Archives

広島ドライブ

ただひたすら運転して、カレーを食べる。

この週末はアメリカ大統領が史上初めて広島を訪問したということで大きな話題になっていますが、先週末は私もドライブで広島に行っていました。滞在時間はわずか1時間ほどのことでしたが、原爆資料館などには近寄らなかったためか特に警備中の警察官などに遭遇することもありませんでした。

実はそもそもの目的地は福山市の鞆の浦でした。しかし当日の朝4時に目が覚めてしまい、明け方の道路が空いているうちに気分良く走りたいということで5時前に出発してしまったため、ひたすら一般道を走っていたにも関わらず鞆の浦にも8時半頃に到着してしまったのでした。そして現地に到着してはみたものの全く下調べしておらず、どこに何を見に行ったら良いものかがわからなかったので、車から町の雰囲気を見て、福山グリーンラインへ回って上の方から港を眺めただけで出発してしまいました。

そして次の目的地に決めたのが広島です。昼食には美味しいカレーを食べたいと思ったのですが、私好みのカレーは万人受けするものではないので、どうしても大きめの街でないと商売が成り立たないようで、この辺りだと広島に行かなければいけないようだったためなのですが、時間的にもちょうど良さそうだったということもあります。選んだのはnandiという店で、開店する11時より5分ほど早く到着してしまったために店先で待って一番乗りとなりました。こちらでは店名を冠したおすすめのカレーを食べてみましたが、スープカレーとは謳われていないもののそのような感じで、かなりスパイスが効いて辛いシャバシャバのカレーを固めのライスにかけて食べるとなかなか良かったです。

カレーを食べ終わってもまだ午前なのでまっすぐ帰るには早い、ということで以前散髪屋さんが何か言っていたのを思い出したので呉にある大和ミュージアムこと呉市海事歴史科学館に行ってみることにしました。

ここは愛称としては「大和」を掲げていますが、展示内容としては正式名称の通り造船と軍港の町としての呉の歴史を伝えるものとなっています。入口を入ったところには1/10サイズの戦艦大和の模型が展示されていますが、旧日本海軍軍艦の象徴として掲げているだけのようです。建物の外には陸奥の巨大な41cm砲の砲身が何気なく置かれていますが、館内では回天などが展示され、悲惨な歴史を伝えるものとなっています。

大和ミュージアムの向かいには海上自衛隊呉史料館・てつのくじら館があり、現代の呉の役割を知らせるものとなっています。呉地方隊では機雷除去を主要任務の一つとしているようで、機雷除去の仕組みや歴史という、普段なかなか知ることのできないものを学ぶことができました。また館外に設置されている潜水艦あきしおに建物から中に入ることができるというのもなかなか貴重ではないでしょうか。

ということで帰路を考えるとあまりのんびり見学していられなかったのですが、家族へのお土産に

車のドアに傷

まったく忌々しい。

今日の午後、買い物に行こうと自宅マンションの駐車場に行って自分の車のところに行ってみると、助手席ドアに小さな傷が付いているのを見つけてしまいました。一昨日乗った時にはなかったはずなので、ここ2日のうちに付けられたのだろうと思います。傷の大きさ自体は1cm四方くらいのものですが、強い力で押し付けつつ削られたようになっており、下地の金属まで見えてしまっていて、また鉄板自体が凹んでしまっている状態です。傷の位置もドアの上の方で、ドアミラーに近いので隣に停めた車のドアが当たったという可能性も低いでしょう。そもそも、マンションの駐車場では隣に車がなく通路になっている場所で、住人以外が脇を通ることもなく、またマンション自体が道路の突き当たりにあるような形なので用のある人以外は入ってきません。

買い物に出かける前に管理人室に行って監視カメラの映像を確認させてもらいましたが、カメラには助手席ドアのノブから後ろしか写っておらず傷の位置は死角になってしまっていて、人が近づいていったのが写っていても証拠にはなりません。結局、仕方がないので予定を変更してディーラーへ行って「とりあえず錆びないようにもらえれば」と伝えると、サービスでタッチアップペイントで応急処置をしてくれました。

まだ納車から半年も経っていないのでかなりショックですが、まだこの程度で済めばいい方なのかもしれません。しかし、一体どういうつもりでこういうことをするのでしょうか。面白半分なのか私に恨みがあるのかわかりませんが、傷を付けたところで本人にも何の得にもならないでしょう。他人の財産を毀損するというのは立派な刑事犯罪です。本人は軽い万引き程度のつもりでいるのかもしれませんが、万引きだって立派な窃盗なのと同じように、こんなイタズラだって完全に器物損壊です。こんなことが平気でできるような人間の気持ちを理解したいとは思いませんが、そういう人の存在自体が理解できません。

タッチアップはおそらく私が自分でするよりもうまく丁寧にやっていただいたので遠目にはわからなくなっていますが、ドアパネル自体に凹みができてしまっているので、そこに傷があるとわかっている私達には簡単に見つけられる状態です。完全に元通りにしようと思うと大きな出費になってしまうので、全く腹立たしいことですが、とりあえず錆びなければということで我慢するほかありません。怖いのはまた同じようなことが繰り返されることですが…

MINI 5 door Cooper S

楽しい!

我が家の新しい車、MINI 5 door Cooper Sは無事に三連休初日の土曜日に納車されました。当日は妻と2人で受け取りに行き、細かい説明を一通り1時間ほど受けて、最後にキーと車検証を受け取ってガレージから出発しました。それまで私がこだわった黒いホイールがピンとこなかったらしい妻も、実物を見て納得してくれたようで良かったです。その後はそのままドライブ…といきたいところでしたが、残念ながら帰国直後ということもあって色々やることがあって、その日は夜になってから1人で1時間少々走ってきただけで終わりました。そして翌日は神戸方面に買い物に行って秋祭りの渋滞にはまり、そして連休の最終日にようやく、また1人でしたが鳥取県を横断する500kmあまりのドライブに行くことができました。

納車から3日でいわゆる慣らし運転が終わるところまではいかなかったものの750kmほど走り、市内、渋滞、山間部、高速道路と様々なパターンを試すことができましたが、全般的に大満足です。

2リッター直噴ターボのパワフルなエンジンは普通に走っている分には余計な飛び出し感などなく実に穏やかに運転できますが、一度アクセルを踏み込むとスムーズに加速してあっという間に出してはいけないスピードに達してしまいます。そのようなスピードでも非常に安定感があって、日本の高速道路を運転していて緊張感を強いられるようなことは、雪や路面の凍結がない限りまず無いでしょう。

ボディは非常に剛性感があって、価格相応のドッシリ感があるのではないかと思います。外観やそもそもMINIが作っているイメージから小さな車だと思っている人も多いでしょうが、実際には全長はほぼ4mという短さなものの全幅は3ナンバーサイズとなっており、決して小さくはありません。したがって、国産リッターカーのような軽快さはありません。しかし、せっかくの新車なので私も無理はしませんでしたが、サスペンションはしなやかに動き山間部でも路面に吸い付くようでした。

結局、この車はBMWが作るプレミアムコンパクトカーであるということなのでしょう。旧MINIをデザインモチーフとはしていますが、あくまでドイツ車の走りです。しかし、だから運転していてもつまらないのかというと全くそんなことはなく、耳障りな高音成分はカットされて制御されて車室内に伝わるエンジン音や適度なロードノイズの演出と、上記のトルクフルかつ安定した走りとで非常に楽しく運転することができました。

なお、この三連休の様々な状況を含んでの燃費は、およそ15km/lほどでした。田舎をのんびり走るような区間が多かったとはいえ、2リッターターボエンジンということを考えればまずまず期待通りではないでしょうか。

実は私も初代BMW MINIが登場した時には演出過多な感じがして正直なところあまり好きになれなかったのですが、実際に接してみると外観や内装以外の部分は至って真面目にしっかりと作りこまれていることがわかり、今では大変気に入っていて、この車とは長い付き合いになるのではないかと思っています。