Vice

良い伴侶を持つことが重要。
🦅

昨日「何か観るべき映画はなかったかな」と映画館の上映スケジュールを見てみたところ、どこかで聞いたような気がしてちょっと引っかかったのが「バイス」だったのですが、開演時刻が7時からとちょうど良かったので、あまり深く考えずに観てみることにしました。今になってみると、もしよく考えていたら観なかったのではないかと思えるので、結果的には良かったのではないでしょうか。

この作品はアメリカの第46代副大統領(Vice President)であるDick Cheneyの伝記映画とされていますが、Cheneyを称えるようなものではなく、やや批判的なスタンスでコメディ的に、一部茶化すような感じで描いているものです。したがって、政治家の伝記だからといって退屈なものではなく楽しんで観ることができましたし、世界一の超大国の名目ナンバー2、実質的にはナンバー1であったかもしれない男の姿をドラマティックに描いているので、そういう面でも飽きずに観ることができました。

本作は「本年度アカデミー賞受賞」と大きく謳っているようですが、受賞したのは「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」のようです。確かに実在の超大物らを演じている各俳優は本物の姿を彷彿とさせるものになっていましたが、特にCheneyを演じたChristian Baleは驚異的です。そういえば私がこの映画のことを知ったのはこのBaleの役作りのための変身をニュース記事で見たからでした。Baleはもともと「マシニスト」で30kg近くも減量したり、体を張った役作りで以前から知られていますが、本作でも20kg近く増量したということででっぷりしたお腹と禿げ上がった頭となっていて、貫禄十分のCheneyの姿そのままとなっていました。こんなに激しく増量や減量を繰り返して内臓に大きな負担がかかっているのではないかと他人事ながら心配してしまうほどですが、本当に大丈夫なのでしょうか。

師であるDonald RumsfeldSteve Carell、Cheneyの妻LynneAmy Adamsがそれぞれ演じていて、彼らも実にそれらしい演技なのはさすがなのですが、このLynneの凄腕ぶりが私には印象的でした。Cheneyがここまでの人物に成り上がったのはLynneの力があったからこそ、しかしLynne一人の力ではどうすることもできず、LynneにとってもCheneyは必要だった、ということこそが私がこの作品から学んだことでした。作品の趣旨はそういうことではなかったかもしれませんが…

ちなみに本作の上映時間は132分あります。エンドロールが流れたときに「もう終わり?」と思ったら、きっとそれはまだ終わりではありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください