「hero」タグアーカイブ

John Wick: Chapter 3 Parabellum

ゲームの「無双」シリーズのよう。
🔫

シリーズ最初の作品「ジョン・ウィック」は私がアメリカにいる間に観たわけですが、ハードなアクション映画として非常に楽しめる作品でした。そして帰国後に観た「ジョン・ウィック: チャプター2」では大きく広がった独特の世界観の中でアクションも派手になり、正当進化と言える作品になっていました。そして今回、3作目となる「ジョン・ウィック: パラベラム」が公開されたので初日に早速観てきたわけですが、今度はいったいどうだったでしょうか。

一旦は引退した殺し屋だったJohn Wickが愛犬と愛車の仇を討つことから始まったこのシリーズですが、どんどん泥沼にはまっていき、今回は闇の世界全体を敵に回して戦うことになってしまいます。しかし、この作品ではもうストーリーなどどうでもよく、Keanu Reeves演じるJohnがどれだけ派手に敵をなぎ倒していくかが見どころなのではないでしょうか。

今回もKeanuは渋くしかし時にコミカルに演じているのですが、今回Johnと共に戦うことになるSophiaを演じているのがかのアカデミー女優Halle Berryです。以前からX-MenシリーズのStormや「007 ダイ・アナザー・デイ」のNSAエージェントJinx役など様々なアクション映画にも出演しているHalleですが、このJohn Wickシリーズの大ファンで出演を懇願したとの経緯があるそうです。本作では愛犬2頭を意のままに扱いつつ拳銃でバッタバッタと倒していく、とても強い女性を演じています。

暗殺者の一人の日本人ZeroとしてMark Dacascosが出演しており、ちょっとだけ日本語の台詞もあるのですが、Mark自身は母親が日本人との混血といういわゆるクオーターだとのことながら日本語を喋ることはできないようで、片言以下でなんとか聞き取れないこともないという程度のものになっています。無理に日本語にしなくてもいいのにと思ってしまいますが、映画の雰囲気作りのためには必要なのでしょう。また、このZeroの登場時にはきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」がBGMとして使われています。

個性的だったのは字幕では「裁定人」と訳されていたAdjudicatorを演じていたAsia Kate Dillonです。この役をあえて女性に演じさせたのはなかなか素晴らしかったのではないでしょうか。Adjudicator自身が強いというわけではないが組織をバックにしている不気味さが強調されていて、非常に印象的な役柄だったと思います。

ということで、今回もそれなりに楽しむことはできたのですが、前作までを超えていたかというとどうでしょうか。本作もまた続きがあるような終わり方になっていたので、興行収入が悪くなければ続編が撮られることになるのでしょうが、Keanuも歳を取りますからね…下手にシリーズ化しないほうが良かった、とならないようにしてほしいものです。

Spider-Man: Far From Home

なにか違和感を覚えたら注意しましょう。
🕷️

ハリウッド映画の多くは字幕や吹き替えに時間がかかるためなのか、アメリカでの公開から数ヶ月以上遅れて日本での公開となる場合が多いものですが、これは仕方のないことなのでしょう。しかし、時折配給会社の戦略によって日本の方が早くなる場合もあり、今回観た「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム」もこの金曜日、6月28日に日本では公開されましたが、アメリカでは独立記念日に合わせて来週7月2日の公開予定となっているようです。ちょっとでも早いとなんだか得をした気分になりますね。

この作品は一昨年に公開された「スパイダーマン: ホームカミング」の続編となる、Tom Hollandが主役Peter Parker、ヒロインはZendayaが演じるMichelle “MJ” Jonesというシリーズの作品です。このシリーズではPeterらの高校生時代が描かれていますが、本作では彼らが学校の旅行でヨーロッパを回っている間に事件に巻き込まれるというものになっています。

いかにTom Hollandが若々しいとはいえ彼もすでに23歳になっていますので、高校生役というのはちょっと無理があるのではないかという気もしてしまいますが、大して違和感がないというのも不思議なものです。Zendayaも22歳、親友Ned役のJacob Batalonも23歳ながら彼らもまったく高校生らしかったので、なにかそれらしく見えるような加工がされているのでしょうか。本作では青春らしさが大事な要素になっていますので、ここは重要なところだと思います。

しかし、そんな細かいことは置いておいても、私には先日の「アベンジャーズ/エンドゲーム」よりも本作の方がずっと楽しめました。アベンジャーズは必要以上に重いような気がしてしまい、観ていて疲れるところがありますが、スパイダーマンは単純に娯楽として楽しむことができます。スーパーヒーローではなく、あくまでFriendly Neighborhood Spider-Man、親愛なる隣人と謳っているだけのことはあり、親しみやすさがあります。

