「book」カテゴリーアーカイブ

ストップ!! ひばりくん!

一気読み。
📚

COVID-19対応の自粛モードでは各方面で大変なことになっているかと思いますが、書店が閉まっていたり通勤するサラリーマンも激減していたりで、雑誌の売上も壊滅的ではないでしょうか。今はまだあまり注目されていませんが、そうなると日本が誇るマンガ文化にとっても厳しい状況ということになります。

そんな折に某所からの情報で、今Amazonで「ストップ!! ひばりくん!」のKindle版が0円になっているということを今朝知りました。「ストップ!! ひばりくん!」といえば「すすめ!!パイレーツ」と並ぶ江口寿史先生の代表作であるマンガ作品ですが、1981年から週刊少年ジャンプに連載されていたということで、ちょうど私が小学校高学年で周囲の友人らが少年誌を買って読み始めていた頃の作品ということになります。私自身はマンガ雑誌を今に至るまでほとんど買ったことがないので、この頃も友人から借りて読んでいたのだと思いますが、好きな作品だったのはよく覚えています。ちなみに私もマンガは昔から好きなのですが、一度読んだら捨ててしまうというのがもったいなくて、かといって置いておくのも非常にかさばるということで買わないだけです。

実際に無料になっていたのは全3巻のうち第1巻と第3巻のみで、なぜか第2巻は540円となっていましたが、ここで迷う必要はないでしょう。ということでポチッとしましたが、その直後から読み始めることができるというのは電子書籍の素晴らしいところです。

この作品は唯一の親族だった母親を病気でなくした主人公が遺言で託された先がなぜかヤクザの親分の家で、その家には3人の美人姉妹に加え、声も姿も美少女にしか見えない長男「ひばりくん」がいてややこしい生活が始まる、というものです。今であればLGBTに対する認知と理解も進んでいますし、つい先日記事にした漠ちゃんのようなケースもありますが、当時は女装や同性愛はそれ自体が笑いの対象になってしまうような社会背景だったので、もしもこの作品がいま出てきたとして同じように受けるのかどうか疑問ですし、批判の対象になってしまうのではないかとも思えます。ただ、この作品ではひばりくんはあくまで可愛く、文武両道の完全無敵な女の子として描かれており、ちゃんと読んだ人であれば悪い印象を持つことはないのではないでしょうか。

なお、この作品は連載中に週刊のペースを守ることができず何度も落稿や休載を繰り返した挙げ句、1983年に打ち切りということになってしまったようです。今回購入した「コンプリート・エディション」では2010年にラスト5ページを加筆してようやく完結したということですが、それでもかなり無理矢理な感じはしますし、それ以上にもっと続けてほしかったという名残惜しさが強い終わり方になっています。

江口先生の作品の一番の魅力は、描かれる女の子キャラクターの透明感ではないでしょうか。現在はイラストレーターとしての仕事を中心に活躍されているようで、Instagramでも先生の作品を見ることができますが、この非常に素敵な女の子たちは先生ならではのものです。書き込みはそんなに多くないのにパーツの配置が絶妙なのでしょうか。もちろん女の子ばかりではないのですが、ポージングも動きがあって、またパッと見て江口作品だとすぐにわかる世界観があって本当に素晴らしいと思います。

ということで今はなかなか難しい状況ですが、事態が収束したところで先生の個展がまた開かれるようであればぜひ行って堪能したいと思います。ただ実はちょうど1年前にすぐ近くの明石で「江口寿史イラストレーション展『彼女』」というのが行われていたというのを知って、今さらながらとても悔しい思いです。

オリジン

“Where did we come from?” and “Where are we going?”
⛪

2006年に映画でも大ヒットして一斉を風靡した「ダ・ヴィンチ・コード」の、ハーバード大学教授Robert Langdonを主人公とするシリーズは「天使と悪魔」に始まり「ダ・ヴィンチ・コード」、「ロスト・シンボル」、「インフェルノ」とヒットを続けているようですが、その最新作として2017年に発売されたのが今回読んだ「オリジン」という作品です。私はまだ「ロスト・シンボル」は読んでいないので順番が前後してしまいましたが、基本的に一話完結となっているので逆順になってしまっても何ら支障はないだろうと思っており、この次に読むつもりでいます。

オリジン 上
オリジン 上

posted with amazlet at 19.08.10
ダン・ブラウン
KADOKAWA (2018-02-28)
売り上げランキング: 20,059
オリジン 下
オリジン 下

posted with amazlet at 19.08.10
ダン・ブラウン
KADOKAWA (2018-02-28)
売り上げランキング: 14,896

Robert Langdonの教え子であり友人としての交流もあるEdmond Kirschという天才的なコンピューター科学者が、世界を変える大発見をしたということでこれを大々的に発表するためのイベントを開催します。これは世界中にリアルタイム配信されて多くの視聴者もその発表を見守るのですが…と、ネタバレを避けようとするとほとんど何も書けませんが、この作品ではUberTesla、そしてElon Muskまでもが実名で登場し、現代のテクノロジーをストーリーに取り込んだものになっています。

