ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア

⚔️

こういう映画も観ることになるとは。

この年になってなぜか急にやたらにアニメを観るようになり、Prime Videoの実写映画やYouTubeを観る頻度はかなり低くなってしまったのですが、最近はそれもさらに加熱してきました。当初はすでに完結した作品を一気に観ることでストーリーに浸ることができるのがいいと思っていたのですが、今はこの秋のシーズンの新作シリーズが毎週公開されるのを楽しみに待つようになってしまいました。今シーズンは「無職転生」、「真の仲間」、「進化の実」、「最果てのパラディン」、「暗殺貴族」などを観ていますが、相変わらず飽きもせず転生もののファンタジーが多いのは好みなのだから仕方ありません。

ところで、以前から名前はよく聞いていたものの最近になってようやく観たのが「ソードアート・オンライン」(SAO)というシリーズです。これは簡単に言うとVRMMORPGの世界に囚われた主人公らが現実世界に帰るために奮闘する話なのですが、私はそう聞いてちょっと本格的なSF系の作品なのかと思っていたら、実際に観てみると予想以上に剣と魔法のファンタジーでびっくりしてしまい、そんなことならもっと早く観れば良かったと思ったものです。

そんなSAOの劇場版作品「ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」がこの秋に公開されるとのことで楽しみに待っていたのですが、それが先週の土曜日のことで、私は公開初日の最初の回に観てきてしまいました。最近は洋画よりもアニメの方が人気が高く、私が観たときも初回ということもあってかなりの賑わいになっていました。

この作品はタイトルにもあるように「プログレッシブ」編の作品となっており、本編のメインヒロインであるアスナの視点から見たストーリーを描いたものになっています。本編とは話の流れが交差するところも少なくないため、テレビシリーズなどで本編を知っている人には見覚えのある場面も多々あり、このあとどうなるかということも大体わかった上で観ることになります。しかし、知っているシーンを別の角度から見たり、知らなかったサイドストーリーがあったりするというのはなかなか面白いものです。

ポスターには3人の男女の姿が描かれているのですが、キリトアスナの他にいるもうひとりは誰なのだろうと思っていたら、それは本作オリジナルの新キャラクターであるMitoこと兎沢深澄という人物でした。本編に出てきたのと同じシーンにも彼女がしっかり馴染んでいて、実は最初からいたのではないかと思ってしまうほど自然でした。モブの一人が実はこんな設定になっていたのだ、と言われても信じてしまいそうです。

エンドロール後には本作劇場版の続編「冥き夕闇のスケルツォ」が来年公開されることが予告されており、このプログレッシブ編もますます楽しみですが、テレビシリーズの方もまだ続きそうな感じで終わっているので、そちらの方もまた再開してもらえると嬉しいです。そう、SAOはもともと人気のあるシリーズですが、私にとってもかなり好みなのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。