Joker (2019年の映画)

現実とそうかけ離れてもいないような気がするのが怖い。
🃏

これまでにここでも何度も書いていることですが、同じアメリカンコミックでもMarvel ComicsとDC Comicsではだいぶカラーが異なっていると思います。今、Marvel Cinematic Universeの作品群がすでに一つのジャンルと言ってもいいほど市場での地位を確立していますが、それに対してSupermanBatmanを擁するDC陣営はあまりうまく行っていると言えない状況ではないでしょうか。日本でもSupermanシリーズやBatmanシリーズはそれぞれ歴史や知名度があって知らない人はいないのでしょうが、Wonder Womanは最近の映画がそれなりにヒットしたとはいえ、その他のキャラクターが弱すぎます。

とはいえ、別にMarvelと同じようにする必要はありません。私自身の幼い頃のヒーローはSupermanでしたし、Batmanシリーズのダークで大人っぽい雰囲気も脳天気なMarvelよりも好みです。また、3年前に映画化されて2021年には続編が予定されているSuicide Squadもディズニー傘下のMarvelではとてもありえないような破天荒な作品で、私は大好きです。特にMargot Robbie演じるHarley Quinnがとても気に入っていて、今でもiPhoneの壁紙はHarleyにしているくらいなのですが、このHarley Quinnが主役の「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」という作品も来年3月に公開が予定されていて、今から非常に楽しみにしているところです。

ということで前置きが長くなりましたが、このHarleyを狂気の世界に引きずり込んだ張本人であり、Batmanの宿敵の一人であるThe Joker がいかにして誕生したかを描いた作品「ジョーカー」がこの週末に公開されたので、こちらも早速観に行ってきました。

しかし実は、上映が始まって最初の30分ほどまでは観に来たことを後悔していました。というのは、この作品があまりにリアルなタッチで精神的に病んでいるThe JokerことArthur Fleckの状況を描いたものであり、とても痛々しいものだったからで、できるだけ気楽に生きていきたいと思っている私にとっては重すぎると感じたのです。しかしながら、それを乗り越えて観ているとThe Jokerについての理解を深めることができたと思います。

本作でArthurを演じているのはJoaquin Phoenixですが、この作品で生活に困窮するArtherを演じるために23kgほども減量したとのことで、演技も真に迫るものだったと思います。あまりに急激な減量は精神にも影響するということですから、もしかするとそれも寄与したのかも…なんていうことはあって欲しくありません。2008年の「ダークナイト」ではその公開直前に亡くなってしまったHeath Ledgerが主役を食う存在感の怪演を魅せていたのですが、本作のJoaquinの演技もArthurがThe Jokerに至る過程として決して劣るものではなかったと思います。

舞台となっているのはニューヨークをモデルとした架空の都市Gotham Cityですが、撮影がニューヨークで行われていることもあって紛れもなくニューヨークの出来事のように感じてしまいます。時代としては1981年の景気が悪く世の中が暗い頃なので、現代のニューヨークとは雰囲気は違うのですが、それでも非常に現実的に感じられてしまい、今でもニューヨークの街角ではArthurのような苦境に喘いでいる人がいて、現実のJokerが生まれてしまうのではないかと不安に…というのは言いすぎですね。しかし、ハイテクメカが登場するわけでもなく、荒唐無稽なところは一切ないので、設定さえ整ってしまったらこの狂気が現実のものとなってもおかしくないのではないかと思ってしまうのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください