Archives

Ready Player One

おっさんホイホイのような気もしますが。

私がアメリカで住んでいたミシガン州は南側にオハイオ州が隣接しているのですが、そのオハイオ州の州都はコロンバスという都市になります。近郊のMarysvilleという町にホンダの生産拠点があることもあってコロンバスには日本人も多く住んでいます。私の自宅からちょうど200マイルほど、車で3時間ほどの距離ですが、直線的に高速道路で行くことができないということもあってホンダに用があるときにしか行ったことがありません。

と急になぜこのような話をするかというと、このコロンバスを主な舞台にした、ただし2045年という未来の話である映画「レディ・プレイヤー1」を観たからです。コロンバス市内のキャンピングカー、アメリカでいうRVやトレーラーハウスを積み上げて高層住宅風にした”stacks”と呼ばれるスラム街で育ったWade Wattsという少年が主人公の作品で、主にOASISという仮想空間を舞台に繰り広げられる物語です。

OASISにはVRゴーグルと各種入力デバイスを装着して入り、それぞれが自分のアバターになりきって生活する一つの完全な社会になっています。現実世界よりもOASISの中の方が本当の生活になっているような人も少なくないような、今の私たちの感覚からすればかなり異様な世界かもしれません。このOASISの創設者James Hallidayが亡くなる際、OASISそのものを含むその莫大な遺産をOASIS内のイースターエッグとして隠したことで、これを探し求めるEgg Hunter = Gunterが多数現れ、その一人であるWadeが冒険を繰り広げるというのがこの作品です。

入力デバイスや感覚をフィードバックするスーツはかなり進化していて、街中でもゴーグルを装着してOASISに入っている人がいたりする一方、VRゴーグルは現代のものとそれほど変わっていないのですが、これは人々に理解させるためのアイコンとしても必要なものなのでしょう。例えば普通の眼鏡と見た目が変わらなかったり、コンタクトレンズ型になっていたりとあまりに変化させてしまうと、VRの世界に入っているのだということがわかりづらくなってしまうので、敢えてこうしているのかもしれません。

実はこの作品が注目を集めているのはこのVRが面白いというのではなく、James Hallidayの青春である1980年台のポップカルチャーが数多く取り込まれているためでしょう。WadeのアバターであるParzivalが乗る車は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のDe Loreanに「ナイト・ライダー」の人工知能KITTを装着したものだったり、ヒロインのArt3misが乗るのは「AKIRA」の「金田のバイク」だったりすることから始まり、ガンダムやメカゴジラ、キングコングまで映像として登場するだけでなく、セリフやポスターとして小ネタが数多く仕込まれていて、それこそイースターエッグを探すように楽しむことができます。

80年代の文化が今の若い人にとっても楽しめるのかどうかわかりませんが、少なくとも私と同年代の人々にとってはどストライク、私たちを狙っているとしか思えないような作品になっています。主人公らにとってはこれらの文化がカッコいいものとして、憧れの対象となっているようですが、果たして現実ではどうなのでしょうか。映画全体としてはさすがにSteven Spielbergの監督作らしく娯楽作品としてまとまっているので、細かいネタを拾うためにももう一度観てみたいという気になっています。もしかすると、この作品をきっかけに80年代カルチャーが再注目されるようなことにもなるでしょうか。

PS Vita修理

こんな壊れ方もあるんですかね。

先日、次男が自分のPlayStation Vitaが壊れたと言ってきました。どうも、電源ボタンとPSボタンが反応しなくなったとのことなのですが、電源ボタンの方は電源を入れたり、長押ししてセーフモードで起動することはできるのに電源を切ることができないという不可解な状態でした。しかし、この2つが反応しないので一度何かゲームを起動するとそれを終了することができず、他のゲームに切り替えられないばかりかバッテリーが切れるまで電源が入ったまま放置するしかないという非常に不便なことになっていたようです。

電源を入れることはできるということや、機能が近い2つのスイッチが同時に反応しなくなったということから断線のようなハードウェア的な故障ではなくソフトウェアの不具合を疑い、何らかの対応方法があるのではないかとちょっと検索してみました。すると、やはり同じような症状になった人は何人かいて、一旦バッテリーを完全に放電させたら直ったとか、初期化させたら直ったと言っているのでいずれも試してみましたが、まったく効果がありませんでした。

そうなると修理に出すしかないかとなるのですが、ソフトウェアの不具合だとすると代金を払って直してもらうというのも癪な話です。まあそう言っていても仕方がないのでとりあえずサポートにメールで問い合わせてみると、やはりプレイステーションクリニックへ送ってくれとのことなのでオンライン修理受付サービスで修理申し込みをしてから送料着払いで送りました。その後何の連絡もないのでちゃんと届いたのかどうか不安になりましたが、発送してから一週間以内にしっかり直って帰ってきました。

