Archives

The Theory of Everything

今まで何も知らなかった。

2014年にアメリカを中心にIce Bucket Challengeという運動がSNSなどを通じて社会現象となりました。バケツに入った氷水を頭からかぶる様子を動画で公開し、つぎに同じことをやる人を2、3人指名して繋いでいくというものでしたが、これは筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するための運動でした。氷水をかぶることについての意味は私にもよくわかりませんでしたが、この運動を通じてALSに対する世間の関心を高め、莫大な資金を集めることができたようですので、運動そのものが当初の期待を大幅に上回る成功となったのは間違いありません。

それまで私のALSに関する知識はほぼゼロだったのですが、それでもDr. Stephen Hawkingが患っている難病であるということだけは知っていました。ほとんど体を動かすことができず、機械を通じてのみ意思疎通が可能でありながら理論物理学の権威であるという、二重の意味で平凡ならざる人生を送られたであろう博士も昨年生涯を終えられたのですが、その博士の伝記映画である「博士と彼女のセオリー」という作品を観てみました。

博士と彼女のセオリー (字幕版)

posted with amazlet at 19.08.15

(2015-07-22)売り上げランキング: 43,085

Amazon.co.jpで詳細を見る

この作品は博士がまだ健在だった2014年に製作されたものですが、博士の元妻であるJane Hawkingが書いた「無限の宇宙 -ホーキング博士とわたしの旅-」という回顧録を元に、二人の関係を描いたものとなっています。博士がALSを発症する直前に知り合い、発症して余命2年と宣告されたにも関わらず添い遂げる覚悟を決め、その後予想を大幅に超えて何十年も活躍を続けた博士とそのそばにいたJaneの思いが伝わってくる映画でした。しかしただ美しいだけでなく、現実として存在するであろう様々な問題についても考えさせられます。

本作ではEddie RedmayneがDr. Hawkingを演じていますが、Eddieはこの役でアカデミー主演男優賞などいくつもの賞を受賞しており、完全に本人にしか見えないような迫真の演技を見せてくれています。本人の写真を見てみてもまったく違和感がなく、Eddie以外にこの役が務まったとは思えません。Jane役は私にとっては「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のJyn ErsoでおなじみのFelicity Jonesですが、童顔の彼女なので老けメイクをしても若々しく見えてしまうのは良いのか悪いのか微妙なところです。

ちなみに博士が初期に提唱した「ホーキング放射」、ブラックホールが何もかも吸い込むだけではなく熱的な放射があるという理論的予言は、今年になってEvent Horizon Telescopeによって「撮影」された画像によって人々の目に触れることになりました。実際には予言に基づいてそれらしい画像を探したということのようですが、それまでイメージ図でしかなかったものが写真として見ることができたことで、Dr. Hawkingの理論が単なる計算上のものなのではなく、現実であると実感できたような気がします。

First Man

光と陰は表裏一体。

昨年10月から12月にかけては毎週のように観たい映画が公開されて嬉しいような困ったようなという感じだったのに、年末からは途端に観るべきものがなくなってしまっていたのですが、ようやく久しぶりに観たいものが目白押しとなってきました。2月に入ってようやく今年最初の映画となったのは、「ラ・ラ・ランド」で主演のRyan Goslingと監督のDamien Chazelleが再びタッグを組んだ、などという宣伝文句もありますが、その映画「ファースト・マン」です。

そのタイトルだけで十分察しはつきましたが、アポロ11号で月面に降りた最初の人類であるNeil Armstrongの伝記的作品で、彼が宇宙計画に加わるところからアポロ11号で地球に帰還するところまでを描いたものとなっています。しかし、ともすれば華々しくヒーローを描いたものになりがちなテーマですが、Armstrongその人が抱えた苦悩を描き出した重厚な作品となっています。

Armstrong役はRyan Goslingですが、この人はなんだか物悲しい表情をしますよね。本作では様々な悩みを抱える役柄なので、彼にピッタリの役かもしれません。そしてArmstrongの最初の妻Janet役はClaire Foyなのですが、この人がArmstrongを見つめるときの目の大きさは映像を加工しているのではないかと思えるほどで、非常に印象的でした。なお、字幕は元宇宙飛行士の毛利衛氏が監修されているということで専門用語のおかしな訳もなくて良かったのではないかと思います。こういった作品では誤訳一つが致命的な結果になってしまうこともありえますので、重要なところです。

