Archives

ほんだのばいく

格の違い。

ミュージックビデオからネタ動画までYouTubeには様々な動画がありますが、その中にゲーム実況というジャンルのものがあります。投稿者がゲームをしている画面を見せるというもので、無言でただゲームをやっているだけのものも、面白いことを喋りながらやるのでそれも楽しめるというものもありますが、もちろん人気がでるのは後者でしょう。

しかし人がやっているゲームなんて見て面白いのか、と言う人もいるかと思いますが、私は結構好きです。実は子供の頃、というのはスペースインベーダーが出てきた頃からの話で、ゲームセンターにはよく遊びに行っていたのですが、そこで自分がお金を出してプレイするのはほんの数回で、それよりも他の人がやっているのを脇から見ているのが好きでした。ゲームを一つの創作物として見ているような感じだったかもしれません。

ところで、そのゲーム実況界が騒然となったのが「ほんだのばいく」というチャンネルの登場で、まだ3回生放送しただけで、アーカイブとして公開されているのはそのうち1回分だけにもかかわらず、すでに登録者数は100万人を超えています。アーカイブの再生回数も200万回に迫ろうとしていますし、生放送の視聴者数も10万人を超えていました。夜9時頃からの生放送で10万人の人が見ていたというのは凄いことで、テレビの視聴率に換算するのは難しいですが、単純計算でも人口の1%近い人が見ていたということになるのではないでしょうか。

どうしてそんな凄いことになっているのかというのは一般のメディアでも報じられているのでご存知の方も多いと思いますが、実況しているのがモデルで女優の本田翼さんだからです。もともとゲーム好きを公言していて、休みの日もゲームをして過ごすことが多いそうですが、その趣味を活かすことにしたということでしょうか。

しかし、ただ有名人がやっているから人気があるというわけではないと思います。私もこのチャンネルの実況は見たのですが、さすがテレビに出ている芸能人ということなのか喋りがとても上手いのです。ゲームも夢中になると無言になってしまうということがあると思いますが、彼女はしっかり喋り続けています。しかも可愛いのでおじさんキラーと化しています。

彼女の登場でこれまでゲーム実況で視聴回数を稼いでいた人たちは完敗宣言をしたりしていますが、そうは言っても彼女の本業はあくまで女優でモデルで、あまり頻繁に公開するということもできないでしょう。また、ゲーム業界を盛り上げたいという思いでやっているとのことで、広告は付けていないのでどんなに見られても稼ぎにはならないようです。これを本業にすれば年収1億円などとも言われていますが、そこを欲張らない所がまた良いのでしょうね。また次の公開はいつになるかわかりませんが、私も楽しみにしたいと思います。

なお、チャンネル名は本名の「つばさ」がホンダのウィングマークから来ているということで付けたとのことですが、ホンダの許諾を得ているわけではなく安易だったと、変更を検討中とのことです。ホンダからクレームが有ったわけではないそうですが、まあ仕方ないでしょうね。

Pixels

ちゃんと分かるのは中年以上?

男二人の兄弟でも同じように育てるというのは難しいもので、たとえば上の子にはある年齢までゲーム機を買うのを我慢させていても、下の子だけ我慢させておくというのは無理なので、上の子に許可したのと同時にゲームに触れるようになってしまいます。そのためかあまりゲームに執着しない長男に対し、次男の方は放っておくとゲームばかりになってしまうので困ったものです。

そんなゲーマーな次男が観たいと言っていた映画がアメリカで先日公開された「ピクセル」です。封切り時は次男は一時帰国中だったので、公開から2週間ほど経った昨日、二人で観に行ってきました。

1980年代にNASAが地球外生命体に向けて送ったメッセージに当時のビデオゲームの映像も送ったところ、異星人がそれを果たし状と誤解して、ゲームのキャラクターを武器として2015年に攻撃してきます。ここでアメリカ大統領が助っ人として呼んだのが、子供の頃からの友人で80年代当時最強のゲーム少年だったSamでした、というのがこの作品です。

80年代の場面では当時実際に流行していたビデオゲームの数々、パックマン、ドンキーコング、ギャラガなどが登場して、その頃ゲームセンターに足を運んでいた私には非常に懐かしい物ばかりでした。また、ゲーム大会の場面では各社の当時のロゴもそのまま使われていて、しっかり協力が得られていることが分かります。攻撃を受ける場面ではさらにたくさんのゲームに因んだものが描かれていて、まるで宝探しのようです。私はぜひBlu-rayを買って細かいところまで見てみたいと思います。

パックマンの生みの親である岩谷徹氏も登場しますが、演じているのはDenis Akiyamaです。しかし、岩谷氏本人もゲーム機のメンテナンス作業員として出演しています。なお作中ではSamの友人ゲームオタクのLudlowが岩谷氏に日本語で挨拶するシーンがありますが、ここで英語の字幕は出なかったので日本語がわからない人には何を言っているのかさっぱりだったのではないでしょうか。

