Archives

Wonder Woman

Wonder Woman良い意味で裏切られた感じ。

Marvel各作品映画化の成功の後を追うように、SupermanBatman以外は日本ではマイナーだったDC Comicsの各作品も映画化が本格的なものとなり、この秋にはAvengersに対応するJustice League映画化も予定されています。実は2011年に日本でも公開されている「グリーン・ランタン」のGreen LanternもDC Comicsのキャラクターだったのですが、日本では知名度が低すぎたのと映画が駄作だったことで知られないまま消え去ってしまった感じです。私もこれは観たのですが、ブログに書く気にならないほどでした。

今週末に公開された「ワンダーウーマン」もそのDC Comicsのキャラクターの1人で、日本ではマイナーだったと思いますが、一足早く「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に登場してお披露目となっていました。この時のTomatometerは27% (現時点)と散々な感じなのに対して、本作品では92%とかなり大きな開きがありますが、絶対的にも相当高いスコアなので期待できるのではないでしょうか。

本作では、外界から隠されて女性だけが住むThemysciraからなぜWonder WomanことDianaが世の中に出てきてスーパーヒーローとなることになったのかが描かれていますが、時代は第一次世界大戦終盤の1918年、今から100年ほど前に遡り、本編のほとんどはこの時代の出来事となっています。

しかし、この手の作品で気になってしまうのが、ドイツ軍を完全に悪として扱っていて、あくまでも連合国が正義とされていることです。さすがにドイツの人達はこういう作品を観ていい気はしないと思うのですが、あくまで過去のことで自分たちとは全く関係ないと割り切れるものなのでしょうか。もちろん責任を感じたりする必要はないのですが、心情的に嫌な感じはあるのではないかと思います。特定アジアの反日映画でなくても日本軍を悪者とするような作品がたまにありますが、日本人としてはいい気はしませんよね。

Dianaを演じるのはGal Gadotで彼女もとてもきれいなのですが、8歳時点のDianaを演じているLilly Aspelが愛嬌もあって非常に可愛らしく印象的でした。今後の活躍に注目したいと思います。Dianaに助けられてDianaを俗世間に連れ出すきっかけとなるSteve Trevor役はChris Pineですが、「スター・トレック」シリーズのJames T. Kirk役で見せているようなユーモアのある演技がこの作品にも合っていると思いました。

ということであまり多くを述べていませんが、この作品は予備知識を持たずに観た方がより楽しめるのではないかと思うので、これくらいにしておきます。ただ、Batmanの本名がBruce Wayneだということは知っておくといいかもしれませんが。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。