Archives

ほんだのばいく

格の違い。

ミュージックビデオからネタ動画までYouTubeには様々な動画がありますが、その中にゲーム実況というジャンルのものがあります。投稿者がゲームをしている画面を見せるというもので、無言でただゲームをやっているだけのものも、面白いことを喋りながらやるのでそれも楽しめるというものもありますが、もちろん人気がでるのは後者でしょう。

しかし人がやっているゲームなんて見て面白いのか、と言う人もいるかと思いますが、私は結構好きです。実は子供の頃、というのはスペースインベーダーが出てきた頃からの話で、ゲームセンターにはよく遊びに行っていたのですが、そこで自分がお金を出してプレイするのはほんの数回で、それよりも他の人がやっているのを脇から見ているのが好きでした。ゲームを一つの創作物として見ているような感じだったかもしれません。

ところで、そのゲーム実況界が騒然となったのが「ほんだのばいく」というチャンネルの登場で、まだ3回生放送しただけで、アーカイブとして公開されているのはそのうち1回分だけにもかかわらず、すでに登録者数は100万人を超えています。アーカイブの再生回数も200万回に迫ろうとしていますし、生放送の視聴者数も10万人を超えていました。夜9時頃からの生放送で10万人の人が見ていたというのは凄いことで、テレビの視聴率に換算するのは難しいですが、単純計算でも人口の1%近い人が見ていたということになるのではないでしょうか。

どうしてそんな凄いことになっているのかというのは一般のメディアでも報じられているのでご存知の方も多いと思いますが、実況しているのがモデルで女優の本田翼さんだからです。もともとゲーム好きを公言していて、休みの日もゲームをして過ごすことが多いそうですが、その趣味を活かすことにしたということでしょうか。

しかし、ただ有名人がやっているから人気があるというわけではないと思います。私もこのチャンネルの実況は見たのですが、さすがテレビに出ている芸能人ということなのか喋りがとても上手いのです。ゲームも夢中になると無言になってしまうということがあると思いますが、彼女はしっかり喋り続けています。しかも可愛いのでおじさんキラーと化しています。

彼女の登場でこれまでゲーム実況で視聴回数を稼いでいた人たちは完敗宣言をしたりしていますが、そうは言っても彼女の本業はあくまで女優でモデルで、あまり頻繁に公開するということもできないでしょう。また、ゲーム業界を盛り上げたいという思いでやっているとのことで、広告は付けていないのでどんなに見られても稼ぎにはならないようです。これを本業にすれば年収1億円などとも言われていますが、そこを欲張らない所がまた良いのでしょうね。また次の公開はいつになるかわかりませんが、私も楽しみにしたいと思います。

なお、チャンネル名は本名の「つばさ」がホンダのウィングマークから来ているということで付けたとのことですが、ホンダの許諾を得ているわけではなく安易だったと、変更を検討中とのことです。ホンダからクレームが有ったわけではないそうですが、まあ仕方ないでしょうね。

Ready Player One

おっさんホイホイのような気もしますが。

私がアメリカで住んでいたミシガン州は南側にオハイオ州が隣接しているのですが、そのオハイオ州の州都はコロンバスという都市になります。近郊のMarysvilleという町にホンダの生産拠点があることもあってコロンバスには日本人も多く住んでいます。私の自宅からちょうど200マイルほど、車で3時間ほどの距離ですが、直線的に高速道路で行くことができないということもあってホンダに用があるときにしか行ったことがありません。

と急になぜこのような話をするかというと、このコロンバスを主な舞台にした、ただし2045年という未来の話である映画「レディ・プレイヤー1」を観たからです。コロンバス市内のキャンピングカー、アメリカでいうRVやトレーラーハウスを積み上げて高層住宅風にした”stacks”と呼ばれるスラム街で育ったWade Wattsという少年が主人公の作品で、主にOASISという仮想空間を舞台に繰り広げられる物語です。

OASISにはVRゴーグルと各種入力デバイスを装着して入り、それぞれが自分のアバターになりきって生活する一つの完全な社会になっています。現実世界よりもOASISの中の方が本当の生活になっているような人も少なくないような、今の私たちの感覚からすればかなり異様な世界かもしれません。このOASISの創設者James Hallidayが亡くなる際、OASISそのものを含むその莫大な遺産をOASIS内のイースターエッグとして隠したことで、これを探し求めるEgg Hunter = Gunterが多数現れ、その一人であるWadeが冒険を繰り広げるというのがこの作品です。