また、私も最初は「この人には見覚えがあるけれど誰だったか…」と名前を聞くまで思い出せなかったのですが、テニスプレイヤーのSerena Williamsがカメオ出演しています。よく本人が出る気になったなというような変な役柄なのですが、映画にも出てみたかったのでしょうか。プロ主婦のMartha Stewartもちょこっと登場しますが、これはさすがに私も誰だか分かりませんでした。

ということで、私にはとても面白かったこの作品ですが、当時のゲームに対する造詣がなければちっとも楽しめないような気もします。またMax Headroomなども出てきますが、それらも含めて理解するには実際のオッサンでなければダメかもしれません。ちょっと大ヒットというのは難しいですね。

Lego Star Wars The Complete Saga

子供向けと侮る事なかれ。

私がPlayStation 3(PS3)を購入したのは昨年9月のことで、それからすでに9ヶ月以上が経過していますが、実はつい最近まで同時に購入した「モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.」以外のゲームソフトがありませんでした。アメリカではAmazon Primeの会員は無料で映画をストリーミングで視聴することができるのですが、PS3でもそれを観ることができるのでいくつか観たものの、実際にはほとんどモンハン専用機になっており、子供達には「それならPSPの方が良かったんじゃないか」等と言われる始末でした。

という状況の下、別の用件で先日Best Buyに行ったのですが、そこで店頭デモで遊べるようになっていたのが”Lego Batman 2: DC Super Heroes“というゲームでした。バットマンの世界をLegoで再現したものがゲームの舞台となっており、登場キャラクターもミニフィグとなっていて見た目は非常にコミカルです。しかしながらキャラクターのアクションは非常に凝っていて、よくみると非常に細かい動きで格闘の技も鮮やかです。子供と一緒に私もちょっと魅力を感じてしまったのですが、しかしバットマンよりもやはりStar Warsです。この動きでライトセイバーを持ったらかなりカッコいいのではないかと想像できます。だいぶ前に発売されているはずなので安くなっているのではないかと探してみると、まさしく処分品のワゴンの中にありました。$19.99という価格だったので、もしもハズレでも仕方ないと諦められると思い、購入してみることにしました。

Lego Star Wars: The Complete Saga(輸入版)
メーカー:LucasArts Entertainment(World)LucasArts Entertainment(World) (2007/09/27)ISBN/ASIN:B000R39GGE
Amazon.co.jp で詳細を見る

購入したのは”Lego Star Wars The Complete Saga“という、映画のエピソード1から6の全てに対応するゲームをまとめたもので、日本のAmazonでは日本語版はプレミアムが付いてとんでもない値段になっているようですが、輸入盤は2000円弱という私が購入したのとほぼ変わらない値段のようです。私はアメリカで購入しているのでもちろん英語版ですが、日本から持ち込んだPS3でも全く問題なくプレイすることができます。

ゲームは映画のストーリーに忠実に、各エピソードの場面をレゴで再現してムービーをはさみながら進行します。ゲームの各ステージはパズル的要素の強いものになっていて、ライトセイバーやレーザーガンなどを使って敵と戦いながら隠された仕掛けを解きながら進んでいきます。プレイヤーが操作するのはもちろん映画の主要登場人物ですが、それぞれの場面での登場人物を好きなときに切り替えることができます。各キャラクターは見た目が違うだけではなく動きにも特徴がつけられており、仕掛けによってそれを解くことが出来る人物が限定されている場合も多いので、それに応じて適切に切り替えなければ進むことができません。

戦闘のアクションは期待通りでした。ライトセイバーを使うことができるのはもちろんジェダイのみですが、そのライトセイバーを振ると残像が見えるのもカッコいいところです。無意味に振り回してしまいたくなりますが、攻撃は味方にも有効なので、近くに味方がいるときにはむやみに使えません。しかし、このゲームではダメージを回復するアイテムがすぐに出ますし、ダメージが蓄積してキャラクターが死んでしまった時にもすぐに復活するので、ポイントを競おうとしなければあまりダメージを気にする必要がありません。ステージに時間制限もないので焦る必要もありません。

ということで期待していた以上によくできたゲームで、子供達も私もすっかり楽しむことができました。また、映画に非常に忠実にできているので、映画を知っている私はそれを思い浮かべながらプレイして楽しんでいますし、これをきっかけに子供と一緒に映画を観ることにもなりました。ゲームの方は一度クリアしてもまだ残っている仕掛けがあるので再びプレイするでしょうから、映画を観たあとでゲームをすれば子供達もまた違った目で楽しむことになるのではないでしょうか。一般的に映画を元にしたゲームはあまり評判の高いものではありませんが、この作品は少なくともスターウォーズ好きの私にとっては素晴らしいものでした。これを機にハリー・ポッターなどにも興味が湧いてきてしまいましたが、果たしてどうでしょうか…