カテゴリー
movie

Wonder Woman 1984

なんとなく懐かしい映像。
🦸🏻‍♀️

2020年最後の週、勤務先は火曜日までは稼働日となっていたのですが、私は休暇を取得して一足早く仕事納めしてしまいました。かといってこのCOVID-19の第三波が来ている状況なのでどこかに出かけるという予定もなく、ただ唯一の予定といえば18日に公開されていた「ワンダーウーマン 1984」を観に行くということでした。本作も公開早々に観たいとも思ったのですが、密を避けてできるだけ人が少ない平日がいいのではないかと考えたのと、どうせ新作が相次いでいるような状況でもないので慌てる必要もないかと考え直したので、冬休みに入ってからゆっくり観にことにしたのでした。おかげで私が観た月曜日の午前の回は観客は私を含めて4名だけのスカスカの状態でした。

COVID-19が猛威を奮っている本国アメリカでは未だ映画館が開いていない州も多いので、本作ではHBO Maxでのストリーミングと同時公開に踏み切ったため賛否両論というか映画業界からは反発を招いているという話ですが、蓋を開けてみれば興行成績は好調で、すでに続編の製作も決まったとか。なお、日本ではHBO Maxがサービスされていないので、通常通り劇場公開が先行しています。

さて本作は2017年の「ワンダーウーマン」の続編にあたりますが、前作が主に1918年を舞台にしていたのに対し、今回はタイトル通り1984年という設定になっています。今から35年ほど前というと相当昔のことのように思えますが、どこかで見たことがあるようなファッションや時代背景…と思って調べると、なんと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の公開と時代設定が1985年で、なるほど見たことがある感じなわけです。

ちなみに1984年といえば私が父の転勤でロンドンにいた頃になりますが、冷戦末期にあたる緊張感のある時代だったということで選ばれたのでしょう。当時は日本から西ヨーロッパまで直行できる旅客機がなかったため、アラスカのアンカレッジかモスクワを給油のために経由する便か、あるいは3箇所ほど経由する南回りかしかなかったのですが、モスクワ経由の場合は薄暗い空港内でマシンガンを持った警備兵に前後から監視されながら待つ、という貴重な経験をすることができました。まあそんなものは嬉しくもないですが。

しかし本作を観た感じでは、1984年である必然性はあまり感じないというのが率直な印象です。確かに冷戦の緊張はちょっとした要素にはなっていましたが、それほど重要なポイントでもありませんし、ただ観客のノスタルジーを誘う、いわばおっさんホイホイのようなものなのではないかとうがった見方をしてしまいます。まあそれはそれで悪いことではないのでしょうが、もう少しうまく見せてくれると良かったのではないかと感じました。

前作がどうだったかよく覚えていないのですが、本作で素晴らしいのは「誰も死なない」ということです。ハリウッドの多くのスーパーヒーロー物やアクション映画では人の命が虫けらのように扱われているのがとても嫌だったのですが、本作の場合には「現実だったら軽症では済まないのでは…」というものはあるものの、少なくとも殺すつもりではないというところが非常に好感が持てます。前作に続いて監督したPatty Jenkinsの主義的なものなのでしょうか。

なお、本作でも幼少時代のDianaはLilly Aspellが引き続き演じていますが、彼女の勝ち気な感じがとても良いです。もちろんGal Gadotもとても素敵ですが、ちょっと恐れ多くて近寄りがたいところがあります。ひょっとして眉のせいですかね…

カテゴリー
movie

John Wick: Chapter 3 Parabellum

ゲームの「無双」シリーズのよう。
🔫

シリーズ最初の作品「ジョン・ウィック」は私がアメリカにいる間に観たわけですが、ハードなアクション映画として非常に楽しめる作品でした。そして帰国後に観た「ジョン・ウィック: チャプター2」では大きく広がった独特の世界観の中でアクションも派手になり、正当進化と言える作品になっていました。そして今回、3作目となる「ジョン・ウィック: パラベラム」が公開されたので初日に早速観てきたわけですが、今度はいったいどうだったでしょうか。

一旦は引退した殺し屋だったJohn Wickが愛犬と愛車の仇を討つことから始まったこのシリーズですが、どんどん泥沼にはまっていき、今回は闇の世界全体を敵に回して戦うことになってしまいます。しかし、この作品ではもうストーリーなどどうでもよく、Keanu Reeves演じるJohnがどれだけ派手に敵をなぎ倒していくかが見どころなのではないでしょうか。

