Archives

Hewlett Packard EnterpriseがCrayを買収

大きくなったり小さくなったり。
📰

スーパーコンピューターといえば、悪夢の民主党政権で行われた「事業仕分け」という茶番の中で「仕分け人」であった蓮舫議員が発した
2位じゃダメなんでしょうか?」という発言が未だに記憶に残るが思い浮かびますが、この京も今年8月に計算資源の共用終了予定となっており、2021年頃にはポスト京が動き始めるようです。

この京は2017年まで6期連続でGraph5001位、3期連続でHPCG1位を獲得したとのことで、それだけ順位を維持したということ自体も凄いことですが、この分野の競争も非常に激しいものなので今はどうなっているのかと見てみると、Graph500の方では2018年11月のランキングでも未だに1位を維持しているようです。HPCGの方では2018年11月現在で3位となっていて、上位2機はアメリカのもので性能に大きく差をつけられているものの、それらはコア数も京の倍以上となっており、技術の向上だけでなく規模の拡大も必要ということで、資金力が大きく物を言うものであることが明らかです。

しかしもちろん、スーパーコンピューターの開発というのは記録を出すためにやっているわけではなく、様々な分野において技術革新のためにそれだけの計算量が必要とされていて、それに応えるべく開発にしのぎが削られているわけです。2位でいいなんて言っていたらそもそも2位についたとしても一瞬で、あっという間に他国に置いていかれてしまいます。

それはさておき、2015年に分社されたHewlett Packardの企業向け部門であるHewlett Packard Enterpriseが、スーパーコンピューター業界の名門Crayを13億USドルで買収するということが”HPE to accquire supercomputing leader Cray“というプレスリリースで発表されました。Crayといえば「スーパーコンピューターの父」とされるSeymour Crayが創立した、スーパーコンピューターメーカーの代表企業です。上述のGraph500やHPCG、そして計算速度ランキングであるTOP500でも常連と言っていいでしょう。

私が「スーパーコンピューター」と聞いてまず思い浮かべるのが子供の頃に写真で見たCray-1Cray-2の独特な形状です。まるで座ってくれと言っているようなベンチのような形をしていますが、当然それは座るためのものではありません。配線をできるだけ短くするために円筒状になった本体に、フロン冷却システムが組み合わされた結果、このような形になったわけです。しかし、そのような必然性の結果、このような美しい姿になるというのは不思議なものです。このCray-1の姿はカリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館見ることができ、大変感激しました。

この1975年に発表されたCray-1はクロック周波数80MHzで160MFLOPSという性能でした。現在のメインストリームクラスのデスクトップPCで使われているCore i5でも最新の9600Kではベース周波数3.7GHz、445GFLOPSだそうですから、すでに単位がメガからギガに変わってしまっており、40年余りの間の技術革新には驚くばかりです。ちなみに、京の性能は2GHz8コアCPUの88128個で構成されて10PFLOPSとのことで、もう声も出ません。しかし、その礎を作ったのは他ならぬCrayだったわけです。

そのCrayがHPEに吸収されて、今後どのような発展が見られるでしょうか。といっても、Crayもずっと独立企業であったわけではなく、Silicon Graphicsが取得されたり、Tera Computerと合併したりとしてきたわけですが、Silicon Graphicsも2016年にHPEに吸収されているため、結局関係者が一つに戻っただけのことなのかもしれません。となると、わざわざ記事にするまでもなかったような気がしてしまいますが、調べてわかったこともあるので良しとしましょう。

イカリスパイスカレーとんかつソース

カレーが嫌いな日本人はいないでしょう。
🍴

地元兵庫県のメーカーなので関西圏以外の人はご存じないかもしれませんが、関西圏でソースと言えばオリバーソースオタフクソース、そしてイカリソースです。関東にいる時にはソースといえばブルドックソースでしたが、イカリソースは今はそのブルドックソースの傘下になっているようなので、ひょっとすると全国的に知られるようになっているのでしょうか。

そのイカリソースがイカリスパイスカレーとんかつソースなるものを発売するというのをどこかで知って、ちょっと気になっていたのですが、先日スーパーマーケットに買い物に行った時に見つけてしまいました。私は変わったものは試さずにはいられない性分なのですが、さらにカレー味となれば、安いものですし買わない理由がなかったので、早速買ってみました。