ちなみに私は1978年に東京・有明13号地、今のお台場で開催された宇宙科学博覧会(宇宙博)に連れて行かれて感銘を受け、それ以来当時の宇宙開発には特別な思いを感じています。考えても見ればまだコンピューターも満足に発達していないのに、軌道計算も電卓どころか筆算でやっていたような時代に相当無茶な話です。しかしそれを成し遂げ、1回ならず6回までも月面に足跡を残したというのは恐ろしいくらいのことです。この計画自体は冷戦の産物であり、多分に軍事・政治目的のものでありましたが、科学技術の進歩に果たした役割も大きなものがあるはずです。現在のNASAは当時と比べるとだいぶ勢いが無くなってしまっているように見えますが、Kennedy Space CenterやJohnson Space Centerには毎日多くの観光客が往時の栄光を求めてやってきています。今は月面着陸はコストに見合う成果が得られないと考えられていると思いますが、次に盛り上がるのは火星でしょうか。

また、幸運なことに私は2008年にArmstrongの講演を聞いたことがあり、比較的近くで肉眼で見たことがあるのですが、これはなかなか貴重な経験ではないでしょうか。残念ながら当時の私の英語力は今と比べても大したことはありませんでしたし、Armstrong氏もすでに結構な老齢だったので話が聞き取りづらく、喋っていたことはほとんどわかりませんでしたが、「あの」アームストロング船長が目の前にいるというだけで感動的でした。また、周囲のアメリカ人にとってはまさに英雄の中の英雄であり、皆背筋を伸ばして話を聴き、公演の前後は立ち上がって拍手とともに迎え送り出していたのも印象的でした。実はこの講演の際、お土産としてこの映画の原作になっている”First Man: The Life of Neil A. Armstrong“という本をもらっていて、今でも持っているはずなのですが、分厚い本なので一度も読んでいません。この機会に意を決して読んでみることにしましょうか。

というようなことで映画とは関係のない話が多くなってしまいましたが、決して派手さはないもののアポロ計画に多少なりとも思いのある人にはいい映画だと思います。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

実在の人物かと錯覚してしまいます。

経緯はすっかり忘れてしまいましたが、先日どこかで見つけてすぐに購入して読んだのが「自叙伝 ジャン=リュック・ピカード」という本です。

自叙伝 ジャン=リュック・ピカード

posted with amazlet at 18.12.09

竹書房 (2018-10-11)売り上げランキング: 36,602

Amazon.co.jpで詳細を見る

おそらくこの本を楽しめるのは「ジャン=リュック・ピカード」というのが何者なのかすぐに分かる人だけではないかと思われますが、わかっている人には言わずもがな、「新スタートレック」(TNG)に登場する宇宙艦U.S.S. エンタープライズの艦長Jean-Luc Picardのことです。TNGの主役が誰であるのかというのははっきりしないところですが、誰か一人といえばまっさきに考えるのがJean-Lucでしょう。このJean-Lucというのはもちろん架空の人物ですが、その彼が書いた自叙伝の形式で書かれた小説がこの作品です。

Captain PicardというのはPatrick Stewartが演じていたキャラクターですし、表紙も惑星連邦宇宙艦隊の制服姿のPatrickの肖像なのでどうしても彼のイメージで脳内再生されてしまいますが、若い頃のJean-Lucはどういう姿だったのでしょうか。やはり若かりし頃のPatrickの姿で想像すればよいのかとGoogleで画像検索してみると、やはりシェイクスピア俳優だったというだけあってなかなか凛々しい青年だったようですね。

「スタートレック:ヴォイジャー」(VOY)は全話観て面白かったのでTNGも全て観たいと思うのですが、TNGの最初の方はかなりつまらないのですよね。全部観てやる!と意気込んで観始めたことはあるのですが、何話か観て挫折してしまったことがあります。そのためこの「自叙伝」にも知らないエピソードがいくつも出てきて、それは私が観ていないから知らないだけなのか、そもそも本編には出てこないものなのかがわからないということになっています。しかし、それはどちらであったとしても同じように楽しく読むことはできて何も問題がないので、「スタートレックシリーズは好きだけれどTNGはあまり観たことがない」という人でも楽しむことができるのではないかと思います。

ちなみに著者名も「ジャン・リュック・ピカード」になっていてこういう遊び心は楽しいですが、本当の著者はDavid A. Goodmanという人で、編集者としてクレジットされています。スタートレックの大ファンと公言している人が、好きが高じて本を書いてしまったというものなので、内容はかなりディープなものになっていて大ファンにも満足できるものになっているのではないでしょうか。私はだいぶライトめなファンだと思いますが、非常に楽しく一気に読み切ってしまいました。同じ著者がJames T. KirkやMr. Spockの自叙伝も書いているので、オリジナルシリーズ(TOS)が好きな人にはそれらのほうが面白いかもしれませんが、残念ながら日本語訳はなされていないようです。私はTOSについてはあまり知識がありませんが、いつか日本語版が出たらぜひ読んでみたいと思います。