「pc」タグアーカイブ

TourBox

使い込むほどに良さを感じそう。
🛠️

知らないうちは無くて困るものではなくても、一度知ってしまうと元に戻れない、良いものというのはそういうものだと思いますが、このTourBoxもその一つかもしれません。普通の人にはそんなに必要なものには見えなくても、使ってみると確かに効率が良く、地味に便利という感じです。

これは一体何なのかというと、私が好きなPCのインタフェース機器で、PhotoshopLightroomなどクリエイティブなソフトウェアを物理的なボタンやダイヤルで操作するための入力機器になります。

日本のクラウドファンディングの一つMakuakeでも昨年末にプロジェクトが公開されていたものですが、すでに通常販売も開始されています。私は以前からちょっと気になっていたもののちょっと安っぽいように見えたので保留していたのですが、最近になってあちらこちらのブログに複数のレビュー記事が出ており、「質感が高い」というコメントがあったためそれを信じて購入に踏み切ったという感じです。あえてそう言うからには「実は嘘」ということはないでしょう。注文してからは中国邮政トラッキングを睨みながら、というか何度もリロードしながら到着を待っていたのですが、届くまではちょうど一週間ほどでした。

最初のソフトウェアはやや不安定で、Lightroomを起動して操作しても反応してくれないというようなことがありましたが、たまたま届いて数日後にファームウェアとデスクトップアプリケーションがアップデートされて安定するようになりました。私は不満を持つのが数日で済んだから良かったものの、何ヶ月もあのままだったら失望して使わなくなっていたかもしれません。ソフトウェアの品質というのはやはり重要ですね、とソフトウェアエンジニアの端くれとして自戒しました。

なお、Lightroomのための入力デバイスとしてはLoupedeckが先行していましたが、これはすごくかっこいいし編集が捗りそうではあるのですがちょっと高いですし、あまりにLightroomに特化されているのでいつまで使えるのかというような不安もありました。その点、このTourBoxは汎用性の高いボタン、ダイヤル、ノブなどからなっていて、それをTourBox Consoleというソフトウェアで様々な機能に割り当てることができるので、Lightroomに限らずどんなアプリケーションでも使用することができそうです。

TourBoxを使ったからといってマウスやキーボードの操作が要らなくなるわけではないのですが、これまで画面上のスライダーをピクセル単位で気を使って動かしていたものがつまみを回して調節できるようになるのですから、それだけでも利便性は大きく向上しました。また、各種ボタンに割り当てられた項目に1プッシュで移動することができるのも非常に便利です。このボタンやダイヤルの割付はアプリケーションごとに自由に設定することができますが、今のところ私は初期プリセットの状態で使ってみています。それでも十分に効率が良くなっていることが実感できますが、今後他のユーザーのノウハウが共有されるとさらに手放せないものになるでしょう。

ということで、安くはない買い物ですが、写真の現像やビデオの編集、その他様々なクリエイティブな作業を日常的にしている人ならすぐに元が取れるのではないかと思います。実際に時間イコールお金であるプロフェッショナルの仕事ではなくても、アマチュアの趣味でもとても気分よく作業できるようになりますから、趣味こそそういう事が重要ではないでしょうか。

Amazon Basics モニターアーム

ちょっとしたロマン。
💪🏼

安物にはないようですが、ある程度の価格以上のモニターの背面には一般に「VESAマウント」と呼ばれているFDMI (Flat Display Mounting Interface)というものに対応した10cmないし7.5cm四方のネジ穴が空いています。VESAというのはVideo Electronics Standard Associationというビデオ周辺機器の標準化団体ですが、この団体が定めている、フラットディスプレイを固定するための規格で、このネジ穴に各種マウント器具をネジ止めできるようにするものです。これを利用することでモニターの脚を外して、モニターアームや壁面にスッキリ固定できるようになります。

このモニターアームというのは私にとってはある種の夢のようなもので、高嶺の花だと思っていたのですが、Amazonベーシックのものが案外安く買えて物も良いということを知り、今後も在宅仕事が続くようなのでもっと業務環境に投資してもいいのではないかと思って購入してみました。

本当はまずは試しに1つ買ってみたかったのですが、幸か不幸か単品は売り切れで、2点セットの方は在庫があったのでこちらにしました。これは一つの箱に同じものが2組入ったセットとなっているのですが、やはり2組欲しいという人はそれほど多くはないということなのでしょうか。現在はちょうど特別キャンペーンで10%割引となっていて、ちょっと安く購入することができました。

実はこの製品はモニターアームで定評のあるErgotronのOEMとなっていて、LX デスクマウントアームという製品と完全に同一で、塗装色とAmazonのロゴが入っているくらいの違いしかないそうです。それでありながらAmazonベーシックのほうがだいぶ安価で、塗装色もマットブラックで落ち着いているのでお買い得です。延長アームなどErgotron製のオプションもそのまま使えるそうなので、必要なときはそれだけ買い足せばよいでしょう。

組み立てとデスクへの取り付けはいたって簡単で、クランプ部をデスクに固定したあと中間アームの穴に差し込み、先端アームをモニターのVESA規格のネジ穴に手回しネジで止めたあとでそのアームの穴に中間アームを差し込むだけです。取り付けの際の注意点はクランプを取り付けるにはデスクの縁に10mmから60mmの厚さの平面が必要ということくらいでしょうか。私のデスクはIKEAGALANTというものですが、裏面に鉄のフレームがあるので取り付けられない部分があり、これがちょっとした制約となりましたが、アームの長さでカバーできる範囲で無事に取り付けることができました。

アーム自体はしっかりした作りで安心感があり、安価なAmazonベーシックブランドの製品ですがまったく安っぽさはありません。黒いアームで良いならErgotronのオリジナル製品を選ぶメリットは特にないのではないでしょうか。

私はもともとデュアルモニターで使用していたのですが、先日購入した新しいMac miniが3画面まで対応できるということなので、これまで寝かせていた古いDell 2001FPという20インチのUXGAモニターを繋いでみようと思ったものの、脚が大きくて邪魔なのでどうしようかと考えていたところでした。なので今回はこの2001FPとIiyama X3291HS-B1という31.5インチのモニターにアームを付けたので、もう1台のASUS PB278Qという27インチモニターにも取り付けたいところです。これは単品の在庫ができて安くなったときですかね。

Mac mini (Early 2020)

よく今まで我慢したと思いませんか。
🖥️

私の趣味は食べ物の写真を撮ったり映画を観たり音楽を聴いたり、そしてこのブログを書いたりといったことなのですが、どれもPCを使ってする作業が多く、家にいる間の多くの時間をPCの前で過ごしています。これには妻も不満を感じているところでしょうが今はそれは置いておくとして、私が使っているのはMac miniですが、2012年12月に購入したものなので、かれこれ7年半ほども使ってきたことになり、いいかげん買い替えても誰も文句を言わないでしょう。特に最近、シャットダウンしようとしても電源が切れず再起動してしまったり、ちょっとしたことでとても熱くなって猛烈にファンが回ったり、iPhoneの音楽の同期に何時間もかかったりと色々と感じている問題を払拭したかったのです。

ということで、先日更新されたiMacを購入することにしましたが、2018年に発売されている型なのですでに1年半ほど経っており、アップデートされたといってもSSDの容量が倍になって為替レートに合わせて価格が見直されたという内容で、CPUなどは一切変わっていないので果たしてどうなのかと思うところはないでもありませんが、発売当初では踏み切れなかったスペックのものが手に入るようになったと思えば悪くないのではないかと考えることにしました。

ということで選択したスペックは、まずCPUが最上位の「3.2GHz 6コアIntel Core i7」で、Coffee Lake世代のGeekbench比較するとこれまで使っていた3720QMがシングルコア750、マルチコア3000というスコアだったのに対し、それぞれ1150と6000という値になっているようなので、クロック周波数とコア数に比例したよりも若干高い性能になっているようです。

この性能アップにはRAMが1600MHz DDR3から2666MHz DDR4に更新されていることも大きく寄与しているはずですが、そのRAMの容量自体は以前と同じ16GBとしました。今まで使ってきて16GBを使い切ったことがなかったので、今後しばらくもこれで十分ではないかという思いです。もし将来足りないということになった場合でも今回のモデルも自分で交換できるようなので、その時はその時ということでいいと思います。

これまで使っていたモデルから大きく変わったことの一つは標準のストレージがHDDからSSDに変わったということですが、その容量は1TBとしました。写真や音楽といったメディア関係は以前から外付けHDDに保存しているので、本体に入れておきたいものはそこまで多いわけでなく、かと言って手狭に感じるのも嫌なので適度な大きさとして選択しました。その「適度」の感じ方は人それぞれでしょうが、とりあえず今使っている状態で21%ほどのようなのでしばらく問題ないのではないでしょうか。今後もし不足することになれば外付けに逃がすことは難しくありません。

この他にMac miniで選択できるのはEthernetの仕様だけですが、これはルータとの接続に使うだけなので、1Gbpsで十分なのでオプションは選択していません。もしNASを使うなら高速なネットワークアダプタがあったほうがいいのでしょうね。

このようなスペックのものを購入したわけですが、この週末に届いたので早速セットアップして、今もその新しいMacでこの記事を書いているところです。しかし、Macは移行アシスタントを使うと簡単に新しいMacに設定やデータを移行できるはずなのですが、これまで使っていたのがUSBで外付けした250GBのSSDからブートして、大きな容量が必要になるPicturesなどのフォルダは本体内蔵HDDにシンボリックリンク(エイリアス)で飛ばしているという変な構成になっていたのがおそらくの原因で、移行アシスタントは途中でエラーになってしまうので、結局コピーできるものだけコピーして、設定は最初からやり直すということになりました。といっても、ユーザ設定などはiCloudやGoogleのアカウントに紐付いているので細かいことにはあまり手間がかからず、1日でほぼ元通りの環境を設定することができました。むしろ不要なファイルを断捨離してスッキリできたので良かったかもしれません。

ただ一番残念なのが、ミュージックアプリで外付けHDDにあるライブラリをそのまま開けば元通りと思っていたのに、アートワークが全て消えてしまっているということです。これはCatalinaでiTunesから変わったミュージックアプリの問題のようなのですが、iTunes Storeから自動的に取得する機能もうまく働いていないようですし、そもそもiTunes Storeから音楽自体をダウンロードすることもできていないので、なにか根本的な問題がありそうです。

その他についてはCPUが高速になったことと内蔵SSDになったことでかなりサクサク動くようになって非常に快適ですし、これまでとても不安定だったスリープからの復帰が問題なくなったようなので、かなり満足しています。日常的に私がやることで一番負荷が高くなるのはAdobe Photoshop Lightroomでの写真の編集と現像くらいでしょうが、とても軽々動くようになりましたし、これまでYouTubeの動画を見るだけで回っていたファンも静かになりました。2枚の液晶モニタやキーボードとトラックボールが変わっていないこともあって新しさを感じるところはほとんどありませんが、性能と安定性の向上というのは心の平安を与えてくれるような気がします。これでまた5年以上は働いてくれることでしょう。