Archives

カメラを止めるな!

よろしくで〜す。
カメラを止めるな!

製作費たったの300万円でもこんなに面白い映画は作れる、と巷で話題沸騰の映画「カメラを止めるな!」です。

東京のたった2館から始まって全国に次々と拡大し、現在公式ページの劇場一覧にはこれからというところを含め数多くの劇場が掲載されていますが、我が町姫路でも今週末から公開されることになりました。一週間前の先週金曜日深夜12時に予約開始ということだったので、いつもはとっくに寝ている時間まで頑張って起きて、1分以内に予約を完了しました。とはいえ、何日かあとに予約状況を見てみたところではそんなに慌てる必要はなかったようですが、まあ気持ちの表明ということで、それはそれでいいのです。

ということで初日の昨日、6時半からの回で観てきましたが、期待していた以上に面白かったです。極力何も知らずに観た方が楽しめるということだったので、ほとんど下調べをせずに臨みましたが、なるほど面白いというのはこういうことか、と納得です。したがって、普段も映画の話を書くときはできるだけネタバレにならないように努めている私ですが、今回はどんな些細なことでも影響してしまいそうなので、これから観ようと思っている人はこれ以上は読まない方が良いのではないかと思います。

もちろんストーリーについてなど書くことはできませんが、公式ページから引用すると以下のような話です。

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​ 大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
“37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”

この37分ワンカットという、いわゆる長回しも見所の一つでしょうが、本作の面白さとは関係無いようで大いに関係がありますね。ちょっと退屈しそうになるところもあるけれど、それにも意味があるので最初の37分はとにかく集中して観ましょう。注意力があるかどうかでどれだけ楽しめるかどうかが変わると言って良いのではないでしょうか。なんだか意味のわからない動きをする人にも、ちゃんと理由があります。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の伏線を回収していくのが気持ちいいという人には絶対に楽しめるでしょう。

本作はまたエンドロールが面白くて、映像に見入ってしまうのでキャストやスタッフにはぜんぜん目が行きません。これはどうなのかとも思いますが、これも重要な一場面とも言えますし、かと言って本編には入れようがないので仕方ないでしょう。エンディングテーマ曲「Keep Rolling」はJackson 5の”I Want You Back“をモチーフ、というかほとんどそのままなのにメロディ自体は違うからOK、というなんだかギリギリの曲ですが、確かに著作権的には問題なさそうです。でもメロディは違うのに同じようにしか聞こえないという原曲もすごいですね。

Keep Rolling (映画『カメラを止めるな!』主題歌) [feat. 山本真由美]
kenson Records (2018-07-06)
売り上げランキング: 71

シン・ゴジラ」が面白いと言って騒いでいた連中がまた騒いでいるだけ、と揶揄する人も某所にはいましたが、実際これは理屈抜きに面白い映画でしょう。映画の面白さを再認識させてくれるとも言えます。製作費や出演者の豪華さというものが作品自体の面白さとは直接関係ないということも明らかにしてくれました。私はこの記事を書きながらもう一度観たいという気持ちがふつふつと湧いてきてしまったので、できればこの週末のうちに観て隅々まで確認したいと思います。

…といっているうちに気持ちが高まってしまい、2回目を観てきてしまいました。パンフレットを買うということも忘れていたので、そのついでというかなんというか。2回目は2回目で楽しみ方が違ってやっぱり面白かったです。

Whip It

本物を一度見てみたかったような。
Whip It - Ellen Page as Bliss aka Babe Ruthless


連休中立て続けに見た映画の最後は「ローラーガールズ・ダイアリー」となりました。この作品は「E.T.」のGertie役で天才子役として一躍有名になったDrew Barrymoreの初監督作品となっており、Drew自身も出演しています。まあその後沢山の作品で実績を残しているので、今さら「E.T.」を引き合いに出されるのは嫌でしょうけどね。

本作はテキサスの小さな町に住むBlissという17歳の少女が、母親に美人コンテストに出場させられる日々に嫌気が差しているところで州都オースティンで開催されるローラーゲーム(Roller Derby)を知って引き込まれ、入団テストを受けることになり…という話になっています。このローラーゲームというのはローラースケートで小さな楕円リンクを周回するレースですが、フィジカルコンタクトのあるゲームとなっています。1960〜70年代に流行したということですが、アメリカでは現在も細々と行われているようです。

