Archives

Super Size Me

食前食中には向きません。
🍟

皆さんはファーストフードはどの程度食べるでしょうか。人生も折り返し点を過ぎたかという私は、今後の食事の回数も意識するようになってしまい、つまらないもので空腹を満たさないようにしたいと思っているので、ファーストフードも食事としてはめっきり食べなくなりました。ただ、シナモンメルツはそのあたりのシナモンロールよりもアメリカのものをよく再現しているので、ついついコーヒーと一緒に食べてしまいます。また、日本でもファーストフードの代表であるマクドナルドでは週末の昼時になるとドライブスルーに長い車列ができていて、高い人気があるのがわかります。

そんなMcDonald’sで売られているものだけを30日間3食すべて食べていたらどうなるか、という実験を監督が自分の体でやってみたということで有名な作品「スーパーサイズ・ミー」がAmazon Prime Videoに登場していたので、今のうちにと観てみました。

どんなに体に良いものでも同じものばかり食べ続けるのは良くないということはわかりきったことですが、ファーストフードだけだとどんなことになるのか、この作品以前には実験してみた人はいなかったのではないでしょうか。実験開始時点では健康そのものといった肉体が一体どうなってしまうのか、怖いもの見たさのようなものがありました。

しかし、この作品はそんな面白半分のものではなく、実験の様子と並行してアメリカの食生活を取り巻く問題を提示していきます。作中でも取り上げられていますが、特に公立学校の給食は酷いもので、私の在米中に子供が通っていたミシガン州の学校もピザやチキンナゲット、フレンチフライといったようなジャンクフードばかりでした。ファーストフードでもサラダ代わりにポテトチップスを渡される場合がありますが、そういうことを何とも思わないのもこうした学校生活なら納得してしまうものです。

こうした社会問題に一石を投じた作品ですが、私は観たあとでめっきり食欲を失ってしまいました。本作が話題となったことは、マクドナルドだけでなくファーストフード業界に痛烈な一撃となったかもしれませんが、この作品のあともアメリカの状況は大して変わったように見えないのが残念です。私はこれ以前のアメリカを生で見てはいないので、もしも変わったからこそ今の状況だというのなら、以前はどんなに酷かったのかと予想もできないほどです。

私は在米中にマクドナルドに行ったのは早朝のミーティング前に他に開いているところがなくて仕方なくドライブスルーで朝食を買っただけですが、Wendy’sには行っていたので大して変わりませんね。一応、食べた感じは結構違うのですが、脂肪や塩分が多そうなのは一緒です。まあ、アメリカで外食しようと思うとファーストフード以外でも脂肪や塩分、熱量は多いので、ちゃんと家で手料理を食べなければいけないのでしょうね。当たり前のことでしかありませんが。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。