A Film About Coffee

観ているうちにコーヒーが飲みたくなって途中で淹れてしまいました。
☕

未だ終息の見えないCOVID-19の影響でこの4月頃から在宅勤務中心の生活になりましたが、実はそれによって良くなったことが少なくありません。その一つは好きなときにコーヒーを淹れて飲めるようになったということなのですが、平均よりもだいぶコーヒーを飲みたい私にとっては結構意味のあることで、これによって業務に対する集中力も上がっていることは間違いないと思います。

また、週末もお気に入りのカフェでのんびりしたり、美味しいコーヒーを求めてカフェ巡りをしているのですが、そういったカフェの中でも気にいる一つのタイプは「店舗内で焙煎している」ところです。そういうところは間違いなく豆にもこだわっているのでコーヒー自体が美味しいということもあるのですが、それ以上に店内に微かに漂う焙煎時の独特の香りがたまらなく好きなのです。

昨日観た映画「ア・フィルム・アバウト・コーヒー」はそんな香りが今にも漂ってきそうな作品でした。1時間少々の短い作品なので、気負わずにちょっとした隙間時間にも観ることができるのではないでしょうか。

コーヒーを愛し、コーヒーに人生を掛ける、コーヒーが飲まれるまでの各工程に関わるプロフェッショナルを追ったドキュメンタリー作品で、ニューヨーク、サンフランシスコ、ポートランド、シアトルというアメリカの各都市と、東京のロースターが登場します。本当はコーヒー文化といえばイタリアのバールやパリなどのカフェなども欠かすべきではないところだと思いますが、アメリカ映画なので仕方ないでしょうか。

本作では日米のロースターと同程度に、ルワンダやホンジュラスの生産者の様子も取り上げられています。コーヒーノキを育て、収穫・精製することでコーヒー豆となり、焙煎ができる状態となるのですが、そこまでの工程には多くの人々の手がかかっています。また、1本の木からはおよそ450gのコーヒーが採れるとのことで、逆にそれしか取れないのです。我が家ではだいたい2週間位で800gのコーヒーを消費していますので、年間40本以上のコーヒーの木を必要としているということになり、それを育てるためにも人手が掛かっていることを考えると、これは非常に贅沢なことではないでしょうか。

また、コーヒー豆の販売では「フェアトレード」が謳われることがありますが、本作ではそれを超えた「ダイレクトトレード」の取り組みが紹介されています。フェアトレードとは原材料を適正な価格で継続的に購入することによって生産者の生活改善や自立を目指す取り組みのことですが、ダイレクトトレードはそれをさらに進め、中間業者を省いて生産者と直接取引して購入することによって価格面だけでなく情報の面でもメリットを見出そうとするものです。その代価として産地に直接赴いて交渉しなければならないなどがあり、また消費者にもその品質に見合う負担への理解が求められるでしょう。こうした取り組みは良質なコーヒーの生産そのものを持続可能なものとしていくために必要なものだということで、勉強になりました。

ということで、ますますコーヒーへの関心が高まり、今後1杯1杯を心していただいていきたいという気持ちになりました。

Super Size Me

食前食中には向きません。
🍟

皆さんはファーストフードはどの程度食べるでしょうか。人生も折り返し点を過ぎたかという私は、今後の食事の回数も意識するようになってしまい、つまらないもので空腹を満たさないようにしたいと思っているので、ファーストフードも食事としてはめっきり食べなくなりました。ただ、シナモンメルツはそのあたりのシナモンロールよりもアメリカのものをよく再現しているので、ついついコーヒーと一緒に食べてしまいます。また、日本でもファーストフードの代表であるマクドナルドでは週末の昼時になるとドライブスルーに長い車列ができていて、高い人気があるのがわかります。

そんなMcDonald’sで売られているものだけを30日間3食すべて食べていたらどうなるか、という実験を監督が自分の体でやってみたということで有名な作品「スーパーサイズ・ミー」がAmazon Prime Videoに登場していたので、今のうちにと観てみました。

どんなに体に良いものでも同じものばかり食べ続けるのは良くないということはわかりきったことですが、ファーストフードだけだとどんなことになるのか、この作品以前には実験してみた人はいなかったのではないでしょうか。実験開始時点では健康そのものといった肉体が一体どうなってしまうのか、怖いもの見たさのようなものがありました。

しかし、この作品はそんな面白半分のものではなく、実験の様子と並行してアメリカの食生活を取り巻く問題を提示していきます。作中でも取り上げられていますが、特に公立学校の給食は酷いもので、私の在米中に子供が通っていたミシガン州の学校もピザやチキンナゲット、フレンチフライといったようなジャンクフードばかりでした。ファーストフードでもサラダ代わりにポテトチップスを渡される場合がありますが、そういうことを何とも思わないのもこうした学校生活なら納得してしまうものです。

こうした社会問題に一石を投じた作品ですが、私は観たあとでめっきり食欲を失ってしまいました。本作が話題となったことは、マクドナルドだけでなくファーストフード業界に痛烈な一撃となったかもしれませんが、この作品のあともアメリカの状況は大して変わったように見えないのが残念です。私はこれ以前のアメリカを生で見てはいないので、もしも変わったからこそ今の状況だというのなら、以前はどんなに酷かったのかと予想もできないほどです。

私は在米中にマクドナルドに行ったのは早朝のミーティング前に他に開いているところがなくて仕方なくドライブスルーで朝食を買っただけですが、Wendy’sには行っていたので大して変わりませんね。一応、食べた感じは結構違うのですが、脂肪や塩分が多そうなのは一緒です。まあ、アメリカで外食しようと思うとファーストフード以外でも脂肪や塩分、熱量は多いので、ちゃんと家で手料理を食べなければいけないのでしょうね。当たり前のことでしかありませんが。

One Life

BBC Earth優しい気持ちになれるかも。

いわゆる地デジ移行のせいでNHK解約が59000件に達し、今後も増える見込みというニュースがありましたが、放送法により義務付けられているため仕方なく契約しているものの、もともと全く見ていないという人も多いのではないでしょうか。また、NHKの受信契約の場合はあくまで民間団体との契約という形になっていて罰則がないため、何年か前には受信料の不払いが問題化したりもしていました。もともとこのNHKがモデルとしたのはイギリスの英国放送協会、BBCですが、BBCの場合は受信許可証という名目になっていて、無許可での受信には罰金も課せられるという点が大きく異なるところです。とはいえ、それ以外の点ではNHKが目指しているのは「日本版BBC」であるというところは間違いないのではないでしょうか。

さて、NHKでもスポンサー収入に頼る民放には無理でNHKにしかできない番組というものがあります。その代表的なものがドキュメンタリー番組で、特に大掛かりな制作となる自然を対象にしたものはNHKならではといえるものでしょう。しかし、やはりこの分野でもBBCはさらに上を行っていて、映像の美しさ、規模の面でうならせるものがあります。このBBCの自然ドキュメンタリーシリーズBBC Earthを映画化した「ライフ -いのちをつなぐ物語-」という作品が公開されているので、公開終了間際の昨日、家族で観に行ってきました。

世界中の動植物の生命活動を美しい映像で見せるドキュメンタリー作品ですが、普通は直接自分の目で見ることなどできない珍しい動物の行動が次々と映し出され、しかもそれを大スクリーンで見ることができるというのは映画ならではのものです。地デジになってテレビでもそれなりに美しい映像を見られるようになりましたが、映画館に勝るものではありませんね。

私が感心したのはバンドウイルカの漁の様子です。円を描いて魚を取り囲み、その円を徐々に小さくして追い込んでいき、それに耐えられなくなって飛び出すところを待ち構える、という実に賢い方法で、イルカの知能の高さを実証するような行動です。他にも道具を使うサルなど、人間だけが特別というわけではないというメッセージを伝えようとしているようです。

この他にも様々な動物たちが登場しますが、長男はその多くをすでに知っていたということもあってちょっと反応が薄かったです。しかし今回は退屈するかと思っていた次男の方が楽しんで観ていて、終わったあともまたDVDで観たいと何度も言うほど気に入ったようです。二人が一番気に入ったのはコモドオオトカゲだったようですが、コモドオオトカゲがあんなに獰猛だとは私も知らなかったのでちょっと驚きました。

ということで、普段は刺激の強い映画ばかりを観ているような気がしますが、たまにはこういう作品を観ると心が洗われるような気がしますね。あまり押し付けがましい感じがせず、淡々と見せてくれたのがいいのかもしれません。松本幸四郎松たか子の親子によるナレーションも落ち着いていて良かったと思います。