一つ驚いたのは冒頭のMarvelロゴの音楽です。なぜこの曲が…と思ってしまいましたが、それは観てのお楽しみ…と言うほどでもありませんか。それよりも、本作も最後にワンシーンあります。Marvelのお約束ですが、これは中でも重要なシーンとなっているのではないかと思います。さすがに本編が始まる前にその旨説明があったのでエンドロールで席を立ってしまう人はほとんどいませんでしたが、こうまでしてエンドロールというのは見てもらいたいものなのでしょうか。

Guardians of the Galaxy Vol. 2

Guardians of the Galaxy Vol.2 - Baby Groot「リミックス」の意味わかってますか?

今日は次男の15回目の誕生日ということで例年通り休暇を取って家にいたのですが、当然ながら次男本人は学校に行っていたので、結局それは休暇を取るための口実というかきっかけに過ぎません。そういうことでもないと有給休暇を消化することもできないので、私は毎年家族の誕生日と結婚記念日には休むようにしていますが、だからといってどこかへ出掛けたり、ごちそうの準備をしたりするというわけではなく、ただただのんびりしているのが通常のパターンです。ただその代わり、昨日の日曜日には次男と駅前へ行って服を買ってやり、映画を一緒に見て、美味しいバーガーを食べてきたのでまあ問題ないでしょう。

ということで昨日観てきた映画というのがとても面白かった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」です。原題では”… Vol.2″となっていて今後の続編にも問題ないようになっているのですが、「リミックス」の次はどうするつもりなのかちょっと心配です。いつも思うことですが、邦題の付け方にどうも考えが足りないような気がします。それはさておき、今回もとても面白い作品に仕上がっていました。

冒頭のMarvelロゴがAvengersのキャラクターたちが描かれたちょっとリッチなものに変わっていて「おっ」と思った後、オープニングからBaby Grootのかわいさ全開です。前作の最後の方で仲間をかばってバラバラになってしまったものの、残った枝をRocketが挿し木して育てたのがBaby Grootですが、今作では最初から最後までかわいくて仕方がありません。一番たまらないのは宇宙船のシートに座ってM&M’sか何かを食べているショットでしょうか。

また今回も全編に渡って笑いがいっぱいです。前作はアメリカで観たので笑うところがわからなかったということもありましたが、今回は字幕の助けを借りて大いに楽しみました。しかし、字幕とセリフではタイミングが違うので、字幕が先に出てネタバレのようになってしまうこともあって難しいところです。また、本作をより楽しむためには80年代のTVドラマ「ナイトライダー」について知っておいた方がいい、というか「ナイトライダー」を知らないと何が面白いのかわからないということになると思います。ネタバレになると悪いのでこれ以上は言いませんが、知らない人はWikipediaでも読んでおくといい…と言いたいところですが、このページは情報量が膨大ですね。

他にも様々なネタが仕込まれていて、今回は下ネタもあってレーティング的にも問題ないんだっけというのはあったのですが、エンドロールまで小ネタがあって楽しめます。最高なのはエンドロールの最後の方にあるのですが、恐らく日本人には気づきにくいところではないかと思います。観た後で気になる方はScreen Rant: Guardians of the Galaxy 2: All 5 Post-Credit Scenes Explainedというページの前置き部分に書かれているのでご覧になってください。なお、このページで紹介されている通り、本作はエンドロールに入ってから5つもポストクレジットシーンがあるので、最後の最後まで席を立たないことをお勧めします。

もう一つ、本作ではやはり音楽が大きな役割を果たしていて、70、80年台のノリの良いポップスが何曲もかかって楽しいです。これは前作でPeterが母親から最期の時に贈られたカセットテープに入っていた、ということになっているようですが、それが本作のサウンドトラックとして映画公開のしばらく前から発売されていたので私も購入して、これがどんなシーンでかかるのかなと思いながら聴いていました。映画を観たあとはそのシーンを思い浮かべながら聴くことになるので、印象もまたちょっと変わりますね。ちなみに次作ではZuneを使うのでしょうか。Zuneなんてまた懐かしい…と思いましたが、結局日本では発売されなかったのですね。

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2
Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

posted with amazlet at 17.05.14
Va
Hollywood Records (2017-04-28)
売り上げランキング: 27

ということで、次男にはちょっとわからなかったところがあったものの、それでもそれなりに楽しめたようです。しかし、やはりこの作品は私の世代向けかもしれません。