Archives

マスカレード・ホテル (小説)

映画も観てみたい。

昨年暮れ頃から映画の予告で頻繁に流れていて、その頃ちょうど瀬戸弘司のゲーム実況で通称「キムタクが如く」こと「JUDGE EYES:死神の遺言」を観ていたので好感度が上がってしまっていた木村拓哉と長澤まさみが主演していた映画「マスカレード・ホテル」はちょっと気になっていたのですが、基本的に邦画はあまり観ない私なのでこれもAmazon Prime Videoで無料になったときに観よう、くらいの気持ちでいました。まあこれほどの映画であれば無料にはならないような気もしますが。

そんな映画の原作は東野圭吾氏なので、まず間違いなく面白いと思っていたのですが、先日図書館に行った際にその原作本がおすすめコーナーにあるのを見つけ、借りてみたところやはり予想通りに面白く、結局読み始めて2日、のべ4時間足らずで読み切ってしまいました。東野氏はもともと技術者だった理系の人なので、推理小説でも論理の破綻が少なく、理屈として筋が通っているところがある気がして私は好きです。

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

posted with amazlet at 19.05.12

東野 圭吾 集英社 (2014-07-18)売り上げランキング: 1,169

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作は2008年末から連載されていたもので、単行本としては2011年に発刊されたものだということです。映画の予告編でも説明されていたとおり、とある高級ホテルでの殺人の犯行予告があったために警察が潜入して警戒することとなり、フロントスタッフとして潜り込んだ刑事、新田浩介と、できるフロントクラークの山岸尚美を中心に、誰が犯人で誰が被害者になるのかもわからないまま、犯行を未然に防ぐために四苦八苦するというような話です。その中で、ホテルという場所柄さまざまな人が訪れていろいろな事が起こりつつ、事件に関係があるのかないのかわからないというのが面白いところかと思います。

予告編を観ていたおかげで脳内ではキムタクと長澤まさみで映像が再生されてしまいましたが、それには全く違和感がありませんでした。きっと映画でも原作に忠実に映像化されているのではないかと思うので、このあと映画を観たときにも違和感はないような気がします。しかしこの主人公2人以外は誰がどの役を演じているのか知らなかったので、それらの人は脳内映像では顔がない感じでした。

なお、本作はすでに第2作として前日譚の短編集「マスカレード・イブ」と、第3作の続編「マスカレード・ナイト」が出版されており、「マスカレード・イブ」についてもすでに図書館で借りて読んでしまいました。新田と山岸の2人が出会う前にそれぞれが出会った事件・出来事とその解決までを描いたものになっており、「マスカレード・ホテル」からの流れで読むと楽しめるのではないかと思います。ただし、本作のエピローグは「〜ホテル」のネタバレにつながるものになっているので、読む順番は間違えないようにした方がいいでしょう。

マスカレード・イブ (集英社文庫)

posted with amazlet at 19.05.12

東野 圭吾 集英社 (2014-08-21)売り上げランキング: 2,254

Amazon.co.jpで詳細を見る

名作コピーの時間

若い頃に読んでいたら違っていたかも知れません。

図書館へ行くと入口近くにある新刊コーナーをチェックするのが私の習慣なのですが、先日見つけたのが「名作コピーの時間」という本でした。これまで宣伝コピーというものにはそれほど関心があったわけではありませんが、パラパラとめくってみると軽く読めそうだったのでとりあえず借りてみたところ、思いがけず面白かったのでご紹介したいと思います。

名作コピーの時間

posted with amazlet at 19.05.09

宣伝会議 (2019-01-07)売り上げランキング: 10,454

Amazon.co.jpで詳細を見る

この本は宣伝会議が発行する月刊誌「ブレーン」の同名の連載をまとめたもので、プロのコピーライターが自分にとっての名作コピーを3本ずつ選んで、それにまつわる自分の経験などを語っているリレーコラムになっています。やはり名作とされているものなので、取り上げられているのは私でさえ知っている、聞いたことがあるというものが大多数となっています。それらが登場した当時のことを思い出して、私自身が懐かしく感じるところもありますが、同業のコピーライターとしてそれぞれの著者が感じた思いというのがまた興味深いものです。

