Archives

Solo: A Star Wars Story

“I got a good feeling about this.”Solo: A Star Wars Story - Chewbacca

Lucas FilmのWalt Disneyへの売却後、「フォースの覚醒」以来「スター・ウォーズ」シリーズ作品が毎年12月に1作ずつ公開されるというファンにはたまらない事になっていたのですが、残念ながら今年の年末には公開されるものがありません。しかしその代りに、昨日からスピンオフ的な「アンソロジー・シリーズ」の「ローグ・ワン」に続く2作目、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたので、早速初日に友人Zさんと一緒に観に行ってきました。Zさんは「ローグ・ワン」を一緒に観たのが初めての「スター・ウォーズ」だったのですが、その後私がBlu-ray Boxで全作品を貸して以来すっかりハマってファンになった人です。

この作品は海外では1ヶ月以上前に公開されていて、興行成績が振るわなかったということで今後の作品の計画も見直されているなどと報じられてしまっており、少々不安がないでもないという感じでしたが、まさかディズニーがそんな駄作をそのまま世に出すとも思えませんし、私にとってはスター・ウォーズであるというだけで満足できるはずでしたが、実際に観てみてもそれは全くの杞憂、あちこちにシリーズの各作品へのオマージュも散りばめられてとても楽しい作品になっていたと思います。

言うまでもなく、この作品は「新たなる希望」から始まるオリジナル・トリロジーの重要な役柄であるHan Soloが、Mos Eisleyの酒場でLuke SkywalkerObi-Wan Kenobiに出会う以前の物語です。Hanがどのように相棒Chewbaccaと出会い、Millennium Falconを手に入れ、スパイスの密輸業者としてJabba the Huttと取引するようになるのか、というようなところを描いていますが、これらはファンには気になることだったと思うので、ファンであればあるほど楽しめることは間違いありません。Millennium FalconはLando Calrissianからサバックの賭けで手に入れた、というのはファンなら誰でも知っていることですが、それを具体的に映像として見るのはまた感動があります。しかし逆に言えば、それほどスター・ウォーズに対する愛のない人にはあまり受けが良くないのも仕方ないのかもしれません。

さすがに最新のCG技術を使うにしてもHan Solo役はHarrison Fordが演じるわけにも行かないのでAlden Ehrenreichの主演となっていますが、渋さを身につける前の若々しいHanだと思えば悪くないのではないでしょうか。ヒロインQi’ra役のEmilia Clarkeはその美しさにうっとりしてしまう場面もありますが、「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」ではSarah Connorを演じていましたが、「ゲーム・オブ・スローンズ」ではメインキャストの一人であるDaenerys Targaryenを演じているので、こちらの方が馴染みがあるという人も多いかもしれません。ハマると大変そうなので私はまだ「ゲーム・オブ・スローンズ」を観ていないのですが、これを機会に、Daenerysを見るために観始めてしまうかもしれません。またこのほか、Hanの師であるTobias Beckettとして、最近「スリー・ビルボード」などでも見たWoody Harrelsonが出演しています。

ということで、私はこのあとQi’raがどうなったのかがとても気になってしまうのですが、残念ながらこの続編というものは作られるはずもないので想像するしかありません。「ローグ・ワン」では主要キャストはほとんど死んでしまい、ストーリー自体は「新たなる希望」に続く形になっていたので同じようなことを考える必要はありませんでしたが、これはなかなか辛いです。せめて、というわけではありませんが、早いうちにもう一度じっくり見直したいと思います。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。