Archives

Twelve South Journal Wallet Case for iPhone 8 Plus/7 Plus

Twelve South作りはしっかりしています。

先日iPhone 8 Plusを購入し、その後1日だけケースがない状態で持ち歩いていたのですが、ツルツルした本体を裸で持つことに慣れていないためうっかり手を滑らせてしまいそうで非常に落ち着きませんでした。iPhone 6 PlusではTwelve Southという会社のBookBookという古い本のようなデザインが売りの手帳型ケースを使用していて、iPhone 6 Plusと8 Plusは大きさが同じなのでそのまま使えるのではないか、デュアルカメラになっているのでその出っ張りが干渉するかと思いきや、左側の「着信/サイレントスイッチ」の位置が微妙に異なりうまくはまらず使えませんでした。そのため、だいぶボロくなっているし持っていても仕方がないので、BookBookは6 Plusを下取りに出してしまってからすぐに捨ててしまいました。

ということで、とても気に入っていたので8 PlusでもBookBookを使おうかと思ってTwelve Southのウェブサイトを見てみたのですが、Journal for iPhoneという別の製品の品質が高そうで気になってしまい、こちらを購入することにしました。

Twelve South Journal Wallet Case for iPhone 7 Plus ブラック [並行輸入品]
Twelve South LLC
売り上げランキング: 1,697,115

ただ、Amazonではだいぶ高く売られているので、私は定価で売られているApple Storeで購入しました。7800円というのはだいぶ高いような気がしますが、届いた製品を触ってみても革の質感はかなりしっかりしていて高級感があります。BookBookは見た目のデザインの割にちょっとチャチに感じることがありましたが、Journalは持っているうちに手に馴染みそうで満足感があります。

しかし、BookBookでは本の表紙に当たる部分のカバーからiPhoneをセットしたケースを簡単に外すことができて、これが車載マウントや自撮り棒にセットする時にかなり便利だったので、このJournalも同じような作りなのかと思ったら、カバーとケースが一体になってしまっていて、同じように使うことができなかったというのが大きな誤算でした。しっかり調べずに勢いで買ってしまった私が悪いのですが、使い勝手としては低下してしまっているのが残念です。

もう一つ、カバーが120度くらいまでしか開かず、完全に裏に回すことができないので、ポケット部に入れたICOCAなどをタッチする時に当てづらいという問題もあります。私は徒歩通勤で日常的にICOCAを使うわけではないのでちょっと我慢すればいいだけですし、Apple PaySuicaを入れていればそれを使う時には問題にならないでしょう。私もSuicaを持っているはずなのですがどこかへ行ってしまったので、次に関東に行ったときにでも入手してApple Payで使えるようにしたいと思います。私が一番ICOCAを使う神姫バスは2年前までICOCAには対応していてもSuicaには対応していなかったのですが、今は使えるようですし。

ということで、特に一番目の欠点についてはどうしようかと思っているところです。マウントにセットする時にいちいちケースから外すのも大変ですし、頻繁に付け外しをしていると緩んできてしまいそうですし、なかなか考えものです。後悔先に立たずですが、やっぱりBookBookにしておくべきだったのでしょうか…

iPhone Trade-in program

Appleまだ使えるようでも実際には使わないので。

先日、私はiPhone 8 Plusを満を持して購入したわけですが、256GBモデルを普通に購入すると税別でも10万円を超えてしまいます。文字通り毎日使うものですし、私の場合はそう頻繁に買い換えるものでもないので、高すぎるとまでは思っていません。特に、これまで使用していたiPhone 6 Plusは3年半ほど使いましたので、今回も同程度使うと思えば1年あたり3万円程度、1日あたりで言うと80円ほどとなりますから、そう考えるとどうということはないような気がしてしまいます。

とはいえ、絶対値としては高額です。またいわゆる携帯電話キャリア、MNOの三社が行っている「実質負担金○○円」のようなものは体のいい割賦でしかないので、総額としては一括購入するよりも高くつくことになります。

話は逸れますが、私は「安くつく」という言葉を聞くととても気になってしまいます。「高くつく」の反対は「安く上がる」ではないのでしょうか。「ーつく」という言葉にはネガティブな意味が含まれますので、安く上がって喜ばしい場合には特におかしいと思います。またもう一つ、「リーズナブル」という言葉をただやすいという意味で使うことにも非常に違和感があります。reasonableというのは妥当、適当ということですから、安価なものに対して「リーズナブル」だというのはその程度だということになってしまいますが、決してそういう意味では使われていないでしょう。

さて話を元に戻しますが、MNOと契約して月々5千円以上の代金を払っていると麻痺してしまいがちな携帯電話は、スマートフォン以前から相当な精密機器であり、何万円するというのもまさにリーズナブルであったわけですが、機能や性能の高度化に低価格化が追い付かず徐々に価格が高くなってきてしまい、ついに10万円を超えるまでになったということです。性能を抑えれば価格は上げずに済むのでしょうが、それでは売れないので仕方ないでしょう。

私はMVNOIIJmioを利用しているのでアップルストアでSIMフリー版を購入したのですが、この時「Apple GiveBackの下取りプログラム」というものを利用することにしました。これまで使用していてバッテリーが劣化していたiPhone 6 Plusを下取りに出すことで、8 Plusの購入価格から最大14千円の割引が受けられるというものです。なお、7 Plusの下取りでは最大38千円になるということなので、毎年買い換えるような人も2/3程度の価格で新しいものが手に入るということなのかもしれません。

下取りに出せるのはiPhoneだけに限らず、いわゆるフィーチャーフォン、ガラケーや、他社製のスマートフォンも対象になっていますので、手元に不要な端末があるという人はiPhone買い替えを機に処分がてら下取りに出してしまってもいいのではないでしょうか。なお、私は店頭での購入時にデータを削除して古いiPhoneを手放してしまったので値引きとなりましたが、オンラインストアでの購入でも下取りを受け付けていて、その場合は値引きの代わりにApple Storeギフトカードが届くようです。

Thor: Ragnarok

Thor: Ragnarok順序が逆になりましたが。

先日公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を先に観てしまったのですが、昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見逃してしまっていたので序盤の状況がよくわからなかったということを前回の記事で書きました。「マイティ・ソー」シリーズは世界観があまりに現実離れしているためになかなか取っ付きづらいところがあるのですが、「バトルロイヤル」については過去最高の出来という評判だったのでぜひ観たかったのですが、他にもみたいものがあったおかげでタイミングが合わなかったのでした。しかし、そのまま観ないでおく訳にはいかないということでAmazonのストリーミングで観てみたところ、やはり先に観ておくべきだったというのが率直な感想です。

本作の原題は”Thor: Ragnarok”といいます。「ラグナロク」と聞くと「ラグナロクオンライン」を思い浮かべてしまう人もいるかもしれませんが、もちろんまったく関係ありません。ラグナロクというのは北欧神話における終末の日、神々が戦い滅びる日のことです。「マイティ・ソー」のシリーズは北欧神話をベースとしているので、本作もこれに因んだ内容となっています。本シリーズは北欧神話をモデルにしているという程度で、北欧神話に造詣の深い人からすれば一緒にしないでくれというようなもののはずですが、ある程度固有名詞を知っていると一層楽しめるということは言えそうです。

一昔前はスーパーヒーロものなんて二級扱いもいいところだったと思うのですが、本作ではCate BlanchettIdris ElbaJeff GoldblumAnthony HopkinsBenedict Cumberbatchといった錚々たる俳優陣が出演していて、一体どんな大作かといったほどのものです。こうした豪華出演者のおかげで軽薄さが拭われ、ある種の説得力を得ることができるのでしょう。

ところでまた酷いのが本作の邦題です。日本では「ラグナロク」というものの知名度が低いということはあるかもしれませんが、「バトルロイヤル」というのはどういうことなのでしょうか。字幕でも「バトルロイヤル」という言葉が使われていましたが、実際に行われているのはThorHulkの一対一の対決であり、決してバトルロイヤル的なものではありません。英語の元のセリフではContest of Championsと言っており、的確な翻訳が難しいのはわかりますが、そもそもこのイベントはストーリーのごく一部でしかなく、本題からはかなり外れたものです。このような邦題からは作品に対する熱意や愛情がまったく感じられず、本当にどういうセンスで付けているのかさっぱり理解できません。