fast food | 狼系

Archives

マクドナルド 新生ラテ

手軽さと美味しさのバランスは最高?

だいぶ古い情報になってしまいますが、2010年にオリコンから発表された「買いたいコーヒーランキング」というのは次のようなものでした。

マクドナルド
ドトール
モスバーガー
スターバックス
ミスタードーナツ

もう7年以上も前のものなので今調べたら多少違うものになっている可能性はありますが、世の大衆に問うとこのような結果になったそうです。知名度が相当影響しているのではないかという気もしますが、それだけ親しまれているということでもあるでしょうし、「スタバは美味しいかもしれないけれどちょっと高い」と感じている人も少なくないでしょうから、コストパフォーマンスを考えるとこういう結果になるのかもしれません。また、上位の回答では「クセがない」という点も挙げられているので、一般受けというのはそういうことなのでしょう。調査の内容をよく見ると、このとき評価されているのは香り、酸味、濃さ、苦味、後味、全体のバランス、という6項目で10点満点、購入意向に関して10点満点、ということなので、購入意向の重みが大きすぎるように思われます。この比率を変えると結果も変わってくるのではないでしょうか。

それはともかく、ここで最高評価を得ているマクドナルドの、カフェラテが生まれ変わるというニュースをキャッチしました。この新生ラテはWorld Barista Championshipの2014年大会で優勝した井崎英典氏が「完全監修」したというのが売りになっているようです。といっても店舗ではマシンが全自動で抽出するだけなので、その設定をチューニングしたということなのかと思いますが、豆選びや焙煎、挽きについてアドバイスしたということなのでしょう。井崎氏にとっては自分の名前が全面に出されるということでなかなかリスクのあるものだったのではないかと思いますが、自信を持って送り出すことができたのでしょうか。

ということで、全国一斉に展開されるものなのかよくわからなかったものの、その初日である今週月曜日、出社前に職場近くのマクドナルド店舗に立ち寄って、朝からカフェラテを試してみました。カウンターには「新生ラテ」のPOPが出ていたので新しいものに変わっていたのは間違いないでしょう。日頃それほどマクドナルドでカフェラテを飲んでいるわけではないのではっきり比較できるわけではありませんが、なんとなくコーヒーの味がこれまで以上に強く感じられるような気はしました。とはいえ、飛び上がるレベルで美味しくなっているわけではないので、プラシーボ効果である可能性も否定できないレベルかもしれません。しかし、一昔二昔前のマクドナルドのコーヒーは多くの日本人が持つアメリカンを絵に描いたようなものでしたが、最近のものは今まででも値段の割には十分美味しかったわけで、それが少しでも改良されたということであれば美味しくないわけもないでしょう。

コーヒーに求められるものは味や香りだけではなく、それを提供する場所の雰囲気などもとても重要だと私は思っているので、他のカフェに行くことをやめてマクドナルドに行く、というようなことにはならないでしょう。しかし、全国津々浦々にあるマクドナルドですから、ドライブの途中でちょっと一服したいけれど良さそうなカフェもスターバックスもない、というような時には活躍してくれるので、それが少しでも美味しくなったというのは嬉しいことです。

Tim Hortons

なかなか美味しいデザートの無いアメリカですが…

アメリカで会社生活を送っていてちょっと驚かされることの一つには、会議の席に食べ物が用意されていることがあるということです。私の勤務先ではいちいち社内の会議では用意されませんが、客として他社の会議に臨むとドーナツやらマフィンやらが飲み物と一緒に用意されていることがあります。また、こちらが客のところに行く時には手土産としてドーナツなどを持参していくということもあります。最初に話を聞いた時にはまさかと思ったものですが、こちらでは全く自然な様子なのでまた驚いてしまうわけです。この他、ちょっと頼みごとをするときにも効果があるとか、職場でも誰かが買ってきてみんなに振舞ったりということが行われていて、これではあの体型も仕方が無いよなあと納得してしまうのです。

それだけ身近な存在であるドーナツ、スーパーマーケットにもドーナツコーナーが必ずあるので私も買ってみたことがありますが、やっぱりそれはそれなりでしか無く、お世辞にも美味しいと言えるものではありません。揚げたてなら何でも美味しいのかもしれませんが、いつ作ったものなのかも分からないようなものではもっさりした感じになってしまうのも無理がありません。

ではアメリカではドーナツも美味しい物は食べられないのかというと、そういうわけでもないので助かりました。Tim Hortonsという、カナダ最大のファーストフードだというドーナツなどのチェーン店がミシガンでも幅をきかせていて、あちらこちらに店舗を構えているのですが、こちらのドーナツは軽くサックリしていて、美味しい物が食べられます。値段もびっくりするくらい安くて、1個では1ドル少々しますが、6個で4ドル程度、1ダースでは6ドルほどという大幅割引になるのです。こういう価格体系だと、自分が1個食べたいという時でも1ダース買って職場に持っていったほうがお得というように考えられますよね。実際そうやってみんなで交代で買うことで結果的にいつでも半額程度で食べられることになるわけです。

