ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど (2017年の映画)

ますます台湾に行きたくなりました。
🇹🇼

今、関東地方では台風19号が猛威を奮っていて、気象庁も「これまでに経験したことのないような大雨」「何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く」という特別警報を出すほどの大変な状況になっているようです。私の長男と両親や弟家族は東京に住んでいるのでちょっと心配ですが、私の住む播州地方はかすめていった程度で夕方まで雨が降り続けたものの特に大きな被害はなかったと思います。とはいえ、さすがの私も出歩く気にはならないような雨だったので日中は自宅で映画を観ておとなしく過ごすことにしました。こういうときにはAmazon Prime Videoは気軽に観られて本当に便利です。

今日は軽く観られるものが良いと思って邦画を中心に探してみたのですが、ふと目に留まったのがなぜかおすすめに出てきた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」という作品でしたが、軽くあらすじやレビューを読んでみるとちょっと面白そうだったので観てみることにしました。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
(2017-09-13)
売り上げランキング: 101,898

この作品はFacebookで公開されている実話を元にしたものだそうで、日本の文化が好きで大学の日本語科で学ぶリンちゃんこと林薏涵(リン・イーハン)と、日本の会社員モギさんこと茂木洋路という国際カップルの馴れ初めを描いたものになります。作品中でもSNSを通じたやり取りが重要な役割を果たしていますが、今はSNSによって出会いや恋愛も国の垣根を容易に越えられるようになってきました。国内で出会い系サイトやアプリなどで結ばれることが一般的になってきたのであれば、言葉の壁さえ越えられるならそれは国内に限る必要がありませんからね。この話の場合には日本語を勉強しているということでしたが、今なら最初は機械翻訳でもなんとかなってしまうでしょう。

ストーリー的にはそれほどドラマティックな展開があるというわけではないのですが、本作では何しろリンちゃんが可愛いのです。演じているのは簡嫚書(ジエン・マンシュー)という台湾の女優さんですが、その彼女自身の大きな目とくるくる変わる表情の魅力もさることながら、どことなく素朴な感じと、中国語独特な台詞まわしが容姿とギャップがあっていいのではないかと思います。彼女のほかはモギさんの父親役として蛭子能収が出演しているものの、それ以外は日本の有名俳優は出演していませんが、そんなことは作品の出来にはまったく影響ないようです。むしろ作品にその俳優の色が付いてしまわない分良かったかもしれません。

撮影は台湾と日本の様々な有名観光地で行われていて、日本人にとっても台湾人にとっても互いに訪れたくなるような映像になっているのではないでしょうか。私も何年も前から台湾には行ってみたいと思っていながら未だ叶っていないので、ぜひとも近いうちに訪問したいという気持ちがますます高まりました。リンちゃんのような女の子との出会いを期待しているわけではありませんが。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください