Archives

Justice League

二番煎じ感は否めない。

通常1800円の映画を1100円と格安で観ることができるという、映画ファンには嬉しい毎月1日の映画の日ですが、実際には曜日の都合が合わなかったり、その時に観たい作品がなかったりで私が利用できるのは年に数えるほどしかありません。今年も先月までに利用したかどうか怪しいくらいですが、今月はちょうど金曜日だったのと、観てみようと思っていて先週末は時間が合わなかった「ジャスティス・リーグ」がいい時間にあったので、久しぶりに利用してみました。しかし、1日が土日に重なると大変込み合ってしまう映画館も平日では普段よりちょっと多いかもしれないという程度で、映画産業の行く末が心配になってしまいました。

さて、このJustice LeagueというのはMarvelで言うところのAvengersのDC Comics版で、Superman、Batman、Wonder Womanを中心に、Aquaman、The Flash、Cyborgといったスーパーヒーローが集結したものです。今回の作品で登場するのはこの6人までですが、コミックの方ではGreen LanternやSHAZAM!その他、日本では一般に馴染みのないヒーローたちも加わっているようです。まあ、Marvelと比べてもDC Comicsの方が日本ではマイナーですし、そもそもDC自体があまり知られていないので仕方ありませんね。

本作は昨年春に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の続編にあたり、世界を守るために自らの命を犠牲にしたSuperman亡き後の、失意に覆われた世界が舞台です。大いなる脅威に立ち向かうため、BatmanことBruce Wayneが他のヒーロたちを探し出して同盟を呼びかけ、Justice League (正義の同盟)を結成するというものです。

DC Comicsの各作品はコミック、映画ともダークなところがMarvelとは違い、大人向けな感じがしていましたが、本作ではコミカルなシーンもだいぶ取り入れられて軽くなっているように思います。それが良いか悪いかは人によって評価の異なるところでしょうが、私はDark Knight 3部作の暗さが好きだったのでちょっと残念な感じはします。ちなみに監督は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の他、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」も手掛けたZack Snyderで、これらの作品はみな良かったのですが、彼には「エンジェル ウォーズ」という「前科」があるので要注意かもしれません。まあ私自身は「エンジェル ウォーズ」は大好きなのですが。

ということで私の印象で点数をつけるとすれば100点満点で70点位だったのですが、Bruce Wayneの”I’m rich.”のセリフは面白かったです。なお、Bruceはかなりの大富豪として描かれていますが、彼の資産は70億ほどとされているようなので、Forbesの実際の世界長者番付では100位以内にも入れず、ちょうど200位あたりのSilvio Berlusconi元イタリア首相と同程度のようです。その程度の資産で正義の味方になれるのであれば、200人のうちの誰かは本当にやってみてくれても良さそうなものですが、みな命は惜しいですよね。

Man of Steel

永遠のヒーロー。

今でこそ星の数ほどいるスーパーヒーローですが、アメリカでその元祖といえばスーパーマンです。1938年にAction Comicsの第1号に掲載されて以来、今年で75年にもなりますが、その間米を中心に世界中の人々に親しまれてきたと言っても過言ではないでしょう。またその間、テレビや映画で何度となく映像化されてきており、それが広く知られている理由でしょう。私にとってはChristopher Reeve主演の1978年の映画を小学校低学年の頃に観たのが初見ですが、その後シリーズ化され4作品が公開されたこともあってか強く印象に残っています。また最近もこのシリーズの続編として「スーパーマン・リターンズ」が2006年に公開されており、イメージをそのまま引き継ぎつつ当時最新の映像技術で再現していました。

さて、今度はこのシリーズに一旦終止符を打ち、Christopher Nolanのプロデュースによるリブートという形で、再び新しいシリーズが始まることになりました。「マン・オブ・スティール」というその作品は、これまでのシリーズとは一線を画すということで、John Williamsによるあの有名なテーマ曲も使用せず、音楽もHans Zimmerによる新しいものになっています。

仕切りなおしということなので物語は再びクリプトン星から始まりますが、幼少期の人にはない力を持つことに苦悩するところから、青年となって生きる目的を探し、そして生みの親を知って地球の守護者たることを決意するまでが描かれています。これは過去の作品ではあまり丁寧に描かれていなかったところだと思うのですが、軽薄な娯楽作品とは一味違う重みを与えることに成功しているのではないでしょうか。

