カテゴリー
movie

The Map of Tiny Perfect Things

思わぬ拾い物でした。
⏳

昨日、いつものようにニュース記事をフィードリーダーで見ていたときに、ふと目に止まったのがシネマトゥデイの「間違いなしの神配信映画『明日への地図を探して』Amazon Prime Video」という記事でした。これは「間違いなしの神配信映画」という、各種動画配信サービスで配信されている映画の中からおすすめの作品を紹介するシリーズの1つのようですが、ほとんどタイトルしか見ていないはずなのになぜ目に止まったのかはわかりません。

この記事で紹介されているのはタイトルの通りAmazon Prime Videoのオリジナル作品「明日への地図を探して」というもので、記事にも書かれている通りタイムループものです。ループものの映画といえば「恋はデジャ・ブ」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が思い出されるところですが、どちらの作品も私はとても好きですし、後者は特に好きで既に10回以上繰り返し見ています。主人公らだけの意識が残るなんていうことはどう考えてもありえないので、Sci-Fiというよりはファンタジーだと思って観ていますが、それでも楽しめればいいのです。

この作品でループしてしまうようになった原因も、そのループから脱出する方法もストーリーの核心なのでここでは触れませんが、「まさかそんなこと!?」というようなちょっとびっくりするようなことでした。やはりSci-Fiではなくあくまでファンタジーだと思って、深くは考えないほうがいいでしょう。しかし、だからつまらないというようなことはまったく無くて、とても愛おしい気持ちにさせてくれる素晴らしい作品だと思います。

ループにとらわれている主人公らが男女高校生2人だというのがいいのでしょう。舞台はアメリカなので日本の高校生活とは似ても似つかないところはありますが、そうはいってもやはりティーンエイジャーなので微笑ましいものです。演じているKyle AllenKathryn Newtonの二人の実年齢はもう少し上なので余計に大人びて見えてしまいますが、そこは目をつぶるしかないでしょう。

最近はAmazonだけでなく各配信サービスともオリジナル作品に力を入れていて、当然ながらそれらの作品はそれぞれのサービスに加入しなければ見られないというのが残念というか、もったいないように感じてしまいます。この作品も心温まる傑作なので、多くの人に観てもらいたいところですが、Prime会員になっていなければ観られませんし、Prime会員になっていてもPrime Videoは観ていないという人も少なくないのではないでしょうか。それどころか比較的Prime Videoを観ている私でも、シネマトゥデイの記事で紹介されていなければこの作品は知りもしなかったので、今回の記事にはとても感謝しています。今後このシリーズの記事は見逃さないようにしなければと思いますし、過去の記事もしっかり読んで、見逃している作品は一つずつ観ていきたいと思います。

カテゴリー
movie

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど (2017年の映画)

ますます台湾に行きたくなりました。
🇹🇼

今、関東地方では台風19号が猛威を奮っていて、気象庁も「これまでに経験したことのないような大雨」「何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く」という特別警報を出すほどの大変な状況になっているようです。私の長男と両親や弟家族は東京に住んでいるのでちょっと心配ですが、私の住む播州地方はかすめていった程度で夕方まで雨が降り続けたものの特に大きな被害はなかったと思います。とはいえ、さすがの私も出歩く気にはならないような雨だったので日中は自宅で映画を観ておとなしく過ごすことにしました。こういうときにはAmazon Prime Videoは気軽に観られて本当に便利です。

今日は軽く観られるものが良いと思って邦画を中心に探してみたのですが、ふと目に留まったのがなぜかおすすめに出てきた「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」という作品でしたが、軽くあらすじやレビューを読んでみるとちょっと面白そうだったので観てみることにしました。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
(2017-09-13)
売り上げランキング: 101,898

この作品はFacebookで公開されている実話を元にしたものだそうで、日本の文化が好きで大学の日本語科で学ぶリンちゃんこと林薏涵(リン・イーハン)と、日本の会社員モギさんこと茂木洋路という国際カップルの馴れ初めを描いたものになります。作品中でもSNSを通じたやり取りが重要な役割を果たしていますが、今はSNSによって出会いや恋愛も国の垣根を容易に越えられるようになってきました。国内で出会い系サイトやアプリなどで結ばれることが一般的になってきたのであれば、言葉の壁さえ越えられるならそれは国内に限る必要がありませんからね。この話の場合には日本語を勉強しているということでしたが、今なら最初は機械翻訳でもなんとかなってしまうでしょう。