さすがに言葉で表現することを生業にしている人たちなので、基本的に文章がとてもうまいです。3ページ程度の短い文章の中で言いたいことがちゃんと伝わってくるので、文章を書く上でも勉強になるのではないかと思います。もっとも、コピーというのはもっと短い言葉に凝縮しなければいけないわけですから、この人達にとっては大したことではないのかもしれません。

ただ、電通と博報堂という広告大手一流企業の現役や出身者が多いためか、プライドの高さが鼻につくような人もいるのがちょっと残念でした。業界の仲間内で読まれる文には業界内のヒエラルキーで済んでしまうのかも知れませんが、全くの部外者にはあまり良い感じのものではありませんね。もちろんそういう人ばかりではないのですが。また、広告業界の専門用語、特に「クリエイティブ」という言葉が一般的な使われ方とは違うようなので、これにも慣れが必要でした。

インターネットでは嫌われがちな広告ですが、そこに命をかけているクリエイターもいるので、たまには目を向けてみるといいかもしれません。この本はなかなか面白かったので次男にも勧めて読ませてみましたが、高校生の彼にも面白さを感じてもらうことができたようです。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

実在の人物かと錯覚してしまいます。

経緯はすっかり忘れてしまいましたが、先日どこかで見つけてすぐに購入して読んだのが「自叙伝 ジャン=リュック・ピカード」という本です。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

posted with amazlet at 18.12.09

竹書房 (2018-10-11)売り上げランキング: 36,602

Amazon.co.jpで詳細を見る

おそらくこの本を楽しめるのは「ジャン=リュック・ピカード」というのが何者なのかすぐに分かる人だけではないかと思われますが、わかっている人には言わずもがな、「新スタートレック」(TNG)に登場する宇宙艦U.S.S. エンタープライズの艦長Jean-Luc Picardのことです。TNGの主役が誰であるのかというのははっきりしないところですが、誰か一人といえばまっさきに考えるのがJean-Lucでしょう。このJean-Lucというのはもちろん架空の人物ですが、その彼が書いた自叙伝の形式で書かれた小説がこの作品です。

Captain PicardというのはPatrick Stewartが演じていたキャラクターですし、表紙も惑星連邦宇宙艦隊の制服姿のPatrickの肖像なのでどうしても彼のイメージで脳内再生されてしまいますが、若い頃のJean-Lucはどういう姿だったのでしょうか。やはり若かりし頃のPatrickの姿で想像すればよいのかとGoogleで画像検索してみると、やはりシェイクスピア俳優だったというだけあってなかなか凛々しい青年だったようですね。

「スタートレック:ヴォイジャー」(VOY)は全話観て面白かったのでTNGも全て観たいと思うのですが、TNGの最初の方はかなりつまらないのですよね。全部観てやる!と意気込んで観始めたことはあるのですが、何話か観て挫折してしまったことがあります。そのためこの「自叙伝」にも知らないエピソードがいくつも出てきて、それは私が観ていないから知らないだけなのか、そもそも本編には出てこないものなのかがわからないということになっています。しかし、それはどちらであったとしても同じように楽しく読むことはできて何も問題がないので、「スタートレックシリーズは好きだけれどTNGはあまり観たことがない」という人でも楽しむことができるのではないかと思います。

ちなみに著者名も「ジャン・リュック・ピカード」になっていてこういう遊び心は楽しいですが、本当の著者はDavid A. Goodmanという人で、編集者としてクレジットされています。スタートレックの大ファンと公言している人が、好きが高じて本を書いてしまったというものなので、内容はかなりディープなものになっていて大ファンにも満足できるものになっているのではないでしょうか。私はだいぶライトめなファンだと思いますが、非常に楽しく一気に読み切ってしまいました。同じ著者がJames T. KirkやMr. Spockの自叙伝も書いているので、オリジナルシリーズ(TOS)が好きな人にはそれらのほうが面白いかもしれませんが、残念ながら日本語訳はなされていないようです。私はTOSについてはあまり知識がありませんが、いつか日本語版が出たらぜひ読んでみたいと思います。