Archives

The Theory of Everything

今まで何も知らなかった。

2014年にアメリカを中心にIce Bucket Challengeという運動がSNSなどを通じて社会現象となりました。バケツに入った氷水を頭からかぶる様子を動画で公開し、つぎに同じことをやる人を2、3人指名して繋いでいくというものでしたが、これは筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するための運動でした。氷水をかぶることについての意味は私にもよくわかりませんでしたが、この運動を通じてALSに対する世間の関心を高め、莫大な資金を集めることができたようですので、運動そのものが当初の期待を大幅に上回る成功となったのは間違いありません。

それまで私のALSに関する知識はほぼゼロだったのですが、それでもDr. Stephen Hawkingが患っている難病であるということだけは知っていました。ほとんど体を動かすことができず、機械を通じてのみ意思疎通が可能でありながら理論物理学の権威であるという、二重の意味で平凡ならざる人生を送られたであろう博士も昨年生涯を終えられたのですが、その博士の伝記映画である「博士と彼女のセオリー」という作品を観てみました。

博士と彼女のセオリー (字幕版)

posted with amazlet at 19.08.15

(2015-07-22)売り上げランキング: 43,085

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は博士がまだ健在だった2014年に製作されたものですが、博士の元妻であるJane Hawkingが書いた「無限の宇宙 -ホーキング博士とわたしの旅-」という回顧録を元に、二人の関係を描いたものとなっています。博士がALSを発症する直前に知り合い、発症して余命2年と宣告されたにも関わらず添い遂げる覚悟を決め、その後予想を大幅に超えて何十年も活躍を続けた博士とそのそばにいたJaneの思いが伝わってくる映画でした。しかしただ美しいだけでなく、現実として存在するであろう様々な問題についても考えさせられます。

本作ではEddie RedmayneがDr. Hawkingを演じていますが、Eddieはこの役でアカデミー主演男優賞などいくつもの賞を受賞しており、完全に本人にしか見えないような迫真の演技を見せてくれています。本人の写真を見てみてもまったく違和感がなく、Eddie以外にこの役が務まったとは思えません。Jane役は私にとっては「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のJyn ErsoでおなじみのFelicity Jonesですが、童顔の彼女なので老けメイクをしても若々しく見えてしまうのは良いのか悪いのか微妙なところです。

ちなみに博士が初期に提唱した「ホーキング放射」、ブラックホールが何もかも吸い込むだけではなく熱的な放射があるという理論的予言は、今年になってEvent Horizon Telescopeによって「撮影」された画像によって人々の目に触れることになりました。実際には予言に基づいてそれらしい画像を探したということのようですが、それまでイメージ図でしかなかったものが写真として見ることができたことで、Dr. Hawkingの理論が単なる計算上のものなのではなく、現実であると実感できたような気がします。

Wimbledon

先週末の日曜日、午後になってちょうど風邪の具合が楽になってきていて練るのも飽きたのでちょっとテレビを点けてみたところ、NHKで全日本テニス選手権の男子決勝戦の録画中継が放送されていました。私も学生時代にはテニスサークルに所属してそれなりに熱意を持って取り組んでいたということもあり、国内トーナメントとはいえ決勝戦ともなればなかなかレベルの高い内容なので思わず最後まで見入ってしまいましたが、選手個人については何も知らなくてもプレー自体を楽しむことができたのは多少なりとも競技を実際に経験していたおかげでしょうか。

ということでテニスへの思いがちょっと蘇ってきたので…というのは真っ赤な嘘で、単にKirsten Dunstの出演作であるからというだけの理由で借りてきた、ウィンブルドンテニス選手権出場選手同士の恋愛を描いたロマンティック・コメディ作品「ウィンブルドン」を観てみました。

ウィンブルドン

posted with amazlet on 06.11.23

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/08/26)売り上げランキング: 22730
Amazon.co.jp で詳細を見る

ウィンブルドン選手権といえばテニス発祥の地イギリスはロンドン南西部のWimbledonにあるAll England Lawn Tennis and Croquet Clubで行われる、テニス四大大会グランドスラムのうちでも最も権威と格式、歴史のある大会であるわけですが、この映画はこの大会の出場選手がコート内外で繰り広げる物語であるため、クラブの全面的な協力を得て決勝戦以外では決して使われることのないセンターコートまで実際に使用して撮影が行われています。このおかげで単なるロマコメ作品になってしまうことなく、リアリティ溢れる映像でテニスを見せるアクション作品の要素まで備えており、テニスに馴染みのある人はより楽しむことができるのではないかと思います。試合のシーンではTime Slice撮影、The MatrixのBullet Timeと同じ技法が使われるなど、映像表現にもかなり力が注がれています。

John McEnroeとChris Evertも本人役でテレビ解説者として出演しているなど、なかなか懐かしい顔ぶれが見られたのは楽しいところでしたが、テニス経験のない俳優をプロ選手に仕立て上げるためには往年の名選手で1987年のウィンブルドンチャンピオンでもあるPat Cashによる半年間のトレーニングが行われ、また撮影時には実際のボールを使わずに「プロっぽい」動きだけを撮ってボールはCGで違和感のないように後から追加する、というような手法が使われているそうです。

ストーリー自体はまあロマコメらしくあまり複雑なものではありませんが、主演の二人があらゆる面において正反対に設定されていて、そのそれぞれについて人によって色々な解釈で見ることができるかもしれません。私自身としてはちょっと二人の接近が早過ぎやしないかというのが気にあるところでしたが、それは単にKirstenを汚されたくないというようなことのような気もします。

ちなみにPaul Bettany演じる主人公Peter Coltの愛車がPorsche 356 Speedsterなのですが、これもなかなか渋いところを付いてきて良かったです。このクルマには私も一時期あこがれたものですが、さすがに自分が生まれる5年前に生産の終わっているクルマですからね…それでも普通に走っているイギリスというのはやはりすごいところがあります。

というわけで、Kirsten目当てで観た私にとっては思った異常に楽しむことができる作品だったわけですが、もちろんKirstenは思っていたとおりのキュートさで私を魅了してくれました。彼女のテニスのシーンはそれほどなかったのですが、オフのシーンで見られる普通の女の子らしい部分がやっぱりいいです。まあ参ってしまっている人の発言には何の価値もないような気もしますが。

ちなみにPeter Coltのランキングは120位前後という設定になっていて、引退を決意したキャリアの「終わった」選手のように描かれていますが、日本人の場合は日本選手権第一シードの選手でもランキングは200位程度なので世界のレベルは遙か上ということになります。ということは「松岡修造は抜きんでていたんだな」ということになりますが、修造レベルの選手が今後日本から出るのはいったいいつになるのでしょうね…