しかし、そのテクノロジー絡みのところが少々空滑りしてしまっているようにも思えて、これまでのシリーズのような重厚感はあまり感じられなくなってしまったのですが、しかし最後の最後の種明かしはなかなかあっと思わされるようなものになっているのではないかと思います。途中で気づく人もいるような気はしますが、私は最後まで判らず、種を明かされて空恐ろしく感じてしまいました。またそれこそが本作のテーマでもあったのになぜ気づかなかったのかということです。

なお、発表会が開催されるのはスペインのBilbaoにあるビルバオ・グッゲンハイム美術館という近現代美術を専門とする美術館ですが、その建物も非常に魅力的なもののようです。私はスペイン自体まだ足を踏み入れたことがありませんが、いつか行きたいと思っているところなので、その際はぜひ訪問先の一つにしたいと思います。グッゲンハイム美術館といえばニューヨークでも慌ただしく建物外観を眺めてきただけで帰ってきてしまいました。

映画の方は2016年に「インフェルノ」が公開されましたが、本作もいずれ映画化されるでしょうか。Dan Brownの作品は映像化されることを意識しているかのような、各地の名所を舞台にしたり、情景がリアルに目に浮かぶようなところがあって本作も例外ではないので、きっと映像美も楽しめるようなものになるのではないかと思います。しかし、UberやTeslaなどの旬が過ぎてしまわないうちに映画化しなければなりませんし、10年後には古臭くなってしまいそうで難しいかもしれませんね。そのあたりは映画化の際にアレンジされるでしょうか。

ちなみにRobert Langdonの役は映画ではTom Hanksが演じていることもあり、結構年配のイメージがありましたが、実は小説の設定では「天使と悪魔」の時点で45歳と、今の私よりも若かったのでした。本作の設定で何歳かははっきり書かれていなかったと思いますが、39歳のヒロインと惹かれ合ってもおかしくないような年齢だったのでしょうね。私は勝手に親子のような年齢を思い浮かべていましたが…

大統領失踪

さすがのスペクタクル。
🇺🇸

第44代アメリカ合衆国大統領であるBarack Obamaが47歳の若さで大統領に就任した当時あれだけ黒々としていた髪が、何年かするとかなり白くなってしまい、すっかり老け込んでしまったように見えたものですが、アメリカ大統領というのはのしかかる責任が重大であるというだけでなく、一般人には想像を絶する激務でもあるのではないでしょうか。まあ、現在48歳の私もだいぶ白髪が増えていますので頭髪については歳相応なのかもしれませんが、なんと言っても世界の大統領、地球上で最も重要な人物に暇というものは無さそうです。


先日読んだ「大統領失踪」(原書: The President Is Missing)という本は、なんとObamaの2代前、第42代大統領であるBill Clintonと人気小説家James Pattersonとの共著による、アメリカ大統領を主人公とした政治スリラー小説となっており、Clintonの大統領としての経験を活かした、というよりその経験がなければ不可能なようなリアルな姿を描いたものになっています。アメリカでも日本でも昨年出版されていますが、その当時そんな話を聞いたような気がするものの、私はそこまで関心がありませんでした。しかし、図書館の「話題の本」のコーナーに置かれているのを見つけ、読んでみることにしたのでした。

大統領失踪 上巻
大統領失踪 上巻

posted with amazlet at 19.07.27
ビル クリントン ジェイムズ パタースン
早川書房
売り上げランキング: 89,316
大統領失踪 下巻
大統領失踪 下巻

posted with amazlet at 19.07.27
ビル クリントン ジェイムズ パタースン
早川書房
売り上げランキング: 94,436

本書はClintonの「共著」ということになってはいるものの、実際のところ彼がどこまで担当したのかはわかりません。実態はPattersonがClintonに相談しながらアイデアをまとめ、ストーリーを書き上げ、Clintonがレビューした、というような形ではないかと想像しますが、これもまったく根拠のない私の推測・憶測でしかありませんので、本当はClintonが草案くらいは書いていたりするのかもしれません。いずれにしても、Pattersonという相当な実力を持つ人が小説としての体裁をまとめ上げているので、ストーリーの破綻や矛盾、あるいはダラダラしているようなところはなく、読みやすい作品となっています。

しかし、冒頭から主人公のDuncan大統領は弾劾の訴追を受けそうになっているのですが、無罪判決とはなったものの実際に訴追を受けたClintonにとっては随分自虐的ではないでしょうか。ただし、その訴追事由はClinton本人とはだいぶ違っているのですが、どのような思いでこのような設定にしたのか、ちょっと興味のあるところです。

なお、Clintonが大統領に就任したのは46歳のときで、Obamaより少しだけ若かったのですね。そして、現在の私の年齢よりも下だったことに気づくと、自分はこんなのでいいのだろうかと思ってしまいますね。まあ世の中のほとんどの人は平凡な暮らしをしていくのでしょうから、必要以上に気にすることはないのだと思いますが。