Archives

Once Around the World / It Bites

何年経っても好きなので。

今からちょうど30年前、私がまだ高校生だった1988年、東京では音楽中心のFMラジオ局であるJ-WAVEが開局し、それと前後して渋谷ロフトの1階にWAVEという大規模CD/レコード店が開店しました。当時すでに渋谷にはタワーレコードがありましたが、現在の山手線沿いのビルのような大きな店舗ではなく東急ハンズ近くの薄暗いビルにあり、まだ洋楽はちょっとマニアックな雰囲気がありました。そんな状況の中で当時は洋楽中心に一日中音楽を流し続けていたJ-WAVEによって認知度は高まり一般的なものになったのか、タワーレコードもWAVEも連日大変な混雑でしたが、私も足繁く通っていたものです。

ちょうどそんな1988年、イギリスのIt Bitesというプログレッシブ・ポップのバンドがリリースしたOnce Around the Worldというアルバムがあります。私は当時このアルバムをタワーレコードかWAVEかで購入したはずなのですが、当時からとても気に入っていて、今聴いてもその魅力は一切衰えることがありません。イギリスのアルバムチャートで最高43位ということなのでまったく大したヒットでは無かったようなので、このアルバムに偶然巡り合うことができたのは奇跡としか言いようがありません。

Once Around the World

posted with amazlet at 18.01.21

It Bites Msi (2006-12-19)売り上げランキング: 331,647

Amazon.co.jpで詳細を見る

「プログレッシブ・ポップ」とは一体どういうジャンルなのか、あまりピンとこない人も多いかと思います。プログレッシブ・ロック、いわゆる「プログレ」といえばKing Crimson, Pink Floyd, YES, Genesis, Emerson Lake & Palmerという5つのバンドが「プログレ5大バンド」とされていますが、これらの他にもたくさんのバンドが様々な音楽性を持って活動しているジャンルです。そのわかりやすい特徴は曲の途中でテンポやキーが変わるというところではないかと思っていますが、これはプログレッシブ・ポップにも継がれていて、簡単に言えばプログレッシブ・ロックをちょっとソフトにした感じのものではないかと思います。とは言っても、その境界は非常に曖昧で、プログレッシブ・ロックや普通のロックやポップスともあまり区別はされていないかもしれません。

残念ながらCDではもう新品はかなりプレミアム価格になっていますし、中古でも入手は難しくなっているようです。また、iTunes Storeなどでも配信されていないようです。しかし、YouTubeにアップロードしている人が多数いるようなので、これらで聴いていただくしかないのでしょうか。音楽を言葉で説明するというようなことは私にはできませんので、アーティストの収入にならないのは非常に残念ですが、関心を持った人にはぜひ一度聴いていただきたいと思います。

しかしこのように入手が難しくなってしまうのは、メディアが廃れていくことによって文化が埋もれていってしまうということで、大変残念に思います。もちろん、例えば18世紀に大衆がどのような音楽を聞いていたかというようなことはもうほとんどわからないわけで、それと同じようなこととはいえ、あまりに早いのではないでしょうか。何でもかんでも未来永劫というような訳にはいかないでしょうが、そういう方向にも技術が活用されることを願いたいものです。

TWICE

我ながらちょっと意外。

おそらく音楽的な好みが決まるであろう中学生時代をイギリスで過ごした影響が大きいのだと思いますが、私はいわゆる邦楽もほとんど聴かず、英米の音楽を中心に聴いているのでK-Popには一切興味を持たずに来ました。ただPSYの江南スタイルくらいはアメリカでも爆発的に売れていたので私も知っていますが、それ以外は本当に知りません。まあそんなことは強く主張する必要もないのですが、そんな私が、日本のアイドルや女優にもほとんど関心を持たない私が、なぜか急に気になってしまったのがTWICEです。

1ヶ月ほど前に急にテレビ各局が「TTポーズが話題」と言い出して紹介していたので多くの方がご存知だと思いますが、TWICEというのは韓国人5人、日本人3人、台湾人1人の9人組ガールズユニットです。韓国では2015年10月にデビューしていましたが、今年6月28日に日本デビューとのことなので、急に露出するようになったのはその準備のための第1弾ということで仕掛けられたものだったのでしょうか。

実は私はテレビで見るようになるちょっと前に、次男が学校で聴いて気に入ったというのを聞いて、YouTubeで「TT」を試しに聞いていました。その「TT」はキャッチーでポップな曲で、歌詞は韓国語の中に英語のフレーズが入るような感じなのでもちろん意味はわからないのですが、それでも可愛らしく楽しく、なんとなくまた聴いてしまいたくなるような感じでした。

