Archives

キングダム

これは海外でも受けるはず。

どうやらすごく面白いらしい、ということで気になっていたものの観る機会を逃していた映画「キングダム」ですが、公開から2ヶ月半ほど経ってそろそろ終わろうかという頃になってようやくタイミングが合って観てきました。この作品は一部界隈で話題になっていたということもあるのですが、「長澤まさみがすごくいい」という評判もあってそれなら観なければいけないだろうと思っていたのでした。そして実際、映画も非常に面白かったのですが、やはり長澤まさみがとても良かったです。

この作品は週刊ヤングジャンプに連載中のマンガ「キングダム」を原作にしているものですが、これまでにもNHK BSでもアニメ化されていて、人気の長編シリーズとなっています。単行本は現時点で第54巻までが発行されているそうですが、Wikipediaに載っているあらすじを見る限り、今回は原作の5巻目辺りまでが映画化されたに過ぎないようです。ということはこのあと10本以上の映画を作るネタが有るということになりそうですが、果たしてどうなるでしょうか。本作のヒットを受けて続編が制作されることは間違いないように思いますが、今の品質を維持できるかどうかというだけでなく、飽きられないような仕掛けも必要でしょうから、最後まで映画化するというのは難しいかもしれません。まあ、原作もまだ完結していませんので、ゴールがどこにあるのかもわからない状態で語るのもバカげたことかもしれません。

シリーズの始まりである本作では戦争遺児で奴隷となってしまった主人公信と、後に始皇帝となる秦国大王嬴政がなぜか共に戦うようになるという話になっています。最高と最低の身分の二人なので本来であれば同じ空間にいることすらありえないことですが、信は嬴政に対して完全にタメ口で「オマエ」呼ばわりなのですから、見ている方が恐ろしくなってしまいます。現実に家臣らが傍で見ていたとしたら、どうしていいかわからないレベルでしょうね。

信を演じているのは山﨑賢人、信とともに奴隷として育った漂と嬴政の二役は吉沢亮という今時の若手俳優2人です。山﨑賢人の方は熱いキャラクターなのでかなり力が入っている気がしましたが、原作の雰囲気は出ているのかもしれません。一方の吉沢亮は二役をしっかり演じ分けていましたし、それぞれ別の魅力あるキャラクターになっていたように思います。

長澤まさみが演じていたのは山の民の王楊端和ですが、非常に力強く美しくかっこいい姿で高く評価されているのもうなずけます。戦闘シーンでのワイヤーアクションや刀さばきもとても良かったです。また、王騎を演じている大沢たかおは10kg以上も増量して撮影に臨んだということで、大沢たかおらしい奇人ぶりもありながら、かなり迫力のあるキャラクターになっていました。

さらに、映像の迫力も相当なものでした。中国に巨大なセットを築いて撮影された王宮のシーンや、そこに整列する膨大な数の兵士など、中国ならではの壮大さがしっかり表現されていて、これまで頭に描いていた邦画のイメージを大きく超えるものでした。また、水墨画に描かれているような独特の地形など、中国らしい景色が存分に取り込まれていて、日本人の俳優が日本語で演じているのに、古代中国の物語としてまったく違和感がありませんでした。

ということで、なにか特別なことがない限り続編は作られるものと思いますので、それを楽しみにしておきたいと思います。私はもしもう少し早く観ていたら、きっともう一度観ようと思ったでしょう。

キングダム コミック 1-54巻セット

posted with amazlet at 19.07.07

原泰久 集英社 売り上げランキング: 15,475

Amazon.co.jpで詳細を見る

本能寺ホテル

もっと日本史に興味を持っておくべきだとは思いました。

先日友人らと訪れた書寫山圓教寺は映画や大河ドラマの撮影に使われているということなのですが、実は今までそれらの作品は観たことがありませんでした。「ラストサムライ」ぐらいの大作は観ておくべきだろうと思いながらなかなかその機会がなかったのですが、先日「本能寺ホテル」がAmazon Prime Videoで無料で観ることができるようになっているのを見つけたので、まずはこれから観てみることにしました。

