「love comedy」タグアーカイブ

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど (2017年の映画)

ますます台湾に行きたくなりました。
🇹🇼

今、関東地方では台風19号が猛威を奮っていて、気象庁も「これまでに経験したことのないような大雨」「何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く」という特別警報を出すほどの大変な状況になっているようです。私の長男と両親や弟家族は東京に住んでいるのでちょっと心配ですが、私の住む播州地方はかすめていった程度で夕方まで雨が降り続けたものの特に大きな被害はなかったと思います。とはいえ、さすがの私も出歩く気にはならないような雨だったので日中は自宅で映画を観ておとなしく過ごすことにしました。こういうときにはAmazon Prime Videoは気軽に観られて本当に便利です。

今日は軽く観られるものが良いと思って邦画を中心に探してみたのですが、ふと目に留まったのがなぜかおすすめに出てきた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」という作品でしたが、軽くあらすじやレビューを読んでみるとちょっと面白そうだったので観てみることにしました。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
(2017-09-13)
売り上げランキング: 101,898

この作品はFacebookで公開されている実話を元にしたものだそうで、日本の文化が好きで大学の日本語科で学ぶリンちゃんこと林薏涵(リン・イーハン)と、日本の会社員モギさんこと茂木洋路という国際カップルの馴れ初めを描いたものになります。作品中でもSNSを通じたやり取りが重要な役割を果たしていますが、今はSNSによって出会いや恋愛も国の垣根を容易に越えられるようになってきました。国内で出会い系サイトやアプリなどで結ばれることが一般的になってきたのであれば、言葉の壁さえ越えられるならそれは国内に限る必要がありませんからね。この話の場合には日本語を勉強しているということでしたが、今なら最初は機械翻訳でもなんとかなってしまうでしょう。

ストーリー的にはそれほどドラマティックな展開があるというわけではないのですが、本作では何しろリンちゃんが可愛いのです。演じているのは簡嫚書(ジエン・マンシュー)という台湾の女優さんですが、その彼女自身の大きな目とくるくる変わる表情の魅力もさることながら、どことなく素朴な感じと、中国語独特な台詞まわしが容姿とギャップがあっていいのではないかと思います。彼女のほかはモギさんの父親役として蛭子能収が出演しているものの、それ以外は日本の有名俳優は出演していませんが、そんなことは作品の出来にはまったく影響ないようです。むしろ作品にその俳優の色が付いてしまわない分良かったかもしれません。

撮影は台湾と日本の様々な有名観光地で行われていて、日本人にとっても台湾人にとっても互いに訪れたくなるような映像になっているのではないでしょうか。私も何年も前から台湾には行ってみたいと思っていながら未だ叶っていないので、ぜひとも近いうちに訪問したいという気持ちがますます高まりました。リンちゃんのような女の子との出会いを期待しているわけではありませんが。

モテキ (2011年の映画)

信じられないくらい。
😍

長澤まさみ週間全力進行中の私ですが、今度は長澤まさみの魅力全開、超絶かわいいという映画「モテキ」を観てみました。

モテキ
モテキ

posted with amazlet at 19.05.25
(2013-11-26)
売り上げランキング: 36,851

久保ミツロウという女性漫画家の作品「モテキ」を原作にしたテレビドラマ「モテキ」のヒットを受けて作られたオリジナルストーリーの映画ということですが、私は漫画もドラマも見たことがなかったものの、全く支障なく楽しむことができました。ドラマや原作の中の出来事を前提に語られているらしきところも一部ありましたが、それは想像で補える範囲です。ドラマの方もAmazon Prime Videoで観られるので観てもいいのですが、長澤まさみは出演していないので少々モチベーションに乏しい感じです。

本作では主人公の藤本幸世がナタリーのライターという設定になっていて、私はナタリーの音楽映画しか見たことがなかったのですが、他にコミックお笑いステージというカテゴリーがあって、サブカルチャーの総合サイトということになっており、その取材の場面で様々なミュージシャンやコメディアンがカメオ出演しています。

その中で、先日麻薬取締法違反容疑で逮捕されてしまったピエール瀧も出演しています。私は「作品に罪はない」というような言い方には賛成出来ないのですが、罪を犯した(可能性がある)人が出演しているからと言って作品を見せないようにすることにどういう意味があるのかさっぱり理解できないので、本作が引き続き観られるようになっていることについては大賛成です。というより、そのせいでこの作品で魅力を最大限に発揮している長澤まさみを観られないのだとしたら、相当恨んだかもしれません。しかしその場合でも恨む相手はピエール瀧ではなく、作品を取り下げるような要求をする人と、それを飲んでしまった人でしょう。

それはさておき。本作ではPerfumeが出演してPerfumeの曲でミュージカル的に踊ったりする場面もあるのですが、面白いのがカラオケ演出されている場面です。幸代の心情に合わせた選曲で、カラオケビデオを模して歌詞を表示するというものですが、あまり見られないものではないでしょうか。

主人公の藤本を演じているのは、長澤まさみの出世作となった「世界の中心で、愛をさけぶ」以来の共演となる森山未來です。斜に構えて流行りものを避けている私は「セカチュー」は原作も映画も観ていないのですが、長澤まさみ週間の一環としては観なければならないので、あとで観てみるつもりです。藤本は本当に情けない男ですが、観ていてちゃんとそう感じるのだからうまく演じているということなのでしょう。長澤まさみについてはまだかわいいとしか言っていませんが、ちょっとエロい小悪魔みゆきをこれ以上ないくらい演じきっており、世の中の男たちはこの魅力に抗うこともできないでしょう。他にも麻生久美子演じる年上OLるみ子、仲里依紗のアゲ嬢愛、真木よう子が演じる先輩ライター素子といったタイプの違う美女がいろいろ絡んできますが、絡み方もそれぞれです。

ということで、なかなか楽しい作品だったのですが、実はタイトルバックが一番お気に入りだったりして、何度も見直してしまっています。というのも、ここで踊っている長澤まさみがめちゃめちゃかわいいのです。ただ踊っているのがチラッ、チラッと映るだけなのですが、たまりません…私、大丈夫でしょうか。

タッチ (2005年の映画)

ひたすら長澤まさみを愛でる映画。
⚾

一旦何かを気に入るとそればかりになるのが私の悪い癖なのですが、今の私は長澤まさみに夢中…というのはちょっと違いますが、注目しています。先日、YouTubeで2011年のさんまのまんまに長澤まさみが出演した時の動画を見たのですが、その中で明石家さんまが「タッチ」にヒロインの浅倉南の役で出演したのがすごく良かった、と言うので、それほどいうならぜひ観てみよう、と観てみると確かにとても良かったです。

タッチ
タッチ

posted with amazlet at 19.05.21
(2013-11-26)
売り上げランキング: 72,528

と言っても、映画自体はあまりいい出来ではありません。面白くないわけではないのですが、それは原作が良いからでしょう。特に、野球に関する描写がいい加減だと評判が良くないようです。ただ、長澤まさみだけでなく出演者が良い演技をしているので見ていられるといった感じかもしれません。

本作は言うまでもなく少年サンデーに1981年から1986年にかけて連載されていたあだち充の漫画作品の実写映画化で、原作は私が小学校高学年から高校生になる頃にかけて連載されていたことになりますが、私が読んだのは連載終了後の単行本だったのではないかと思います。ちなみに私はちょっと先に始まり並行して連載されていた「みゆき」の方が好きでしたが、「タッチ」もしっかり読みました。「みゆき」も1983年に映画化されているようですが、連載中に上映されているので物語も途中で終わっているようですが、どうなのでしょうか。

もともと原作の主人公は上杉達也でしたが、この映画では長澤まさみ演じる浅倉南が主人公とされているようです。とはいえ、達也の視点で描かれている場面も少なくないので、圧倒的に南というわけではないと思います。達也と和也は設定と同じく実際の双子である斉藤祥太慶太の兄弟が演じています。顔はそっくりな二人ですが、しっかりと正確の違いが見た目にも現れるようになっていました。なお、この作品でもまた風吹ジュン小日向文世が達也和也の両親役で出演していて、日本の映画界も狭いのかななんて思ってしまいましたが、どうしても気の合う人達が集まりがちなのかもしれませんね。

しかしそれにしても、さんまの言う通り長澤まさみが本当に可愛いです。私は最近の落ち着いた彼女の方が素敵だと思っていましたが、若い頃は若い頃でたまらなく可愛くて、ペットにしたいというか、パトロンになりたいというか…ちょっと危ない感じになってきました。