Archives

Incredibles 2

Pixar史上最高傑作か。

もともとコンピューターグラフィックス制作のためのコンピューターハードウェアを製造・販売していた会社だったPixarですが、今やアニメーション映画制作で右に出るものはいないのではないでしょうか。Pixarの作品が素晴らしいのは映像技術だけではなく、そのシナリオが非常に優れていることですが、1作品のシナリオを練り上げるために2〜3年もの期間をかけると言われており、アニメーションにしっかりと魂が込められているということだと思います。

このため、見かけは子供向けの作品でありながら、しっかりと大人も楽しめものになっているのがPixar作品で、私はその点でかなり信頼しています。今週公開された「インクレディブル・ファミリー」も観るつもりでいたのですが、公開がちょうど毎月1日の映画の日に設定されており、さらにそれが水曜日の定時退社日だったので非常に都合が良かったので、夏休みの子供達に混じって一人でいそいそと見てきました。

前作「Mr. インクレディブル」からすでに13年半も経っているとは驚きですが、これだけ時間が経っていると当時の小学生のほとんどが成人を迎えていることになります。したがって、さすがに前作のストーリーを知らないとよくわからない、などということは全く無く、主要登場人物の設定を引き継いでいるだけということになります。実際、私も前作はほとんど忘れてしまっていましたが、それでも何ら支障なく楽しむことができました。なお、劇中では時間が経過しておらず、前作終了から間もなくの話ということになっています。

ストーリー自体はファミリー向け作品ということであえてシンプルなものになっており、どんでん返しも大人であれば予想できる範囲のものかと思います。しかし、かと言って決して単純なものではなく、また手に汗握るアクションが繰り広げられ、子供だましのようなことは全くありません。Rotten TomatoesでもTomatometer 93%という非常に高い数値になっていますし、興行収入でも北米で歴代アニメ作品最高記録を達成したというニュースもありました。それどころか、PG-13以外のどの映画よりも高い成績となったとのことで、これは映画好きなら見ておかなければならない作品になったということではないでしょうか。

このシリーズは全体的に原色系でフラットなトーンが印象的な画作りになっていると思いますが、実はクローズアップシーンでは非常にリアルなテクスチャが用いられています。もはや実写以上にリアルな質感を表現しており、CG技術もとんでもない所まで来てしまっているようです。誰もこの作品にそこまでのものを求めてはいないように思いますが、そういったところでも手を抜かず、あくまで技術の粋を極めるということが完成度を高めるためには必要なことなのでしょう。

ということで、ちょうど今日前作のテレビ放映が行われていたのでご覧になった方もいると思いますが、それで面白かったと思ったならぜひ本作もご覧になることをおすすめします。

Batman Ninja

外国人には難しいような。

Marvel Cinematic Universeと呼ばれるMarvel Comics原作の実写映画化作品はすっかり映画の一つのジャンルを築き上げてしまったように見えますが、DC Comicsの方はSupermanやBatmanは古くから映画化されてヒットしていたにもかかわらず、その後の展開では遅れを取ってしまっているようです。だから奇策を取って、というわけではないでしょうが、「ニンジャバットマン」というアニメ映画が日本で製作されて公開されました。

「え? 忍者?」とだいぶゲテモノ臭が漂っていたこともあり、私は観るべきかどうかだいぶ迷ってしまったのですが、「スーサイド・スクワッド」で見てずっと以来iPhoneの壁紙にしているほど好きになったHarley Quinnも活躍(?)するようなので、仕事の後に観に行ってみることにしました。

本作はBatmanが主役でメインの敵はJokerと付き従うHarley Quinn、その他Cat WomanやPenguin、Two Faceなど諸々のキャラクターが登場するという、それだけ見ればオーソドックスなバットマンシリーズなのですが、ただ舞台が中世日本、戦国時代というところが特徴です。もちろんバットマンが戦国時代の日本に現れるという時点で荒唐無稽な話なのですが、その先にはそれどころでないバカバカしい話が繰り広げられ、ダークナイト三部作や「ジャスティス・リーグ」のシリアス路線とは全く別物と考えなければいけません。まあ、スーパーヒーロものという時点でまったく非現実的ではあるのですが。

