The Theory of Everything

今まで何も知らなかった。
🌌

2014年にアメリカを中心にIce Bucket Challengeという運動がSNSなどを通じて社会現象となりました。バケツに入った氷水を頭からかぶる様子を動画で公開し、つぎに同じことをやる人を2、3人指名して繋いでいくというものでしたが、これは筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するための運動でした。氷水をかぶることについての意味は私にもよくわかりませんでしたが、この運動を通じてALSに対する世間の関心を高め、莫大な資金を集めることができたようですので、運動そのものが当初の期待を大幅に上回る成功となったのは間違いありません。

それまで私のALSに関する知識はほぼゼロだったのですが、それでもDr. Stephen Hawkingが患っている難病であるということだけは知っていました。ほとんど体を動かすことができず、機械を通じてのみ意思疎通が可能でありながら理論物理学の権威であるという、二重の意味で平凡ならざる人生を送られたであろう博士も昨年生涯を終えられたのですが、その博士の伝記映画である「博士と彼女のセオリー」という作品を観てみました。

博士と彼女のセオリー (字幕版)
(2015-07-22)
売り上げランキング: 43,085

この作品は博士がまだ健在だった2014年に製作されたものですが、博士の元妻であるJane Hawkingが書いた「無限の宇宙 -ホーキング博士とわたしの旅-」という回顧録を元に、二人の関係を描いたものとなっています。博士がALSを発症する直前に知り合い、発症して余命2年と宣告されたにも関わらず添い遂げる覚悟を決め、その後予想を大幅に超えて何十年も活躍を続けた博士とそのそばにいたJaneの思いが伝わってくる映画でした。しかしただ美しいだけでなく、現実として存在するであろう様々な問題についても考えさせられます。

本作ではEddie RedmayneがDr. Hawkingを演じていますが、Eddieはこの役でアカデミー主演男優賞などいくつもの賞を受賞しており、完全に本人にしか見えないような迫真の演技を見せてくれています。本人の写真を見てみてもまったく違和感がなく、Eddie以外にこの役が務まったとは思えません。Jane役は私にとっては「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のJyn ErsoでおなじみのFelicity Jonesですが、童顔の彼女なので老けメイクをしても若々しく見えてしまうのは良いのか悪いのか微妙なところです。

ちなみに博士が初期に提唱した「ホーキング放射」、ブラックホールが何もかも吸い込むだけではなく熱的な放射があるという理論的予言は、今年になってEvent Horizon Telescopeによって「撮影」された画像によって人々の目に触れることになりました。実際には予言に基づいてそれらしい画像を探したということのようですが、それまでイメージ図でしかなかったものが写真として見ることができたことで、Dr. Hawkingの理論が単なる計算上のものなのではなく、現実であると実感できたような気がします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください