Archives

涙そうそう (2006年の映画)

沖縄にもまた行きたい。
🌺

相変わらず長澤まさみ出演作品を漁るように観ている私ですが、今回は映画「涙そうそう」です。「涙そうそう」といえば森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲で、夏川りみによるカバーも有名な名曲ですが、この歌の歌詞をモチーフに映画化した作品とのことです。森山良子が若くして亡くした兄を想って作った歌だということで、歌詞を見てみると確かにそのような内容になっています。

涙そうそう
涙そうそう

posted with amazlet at 19.06.30
(2016-08-24)
売り上げランキング: 38,105

映画の舞台となっているのは沖縄県那覇市で、自分の店を持つことを夢見て必死に働く兄、新垣洋太郎と、高校進学を機に離島から本島の兄の元へとやってきた妹、カオルの物語です。洋太郎は妻夫木聡が演じており、その可愛い妹の役が長澤まさみということになります。二人は幼い頃に父が失踪し、母を亡くしたために並の兄妹以上に固い絆で結ばれています。

南国沖縄ということでエキゾチックで開放的な雰囲気の映像になっていて、非日常感があります。普通であればかなりジメジメした感じになってしまいそうなものですが、これが悲壮感を和らげることになっているのかもしれません。私も一度だけ沖縄に行ったことがありますが、日本でありながら本土とは違う独特な感覚がありますね。本作にも登場するA&Wなどもその一因ではないかと思います。他にもこの映画には沖縄ならではという場面が多々ありますので、そのような一種の異国情緒を味わうのもよいのではないでしょうか。

撮影当時は長澤まさみも19歳になるかどうかというところだったはずですが、この時点ですでに10本以上の映画に出演し、半数以上で主演あるいはヒロインという役どころで、本作でも可愛いだけではなくその演技力を存分に発揮しているのではないでしょうか。一方の妻夫木聡の方も同じようにすでにキャリアを積んだ状態であり、演技に何ら問題はないのですが、必死に働いていると言う割にはきれいすぎるというか、線が細いようにも思えました。あと気がかりだったのは、沖縄の方言は微妙なアクセントが難しそうですが、うまくできているのかどうかです。たまにドラマなどで関西弁がちょっとおかしい、とネイティブでない私でもわかるくらい変な人がいるので、気になってしまいました。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。