劇中の舞台となっているTexas Roller Derby (TXRD)というのは実在のリーグのようですが、YouTubeチャンネルの動画を観てみると、映画のものとはだいぶ雰囲気が違います。作品中では倉庫に集まってアンダーグラウンド的に行われているようでしたが、実在のものは体育館のようなところで健全な感じで行われており、公式ウェブサイトで見られるような迫力は動画ではあまりなく、やはり映画の演出力なのかと感じてしまうようなものです。なお、やっぱりアジア人はほとんどいないようですが、Cherry BombsNinja Pleaseという選手はその名前からして日本人のように思われます。

競技そのものについてはまあ良いのですが、主演のBlissを演じるEllen Pageが非常に良いです。Ellenは「JUNO/ジュノ」で主人公のJunoを演じて喝采を浴びたのですが、本作で見せる表情も素晴らしいと思います。本作は2009年の作品なのでEllenは当時22歳前後だったということになりますが、17歳の高校生の揺れ動く心を見事に表現しているのではないでしょうか。Junoに続いて本作がこれでは、Ellenが出演している他の作品も観なければいけない気がしてきました。

Begin Again

自分にも楽器の一つでもできたら。
Begin Again

今年の盆休みは前半にちょっとした旅行に行っていたということもあり、その後は自宅からあまり出かけずにおとなしく過ごしているのですが、Amazon Prime Videoで立て続けに何本もの映画を観ています。連休前に「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観たので、これまでのシリーズ1作目から5作目までを続けて観たり、これまでに観たことのある映画を振り返ってみたりもしているのですが、1作目の「ミッション:インポッシブル」がさすがに20年以上前の作品なのでTom Cruiseもかなり若くて驚いたり、内容もほとんど覚えていないので結構楽しめます。

また、Amazon Prime Videoは基本的に無料なので、ちょっとでも関心を持った作品をつまみ食い的に観てみて、好みでなかったら途中でやめてしまうということも気兼ねなくできてしまうので、映画の楽しみ方もだいぶ変わるような気がします。新作のプロモーションのために関連作品が加わったり、プライム会員特典で無料で観られる作品は結構入れ替わるので、映画そのものが嫌いにならない限り見飽きてしまうというようなこともないでしょう。

ということで、今回観たのは「はじまりのうた」という2013年の作品(日本公開は2015年)で、ニューヨークの街で落ち目の音楽プロデューサーと失恋の痛手で故郷へ帰ろうとするシンガーソングライターとが出会い、自分たちのアルバムを作り上げるまでを描いた物語です。

はじまりのうた BEGIN AGAIN(字幕版)
(2016-02-10)
売り上げランキング: 6,537

本作では主人公のシンガーソングライターGretta JamesをKeira Knightley、プロデューサーDan MulliganをMark Ruffaloがとてもいい感じで演じていて、この二人のおかげで落ち着いた作品になっているのではないかと思います。また、話題性があるのはMaroon 5のボーカリスト・ギタリストであるAdam LevineがGrettaの元恋人Dave Kohl役で映画初出演しているということでしょう。演技は若干素人っぽいところがないでもありませんでしたが、歌う場面はさすがです。なお、この作品で象徴的な役目を担って歌われているLost StarsはMaroon 5のアルバム「V」のデラックス盤にボーナストラックとして収録されていました。

この作品の監督John CarneyももともとロックバンドThe Framesでベーシストをやっていたということらしく、音楽をテーマにした作品を多く手がけているようです。本作でも音楽に対する愛情はひしひしと伝わってくるものがありました。また、舞台となっているニューヨークの街角の風景をとても格好良く切り取って映像にしていましたが、監督自身はアイルランド出身ということなので、ダブリンを舞台にした「ONCE ダブリンの街角で」ではどのように描かれているのか興味が湧いてきました。この作品も現在Prime Videoの対象となっているので、今のうちに観ておきたいと思います。

ONCE ダブリンの街角で (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 39,302