Archives

プリッツ パクチー

自然な美味しさ。

プリッツといえば江崎グリコが1963年から発売している、言わずと知れたプレッツェルベースのスティック菓子の一大ブランドです。私は子供の頃から一番プレーンな感じがする「ロースト」が好きでしたが、このたびプリッツの「パクチー」が8月1日からローソンで先行販売されているとのことなので、このためだけにわざわざ行って、このプリッツ パクチーだけを2個買ってきました。といっても、自宅最寄りのコンビニがローソンであり、徒歩3分もかからないくらいのところに帰宅時に立ち寄ってきただけなのですが。

封を切ってみるとパクチーの香りが芳しく立ち上りますが、強すぎてわざとらしい感じはなく、実に自然です。食べてみても印象は同じで、パクチーを無理して入れているような感じはなく、美味しくするためにパクチーを使っているだけ、と受け止められます。実際、パクチー以外にもスターアニス、フェンネル、シナモン、クローブ、山椒といったいろいろなスパイスが使われていて、バランスよく美味しく仕上がっています。

しかしパクチーというのはハマる人はハマるのに、ダメな人はいつまで経ってもダメなのでしょうか。よく一緒にカレーを食べに行っているO君は1年前は苦手だったのに今は全然平気になったと言っていますし、もう一人のF君もちょっとなら食べられると言っていますが、Nさんは以前私がおすそ分けした「パクチーキャンディ」ですら吐き出せないから泣きながら食べたなんて言っています。嫌がる人に無理やり食べろなんていうことは私も言いませんが、美味しいから食べてみればいいのに、というのも通じないものですね。一度慣れれば癖になるのではないかと思うのですが。

ということで、このプリッツ パクチーはとても美味しかったのでリピート確定、と言いたいところですが、定番化するにはちょっと受け皿が小さくて、残念ながら期間限定で終わってしまうのでしょうね。楽しめるうちに精一杯楽しんでおきたいものです。