Archives

Justice League

Justice League二番煎じ感は否めない。

通常1800円の映画を1100円と格安で観ることができるという、映画ファンには嬉しい毎月1日の映画の日ですが、実際には曜日の都合が合わなかったり、その時に観たい作品がなかったりで私が利用できるのは年に数えるほどしかありません。今年も先月までに利用したかどうか怪しいくらいですが、今月はちょうど金曜日だったのと、観てみようと思っていて先週末は時間が合わなかった「ジャスティス・リーグ」がいい時間にあったので、久しぶりに利用してみました。しかし、1日が土日に重なると大変込み合ってしまう映画館も平日では普段よりちょっと多いかもしれないという程度で、映画産業の行く末が心配になってしまいました。

さて、このJustice LeagueというのはMarvelで言うところのAvengersDC Comics版で、SupermanBatmanWonder Womanを中心に、AquamanThe FlashCyborgといったスーパーヒーローが集結したものです。今回の作品で登場するのはこの6人までですが、コミックの方ではGreen LanternSHAZAM!その他、日本では一般に馴染みのないヒーローたちも加わっているようです。まあ、Marvelと比べてもDC Comicsの方が日本ではマイナーですし、そもそもDC自体があまり知られていないので仕方ありませんね。

本作は昨年春に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編にあたり、世界を守るために自らの命を犠牲にしたSuperman亡き後の、失意に覆われた世界が舞台です。大いなる脅威に立ち向かうため、BatmanことBruce Wayneが他のヒーロたちを探し出して同盟を呼びかけ、Justice League (正義の同盟)を結成するというものです。

DC Comicsの各作品はコミック、映画ともダークなところがMarvelとは違い、大人向けな感じがしていましたが、本作ではコミカルなシーンもだいぶ取り入れられて軽くなっているように思います。それが良いか悪いかは人によって評価の異なるところでしょうが、私はDark Knight 3部作の暗さが好きだったのでちょっと残念な感じはします。ちなみに監督は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の他、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」も手掛けたZack Snyderで、これらの作品はみな良かったのですが、彼には「エンジェル ウォーズ」という「前科」があるので要注意かもしれません。まあ私自身は「エンジェル ウォーズ」は大好きなのですが。

ということで私の印象で点数をつけるとすれば100点満点で70点位だったのですが、Bruce Wayneの”I’m rich.”のセリフは面白かったです。なお、Bruceはかなりの大富豪として描かれていますが、彼の資産は70億ほどとされているようなので、Forbesの実際の世界長者番付では100位以内にも入れず、ちょうど200位あたりのSilvio Berlusconi元イタリア首相と同程度のようです。その程度の資産で正義の味方になれるのであれば、200人のうちの誰かは本当にやってみてくれても良さそうなものですが、みな命は惜しいですよね。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。