しかし家ではあまりトンカツは食べないのでしばらくお預けだったのですが、先日の夕食がアジフライだったのでこれはと思い、かけてみることにしました。食べてみるとこれはあくまでカレー風味のソースという感じで、基本は酸味のきいたソースで、そこにクミンを中心としたスパイスの香りがするといったものでした。しかしそれならなおさらアジフライに合わないわけもなく、ただのソースよりもさらにスパイスが効いていて、食べているうちに他のソースでは物足りなく感じてきてしまったような気がします。

そうはいっても発売元もそんなにヒットすることは期待していないでしょうし、ゲテモノ扱いされてしまうのも仕方ないような気はしますが、食べてみるまでもなく美味しくないわけもないので、見つけた人はぜひ一度試してほしいと思います。多少は日持ちのするものなので、私もある程度買いだめしておいた方がいいのでしょうか。

Lume Cube Air

光あれ!
💡

私の最近の趣味の一つは「美味しい食べ物の写真を美味しそうに撮る」ということなのですが、時として店内の照明が落とされていて思うようにきれいに撮れない場合があります。いかに最近のカメラの高感度性能が良くなったと言っても、きれいに光が当たっていないものは明るく写ったとしてもきれいには見えません。そういう場合は肉眼でもあまり美味しそうには見えていないものなので、料理は舌と目の両方で楽しむものと思っている私にはとても残念なことです。

そういう場合に備えて、一つ強力な武器を手に入れました。それがLume CubeLume Cube Airというもので、簡単に言えば非常にコンパクトなLED照明です。

私も最初はLEDがグリッド状に多数並んだスマートフォンほどの大きさのものを物色していたのですが、Lume Cubeがコンパクトでありながら高品質な光を作り出せることを知り、ちょうど新製品としてLume Cube Airが発売されるところだったためこちらを購入したのでした。したがって、私が入手してからすでに数ヶ月が経過しており、ある程度使ってみてからこの記事を書いています。

本製品にはホワイトとオレンジの2色のディフューザーが添付されていて、本体前面の全体にかぶせるようにして装着すると光を柔らかく拡散してくれます。LED自体の5600Kということで、オレンジのディフューザーを装着すると低めの色温度になりますが、ホワイトのほうが自然な光になるような気がします。

本体は防水なので雨でも気にせず使えるというのも良い点です。私のカメラは防滴仕様なので雨の中でも構わず撮ることがあるのですが、そういうときでも必要があれば補助光を加えられるというのは便利です。ただし、今のところそのような状況はありません。

重量わずか56gというコンパクトな本体ですが、50%の明るさで約2時間作動するというバッテリーが内蔵されており、Micro USB端子で充電します。また、充電しながらでも使えるということなので、モバイルバッテリーにつないでおけば長時間点灯可能というのはビデオ撮影などに使用する人には良いのではないでしょうか。私は1回あたりで使用する時間はせいぜい数分なので、本体だけでも十分すぎます。

この製品はiOSとAndroidのアプリでBluetooth経由で操作できるというのも売りになっています。アプリを起動すると自動的に認識してすぐに接続され、明るさをきめ細かく調整したり、フラッシュ点灯、点滅など制御が可能です。また複数のLume Cubeを制御可能ということなので、いくつも使用する場合には便利なようです。また、バッテリー残量がパーセンテージで表示されるのも、本体には何も表示手段が無いだけに助かります。

若干問題を感じているのは背面に磁石が内蔵されていることで、便利な場面もあるのかもしれませんが、カードの磁気ストライプの情報が消えてしまう危険性が高いので、特に鞄の中などで取り扱いに気を使います。鉄板でも取り付けておけばいいのかもしれないとは思っていますが、最初から内蔵されていないか、取り外せるような構造になっていれば良かったのにと、他に目立った欠点がないだけに、ただそれだけが残念なポイントです。

ということで、店内が暗いときに雰囲気を壊したり迷惑を掛けないように遠慮しながら使用しているのですが、それほど暗くない場合でも補助光を与えることでよりきれいに写すことができる場合もあり、まだいろいろ試行錯誤しているところです。コンパクトで手で摘んで持ちやすい形状なので、右手にカメラ、左手にLume Cubeという体勢で光の当たり具合を確認しながら撮影できるというのは思っていた以上に便利でした。