John Wick: Chapter 3 Parabellum

ゲームの「無双」シリーズのよう。
🔫

シリーズ最初の作品「ジョン・ウィック」は私がアメリカにいる間に観たわけですが、ハードなアクション映画として非常に楽しめる作品でした。そして帰国後に観た「ジョン・ウィック: チャプター2」では大きく広がった独特の世界観の中でアクションも派手になり、正当進化と言える作品になっていました。そして今回、3作目となる「ジョン・ウィック: パラベラム」が公開されたので初日に早速観てきたわけですが、今度はいったいどうだったでしょうか。

一旦は引退した殺し屋だったJohn Wickが愛犬と愛車の仇を討つことから始まったこのシリーズですが、どんどん泥沼にはまっていき、今回は闇の世界全体を敵に回して戦うことになってしまいます。しかし、この作品ではもうストーリーなどどうでもよく、Keanu Reeves演じるJohnがどれだけ派手に敵をなぎ倒していくかが見どころなのではないでしょうか。

今回もKeanuは渋くしかし時にコミカルに演じているのですが、今回Johnと共に戦うことになるSophiaを演じているのがかのアカデミー女優Halle Berryです。以前からX-MenシリーズのStormや「007 ダイ・アナザー・デイ」のNSAエージェントJinx役など様々なアクション映画にも出演しているHalleですが、このJohn Wickシリーズの大ファンで出演を懇願したとの経緯があるそうです。本作では愛犬2頭を意のままに扱いつつ拳銃でバッタバッタと倒していく、とても強い女性を演じています。

暗殺者の一人の日本人ZeroとしてMark Dacascosが出演しており、ちょっとだけ日本語の台詞もあるのですが、Mark自身は母親が日本人との混血といういわゆるクオーターだとのことながら日本語を喋ることはできないようで、片言以下でなんとか聞き取れないこともないという程度のものになっています。無理に日本語にしなくてもいいのにと思ってしまいますが、映画の雰囲気作りのためには必要なのでしょう。また、このZeroの登場時にはきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」がBGMとして使われています。

個性的だったのは字幕では「裁定人」と訳されていたAdjudicatorを演じていたAsia Kate Dillonです。この役をあえて女性に演じさせたのはなかなか素晴らしかったのではないでしょうか。Adjudicator自身が強いというわけではないが組織をバックにしている不気味さが強調されていて、非常に印象的な役柄だったと思います。

ということで、今回もそれなりに楽しむことはできたのですが、前作までを超えていたかというとどうでしょうか。本作もまた続きがあるような終わり方になっていたので、興行収入が悪くなければ続編が撮られることになるのでしょうが、Keanuも歳を取りますからね…下手にシリーズ化しないほうが良かった、とならないようにしてほしいものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください