「batman」タグアーカイブ

Joker (2019年の映画)

現実とそうかけ離れてもいないような気がするのが怖い。
🃏

これまでにここでも何度も書いていることですが、同じアメリカンコミックでもMarvel ComicsとDC Comicsではだいぶカラーが異なっていると思います。今、Marvel Cinematic Universeの作品群がすでに一つのジャンルと言ってもいいほど市場での地位を確立していますが、それに対してSupermanBatmanを擁するDC陣営はあまりうまく行っていると言えない状況ではないでしょうか。日本でもSupermanシリーズやBatmanシリーズはそれぞれ歴史や知名度があって知らない人はいないのでしょうが、Wonder Womanは最近の映画がそれなりにヒットしたとはいえ、その他のキャラクターが弱すぎます。

とはいえ、別にMarvelと同じようにする必要はありません。私自身の幼い頃のヒーローはSupermanでしたし、Batmanシリーズのダークで大人っぽい雰囲気も脳天気なMarvelよりも好みです。また、3年前に映画化されて2021年には続編が予定されているSuicide Squadもディズニー傘下のMarvelではとてもありえないような破天荒な作品で、私は大好きです。特にMargot Robbie演じるHarley Quinnがとても気に入っていて、今でもiPhoneの壁紙はHarleyにしているくらいなのですが、このHarley Quinnが主役の「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」という作品も来年3月に公開が予定されていて、今から非常に楽しみにしているところです。

ということで前置きが長くなりましたが、このHarleyを狂気の世界に引きずり込んだ張本人であり、Batmanの宿敵の一人であるThe Joker がいかにして誕生したかを描いた作品「ジョーカー」がこの週末に公開されたので、こちらも早速観に行ってきました。

しかし実は、上映が始まって最初の30分ほどまでは観に来たことを後悔していました。というのは、この作品があまりにリアルなタッチで精神的に病んでいるThe JokerことArthur Fleckの状況を描いたものであり、とても痛々しいものだったからで、できるだけ気楽に生きていきたいと思っている私にとっては重すぎると感じたのです。しかしながら、それを乗り越えて観ているとThe Jokerについての理解を深めることができたと思います。

本作でArthurを演じているのはJoaquin Phoenixですが、この作品で生活に困窮するArtherを演じるために23kgほども減量したとのことで、演技も真に迫るものだったと思います。あまりに急激な減量は精神にも影響するということですから、もしかするとそれも寄与したのかも…なんていうことはあって欲しくありません。2008年の「ダークナイト」ではその公開直前に亡くなってしまったHeath Ledgerが主役を食う存在感の怪演を魅せていたのですが、本作のJoaquinの演技もArthurがThe Jokerに至る過程として決して劣るものではなかったと思います。

舞台となっているのはニューヨークをモデルとした架空の都市Gotham Cityですが、撮影がニューヨークで行われていることもあって紛れもなくニューヨークの出来事のように感じてしまいます。時代としては1981年の景気が悪く世の中が暗い頃なので、現代のニューヨークとは雰囲気は違うのですが、それでも非常に現実的に感じられてしまい、今でもニューヨークの街角ではArthurのような苦境に喘いでいる人がいて、現実のJokerが生まれてしまうのではないかと不安に…というのは言いすぎですね。しかし、ハイテクメカが登場するわけでもなく、荒唐無稽なところは一切ないので、設定さえ整ってしまったらこの狂気が現実のものとなってもおかしくないのではないかと思ってしまうのです。

Batman Ninja

外国人には難しいような。Batman Ninja - Batman

Marvel Cinematic Universeと呼ばれるMarvel Comics原作の実写映画化作品はすっかり映画の一つのジャンルを築き上げてしまったように見えますが、DC Comicsの方はSupermanBatmanは古くから映画化されてヒットしていたにもかかわらず、その後の展開では遅れを取ってしまっているようです。だから奇策を取って、というわけではないでしょうが、「ニンジャバットマン」というアニメ映画が日本で製作されて公開されました。

「え? 忍者?」とだいぶゲテモノ臭が漂っていたこともあり、私は観るべきかどうかだいぶ迷ってしまったのですが、「スーサイド・スクワッド」で見てずっと以来iPhoneの壁紙にしているほど好きになったHarley Quinnも活躍(?)するようなので、仕事の後に観に行ってみることにしました。