今回、主人公のスーパーマン、Clark KentことKal Elを演じるのはHenry Cavillという英国人俳優ですが、影のある表情がなかなか印象的で良かったと思います。またかなりの筋肉が付いていましたが、これは加工されているものではないとすると相当鍛えられていますね。

またヒロインはといえばLois Laneですが、これは今回Amy Adamsが演じています。この人は「魔法にかけられて」を観た時から可愛いと思っていたのですが、実はもう38歳とあまり若くはないのですね。しかしそんなことはまったく気にならないくらい非常に魅力的な表情で魅せてくれます。

今回の敵役はGeneral Zodで、Michael Shannonが演じているのですが、気になってしまったのはこの人が着ている鎧のような衣装でした。襟の部分が凝った意匠になっているのですが、二重になっているその内側が巨大なファスナー、外側がエンジンのカムシャフトを曲げたものに見えてしまい、一旦そう思うともうそれとしか思えなくなってしまったのでした。実際にこれらからヒントを得たということもあるのかもしれませんが、格好はいいもののあまり必然性は感じられないデザインです。まあ格好良ければそれでいいのでしょうが。

ということで、非常に切れのある映像と重厚感のあるストーリー、演技も悪くはありませんし、設定的にも大きな破綻はなく、とても楽しむことができました。しかしあの「スーパーマンのテーマ」は聴きたかったですね。何かが足りないとすれば印象に残るテーマ曲かもしれません。場面に合わせた音楽自体はまったく問題なかったのですが、テーマ曲による高揚感というのもこういう映画には大事な要素ですね。

Superman Returns

1978年公開でChristopher Reeve主演の映画「スーパーマン」の続編として、その5年後の設定で製作された映画「スーパーマン・リターンズ」が今日公開されたので、居ても立ってもいられず早速観てきました。1978年といえば今から28年も前、私も小学校低学年の少年だったはずですが、祖父と2人で観てきたその映画のストーリーはその後何度もテレビで放映されたものを観たこともあってよく覚えています。

スーパーヒーローといえばスーパーマンという人も多いのではないかと思いますが、私にとってもその通りなので、映画本編が始まりJohn Williamsの傑作であるメインテーマが流れた瞬間ゾクゾクしてしまいました。やはりスーパーマンにはこの曲でなければなりません。

スーパーマンを演じるのはBrandon Routhというほぼ無名の若手俳優ですが、Christopher Reeveが演じていたイメージをそっくりそのまま受け継いでおり、Clark Kentの時もスーパーマンの時もまるで今までも演じていたかのように実にピッタリと役にフィットしています。またヒロインのLois LaneはKate Bosworthが演じていますが、前任のMargot Kidderよりもかなり魅力的なのでClarkが惚れるのも理解できてしまいました。私生活ではOrlando Bloomと交際しているということですが…

それはさておき、スーパーマンも現代の映像技術で作り上げるとかなりリアリティがあり、どう考えてもフィクションの存在でしかないはずのスーパーマンが本当にいそうな気がしてしまいます。さすがX-Menを2作監督してきたBryan Singer監督といったところでしょうか。それに対し、悪役Lex Lutherの計画は荒唐無稽というか、ちょっと無理矢理な感じがしてしまいますが、そこはお話だからということで目をつぶっておくことにします。

「父は子にあり、子は父にある」という台詞や人類に無償の愛を捧げるスーパーマンの姿にはキリスト教的なものを感じてしまいますが、やはりアメリカ人の多くはそれを自然に受け入れることができるのでしょうか。日本人の場合は深く考えることもなさそうですが、まあもともとDC Comicsのコミックがベースとなっているわけですし、難しいことは考えなくてもいいのでしょうね。

何にしても前シリーズの正統な後継作品としてしっかりと受け継ぐことのできる素晴らしい作品になっているのではないでしょうか。ただし、その5年前までの背景についてはほとんど説明がないので、前シリーズを観たことがないという人は予習しておかないと十分に楽しむことはできないかもしれません。その点さえ除けば、独立した1つの作品としての完成度も高く、満足感もかなり味わえるのではないかと思います。スーパーマンファンには間違いなくお薦めの一作です。