本能寺ホテル

posted with amazlet at 19.06.12

(2017-08-02)売り上げランキング: 15,181

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は、現代の京都のホテルのエレベーターがなにかのきっかけで本能寺の変前日の本能寺に繋がってしまい、綾瀬はるか演じる主人公が森蘭丸や織田信長を救うべきか歴史を変えないようにすべきか選択を迫られながら奮闘する、というようなコメディ作品です。信長役は堤真一
が演じていますが、威厳があってなかなかそれらしい感じでした。

この作品の中で圓教寺が使われているのは家臣らが振々毬杖(ブリブリギッチョウ)という遊びに興じる場面と、少年時代の信長が庶民の子どもたちと振々毬杖を楽しむ場面との2つのシーンだったと思います。さすがについ最近目で見てきたところなので、すぐに気づきました。ちなみにどちらも同じく振々毬杖の場面だったというのは小道具の運搬の都合などでしょうか。

なお、本能寺の建物には同じく姫路市内にある亀山本徳寺というお寺が使われているそうです。私は実際に行ってみたことはありませんが、Google Mapsで写真を見てみると確かに映画に写っていたそのままの様子です。それほど有名なわけではないと思いますが、立派なお寺のようなので近いうちに見に行ってみたいと思います。

ところで映画そのものがどうだったのかというと、タイムトラベルを題材にしたコメディ要素の強いSF作品として、すごくというわけではないにしてもそこそこ面白い作品であったと思います。映画館で1800円払う価値があったかというと微妙ですが、まあ週末に自宅で気軽に楽しむには良いのではないでしょうか。

Green Book

ひねりはないけれどいい話。

今月の映画の日、3月1日は金曜日で仕事帰りに観に行くことができてとても嬉しいのですが、直前に発表された2019年米国アカデミー賞で作品賞と助演男優賞、脚本賞の3部門を受賞した「グリーンブック」の公開日でもあり、この作品はもともと観たかったということもあり、迷うことなく予約を入れて観てきました。さすがにアカデミー賞の効果もあって、いつもは映画の日でもガラガラの金曜日もなかなかの賑わいでした。

この作品は、ニューヨークのナイトクラブCopacabanaで働いていたイタリア移民のTony Lipと、アメリカの黒人ピアニストDon Shirleyという実在した2人の人物の間に、アメリカ南東部、ディープサウスを巡るツアーを通じて人種を越えた友情が築かれる過程を描いた物語となっています。舞台となっている1962年当時のアメリカはまだ黒人差別も根強く、Tony自身も当初は差別主義者であり、またディープサウスはとくに差別の厳しかったところで、数々の差別的出来事が起こりますが、それらを通じてTonyの考え方も変化していくというわけです。

主演は「ロード・オブ・ザ・リング」のAragornを演じていたViggo MortensenがTonyを演じ、Mahershala Aliが演じるDonは助演ということになっているようです。Viggoはこの映画で大食漢のTonyを演じるために体重を20kg程も増やしたとのことで、立派な太鼓腹を見せています。一方でMahershalaはこの役で「ムーンライト (映画)」に続いて2度目のアカデミー助演男優賞を受賞しているわけですが、つい先日観た「アリータ: バトル・エンジェル」でも重要な役どころを演じており、今が旬の俳優ということになるのでしょうか。

タイトルとなっている「グリーンブック」は当時のアメリカで黒人が宿泊できるホテル、食事できるレストランなどを紹介したガイドブックのことで、創刊したVictor Hugo Greenの名前に因んでいますが、それに合わせて表紙が緑色になっているのはシャレでしょう。しかし、こういうものの存在自体が現代では考えられないことですし、アメリカにとっては恥ずべきことですね。かといって日本は問題ないのかというとそんな事は言えず、むしろ表立っていないだけに質が悪いのではないでしょうか。