Archives

Vice

良い伴侶を持つことが重要。

昨日「何か観るべき映画はなかったかな」と映画館の上映スケジュールを見てみたところ、どこかで聞いたような気がしてちょっと引っかかったのが「バイス」だったのですが、開演時刻が7時からとちょうど良かったので、あまり深く考えずに観てみることにしました。今になってみると、もしよく考えていたら観なかったのではないかと思えるので、結果的には良かったのではないでしょうか。

この作品はアメリカの第46代副大統領(Vice President)であるDick Cheneyの伝記映画とされていますが、Cheneyを称えるようなものではなく、やや批判的なスタンスでコメディ的に、一部茶化すような感じで描いているものです。したがって、政治家の伝記だからといって退屈なものではなく楽しんで観ることができましたし、世界一の超大国の名目ナンバー2、実質的にはナンバー1であったかもしれない男の姿をドラマティックに描いているので、そういう面でも飽きずに観ることができました。

本作は「本年度アカデミー賞受賞」と大きく謳っているようですが、受賞したのは「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」のようです。確かに実在の超大物らを演じている各俳優は本物の姿を彷彿とさせるものになっていましたが、特にCheneyを演じたChristian Baleは驚異的です。そういえば私がこの映画のことを知ったのはこのBaleの役作りのための変身をニュース記事で見たからでした。Baleはもともと「マシニスト」で30kg近くも減量したり、体を張った役作りで以前から知られていますが、本作でも20kg近く増量したということででっぷりしたお腹と禿げ上がった頭となっていて、貫禄十分のCheneyの姿そのままとなっていました。こんなに激しく増量や減量を繰り返して内臓に大きな負担がかかっているのではないかと他人事ながら心配してしまうほどですが、本当に大丈夫なのでしょうか。

師であるDonald RumsfeldはSteve Carell、Cheneyの妻LynneはAmy Adamsがそれぞれ演じていて、彼らも実にそれらしい演技なのはさすがなのですが、このLynneの凄腕ぶりが私には印象的でした。Cheneyがここまでの人物に成り上がったのはLynneの力があったからこそ、しかしLynne一人の力ではどうすることもできず、LynneにとってもCheneyは必要だった、ということこそが私がこの作品から学んだことでした。作品の趣旨はそういうことではなかったかもしれませんが…

ちなみに本作の上映時間は132分あります。エンドロールが流れたときに「もう終わり?」と思ったら、きっとそれはまだ終わりではありません。

American Made

これが実話とは。

1991年のクリスマスにソビエト連邦が崩壊するまで、それぞれソ連とアメリカを中心とする東西国家の間では冷戦状態となっていたわけですが、その裾野ではKGBとCIA (中央情報局)による各種工作合戦が繰り広げられていました。その中で実際にあったことをもとにしたという映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」を観てみました。

バリー・シール/アメリカをはめた男(吹替版)

posted with amazlet at 18.08.17

(2018-01-30)売り上げランキング: 3,475

Amazon.co.jpで詳細を見る

実話をもとにした話ということで、主人公は邦題にもなっているBarry Sealという、1970-80年代のアメリカで暗躍した実在の人物で、Tom Cruiseが演じています。私はまったく予備知識を持たずに観始めたのですが、メデジン・カルテル、コントラ、サンディニスタ民族解放戦線という中米の組織がいろいろ関わってくるので、これらについて何らかの知識を持っておいた方がより楽しめるかもしれません。また、CIAのほかFBI (連邦捜査局)、DEA (麻薬取締局)、ATF (アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局)といったややこしいアメリカの捜査組織の職掌についても知っておくとちょっとだけ面白いでしょうか。

作品はあくまで実話を「もとにした」もので、脚色として事実から変えてあるところもいろいろあるようですが、Barryがアーカンソー州のMenaという田舎町の空港を拠点として麻薬の密輸を行っていたことは事実のようです。当初の作品名はずばり”Mena”としようとしていたそうですが、それはさすがに直接的すぎるのでやめたということでしょうか。現在5000人余というMenaの町の住人にはちょっと複雑ですよね。なお原題が”American Made” (アメリカ製)というのに対して、「アメリカをはめた」という邦題では大胆不敵な人物をイメージさせてはいますが、私が見たところではアメリカを騙したわけでも、国に陥れられたわけでもないようで、ちょっと印象操作になっているような気がします。

ということで、作品自体も1980年代風の映像となっていて、そういう面でもいろいろ楽しめたのですが、あまり人が死んだり痛い目に遭う直接的な描写がないというところも良かったです。私はどうも暴力描写が苦手なので極力避けて欲しいと思うのですが、それがリアリティだと思う人もいるようなのが困ったものです。いやしかし、ここ数年でTom Cruiseがだいぶ好きになってきたような気がします。

