Archives

Bohemian Rhapsody

改めて聴いてその偉大さを再認識。

私の観たい映画ラッシュの11月、上旬にして早くも3本目に観たのは「ボヘミアン・ラプソディ」です。QueenとそのリードシンガーであるFreddie Mercuryの伝記的作品となっており、Queenの前身であるSmileにFreddieが加わるところからLIVE AIDへの登壇で絶頂を迎えるところまでを描いたものです。

この作品ではフォックス映画の冒頭に必ず登場するあの有名な20th Century Foxロゴのファンファーレがギターで演奏されていてとても良いです。これはサントラ盤にも収録されており、Queenの演奏となっているということはBrian Mayのギターということなのでしょう。非常に気分が盛り上がります。

序盤に本作のタイトルでもある楽曲”Bohemian Rhapsody“にまつわる件がありますが、この曲はまさにQueenを象徴する唯一無二といっていいものであると思います。演奏時間が5:55と長いために当時のラジオでは放送されないと言われていたそうですが、現在では5分程度の曲などザラにありますが、その障壁を崩したのも彼らだということになるのかもしれません。

Freddieを演じているのはRami Malekです。若い頃のFreddieとして最初に彼が現れたとき、正直なところあまり似ているとは思えず不安を感じてしまったのですが、単に私が見慣れない髪型や髭がないせいだったのか、あるいは観ているうちに慣れてしまったのか、終盤ではかなりそっくりにしか見えなくなってしまいました。不思議なものです。

終盤はLIVE AIDでのステージをかなり忠実に再現したものになっています。YouTubeでは実際の映像を見つけることができるので私も観て比べてみましたが、かなり細かいところまで作り込んであるのではないかと思います。もうこれなら本物の映像を差し込んでしまってもいいのではないかと思えるほどです。もちろん映画に出演しているのはRamiをはじめとする俳優らですが、その彼らも本人らの振る舞いや雰囲気をとてもうまく演じていると思います。

実はLIVE AIDが行われたときには私もロンドンに住んでいたので、親に頼んで行こうと思えば行けたはずなので、実に惜しいことをしたものです。それどころかテレビで見ることもしなかったので、当時の愚かしさを呪いたくなるほどです。中学生だった私には個性的すぎてなかなか受け入れることができなかったのがその一つの理由で、Queen以外の出演者は大人好みの大物ばかりだったということもありますので、致し方ないのかもしれませんが…

それにしても1991年にFreddieがAIDSによる気管支肺炎によって亡くなったのは45歳の時ということで、今の私よりも若くして亡くなってしまったということになります。まだ存命なら今年72歳ということになりますが、このような才能が短命で終わってしまうというのは本当に惜しいものです。Freddie一人の伝記映画ではないのですが、それを思わずにはいられませんでした。

太陽の塔

ただただ勢いのあった頃。

2025年に開催される国際博覧会、いわゆる万博にはアゼルバイジャンの首都バクー、ロシアのエカテリンブルクと並んで日本の大阪も立候補しているようですが、その投票はいよいよ来月行われるようです。他の候補地が2か所とも旧ソ連であるということが吉と出るのか凶と出るのかわかりませんが、果たしてどうなることでしょうか。

そもそも万博というものが何なのか、何のために開催されるのかが私にはピンと来ません。2005年に開催された愛・地球博ものべ2200万人もの人が入場したそうですが、私にはどうもその意義がよくわからず行ってみようという気になりませんでした。しかし、1970年の日本万国博覧会ではなんと6400万人もの人が訪れたということで驚くほかありません。私の生まれる前年のことですが、私の両親も見に行ったとのことなので、まだ胎児だった私も必然的に行っていたということになるでしょう。

万博会場の跡地は現在は万博記念公園となっていますが、当時の面影を残すものは多くありません。現在EXPOCITYというショッピングセンターになっているところにはかつて万博の際にアミューズメント・ゾーンとして作られたエキスポランドが営業を続けていましたが、2007年の痛ましい事故をきっかけに廃園となってしまいました。

しかし何と言っても現在の万博記念公園の文字通りの顔となっているのは太陽の塔でしょう。万博当時は大屋根に囲まれていたのでむしろ今のほうが存在感があるのではないかと思われますが、公園に沿って走る中国自動車道からも見ることができて、特に夜はライトアップされた上に目が光っているので、なかなかの威容を見せています。この太陽の塔は外から見ているだけでもとても興味深い作品なのですが、万博当時は中が展示スペースになっていたということを知ったのは割と最近のことでした。そして耐震工事とともにその内部が修復されて、今年3月から再度公開されたということを知りました。