ストーリー的にはそれほどドラマティックな展開があるというわけではないのですが、本作では何しろリンちゃんが可愛いのです。演じているのは簡嫚書(ジエン・マンシュー)という台湾の女優さんですが、その彼女自身の大きな目とくるくる変わる表情の魅力もさることながら、どことなく素朴な感じと、中国語独特な台詞まわしが容姿とギャップがあっていいのではないかと思います。彼女のほかはモギさんの父親役として蛭子能収が出演しているものの、それ以外は日本の有名俳優は出演していませんが、そんなことは作品の出来にはまったく影響ないようです。むしろ作品にその俳優の色が付いてしまわない分良かったかもしれません。

撮影は台湾と日本の様々な有名観光地で行われていて、日本人にとっても台湾人にとっても互いに訪れたくなるような映像になっているのではないでしょうか。私も何年も前から台湾には行ってみたいと思っていながら未だ叶っていないので、ぜひとも近いうちに訪問したいという気持ちがますます高まりました。リンちゃんのような女の子との出会いを期待しているわけではありませんが。

カテゴリー
movie

The Theory of Everything

今まで何も知らなかった。
🌌

2014年にアメリカを中心にIce Bucket Challengeという運動がSNSなどを通じて社会現象となりました。バケツに入った氷水を頭からかぶる様子を動画で公開し、つぎに同じことをやる人を2、3人指名して繋いでいくというものでしたが、これは筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するための運動でした。氷水をかぶることについての意味は私にもよくわかりませんでしたが、この運動を通じてALSに対する世間の関心を高め、莫大な資金を集めることができたようですので、運動そのものが当初の期待を大幅に上回る成功となったのは間違いありません。

それまで私のALSに関する知識はほぼゼロだったのですが、それでもDr. Stephen Hawkingが患っている難病であるということだけは知っていました。ほとんど体を動かすことができず、機械を通じてのみ意思疎通が可能でありながら理論物理学の権威であるという、二重の意味で平凡ならざる人生を送られたであろう博士も昨年生涯を終えられたのですが、その博士の伝記映画である「博士と彼女のセオリー」という作品を観てみました。

博士と彼女のセオリー (字幕版)
(2015-07-22)
売り上げランキング: 43,085

この作品は博士がまだ健在だった2014年に製作されたものですが、博士の元妻であるJane Hawkingが書いた「無限の宇宙 -ホーキング博士とわたしの旅-」という回顧録を元に、二人の関係を描いたものとなっています。博士がALSを発症する直前に知り合い、発症して余命2年と宣告されたにも関わらず添い遂げる覚悟を決め、その後予想を大幅に超えて何十年も活躍を続けた博士とそのそばにいたJaneの思いが伝わってくる映画でした。しかしただ美しいだけでなく、現実として存在するであろう様々な問題についても考えさせられます。

本作ではEddie RedmayneがDr. Hawkingを演じていますが、Eddieはこの役でアカデミー主演男優賞などいくつもの賞を受賞しており、完全に本人にしか見えないような迫真の演技を見せてくれています。本人の写真を見てみてもまったく違和感がなく、Eddie以外にこの役が務まったとは思えません。Jane役は私にとっては「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のJyn ErsoでおなじみのFelicity Jonesですが、童顔の彼女なので老けメイクをしても若々しく見えてしまうのは良いのか悪いのか微妙なところです。

ちなみに博士が初期に提唱した「ホーキング放射」、ブラックホールが何もかも吸い込むだけではなく熱的な放射があるという理論的予言は、今年になってEvent Horizon Telescopeによって「撮影」された画像によって人々の目に触れることになりました。実際には予言に基づいてそれらしい画像を探したということのようですが、それまでイメージ図でしかなかったものが写真として見ることができたことで、Dr. Hawkingの理論が単なる計算上のものなのではなく、現実であると実感できたような気がします。