Batman Ninja - Harley Quinn
本作はBatmanが主役でメインの敵はJokerと付き従うHarley Quinn、その他Cat WomanPenguinTwo Faceなど諸々のキャラクターが登場するという、それだけ見ればオーソドックスなバットマンシリーズなのですが、ただ舞台が中世日本、戦国時代というところが特徴です。もちろんバットマンが戦国時代の日本に現れるという時点で荒唐無稽な話なのですが、その先にはそれどころでないバカバカしい話が繰り広げられ、ダークナイト三部作や「ジャスティス・リーグ」のシリアス路線とは全く別物と考えなければいけません。まあ、スーパーヒーロものという時点でまったく非現実的ではあるのですが。

しかし、ストーリーや設定はともかく、映像としてはとても面白いものでした。BatmanとJokerの直接対決シーンはかなりスピード感があって見応えがありましたし、Batmanが状況を分析する説明的な場面では多彩な演出が使われて、退屈させられるようなこともありませんでした。やはりアニメの映像表現については日本の技術は今でも世界をリードしているのでしょうか。

なお、本作は日本では劇場公開となっていますが、アメリカではネット配信とBlu-ray/DVDの販売のみとなっているようです。さすがにテーマ的に日本以外の国では無理があるので仕方ないでしょう。日本で常識的に知られているような戦国武将の名前を知らないと、どういう意味なのかわからないようなところも多々あるはずです。せっかくDC Comicsを元にしているのにこうして市場を限定してしまったというのは大変もったいないことのように思えますが、まあ仕方ないでしょう。

Justice League

Justice League二番煎じ感は否めない。

通常1800円の映画を1100円と格安で観ることができるという、映画ファンには嬉しい毎月1日の映画の日ですが、実際には曜日の都合が合わなかったり、その時に観たい作品がなかったりで私が利用できるのは年に数えるほどしかありません。今年も先月までに利用したかどうか怪しいくらいですが、今月はちょうど金曜日だったのと、観てみようと思っていて先週末は時間が合わなかった「ジャスティス・リーグ」がいい時間にあったので、久しぶりに利用してみました。しかし、1日が土日に重なると大変込み合ってしまう映画館も平日では普段よりちょっと多いかもしれないという程度で、映画産業の行く末が心配になってしまいました。

さて、このJustice LeagueというのはMarvelで言うところのAvengersDC Comics版で、SupermanBatmanWonder Womanを中心に、AquamanThe FlashCyborgといったスーパーヒーローが集結したものです。今回の作品で登場するのはこの6人までですが、コミックの方ではGreen LanternSHAZAM!その他、日本では一般に馴染みのないヒーローたちも加わっているようです。まあ、Marvelと比べてもDC Comicsの方が日本ではマイナーですし、そもそもDC自体があまり知られていないので仕方ありませんね。

本作は昨年春に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編にあたり、世界を守るために自らの命を犠牲にしたSuperman亡き後の、失意に覆われた世界が舞台です。大いなる脅威に立ち向かうため、BatmanことBruce Wayneが他のヒーロたちを探し出して同盟を呼びかけ、Justice League (正義の同盟)を結成するというものです。

DC Comicsの各作品はコミック、映画ともダークなところがMarvelとは違い、大人向けな感じがしていましたが、本作ではコミカルなシーンもだいぶ取り入れられて軽くなっているように思います。それが良いか悪いかは人によって評価の異なるところでしょうが、私はDark Knight 3部作の暗さが好きだったのでちょっと残念な感じはします。ちなみに監督は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の他、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」も手掛けたZack Snyderで、これらの作品はみな良かったのですが、彼には「エンジェル ウォーズ」という「前科」があるので要注意かもしれません。まあ私自身は「エンジェル ウォーズ」は大好きなのですが。

ということで私の印象で点数をつけるとすれば100点満点で70点位だったのですが、Bruce Wayneの”I’m rich.”のセリフは面白かったです。なお、Bruceはかなりの大富豪として描かれていますが、彼の資産は70億ほどとされているようなので、Forbesの実際の世界長者番付では100位以内にも入れず、ちょうど200位あたりのSilvio Berlusconi元イタリア首相と同程度のようです。その程度の資産で正義の味方になれるのであれば、200人のうちの誰かは本当にやってみてくれても良さそうなものですが、みな命は惜しいですよね。