カテゴリー
movie

シン・エヴァンゲリオン劇場版

8年ぶりで終幕。

新世紀エヴァンゲリオン」といえば日本のアニメ史上に残る作品であることは疑いようがないと思いますが、本シリーズがテレビ放映された1995年当時、私は既に会社勤めしていてテレビをほとんど見ていなかったので、本作については名前しか知らないままの状態が20年ほど続いていました。私よりちょっと若い人たちは皆当たり前のように知っていたので、ずっといつかは観るべき作品だと思っていたのですが、それにようやく触れたのは2015年にAmazonKindleストア原作コミックが1冊50円という激安セールになっていたためでした。それを一気に読んだあと、Prime Videoで観られるようになっていたテレビアニメシリーズもすべて観て、その後映画版も「」「」「Q」の三作を立て続けに観てしまいました。

その「Q」も「つづく」で終わっており、次回予告もある状態のまま何年もの歳月が流れていたのですが、ようやくその完結編となる「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が今週、公開直後の集中を避けるためか珍しく月曜日に公開されたので、最初の週末である土曜日に私も観に行ってきました。

まだ内容については触れるべきでないと思うのでここでは極力何も書かずにおきますが、これまでの作品を観ていない人にはさすがに厳しいのではないかと思います。冒頭には「これまでのヱヴァンゲリオン新劇場版」としてあらすじが紹介されますが、これはあくまで観てきた人が思い出す程度のものでしかなく、これでストーリーを把握することは到底できないでしょう。

まあスケールの大きな、あくまで大人向けのストーリーでしたが、なんとかすべてを納めることができたようです。ただ、私もまだ1回で完全に理解できたわけではないので、もう一度くらい劇場で観て、さらにその後配信などで見直して理解を深める必要がありそうです。手始めとして、帰宅後に序・破・Qをすべて見直してみましたが、それで繋がりがはっきりした部分もあるので、これから観るという人はその前に復習しておいたほうが良さそうです。

しかし、たかがアニメと思っている人もいるでしょうが、これだけのスケールの作品は逆に実写では難しいでしょう。実写でやるにしても結局CGの力をかなり必要とするでしょうから、そのCGで作った絵とアニメで何が違うのかということになります。人物だけでも俳優が演じれば、ということかもしれませんが、それにしても違いは表情だけのことでしょう。もちろん俳優が顔で見せる演技にはすごい力があると思いますが、アニメーターが絵で見せる演技も馬鹿にできないものがあると思います。まだまだ実写だけで作られる作品にはそれならではの味がありますが、CGを使った作品とアニメとの境界はかなり曖昧になってきているのではないでしょうか。

カテゴリー
movie

AKIRA 4K デジタルリマスター版

「さんをつけろよデコ助野郎!」
🐻

1988年7月に新型爆弾が使用される第三次世界大戦が勃発し、そこからの復興を果たし翌年にはオリンピック開催を控える2019年のネオ東京を舞台に、金田をリーダーとする暴走族の一団が巻き込まれた軍事機密をめぐるアーミーとゲリラの争いと奇妙な展開を描いたSFアニメ映画の金字塔「AKIRA」は物語の設定と同じ1988年の作品ですが、当時高校生だった私も友人に連れられて観に行ったものの、原作マンガを読んでいなかったこともあって内容があまり理解できなかったように記憶しています。というよりも、ただダイナミックな映像に圧倒されてしまったような気がします。

それから実に30年以上の月日が経過し、もちろん第三次世界大戦は起こりませんでしたし、東京湾のほとんどが埋め立てられるようなことにはなっていませんが、物語を追い越して2020年を迎えてしまいました。あの「金田のバイク」のようなハイパワーな電動二輪車もまだ実現していませんが、大きく進化した映像技術で蘇らせた「AKIRA 4K デジタルリマスター版」が劇場公開されているということで、高校時代を懐かしみながら…というわけではありませんが、私も観に行ってきました。

AKIRA 4Kリマスターセット (4K ULTRA HD Blu-ray & Blu-ray Disc) (特装限定版)

地元シネコンの中でも特に大きなスクリーンでの上映となっていましたが、当時の35mmフィルムを元にリマスターしたものということで、さすがに最近のフルCGアニメのような解像感はなかったものの、30年も前の作品とは思えない鮮やかな映像でした。おそらく今のAI技術などを駆使すれば、金さえかければもっとパリッとした映像にできるのではないかと思いますが、それはまたオリジナルに手を加えた別のものになってしまうので、あまり歓迎されないかもしれません。

内容について改めて語ることはないかもしれませんが、当時の記憶はすっかり抜け落ちていたので新鮮な気持ちで楽しむことができましたし、自分も成長したのかストーリーもしっかり理解できたように思います。また、内容的に古さを感じるようなところはほとんどありませんでしたが、強いて言えば人々がスマートフォンを使っていないということくらいですが、未来に生まれるものは予見できなかったとしても、廃れるであろうものは予想できたということなのでしょうか。まあSFですから基本ですね。

実は私は数年前にブックオフで原作単行本のセットを大人買いしたのですが、ありがちなことに買ったことに満足してまだ読んでいません。この単行本が大判サイズで小口が着色されていたりして、なんともかっこいいのですよね。しかし、映画は単行本の4巻までの時点で製作されていて、エンディング部分は映画オリジナルらしいので、原作の方も読む必要があるということが今回調べてわかりました。

なお、本作は昨年一度ハリウッドで実写映画化が発表されたものの、脚本とキャスティングに難航して無期限保留となってしまったようなので、なんとか再開にこぎつけてもらいたいものです。しかしAKIRAをAKIRAとして出すためには、登場人物は日本人か日系人、もしくは東アジア系の俳優にしておかないと昨今の情勢が許さないのでしょうね。確かに日本人俳優でとなるとキャスティングは難航どころか遭難してしまいそうです。

カテゴリー
movie

映像研には手を出すな!

かなりマニアックでよい。
📺

ここでも何度も書いたことがあると思いますが、以前から私はテレビの放送をほとんど見ず、独身時代にテレビを購入してももっぱらケーブルテレビでMTVばかりを見て(聞いて)いたり、ビデオを借りてきて映画を観るだけだったのですが、最近はテレビの録画機能を使って見ている番組がいくつかあります。その一つは「ブラタモリ」で、旅行とうんちくが好きな私にはもってこいな番組なのですが、あの喋りのペースがどうしても眠気を誘うので見ているのが結構辛いためか、実はここ1年ほどほとんど見ておらずハードディスクを圧迫してしまっている状態なのでいい加減整理しなければなりません。

そしてもう一つというのが今年1月からNHKで放映中のアニメ「映像研には手を出すな!」で、一部方面で話題となっているものです。この作品は大童澄瞳氏のコミックを原作とするものですが、実は4月から実写ドラマ化、そして5月には実写映画化されて公開されることになっています。どうしてこんなに畳み込むように売り込んできているのか分かりませんが、少なくともアニメは非常に良いです。

アニメを作るのが夢だった主人公らが高校に入学し、3人で「映像研」を立ち上げてアニメを制作していく、という話なのですが、少女が主役のアニメにありがちな「萌え」要素は一切なく、設定に関する図解や映像制作に関するこだわりがたっぷり散りばめられた非常に濃い作品になっています。アニメの中でアニメを作る、という一種の入れ子構造になっているのですが、それによる複雑さのようなものは特にありません。ただ、いつの間にか主人公浅草氏の空想の世界に入り込んでいて、その境界が曖昧になっているというのは副作用的なもので良い効果かもしれません。

これが実写版では乃木坂46のメンバーが主演になるということでどうなるのか非常に不安ですが、はたしてどうなるでしょうか。カリスマ読モの水崎氏はあまり問題にならないでしょうが、金に執着する金森氏、そしてべらんめえ口調の浅草氏をイメージを崩さずに演じきれるのか、なかなかハードルが高いのではないかと思います。それ以外にはアニメに関するイメージの部分がどのように表現されるのか、あくまでアニメとして描かれるのか実写のイメージとして表されるのか、ある意味興味深いところでもあります。

しかし「ブラタモリ」といい「映像研〜」といい、私の大嫌いなNHKばかりを見ることになってしまったのはどういうことでしょうか。確かにスポンサーの意向に囚われずに番組作りができるというのは受信料で成り立っているNHKだからこそなので、こういう良質な番組を作ってくれるなら受信料も快く支払うのですけどね。ただ、衛星放送は家族の誰も一切見ないのに、マンションにアンテナが付いているからというだけで強制的に衛星契約させられ、しかも私が不在の間に妻を騙すように契約させて解約を認めないというのには未だに憤りが冷めず、相変わらずNHKは大嫌いなのです。

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-01-27)
売り上げランキング: 361
映像研には手を出すな!(2) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-09-22)
売り上げランキング: 445
映像研には手を出すな!(3) (ビッグコミックス)
小学館 (2018-06-22)
売り上げランキング: 375
映像研には手を出すな!(4) (ビッグコミックス)
小学館 (2019-05-10)
売り上げランキング: 412
映像研には手を出すな!(5) (ビッグコミックス)
小学館 (2020-01-30)
売り上げランキング: 318