今回もKeanuは渋くしかし時にコミカルに演じているのですが、今回Johnと共に戦うことになるSophiaを演じているのがかのアカデミー女優Halle Berryです。以前からX-MenシリーズのStormや「007 ダイ・アナザー・デイ」のNSAエージェントJinx役など様々なアクション映画にも出演しているHalleですが、このJohn Wickシリーズの大ファンで出演を懇願したとの経緯があるそうです。本作では愛犬2頭を意のままに扱いつつ拳銃でバッタバッタと倒していく、とても強い女性を演じています。

暗殺者の一人の日本人ZeroとしてMark Dacascosが出演しており、ちょっとだけ日本語の台詞もあるのですが、Mark自身は母親が日本人との混血といういわゆるクオーターだとのことながら日本語を喋ることはできないようで、片言以下でなんとか聞き取れないこともないという程度のものになっています。無理に日本語にしなくてもいいのにと思ってしまいますが、映画の雰囲気作りのためには必要なのでしょう。また、このZeroの登場時にはきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」がBGMとして使われています。

個性的だったのは字幕では「裁定人」と訳されていたAdjudicatorを演じていたAsia Kate Dillonです。この役をあえて女性に演じさせたのはなかなか素晴らしかったのではないでしょうか。Adjudicator自身が強いというわけではないが組織をバックにしている不気味さが強調されていて、非常に印象的な役柄だったと思います。

ということで、今回もそれなりに楽しむことはできたのですが、前作までを超えていたかというとどうでしょうか。本作もまた続きがあるような終わり方になっていたので、興行収入が悪くなければ続編が撮られることになるのでしょうが、Keanuも歳を取りますからね…下手にシリーズ化しないほうが良かった、とならないようにしてほしいものです。

カテゴリー
movie

Spider-Man: Far From Home

なにか違和感を覚えたら注意しましょう。
🕷️

ハリウッド映画の多くは字幕や吹き替えに時間がかかるためなのか、アメリカでの公開から数ヶ月以上遅れて日本での公開となる場合が多いものですが、これは仕方のないことなのでしょう。しかし、時折配給会社の戦略によって日本の方が早くなる場合もあり、今回観た「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム」もこの金曜日、6月28日に日本では公開されましたが、アメリカでは独立記念日に合わせて来週7月2日の公開予定となっているようです。ちょっとでも早いとなんだか得をした気分になりますね。

この作品は一昨年に公開された「スパイダーマン: ホームカミング」の続編となる、Tom Hollandが主役Peter Parker、ヒロインはZendayaが演じるMichelle “MJ” Jonesというシリーズの作品です。このシリーズではPeterらの高校生時代が描かれていますが、本作では彼らが学校の旅行でヨーロッパを回っている間に事件に巻き込まれるというものになっています。

いかにTom Hollandが若々しいとはいえ彼もすでに23歳になっていますので、高校生役というのはちょっと無理があるのではないかという気もしてしまいますが、大して違和感がないというのも不思議なものです。Zendayaも22歳、親友Ned役のJacob Batalonも23歳ながら彼らもまったく高校生らしかったので、なにかそれらしく見えるような加工がされているのでしょうか。本作では青春らしさが大事な要素になっていますので、ここは重要なところだと思います。

しかし、そんな細かいことは置いておいても、私には先日の「アベンジャーズ/エンドゲーム」よりも本作の方がずっと楽しめました。アベンジャーズは必要以上に重いような気がしてしまい、観ていて疲れるところがありますが、スパイダーマンは単純に娯楽として楽しむことができます。スーパーヒーローではなく、あくまでFriendly Neighborhood Spider-Man、親愛なる隣人と謳っているだけのことはあり、親しみやすさがあります。

一つ驚いたのは冒頭のMarvelロゴの音楽です。なぜこの曲が…と思ってしまいましたが、それは観てのお楽しみ…と言うほどでもありませんか。それよりも、本作も最後にワンシーンあります。Marvelのお約束ですが、これは中でも重要なシーンとなっているのではないかと思います。さすがに本編が始まる前にその旨説明があったのでエンドロールで席を立ってしまう人はほとんどいませんでしたが、こうまでしてエンドロールというのは見てもらいたいものなのでしょうか。