Hidden Figures

決して終わったわけではありません。

つい先日観た映画「デトロイト」で描かれていたのとちょうど同じ時代ですが、1964年のLyndon Johnson大統領による公民権法制定の頃までのアメリカでは人種差別が堂々と行われており、特に南部の州ではジム・クロウ法による人種分離が法制化されて食堂やトイレ、学校、バスの座席その他あらゆるものが白人用と有色人種用途に別けられていました。しかし、そんな差別はすっかり過去のもの…と言いたいところですが、実際のアメリカでは今でも根強く残っています。現地の会社や学校のオリエンテーションでは各種差別の禁止について繰り返し説明がありましたが、それは結局そうしないと差別による問題が起こるということであり、声高に平等を叫ぶ人がいるというのはそれがアピールになるということです。私は何か白々しいものを感じていました。

また、日本ではまだまだながら先進諸国では今でこそ当然のように女性が社会で活躍していますが、当時はアメリカでも男性と対等といえるような状況ではありませんでした。今回観た映画「ドリーム」は人種と性別による二重の差別を乗り越えて活躍した3人の黒人女性の、実話を元にした物語です。

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

posted with amazlet at 18.02.17

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2018-02-02)売り上げランキング: 135

Amazon.co.jpで詳細を見る

日本では昨年9月に公開されて、すでに先月からBlu-rayなどで発売されている作品ですが、公開当時に地元では上映されず見逃していたものです。この作品が「近隣では上映館が少なかった、上映館がなかった良質な映画をセレクトして月に一度上映」という「プライムシネマ」という企画で取り上げられていることをその数日前に知ったので、木曜日ながら残業を1時間で切り上げて観に行ってきたのでした。

主人公のKatherine Goble Johnson、Dorothy Vaughan、Mary Jacksonの3人はNASAラングレー研究所のWest Area Computersという黒人女性だけで構成された部署でコンピューター、すなわち計算手として勤務していました。それぞれ優秀なエンジニアとしての能力を持ちながら人種や性別を理由に満足な地位を与えられずにいましたが、彼女ら自身の努力により道を切り開いて活躍する、というのが本作のかなり大雑把なストーリーです。当時はソビエト連邦がЮ́рий Гага́рин (ユーリ・ガガーリン)のВосток-1 (ボストーク1号)による有人宇宙飛行に成功し、アメリカに対して宇宙開発で先行していました。NASAはこれに追いつき追い越すために研究を重ね、Mercury Atlas 6 Friendship 7によりついに有人宇宙飛行に成功しますが、Katherineらの物語がこれに絡めて語られています。

Katherineは電子計算機が本格導入される以前のNASAで軌道計算を頭で行っていたそうで、今ではとても考えられない仕事ですが、アメリカの有人飛行の歴史は彼女なくては始まらなかったのかもしれません。DorothyはWest Area Computersで事実上の管理職となっていましたが、彼女らの仕事が電子計算機に取って代わられそうなことを見てFORTRANを独学で身につけ、当時導入されたばかりのIBMのメインフレームを使いこなして、その後計算機室長となります。Maryは当時有色人種には閉ざされていた技術者への門を開き、黒人女性初のエンジニアとなったそうです。このような彼女らの活躍は素晴らしいものですが、そこに「黒人初」「女性初」という言葉が付いてしまうこと自体が残念に感じます。本来であれば特筆すべき事ではないのに、せねばならない、そういう時代があったということが残念なことです。

事前の知識がほとんどなかったので知らなかったのですが、Katherineらの上司Vivian Mitchelの役でなぜか私が大好きなKirsten Dunstが出演していたのは嬉しい誤算でした。まああまり好感の持てる人物ではなかったかと思いますが、見られただけでも嬉しかったです。もう一人贔屓にしているElle Fanningとの共演の、もうじき公開されるビガイルドがさらに楽しみになりました。

なお、また邦題の話になってしまいますが、原題は”Hidden Figures“というのに対して「ドリーム」とは随分陳腐なものの、当初はこれに「私たちのアポロ計画」という副題が付いていたので、それが無くなっただけでもだいぶマシになりました。ただ、題材になっているのはマーキュリー計画なのになぜ「アポロ計画」なのかと批判された結果外されたようですが、彼女らの才能と努力がその後のアポロ計画にも繋がったのだと思えばあながち全くの見当外れでもないのかもしれないとは思いました。あえて好意的に解釈すれば、かもしれませんが。