入力デバイスや感覚をフィードバックするスーツはかなり進化していて、街中でもゴーグルを装着してOASISに入っている人がいたりする一方、VRゴーグルは現代のものとそれほど変わっていないのですが、これは人々に理解させるためのアイコンとしても必要なものなのでしょう。例えば普通の眼鏡と見た目が変わらなかったり、コンタクトレンズ型になっていたりとあまりに変化させてしまうと、VRの世界に入っているのだということがわかりづらくなってしまうので、敢えてこうしているのかもしれません。

実はこの作品が注目を集めているのはこのVRが面白いというのではなく、James Hallidayの青春である1980年台のポップカルチャーが数多く取り込まれているためでしょう。WadeのアバターであるParzivalが乗る車は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のDe Loreanに「ナイト・ライダー」の人工知能KITTを装着したものだったり、ヒロインのArt3misが乗るのは「AKIRA」の「金田のバイク」だったりすることから始まり、ガンダムやメカゴジラ、キングコングまで映像として登場するだけでなく、セリフやポスターとして小ネタが数多く仕込まれていて、それこそイースターエッグを探すように楽しむことができます。

80年代の文化が今の若い人にとっても楽しめるのかどうかわかりませんが、少なくとも私と同年代の人々にとってはどストライク、私たちを狙っているとしか思えないような作品になっています。主人公らにとってはこれらの文化がカッコいいものとして、憧れの対象となっているようですが、果たして現実ではどうなのでしょうか。映画全体としてはさすがにSteven Spielbergの監督作らしく娯楽作品としてまとまっているので、細かいネタを拾うためにももう一度観てみたいという気になっています。もしかすると、この作品をきっかけに80年代カルチャーが再注目されるようなことにもなるでしょうか。

PS Vita修理

こんな壊れ方もあるんですかね。

先日、次男が自分のPlayStation Vitaが壊れたと言ってきました。どうも、電源ボタンとPSボタンが反応しなくなったとのことなのですが、電源ボタンの方は電源を入れたり、長押ししてセーフモードで起動することはできるのに電源を切ることができないという不可解な状態でした。しかし、この2つが反応しないので一度何かゲームを起動するとそれを終了することができず、他のゲームに切り替えられないばかりかバッテリーが切れるまで電源が入ったまま放置するしかないという非常に不便なことになっていたようです。

電源を入れることはできるということや、機能が近い2つのスイッチが同時に反応しなくなったということから断線のようなハードウェア的な故障ではなくソフトウェアの不具合を疑い、何らかの対応方法があるのではないかとちょっと検索してみました。すると、やはり同じような症状になった人は何人かいて、一旦バッテリーを完全に放電させたら直ったとか、初期化させたら直ったと言っているのでいずれも試してみましたが、まったく効果がありませんでした。

そうなると修理に出すしかないかとなるのですが、ソフトウェアの不具合だとすると代金を払って直してもらうというのも癪な話です。まあそう言っていても仕方がないのでとりあえずサポートにメールで問い合わせてみると、やはりプレイステーションクリニックへ送ってくれとのことなのでオンライン修理受付サービスで修理申し込みをしてから送料着払いで送りました。その後何の連絡もないのでちゃんと届いたのかどうか不安になりましたが、発送してから一週間以内にしっかり直って帰ってきました。

同梱されていたアフターサービス保証書を見ると「液体乾き痕」があったとのことで、また修理内容としてはボタン関連部品の交換となっているので、それによりショートして何かの素子が破壊したということなのでしょうか。しかし飲み物をこぼしたということもないようなので次男は「手汗か!?」と焦っていました。その程度のことではないように思いますが、心当たりもないようなので今後もまた同じことがあるのではないかとちょっと心配ではあります。

修理代金は税込み5400円とのことで、たかだか2万円の製品には高いような気もしてしまいますが、往復の送料が含まれているので診断と部品交換の技術料として正味3000円程度なのであれば妥当なところではないでしょうか。欲を言えば現品を受け付けた時か修理が終わったときにでも一報あると安心できて良いので、それは事後のアンケートで伝えておきましたが、一週間足らずで直してくれる迅速なサービスはとても気持ちの良いものです。