そしてそのうちPV以外にYouTubeで見ることができる動画を漁るようになったのですが、特に気になってしまったのが日本人メンバーの一人、モモこと平井ももです。京都府京田辺市出身の彼女は3歳からダンスを習っていたらしくTWICEの中でもパフォーマンス担当として「ダンスならモモ」という感じになっているようです。私が何に惹かれてしまったかといえば、20歳にしては幼すぎるようにも見えるものの、ちょっとたどたどしく、若干舌足らずに韓国語を喋る姿かもしれません。でも、テレビなどで喋れるほどに外国語を習得するというのは並大抵のことではありませんよね。それだけでも日本人メンバー3人は応援したくもなるというものです。ちなみにモモの他の2人も大阪と兵庫の出身で、揃って関西出身というのも親近感が湧いたりしています。

ということで、「TT」の動画再生回数がピコ太郎を超えたとか、TTポーズとかはどうでもいいことで、彼女らにはちょっと頑張って欲しいと思っているのですが、マスコミに無理やり持ち上げられたせいでデビュー前にすでに飽きられてしまっていないかがやや心配です。この記事もすでに今更感が漂っていて、どうしようかと思っていたくらいなのですが…

Nicki Minaj – The Pinkprint Tour

自分の世界ではありませんでした。

先日、思いがけずNicki MinajのコンサートThe Pinkprint Tourのチケットが4枚手に入りました。ちょうど私の家族が帰国中でいなかったため、日本人の同僚の間で同行者を募ったのですが、残念ながら誰からも希望がなく、米人社員Aが彼女と行きたいというので2枚譲り、結局1枚は使わず私一人で行くことになってしまいました。Nicki Minajといえばそれなりのビッグネームだと思うのですが、やはりラップというのはとっつきにくいのか、そもそも関心もなく知らないのでしょうか。私もラップは苦手でほとんど聞きませんが、Nicki Minajはポップアーティストとも多く共演しており、またNicki自身の曲もポップチャートでいくつも大ヒットしているものがありますので、そういった曲だけでも楽しめればいいかという思いで行ったのでした。

場所はメトロデトロイトの北の方にあるDTE Energy Music Theatreという屋外コンサート会場で、Pine Knobというスキー場とゴルフ場に囲まれた緑豊かなところで、ここなら大きな音も迷惑になることはなさそうです。会場に到着するとまもなく前座が始まったのですが、事前に何も調べずに行ったので途中で知ったのは前座が4組もあるということです。それも全てラップでした。

前座は順にDej Loaf、Tinashe、Rae Sremmurd、Meek Millという私は名前も知らないような人たちでしたが、それでも何曲か聴いたことがある曲、Nowに入っていて持っているような曲もありましたし、会場はかなり盛り上がっていましたので無名の人たちではないようでした。特に、Meek MillはNicki Minajと婚約しているのだということをチケットを譲って一緒に行ったAから聞きました。ちなみにどうでもいいのですが、Meek MillはDream Chaser Recordsというレーベルを興しているらしいのですが、そのロゴがRolls Royceの丸パクリで、わざとやっているのかもしれませんが私には格好悪く見えて仕方ありませんでした。また、ヒップホップの世界では爆発音が流行っているのでしょうか。Nickiの時には使われませんでしたが、それ以外の前座の人たちはしきりに鳴らしていて、私はもう食傷気味でした。

それはさておき、9時頃になってようやくNicki Minajの出番となりました。Wikipediaにはセットリストが載っているのですが、それを見ると実に38曲、いったいどれだけの時間続くのだろうと思ってしまいました。しかし実際にはワンコーラスしかやらない曲が多かったり、観客に歌わせる曲なども含まれていたようで、ちょうど2時間ほどで終わりました。

私が知っている曲はヒットした4曲だけだったのですが、周りの人達は終始一緒に歌い踊っていて、私がこれまでに行ったことのあるコンサートとは大きく雰囲気が違い、客層もあってちょっと怖く感じてしまいました。黒人が多いのはいいのですが、髪型や服装が私と普段付き合いのある人達とは違うのです。まあどんな感じか行ってみよう、というのが私のモチベーションだったので、目的は達成できたとも言えます。しかし中には小学生くらいの子供を連れて来ている人もいて、セクシーさを強調したステージを見せて教育的に問題はないのか他人事ながら気になってしまいました。

辛かったのは音量の大きさです。前座の時点ですでに耳は正常に聞こえなくなってきていて、まともに音楽が聞けているのかどうか怪しい状態でした。終わったあともしばらく耳鳴りが続いていて、ようやく気にならなくなったのは3日くらい経ってからだったかと思います。しかし私はそんな状態なのに周りの人達は全く問題なさそうだったのですが、これはひょっとして歳のせいなのでしょうか。もう会場の前の方に座ってはいけないのかもしれませんし、コンサート用の耳栓を準備しておくべきなのかもしれません。実は以前も買っておこうと思いつつ、次の予定ができてからにしようと思っていたところ、今回は急だったので間に合わなかったのでした。次は同じことにならないよう、今から準備しておくべきですね。

印象的だったのは、歌い終わったあとにふと見せる、Nickiのなんとも言えない幸せそうな表情です。この人にとってはこれが天職なのだろうな、と思わせるようないい表情でした。