Archives

タッチ (2005年の映画)

ひたすら長澤まさみを愛でる映画。
⚾

一旦何かを気に入るとそればかりになるのが私の悪い癖なのですが、今の私は長澤まさみに夢中…というのはちょっと違いますが、注目しています。先日、YouTubeで2011年のさんまのまんまに長澤まさみが出演した時の動画を見たのですが、その中で明石家さんまが「タッチ」にヒロインの浅倉南の役で出演したのがすごく良かった、と言うので、それほどいうならぜひ観てみよう、と観てみると確かにとても良かったです。

タッチ
タッチ

posted with amazlet at 19.05.21
(2013-11-26)
売り上げランキング: 72,528

と言っても、映画自体はあまりいい出来ではありません。面白くないわけではないのですが、それは原作が良いからでしょう。特に、野球に関する描写がいい加減だと評判が良くないようです。ただ、長澤まさみだけでなく出演者が良い演技をしているので見ていられるといった感じかもしれません。

本作は言うまでもなく少年サンデーに1981年から1986年にかけて連載されていたあだち充の漫画作品の実写映画化で、原作は私が小学校高学年から高校生になる頃にかけて連載されていたことになりますが、私が読んだのは連載終了後の単行本だったのではないかと思います。ちなみに私はちょっと先に始まり並行して連載されていた「みゆき」の方が好きでしたが、「タッチ」もしっかり読みました。「みゆき」も1983年に映画化されているようですが、連載中に上映されているので物語も途中で終わっているようですが、どうなのでしょうか。

もともと原作の主人公は上杉達也でしたが、この映画では長澤まさみ演じる浅倉南が主人公とされているようです。とはいえ、達也の視点で描かれている場面も少なくないので、圧倒的に南というわけではないと思います。達也と和也は設定と同じく実際の双子である斉藤祥太慶太の兄弟が演じています。顔はそっくりな二人ですが、しっかりと正確の違いが見た目にも現れるようになっていました。なお、この作品でもまた風吹ジュン小日向文世が達也和也の両親役で出演していて、日本の映画界も狭いのかななんて思ってしまいましたが、どうしても気の合う人達が集まりがちなのかもしれませんね。

しかしそれにしても、さんまの言う通り長澤まさみが本当に可愛いです。私は最近の落ち着いた彼女の方が素敵だと思っていましたが、若い頃は若い頃でたまらなく可愛くて、ペットにしたいというか、パトロンになりたいというか…ちょっと危ない感じになってきました。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。