私が特に好きなのはApple Fritterですが、刻まれたリンゴがちょっと入ってシナモンとともに風味を効かせていて、さらに砂糖でコーティングされているものですが、これはちょっと食べごたえがあります。最もシンプルなHoney Dipもふんわりと非常に軽くあっさりしていて美味しいですし、Honey Crullerもミスタードーナツのフレンチクルーラーをやや大きくして、さらにしっとり感をアップさせたようなものでしたがこれもなかなかです。さすがにバリエーションは日本のミスタードーナツには敵わずシンプルなものしかありませんが、ドーナツそのものの美味しさというのが味わえるのではないでしょうか。

アメリカのドーナツチェーン店といえば日本でもお馴染みのMister Donutsやだいぶ前に撤退してしまったDunkin’ Donuts、そして数年前に日本に上陸して大行列となったKrispy Kreme Doughnutsなどがありますが、ミシガンでは圧倒的にTim Hortonsです。アメリカでも特に東側で勢力を広げているようですが、値段を見て、そして実際にドーナツを食べてみれば納得するのではないでしょうか。といっても、私はこちらで他のチェーン店のものは食べたことが無いのでわからないのですが。

はなまるうどん 5種のチーズかま玉

「うどん」を感じることもほとんどなくなってしまっていますが。

新年早々昨年の話題で恐縮ですが、大晦日の昨日は実家から弟一家と一緒に街へ出て、母から子供たちへの遅ればせのクリスマスプレゼントを買いに行ってきました。長男はもうおもちゃを欲しがる歳でもないので、本人ですらプレゼントには毎度困ってしまうところなのですが、結局は本を数冊買ってもらって満足しているようです。次男の方は欲しかったラジコンカーを見つけて、こちらも楽しんでいるようです。まあ本人達が満足しているのであればそれが何よりですね。

さてその買い物の前にみんなで昼食にうどんを食べようということで丸亀製麺へ向かったのですが、店に着いてみるとなんと休業日となっていてがっかりしてしまいました。まあ大晦日で閉まっている店もチラホラとありましたので仕方ないのですが、あの店内で打っているうどんは他店とは別格の美味しさですからね。閉まっているものはどうしようもないので他へ行くしかなかったわけですが、ちょうどすぐ近くにはなまるうどんがあるのを見つけていたので、皆ほとんど迷わず店内へ吸い込まれて行きました。

うどん一本で勝負しようとしている丸亀製麺と比べるとうどんそのものでは敵わないのですが、はなまるうどんの方はメニューの豊富さで若干上を行っています。その中から何を食べるかというと、私の場合は暑いか寒いかでほとんど決まってしまうので、寒かった昨日はかま玉にするつもりで注文に向かいました。ところが店内の掲示で11月から「かま玉フェア」なるものを開催中で、期間限定で「5種のチーズかま玉」と「明太かま玉」の2種類を販売しているとのことでした。これらはどちらもそれぞれ魅力的でしたが、明太かま玉であれば丸亀製麺でも食べることができるので、今回は「5種のチーズかま玉」を試しに食べてみることにしました。やはりこういう珍しいものには食いつかずにいられないのが私です。

かま玉は茹で上がり直前のアツアツの麺を使う必要があるので、新たに茹でるための7分間席に着いて待っていると、ポスターの写真よりは若干少なく見えるもののほとんどそのままの、普通のかま玉の上に細かく刻まれたチーズが盛られて届けられました。早速添えられたコショウをたっぷり振ってまんべんなく混ぜ合わせると、うどんの熱でチーズが溶けて非常に美味しそうに絡み合いました。これは見た感じもまるでイタリアン、薬味のネギもチャイブか何かのようでした

食べてみても見た目通り、まるでカルボナーラのようでした。特に振りかけたコショウの香りが効いていて、和風なものは何一つ残っていないかのようです。ただ麺がうどんであるため、パスタに比べるとコシが強いというところだけが変わっているだけで、全く違和感はありません。カマンベールやパルメザンその他5種類のチーズが使われているということですが、これには全くクセがなく、高い香りと強いコクでとても美味しく食べることが出来ました。ただ、クセがないとはいってもかなり香りは強いので、特にチーズ好きな人でないと最後まで食べ切るのは厳しいかもしれません。

ということで、この商品は期待以上に美味しかったのでぜひともレギュラーメニュー化してもらいたいところです。チーズの賞味期限が問題かもしれませんが、売り切ることが出来る数量に限定するなどでも良いので、検討してもらえないでしょうか。それがもしも実現したら、私ははなまるではチーズかま玉しか食べないということになってしまうかもしれません。でも5種だったのを3種にデグレードさせるなんていうことは避けてもらわないといけませんね。