Archives

The Theory of Everything

今まで何も知らなかった。

2014年にアメリカを中心にIce Bucket Challengeという運動がSNSなどを通じて社会現象となりました。バケツに入った氷水を頭からかぶる様子を動画で公開し、つぎに同じことをやる人を2、3人指名して繋いでいくというものでしたが、これは筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するための運動でした。氷水をかぶることについての意味は私にもよくわかりませんでしたが、この運動を通じてALSに対する世間の関心を高め、莫大な資金を集めることができたようですので、運動そのものが当初の期待を大幅に上回る成功となったのは間違いありません。

それまで私のALSに関する知識はほぼゼロだったのですが、それでもDr. Stephen Hawkingが患っている難病であるということだけは知っていました。ほとんど体を動かすことができず、機械を通じてのみ意思疎通が可能でありながら理論物理学の権威であるという、二重の意味で平凡ならざる人生を送られたであろう博士も昨年生涯を終えられたのですが、その博士の伝記映画である「博士と彼女のセオリー」という作品を観てみました。

博士と彼女のセオリー (字幕版)

posted with amazlet at 19.08.15

(2015-07-22)売り上げランキング: 43,085

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は博士がまだ健在だった2014年に製作されたものですが、博士の元妻であるJane Hawkingが書いた「無限の宇宙 -ホーキング博士とわたしの旅-」という回顧録を元に、二人の関係を描いたものとなっています。博士がALSを発症する直前に知り合い、発症して余命2年と宣告されたにも関わらず添い遂げる覚悟を決め、その後予想を大幅に超えて何十年も活躍を続けた博士とそのそばにいたJaneの思いが伝わってくる映画でした。しかしただ美しいだけでなく、現実として存在するであろう様々な問題についても考えさせられます。

本作ではEddie RedmayneがDr. Hawkingを演じていますが、Eddieはこの役でアカデミー主演男優賞などいくつもの賞を受賞しており、完全に本人にしか見えないような迫真の演技を見せてくれています。本人の写真を見てみてもまったく違和感がなく、Eddie以外にこの役が務まったとは思えません。Jane役は私にとっては「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のJyn ErsoでおなじみのFelicity Jonesですが、童顔の彼女なので老けメイクをしても若々しく見えてしまうのは良いのか悪いのか微妙なところです。

ちなみに博士が初期に提唱した「ホーキング放射」、ブラックホールが何もかも吸い込むだけではなく熱的な放射があるという理論的予言は、今年になってEvent Horizon Telescopeによって「撮影」された画像によって人々の目に触れることになりました。実際には予言に基づいてそれらしい画像を探したということのようですが、それまでイメージ図でしかなかったものが写真として見ることができたことで、Dr. Hawkingの理論が単なる計算上のものなのではなく、現実であると実感できたような気がします。

Rogue One: A Star Wars Story

“Rebellions are built on Hope!“

The Walt Disney CompanyがLucas Filmを買収するというあの電撃的なニュースから4年、毎年Star Warsシリーズの新作が公開されるというのはファンには夢のような状況ですが、少なくともこれが3年後の2019年まで続くというのはなんと素晴らしいことでしょうか。昨年はエピソード7に当たる「フォースの覚醒」が公開されて大いに盛り上がりましたが、今年は昨日、シリーズから派生した外伝的作品である「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたということで、今日早速、朝一番の上映回で観に行ってきました。それほど楽しみにしていたのになぜ初日に観ないのかというと、昨年と同じく職場の忘年会が同じ日に設定されてしまったからです。来年こそは同じことにならないよう、日程調整の際に「この日はダメ」と予め言っておくことにします。

それはさておき、この作品は上に書いたように外伝、スピンオフである「アンソロジー・シリーズ」の第1弾となるもので、描かれたのはシリーズの原点であるエピソード4「新たなる希望」が始まる10分前、とされています。つまり、反乱同盟軍が帝国の究極兵器である初代デス・スターの設計図を奪うまでの決死の活躍を綴ったものになります。

主人公はつい先日観たばかりの「インフェルノ」でヒロイン役だったFelicity Jonesが演じるJyn Ersoですが、女性の主人公は「フォースの覚醒」のReyに続いてということになります。私は何の不満もありませんが、そういう時代ということなのでしょうか。JynはReyと違って何ら特殊な能力もパイロットの技能も持ちませんが、反乱軍に育てられたことで戦闘能力は高いようです。

そしてJynと行動を共にするのが幼い頃から反乱同盟軍で活動してきたCassian AndorでDiego Lunaが演じます。そしてこのCassianの相棒がK-2SOというもともと帝国軍の

Inferno

月曜の朝でも結構観客がいて意外。

宗教象徴学を専門とするハーバード大教授Robert Langdonを主人公とするシリーズの映画化作品、「ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」に続く三作目「インフェルノ」が先週末公開されました。最初の「ダ・ヴィンチ・コード」は今からちょうど10年前の2006年、それに続く「天使と悪魔」は2009年の作品でしたが、そこからしばらく間が空いてしまったのでもうシリーズは終わってしまったのかと思っていました。しかし、原作の方では三作目「ロスト・シンボル」が2009年には出版されていて、今回映画化された「インフェルノ」はその後2013年に出版されています。どうやら「ロスト・シンボル」の映画化も企画されていたようなのですが製作が難航し、その間に「インフェルノ」が先行してしまったということのようです。「ロスト・シンボル」はフリーメイソンを題材にしているようなので圧力がかかったのではないかと陰謀論好きは思うかもしれませんが、もともと原作では「天使と悪魔」が最初で二作目が「ダ・ヴィンチ・コード」なので、再び逆転したとしても大した問題ではありません。

ということで、海外出張から昨日日曜日に帰ってきたところなので代休をもらった今日、さっそく観に行ってきました。毎回高い教養を要求する謎解きで楽しませてくれる本シリーズですが、今作での主題となっているのは「ダンテ」です。といってもダンテといえば「神曲」というところまでが私の知っていることで、それ以上の知識は全くと言っていいほどありませんが、この作品を楽しむ上では問題ありませんでした。もちろん、ダンテとその作品などに関する専門的な知識があれば、さらに違う面白さも見出すことができるのではないでしょうか。

今回も主役のLangdon教授を演じるのはもちろんTom Hanksです。つい先日「ハドソン川の奇跡」のSullenberger機長役で観たところですが、やはりこちらは彼にとっての決まり役の一つかもしれません。また、今回の謎解きの相棒となるのはFelicity Jones演じるDr. Sienna Brooksです。私は時折見せる影のある表情というのが好きなようなのですが、Felicityも時々そんな顔を見せることがあってたまりません。また、映画には出てきませんが原作ではIQ=208という設定なので、 Siennaを演じるには聡明さを感じさせなければなりませんが、その点でも問題なかったのではないでしょうか。ちなみに、Siennaというのは珍しいファーストネームだなあと思いましたが、Sienna Millerという女優もいましたね。

さすがにTom Hanksも今年還暦ということでいい年なので、かどうかはわかりませんが、今作ではアクションの要素は減っていて、代わりにミステリー要素が強くなっているような印象です。なぜだかわからないけれどLangdonが病院で点滴を受けている、という冒頭からしてこれまでの穏当な始まり方とは違います。謎解きそのものはそれほど凝ったものではありませんでしたが、かと言って私にも予測できるような単純なものではなく、とても楽しむことができました。

ちなみに、実は原作を先に購入していて、映画を観る前に読んでおこうと思っていたのですが、そもそも読み始めるのが間に合いませんでした。しかしどちらが先でもそれぞれ楽しめると思うので、これからゆっくり読んでいきたいと思います。

インフェルノ(角川文庫 上中下合本版)

(2016-10-31現在)