超基本 テレワークマナーの教科書

まったく訳のわからないことをする人がいたものです。
📖

先日「ネットミーティングのマナー」という記事で「超基本 テレワークマナーの教科書」という書籍について以下のような「新手のマナー」が掲載されているらしい、ということを書きました。

  • 会議の開始の5分前にはルームに入りましょう。
  • 終わるときは深々と頭を下げながら会議終了ボタンを押す。
  • お客様より先に退出してはいけません。
  • テレワークには上座がある。
  • 普段着や気軽な服装と言われても平服で参加。
  • ヘッドセットは(見た目が)NG。

私は「9月発売の本なので本当にこの本に書かれていることなのかわからないのですが」と逃げを打ってはいましたが、実際には本書にこのようなことは掲載されておらず、出版元も戸惑っているということをねとらぼの「『5分前にはルームに入室』『深々と頭を下げながら会議終了ボタン』はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も『驚いている』」という長いタイトルの記事で知りました。

本書については出版元のあさ出版が昨日付でプレスリリースを出しており、そこで「おさえておきたい!テレワークマナーの例」として以下の4項目が抜粋されて掲載されています。

  • 始業前には「今日の予定」をメールで報告
  • オンラインミーティングの入室は1分前でOK
  • 「オンラインでも席次は重要」はホント? ウソ?
  • 発言時の「目線」で聴き手の印象を変えられる

どうでしょう? 伝えられていたものとはまったく正反対のものがありますし、これらは至ってまともな内容ではないでしょうか。私がもとの話を知ったのはねとらぼにも掲載されているツイートからなのですが、このツイートにはあたかも本書に掲載されているかのような形で「新手のマナー」を記載していますが、実際にはまったく根も葉もないデマだったということのようです。私もそれに乗せられて片棒を担いでしまったようなので、慌ててこのような記事を書いて訂正しようとしているわけですが、本書も買って読んでみたほうが良いかも知れません。

というのも、例としてこれだけの内容を掲載しているとなると、152ページある本の残りの部分には他にも新人教育などには有用なことが書かれている可能性があるのではないかと思えるからです。表紙には「知って得するマナー65」とありますので、上記の他に61項目ものマナーが掲載されていることになり、逆にそんなに配慮しなければならないことがあるのかとゾッとしますが、知っておいて損はしないかも知れません。

ということで、まだ発売もされていない書籍について記事を書くのは初めてのことだと思いますが、なんだかちょっと発売が楽しみになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください