Archives

モテキ (2011年の映画)

信じられないくらい。
😍

長澤まさみ週間全力進行中の私ですが、今度は長澤まさみの魅力全開、超絶かわいいという映画「モテキ」を観てみました。

モテキ
モテキ

posted with amazlet at 19.05.25
(2013-11-26)
売り上げランキング: 36,851

久保ミツロウという女性漫画家の作品「モテキ」を原作にしたテレビドラマ「モテキ」のヒットを受けて作られたオリジナルストーリーの映画ということですが、私は漫画もドラマも見たことがなかったものの、全く支障なく楽しむことができました。ドラマや原作の中の出来事を前提に語られているらしきところも一部ありましたが、それは想像で補える範囲です。ドラマの方もAmazon Prime Videoで観られるので観てもいいのですが、長澤まさみは出演していないので少々モチベーションに乏しい感じです。

本作では主人公の藤本幸世がナタリーのライターという設定になっていて、私はナタリーの音楽映画しか見たことがなかったのですが、他にコミックお笑いステージというカテゴリーがあって、サブカルチャーの総合サイトということになっており、その取材の場面で様々なミュージシャンやコメディアンがカメオ出演しています。

その中で、先日麻薬取締法違反容疑で逮捕されてしまったピエール瀧も出演しています。私は「作品に罪はない」というような言い方には賛成出来ないのですが、罪を犯した(可能性がある)人が出演しているからと言って作品を見せないようにすることにどういう意味があるのかさっぱり理解できないので、本作が引き続き観られるようになっていることについては大賛成です。というより、そのせいでこの作品で魅力を最大限に発揮している長澤まさみを観られないのだとしたら、相当恨んだかもしれません。しかしその場合でも恨む相手はピエール瀧ではなく、作品を取り下げるような要求をする人と、それを飲んでしまった人でしょう。

それはさておき。本作ではPerfumeが出演してPerfumeの曲でミュージカル的に踊ったりする場面もあるのですが、面白いのがカラオケ演出されている場面です。幸代の心情に合わせた選曲で、カラオケビデオを模して歌詞を表示するというものですが、あまり見られないものではないでしょうか。

主人公の藤本を演じているのは、長澤まさみの出世作となった「世界の中心で、愛をさけぶ」以来の共演となる森山未來です。斜に構えて流行りものを避けている私は「セカチュー」は原作も映画も観ていないのですが、長澤まさみ週間の一環としては観なければならないので、あとで観てみるつもりです。藤本は本当に情けない男ですが、観ていてちゃんとそう感じるのだからうまく演じているということなのでしょう。長澤まさみについてはまだかわいいとしか言っていませんが、ちょっとエロい小悪魔みゆきをこれ以上ないくらい演じきっており、世の中の男たちはこの魅力に抗うこともできないでしょう。他にも麻生久美子演じる年上OLるみ子、仲里依紗のアゲ嬢愛、真木よう子が演じる先輩ライター素子といったタイプの違う美女がいろいろ絡んできますが、絡み方もそれぞれです。

ということで、なかなか楽しい作品だったのですが、実はタイトルバックが一番お気に入りだったりして、何度も見直してしまっています。というのも、ここで踊っている長澤まさみがめちゃめちゃかわいいのです。ただ踊っているのがチラッ、チラッと映るだけなのですが、たまりません…私、大丈夫でしょうか。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。