Archives

Green Book

ひねりはないけれどいい話。
🧳

今月の映画の日、3月1日は金曜日で仕事帰りに観に行くことができてとても嬉しいのですが、直前に発表された2019年米国アカデミー賞で作品賞と助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞した「グリーンブック」の公開日でもあり、この作品はもともと観たかったということもあり、迷うことなく予約を入れて観てきました。さすがにアカデミー賞の効果もあって、いつもは映画の日でもガラガラの金曜日もなかなかの賑わいでした。

この作品は、ニューヨークのナイトクラブCopacabanaで働いていたイタリア移民のTony Lipと、アメリカの黒人ピアニストDon Shirleyという実在した2人の人物の間に、アメリカ南東部、ディープサウスを巡るツアーを通じて人種を越えた友情が築かれる過程を描いた物語となっています。舞台となっている1962年当時のアメリカはまだ黒人差別も根強く、Tony自身も当初は差別主義者であり、またディープサウスはとくに差別の厳しかったところで、数々の差別的出来事が起こりますが、それらを通じてTonyの考え方も変化していくというわけです。

主演は「ロード・オブ・ザ・リング」のAragornを演じていたViggo MortensenがTonyを演じ、Mahershala Aliが演じるDonは助演ということになっているようです。Viggoはこの映画で大食漢のTonyを演じるために体重を20kg程も増やしたとのことで、立派な太鼓腹を見せています。一方でMahershalaはこの役で「ムーンライト (映画)」に続いて2度目のアカデミー助演男優賞を受賞しているわけですが、つい先日観た「アリータ: バトル・エンジェル」でも重要な役どころを演じており、今が旬の俳優ということになるのでしょうか。

タイトルとなっている「グリーンブック」は当時のアメリカで黒人が宿泊できるホテル、食事できるレストランなどを紹介したガイドブックのことで、創刊したVictor Hugo Greenの名前に因んでいますが、それに合わせて表紙が緑色になっているのはシャレでしょう。しかし、こういうものの存在自体が現代では考えられないことですし、アメリカにとっては恥ずべきことですね。かといって日本は問題ないのかというとそんな事は言えず、むしろ表立っていないだけに質が悪いのではないでしょうか。

Alita: Battle Angel

次はいつかな。
👼🏻

予告がいいからと観てみたら本編は全然大したことがなくてがっかりした、ということも何度かありましたが、今回観た「アリータ: バトル・エンジェル」は逆にあまり予告では期待が持てなかったので観ないつもりでいたら前評判がいいので観てみたらとても面白かった、という嬉しい誤算でした。

本作は木城ゆきと氏の「銃夢」という漫画を原作としたものです。現在AmazonではKindle版の1巻を無料で読むことができるので、私も映画を観たあとで読んでみましたが、原作に忠実なところ、設定や物語の順序がちょっと変わっているところ、大きく変わっているところがありました。しかし、全体的な作品のイメージを壊すようなことはなく、しっかり原作を消化して作り上げられたものであるように思います。ある意味最大の違いは主人公の名前で、映画のタイトルでもある「アリータ」は原作では「ガリィ」となっていました。その由来も異なるので仕方ないところもあるのですが、少女の名前としては「アリータ」の方がふさわしいだろうと私も思います。

原作を読みながら感じたのは非常にボリュームが有る作品だということですが、今回映画化されたのは全9巻のうちの2巻目辺りまでとなっているようです。ということは今のペースで進めれば残り4,5作分ということになりますが、「続く」とは表示されなかったもののいかにも続編に続くという終わり方をしているので、本作は世界的に成功しているようでもあるので続編を楽しみに待っていても良いのではないでしょうか。

確定申告と免許更新

次は退職後かな。
💸

自営業の人と違ってサラリーマンは源泉徴収でしっかり税金が取られるから…というのはよく聞くことですが、税金はきっちり納めるのが当然だという前提で考えれば源泉徴収というのは楽な仕組みです。自営業の方々は毎年この時期になると確定申告に頭を悩まされているのではないでしょうか。それをすべて会社が肩代わりしてくれていると思えば、おまかせで済むのだから楽ちんです。

しかし今年、私はサラリーマン生活25年にして初めて確定申告を行わなければならなくなりました。特に大きな臨時収入があったというようなことではなく、会社の都合で見かけの雑収入額が大きくなってしまっただけなので、本当にただ単に面倒なだけです。しかし、これまでその仕組みをよくわかっていなかったので、いい経験になったと言えなくもありません。

ということで、これと合わせて運転免許の更新にも行こうと有給化を取得して臨みました。今はe-Taxなるものでインターネットから申告することもできるようになっていますが、それはそれでちょっとめんどくさそうなのと、どうせ1回限りだからということで紙で申告してみることにしました。国税庁の「確定申告書等作成コーナー」でフォームに記入していくとPDFファイルで申告書が作成できるので、それを印刷して提出するだけなので非常に簡単です。私は自宅にプリンターを持っていないので近所のコンビニで印刷し、追加納税もそこで先に済ませ、申告書を持って税務署に向かいます。

税務署では確定申告の提出コーナーが特設されていて、そこに8人ほどの列ができていたので並ぶこと5分あまり、自分の番が来たら30秒で終わってしまいました。もちろん単純な内容だったからということなのですが、本当にあっけないものです。しかし、PCを使いこなせないお年寄りなどにとってはなかなかのハードルでしょうね。また、申告書作成時のデータはサーバー側に保存されるような仕組みになっているわけではなさそうで、紙の申告書をスキャンしてOCRで読み取って人の目で確認する、というようなことをしているのではないでしょうか。それはかなり無駄な仕組みに思えますが、将来的にはe-Taxの方を主にしていきたいというようなことなのでしょうか。

このあと私は警察署内に数年前にできた免許更新センターに行って更新手続きを済ませましたが、私はここしばらく、というか2004年に失効させてしまう前から無事故無違反なので、いわゆるゴールド免許の30分だけの簡単な講習で即日発行です。ただ、手続きに行ったタイミングが悪くて、講習が始まるまで30分近くも待たされてしまったので、結局1時間ちょっとかかってしまいました。それでも入会を拒んでも交通安全協会の露骨な嫌がらせを受けることも無くなり、遠くの免許センターへ行かなくても即日発行されるようになったというのはだいぶ便利になったものです。

ということで、どちらも始めるまでは面倒な気がしてしまいますが、重い腰を上げればどうということのない手続きで済みました。どちらも日曜日にも手続きは可能なようですが、平日に休みを取ったからこそスムーズに終わったのだということにしておきましょう。