しかし、ストーリーや設定はともかく、映像としてはとても面白いものでした。BatmanとJokerの直接対決シーンはかなりスピード感があって見応えがありましたし、Batmanが状況を分析する説明的な場面では多彩な演出が使われて、退屈させられるようなこともありませんでした。やはりアニメの映像表現については日本の技術は今でも世界をリードしているのでしょうか。

なお、本作は日本では劇場公開となっていますが、アメリカではネット配信とBlu-ray/DVDの販売のみとなっているようです。さすがにテーマ的に日本以外の国では無理があるので仕方ないでしょう。日本で常識的に知られているような戦国武将の名前を知らないと、どういう意味なのかわからないようなところも多々あるはずです。せっかくDC Comicsを元にしているのにこうして市場を限定してしまったというのは大変もったいないことのように思えますが、まあ仕方ないでしょう。

Sing

洋楽好きの大人も。

Sofia Coppola監督の映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観てからか、Scarlett Johanssonが出演しているとどうも気になってしまうのですが、先週公開された「ゴースト・イン・ザ・シェル」は白人のScarlettが日本人の役を演じているのが差別的だということで批判されているようです。日本人にしてみればそんなことはまったくなんとも感じないところではないかと思いますが、そのせいで興行的に失敗に終わってしまうのはとても残念なことです。私は予告を見たときからとても観たかったのですが、なぜか地元の映画館では吹き替え版のみの上映というわけのわからないことをしてくれているのでレンタルで観ればいいやという気になってしまいました。

その代わりというわけではありませんが、昨日観てきたのはScarlettがヤマアラシの少女Ashの声で出演しているアニメ作品「SING」です。もちろん、Scarlettの声を聞かなければ意味がない…というのもありますが、この作品では数々の新旧ヒット曲が歌われ、私はそれを楽しみに観るので字幕版です。この作品については映画館も頑張っていて、レイトショーのアニメ映画字幕版なので大した人数が入らないのがわかりきっているのに大きなスクリーンに割り当てられていてどういうことかと思ってしまいましたが、そのスクリーンはいい音響設備が入っているのでした。わかってるじゃないですか。

どんなストーリーの映画かといえば、賞金1000ドルのはずが10万ドルと印刷されてしまったチラシのせいで大盛況となってしまった歌のコンテストと、その出演者が巻き起こす様々なトラブルのドタバタコメディとでも言えばいいでしょうか。まあ大人が観て感動するような話ではないので、見どころはやはりコンテスト出場者の歌ではないでしょうか。

日本語吹き替え版でもMISIA、スキマスイッチの大橋卓弥、河口恭吾といった本職の歌手が参加していますが、一方で長澤まさみや山寺宏一といった人たちも歌を披露しているようで、大丈夫なのかと余計な心配をしてしまいます。まあ私が観ることはないのでまさに余計なことなのですが。

また、レッサーパンダの少女5人組のThe Q-Teezがきゃりーぱみゅぱみゅの歌を歌う日本人グループで、セリフも変な日本語でしたが、こういうところは吹き替え版ではどう処理されているのか、ちょっと気になるところです。なお、The Q-Teezはキャストが公開されておらず不明なようです。

ということでいくつか良い歌があったのでサウンドトラックも欲しくなってしまいました。特にElton JohnのI’m Still StandingをゴリラのJohnnyが歌うシーンがとても良かったです。帰宅してからElton Johnの元歌も聴いてみたところ、これもやはり名曲なのですが、Taron Egertonが歌うJohnny版のホーンが入った豪華で今風のアレンジと比べるとちょっと物足りないというか、だいぶシンプルな感じでした。ちなみに、サントラにきゃりーの曲は入っていません。