同梱されていたアフターサービス保証書を見ると「液体乾き痕」があったとのことで、また修理内容としてはボタン関連部品の交換となっているので、それによりショートして何かの素子が破壊したということなのでしょうか。しかし飲み物をこぼしたということもないようなので次男は「手汗か!?」と焦っていました。その程度のことではないように思いますが、心当たりもないようなので今後もまた同じことがあるのではないかとちょっと心配ではあります。

修理代金は税込み5400円とのことで、たかだか2万円の製品には高いような気もしてしまいますが、往復の送料が含まれているので診断と部品交換の技術料として正味3000円程度なのであれば妥当なところではないでしょうか。欲を言えば現品を受け付けた時か修理が終わったときにでも一報あると安心できて良いので、それは事後のアンケートで伝えておきましたが、一週間足らずで直してくれる迅速なサービスはとても気持ちの良いものです。

Pokémon GO

ポケモンはよく知らないのですが。

今日から3日前、7月22日の日本でのリリース直後から爆発的なブームとなっているPokémon GOですが、「車運転中にポケモンGO」というようなニュースもあり社会現象から早くも社会問題へとなりつつあるのではないでしょうか。これは日本より先に公開されている欧米でも同じように問題になっていることですが、ほかにも私有地に無断で踏み入る人がいたり、ポケモンでおびき出して強盗する輩がいたりするようで、日本でのリリース前から内閣サイバーセキュリティセンターが「内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」(PDF) という注意喚起が行われています。ちなみにこのタイトルは子供向けっぽいものですが、Pokémon Goの対象年齢は13歳以上となっていますし、本文には振り仮名もなく内容的には中高生を対象にしたもののようです。

このPokémon GOはGoogleからスピンアウトした、Ingressの開発元であるNiantic Labsと、株式会社ポケモンとの共同開発ということになっています。Niantic LabsのAR (拡張現実)技術を応用したもので、Ingressと同様にGPSによる実際の位置情報や地図と連動し、目の前に本当にポケモンが登場するように見せているところが新しく、受けているところでしょう。

現実世界を歩きまわってポケモンを捕まえて、集めて育てたポケモンを使ってジムでバトルをする、というのがこのゲームの内容となります。バトルに勝つとジムは自分のチームのものになりますが、今のところIngressのような陣取りゲームの要素はないようで、あくまでポケモンを集めて育てるという部分が主要なものとなっているのでしょう。

私は日本でのサービスが始まる前にアメリカのiTunes Storeアカウントでインストールしていたのですが、日本でのリリースはだいぶ遅れそうだという話もあったので一旦アンインストールしてしまっていました。その後予想していたよりは早く日本にも展開されましたが、あとから流行に乗るのが嫌いなので醒めた目で見ていて、

ポケモンよりも美味しいものハンターとして生きていきます。

— すずきしんすけ (@sszk) 2016年7月22日

なんてことを言っていたのですが、この時には一回アンインストールした後でした。しかし、出張から帰ってきてみると自宅マンション隣の公園にアイテムを入手できるポケストップがあり、家の中からでもアクセスできるというので、とりあえず批判するのは触ってみてからにしよう、と再度インストールしてみました。なお、今日は家で休養していたのですが、そのポケストップのおかげで家から一歩も出ること無く、というどころか自分の机を離れることなくレベル6にまで到達してしまいました。しかし、果たしてそれは楽しいのかと聞かれるとさあどうでしょうか。

このゲームはIngressのようにバッテーリーを著しく消費するので、長時間楽しむためにはモバイルバッテリーが必要と言われています。また、入手した卵を孵すためには卵によって2km、5km、10kmの距離を歩かないといけないのですが、歩くスピードでないといけないというのでアメリカ人も歩くようになった、などという話もありました。私は片道2.5kmの通勤を利用して孵してみようかと思っていますが、さすがにオジサンが歩きながらゲームをしていてはカッコも悪いので、途中でポケモンを見つけたりしても捕まえたりはしないつもりです。

しかしこれだけ勢い良く広まると飽きられるのも早いのではないかと要らぬ心配をしてしまいますが、どの程度続くでしょうか。今はアプリとしては少々荒削りな感じなので、この人気で開発が加速されることを期待します。また、歩きスマホもそうですが、車や自転車の運転中の使用は絶対にやめましょう。今後なにか大きな問題が起きてしまわないことを祈りたいものです。