見学には公式サイトの入館予約のページでの予約が必要で、4ヶ月先まで予約できる、つまり4ヶ月前に予約可能になるのですが、週末はすぐに埋まってしまいますし、平日でも1ヶ月前には埋まってしまうような感じです。しかし、直前にキャンセルが出ることがあるので、こまめにチェックすると空きになっていることがあり、私はその手で2日前に予約することができました。

残念ながら「安全のため」塔内部での写真やビデオの撮影は禁止なのですが、実際にはスペース的にも時間的にもかなり余裕をとって見せているので、撮影したとしても特に問題はなさそうなものでした。万博当時はエスカレーターで強制的に上へと運ばれていたそうですが、軽量化のために階段に変更されているのでゆっくりと自分のペースで登っていくことができます。ただ、グループを外れることは許されないので、時間的な制限はありますがそれでもかなりゆったりとしたペースです。

地下のスペースで地底の太陽を見たあと生命の樹のあるメインスペースへと移り、単細胞生物からヒトに至るまでの生命の進化をたどる展示を見ることになりますが、補修直後ということもあって内部はとてもきれいに整備されています。耐震補強のためにコンクリート壁の厚みを増したことで内部空間が減り、展示物の数を減らすなどしたそうですが、それは全く問題を感じるようなこともなく自然でした。

しかし私が一番見事だと思ったのは、塔の腕の部分の内部構造です。当時はここにもエスカレーターがあって大屋根に出るようになっていたそうですが、美しい照明が当てられていることもあって、この腕の形を支えるための幾何学的構造がいくら見ていても飽きないのでした。よくよく考えるとあのような形の腕を生やしておくというのはそう簡単なものではないはずですね。当時の建築技術の粋であったのかもしれません。

太陽の塔を見たあとは当時の鉄鋼館の建物を利用したEXPO’70 パビリオンというところも覗いてみましたが、こちらはこちらで当時のノスタルジーを感じさせる、レトロフューチャーな展示物もいろいろあって楽しめました。

ちなみに私はたまたま先日「『太陽の塔』新発見! – 岡本太郎は何を考えていたのか」という本を図書館で借りて読んでいたので、作られた当時の背景なども知っていたのでより楽しめたように思います。展示やパンフレットなどでも説明はありますが、より深く知っておくことで楽しみが増すことは間違いないと思いますし、この本自体も読み物として面白いのでこれから見学していみたいという方には一読をおすすめします。

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス)

posted with amazlet at 18.10.08

平野 暁臣 青春出版社 売り上げランキング: 293,802

Amazon.co.jpで詳細を見る

American Made

これが実話とは。

1991年のクリスマスにソビエト連邦が崩壊するまで、それぞれソ連とアメリカを中心とする東西国家の間では冷戦状態となっていたわけですが、その裾野ではKGBとCIA (中央情報局)による各種工作合戦が繰り広げられていました。その中で実際にあったことをもとにしたという映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」を観てみました。

バリー・シール/アメリカをはめた男(吹替版)

posted with amazlet at 18.08.17

(2018-01-30)売り上げランキング: 3,475

Amazon.co.jpで詳細を見る

実話をもとにした話ということで、主人公は邦題にもなっているBarry Sealという、1970-80年代のアメリカで暗躍した実在の人物で、Tom Cruiseが演じています。私はまったく予備知識を持たずに観始めたのですが、メデジン・カルテル、コントラ、サンディニスタ民族解放戦線という中米の組織がいろいろ関わってくるので、これらについて何らかの知識を持っておいた方がより楽しめるかもしれません。また、CIAのほかFBI (連邦捜査局)、DEA (麻薬取締局)、ATF (アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)といったややこしいアメリカの捜査組織の職掌についても知っておくとちょっとだけ面白いでしょうか。

作品はあくまで実話を「もとにした」もので、脚色として事実から変えてあるところもいろいろあるようですが、Barryがアーカンソー州のMenaという田舎町の空港を拠点として麻薬の密輸を行っていたことは事実のようです。当初の作品名はずばり”Mena”としようとしていたそうですが、それはさすがに直接的すぎるのでやめたということでしょうか。現在5000人余というMenaの町の住人にはちょっと複雑ですよね。なお原題が”American Made” (アメリカ製)というのに対して、「アメリカをはめた」という邦題では大胆不敵な人物をイメージさせてはいますが、私が見たところではアメリカを騙したわけでも、国に陥れられたわけでもないようで、ちょっと印象操作になっているような気がします。

ということで、作品自体も1980年代風の映像となっていて、そういう面でもいろいろ楽しめたのですが、あまり人が死んだり痛い目に遭う直接的な描写がないというところも良かったです。私はどうも暴力描写が苦手なので極力避けて欲しいと思うのですが、それがリアリティだと思う人もいるようなのが困ったものです。いやしかし、ここ数年でTom Cruiseがだいぶ好きになってきたような気がします。