑作と呼んでも良いはずです。ただ、Gaga自身の映画出演はこれが初めてではなく、これまではそう目立った活躍でもなかったことを考えると、本作の役柄が本人に上手く合ったということなのかもしれません。とはいえ、本作での演技については私も手放しで称賛したいと思います。

ということで、長い年月をかけて4回もリメイクされるというのも凄いことですが、これだけ成功したリメイクもなかなかないのではないでしょうか。なお、今回のリメイクにあたって当初はBeyoncéの主演が予定されていたそうですが、それが実現していたとしたらまた違ったものになっていたでしょうね。それもまた観てみたかったような気がしますが、それは叶わぬ夢ということで夢想するに留めるしかありません。