Archives

潔く柔く (2013年の映画)

共学への憧れ…

小説や漫画でヒットしたものを映画化するというのはよくあることですが、その際に大きな障壁となるのが2つ以上の時代をまたぐ場合の処理でしょう。今回観た「潔く柔く」も同名の漫画作品の最終章カンナ編を映画化したものとのことですが、その作品の設定上この問題は避けて通ることができなかったのでした。

この映画は2013年の作品ということですから、撮影当時すでに長澤まさみも25歳だったはずですが、本作では高校生時代の主人公らも描かねばならず、そこで役者本人らを使わないわけにもいかない微妙に近い過去の話なので、女子高生役の長澤まさみを見ることができます。25歳で高校1年生の15歳の役を演じるというのはちょっと考えただけでも無理があるように思えますが、そこはさすが女優・長澤まさみですから、あどけない笑顔を作ったりしてそれほどの違和感は感じさせません。とはいえ、こんな落ち着きのある高校生がいたらクラスでもちょっと浮いてしまうでしょうが、どうせこんな美人がクラスにいたらやっぱり浮くので同じことですね。年齢的なところは現代なら金さえかければCGでなんとでもなりそうな気がしますが、それは女性としてのプライドが許さないかもしれません。

潔く柔く きよくやわく

posted with amazlet at 19.09.23

(2014-08-21)売り上げランキング: 30,159

Amazon.co.jpで詳細を見る

ということで、Amazon Prime Videoに最近入ってきたらしいこの作品を見つけて早速観てみたのですが、私にとっては長澤まさみが主演しているというだけで観る価値があります。ただ、一般の方が観てどう感じるでしょうか。

長澤まさみが演じる主人公の瀬戸カンナは高校生時代にトラウマとなる出来事があって、恋をすることができずにいます。そしてあまり良い出会い方をしなかった岡田将生演じる赤沢禄もまた幼少時代の心の傷を抱えており、そういう二人がそれぞれの過去を乗り越え…というような話ですが、まあ当然ですが最終的にはハッピーエンドとなります。

本作ではロケ地が広島県、愛媛県、そして神戸市と西日本に寄っていて、鞆の浦をはじめ私が見たことのある景色がいくつか出てきたのも楽しかったところです。なんでもない路地のカットでも「あそこだ!」とわかるものですね。逆に、今まで行ったことがないところでもロケ地を巡ってみてから改めて映画を観てみると、自分がその世界に行ってきたかのように感じられて楽しいでしょうね。それがいわゆる「聖地巡礼」の楽しみなのかもしれません。

ということで作品についてほとんど何も語っていませんが、一つだけ。自転車に乗りながら携帯電話を弄るのはやめましょう。

岳 -ガク- (2011年の映画)

山に行きたくなります。

先日観た「ロボコン」での初主演以来、長澤まさみにとっては小栗旬との共演はおなじみのものではないかと思いますが、今回観た「岳 -ガク-」も主演が小栗旬、その次に長澤まさみという配役の作品でした。

岳 -ガク-

posted with amazlet at 19.06.30

(2013-11-26)売り上げランキング: 54,588

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は「岳 みんなの山」という石塚真一による漫画作品を原作としたものですが、原作者の石塚氏はアメリカの大学に在学中にロッククライミングの魅力に取りつかれ、帰国後に漫画を書き始めたということで、まず先に山に対する思いがあってのマンガのようです。映画はこの物語の前半部分をもとにしたものとなっているとのことです。

小栗旬演じる主人公の島崎三歩は世界中の山々を制覇した経験を持ち、北アルプスで山岳救助ボランティアとして活動しながら山で暮らすという、仙人のような人物です。本職の長野県警救助隊がたどり着けないような吹雪の中でも要請に応じて救助に駆けつけるという超人です。これはあくまでファンタジーなのだと思っておいた方がいいでしょうね。長澤まさみが演じるのは救助隊に配属された長野県警の巡査椎名久美で、三歩に指導を受けることになるものの、雪山の本当の恐怖にさらされることになります。

私はハイキング程度にしか山に登ったことがありませんが、雪山の恐ろしさというのはなんとなく話に聞いているだけで、素人が挑んではいけないものという程度の認識でした。しかし、本作に描かれているのはそんな中途半端なものではなく、ベテランやプロでも命を賭けて臨まなければいけない、ときに真の恐怖となるものでした。しかし、その優しい面を見せているときには素晴らしい美しさなので、それに挑む人が後を絶たないということなのでしょう。この作品では、命をそんな危険に晒すことなく山の魅力を楽しむこともできるので、きっとこれを観て山に登ってみたくなるような人は私だけではないでしょう。

ちなみに私の次男は高校の山岳部に所属しているのですが、2017年の那須での雪崩事故があって以来、冬山登山の行事は無くなってしまったとのことです。この事故でも生徒・教員らに8名の死者を出しているということであり、やはり冬山は危険と隣り合わせであるということですから、それまでが良く無事であったというように思わざるを得ません。文科省としては高校生等の冬山・春山登山の事故防止のための有識者会議の名義で原則禁止という通達(PDF)を出しているようですが、自分の子供を送り出すとなったら心配も尽きなかったでしょうから、この判断は賢明であると思います。しかしこれはいわゆる登山に限らず、スキーやスノーボードでも同様で、安易にバックカントリーに入るべきではありませんね。

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (2014年の映画)

これを観て林業に携わりたいと思うかどうかは…

私はつい最近までほとんど邦画も観ていませんでしたし、テレビも見ないので知らなかったのですが、今回観た「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」の主演である染谷将太というのは子役出身で非常に多くの作品に出演しており、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」では主人公明智光秀の宿敵となる織田信長を演じる予定であり、さらに2015年にはあの菊地凛子と結婚している、と公私に渡って大活躍する今をときめく俳優だったのですね。そんな人物を知らなかったとはまったく恥ずかしいことです。

映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」【TBSオンデマンド】

posted with amazlet at 19.06.30

(2014-11-19)売り上げランキング: 36,992

Amazon.co.jpで詳細を見る

本作は大学受験に失敗した主人公の平野勇気が、偶然見つけた林業研修生の募集パンフレットの写真に惹かれて申し込み、その一年間の研修を通じて林業と田舎暮らしと格闘し成長する様子を描いたものです。勇気は最初は舐めた態度で観ている方もイライラするほどですが、様々な出来事があって彼も大きく変わることになります。また、長澤まさみが演じているのがパンフレットに載っていたその人、直紀というわけで、最初は取り付く島もないという態度ですが、それにも理由があって…ということです。

都会の若者がいきなり携帯電話も通じないような山奥の集落で一年間も過ごすとなると、相当なストレスではないかと思いますが、林業というのも日本に無くてはならない産業の一つです。林業が盛んな地域というのは必然的に過疎化が進むような田舎になってしまうでしょうから、若い世代が少なくて高齢化が進んでしまっているのではないでしょうか。この映画のような林業研修というのは現実にも行われているのでしょうが、最後までやり通して実際に林業に携わるようにまでなるという人は本当に少ないのでしょうね。

私は例によって長澤まさみ目当てでこの作品を観ましたが、それ以上に林業の魅力を感じることになりました。さすがに私の歳では今から林業に転向というわけには行きませんが、今後は敬意と興味を持って接していきたいと思います。